Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

花組中心の宝塚感想&考察ブログです。

礼真琴

こんにちは、カリーナです。

よく「歌が下手なジェンヌは嫌」と、堂々と文句を言っている人を見かけます。

それなら私も堂々と言いますが、容姿が美しくないジェンヌは嫌です!

どうせお金を払って舞台を観るなら、ブサイクな男役&娘役ではなく、ビジュアルが特別に美しい人を見ていたいです。

宝塚歌劇団は、キラキラで美しいのも特徴です。
いくら歌が上手くても、顔やスタイルが不細工なのは駄目よ!!


ビジュアル売りのジェンヌを叩いている人って、自分の贔屓のビジュアルに自信がないのでしょうか?
余裕がないから叩いてるんですね。


ただの歌ウマが見ていたければ、外部の舞台か、歌手のコンサートにでも行ってろ。



「歌が下手」と言っても許されるという風潮がムカつく

以前からたびたび記事にしていますが、「歌ウマこそ至高」という、歌ウマ至上主義にはイライラしています。

彼らの言う実力とは、=歌唱力のこと。
「歌劇団なのだから、歌が上手くないと駄目」というのが、彼らの言い分です。

こういう人は、歌こそが全てだと思っているから、
「歌が下手なジェンヌはさっさと辞めろ」だの、
「こんな歌下手ジェンヌのチケットを売るなんて詐欺」だの、言いたい放題。

でも何故か、ここまでの悪口でも、許される傾向にあるのです。
それって、おかしくない?


「歌唱力ガー」しか言わない人って、ぶっちゃけ、ただの言い訳だよね。




「ビジュアルに難のあるジェンヌは嫌い」だ!!

それなら私も言わせていただきますけど!
ビジュアルが微妙なタカラジェンヌなんて、嫌です。

タカラジェンヌは美しくないと駄目!


私個人の意見としては、「宝塚なのだから、容姿が美しくないと駄目」なんです。
ブサイクなんて問題外。

宝塚音楽学校は、募集要項に書いてあるように、容姿端麗でないと入学できません
だから、ファンから容姿に口出しされても、文句は言えません。
劇団側が、容姿を重要視しているのは明らかなので。

役者の容姿が重視されるのなんて、歌唱力以上に当たり前だっつーの!(怒)

ビジュアル重視派のファンがバカにされるのって、なんで?
劇団が重要視しているのは、まずは容姿なのに…!!


美しくなくても好きなジェンヌはいるよ

「嫌い」とハッキリ書いてしまいましたが、特別美しくなくても、好きなジェンヌもいますよ。

そういう人は、私の場合ですと、性格面がすごく好きというケースが多いです。
技術はそこまで関係ないですね。

性格がいいと、普段の笑顔まで可愛く見えてくるから…!?
理屈はよくわかりませんが、技術が未熟でも、容姿が普通でも、好きなジェンヌさんはいます。

でも基本的には、できる限り美しくあってほしい…。


私は容姿を叩きません!!!

私は、「あの人は歌が下手。見た目だけ」と悪口を言う、歌ウマ至上主義者とは違います。

「あの人は見た目がブサイク。歌唱力だけ」なんて言ったことは、今までに1度もありません。
(嘘だと思うなら、過去記事全部読んでみてね)

ここが、大きく違うところ。
内心「この人、実力派っていうけど、ビジュアル悪いな~」と思っても、それをブログに書いたりはしないのです。

でも、歌ウマ至上主義の人って、名指しでグチグチと悪口を書きますよね。
最悪のマナー違反だよー。




ブサイクな男役&娘役はいないが、「容姿端麗」ではない

上にも書きましたが、宝塚音楽学校は、容姿端麗でないと入学できません。
ですので、タカラジェンヌにブサイクはおらず、全員容姿端麗である…ということになります。
一応は。

実際には、ビジュアルが微妙なジェンヌはいる


でも実際に舞台を観ていると、「これで容姿端麗はナイだろ」と思うような人もいます。
容姿は“普通”…とでも言えばいい?

まぁ、「顔がいい」とか「頭身バランスがいい」とか、「手足が長すぎで異次元」とか、“美の基準”は色々なので。

基本的に、超が付くほどのブサイクな男役&娘役は、いないはずです。
(過去記事にも、「不細工なジェンヌはいない」と書いた記憶があります)



「普通の容姿のジェンヌ」は、ビジュアル重視派から見るとナシ


私が嫌いなのは、「ビジュアルが微妙な人」
なので、ビジュアルが一般人みたいな、普通のジェンヌは好きじゃありません。

「容姿端麗ではない」というのは、「見た目が美しくない」ということ。

つまり「普通」というのは、美しいとは言ってないので、私の中ではナシです。




「ビジュアルが美しい」という才能を認めなさい!

こんなことを言うと、「容姿は生まれもってのものだから、話題にしては駄目だ」と、正義ヅラした人々が私を叩くでしょう。

でも、歌唱力だって、ある程度は生まれつきの才能です。
「練習すれば誰だって上達する」と言い張っている人は、だたのバカです。

私は、生まれつきの美形は才能だと思います。
ビジュアルだって才能なのだから、私は“容姿”という才能を愛します!!!


「歌劇団なのだから、歌が上手くないと駄目」という悪口だけが許されて、ビジュアル重視派の意見だけが言論統制&粛清されるなんて、絶対に許せません。


『歌下手ジェンヌがエリザをやるなんて図々しい』と言ってる人がいましたが(この記事参照)、
それなら私は『ビジュ難が○○役を演じるなんて図々しい』と言い返してやります。


私だけを叩くんじゃないよ
歌ウマ至上主義者を叩いてから、私を叩きに来い。

THE・美人!ビジュアルが美しいタカラジェンヌBEST3

個人的に、ビジュアル最強と思う美形タカラジェンヌ(男役)BEST3。
美形は世界を救う。

◆柚香光
好き嫌いが分かれるほど個性的なビジュアル。美人は叩かれてナンボ。
宝塚ファーストフォトブック vol.3 (タカラヅカmook)
小川友次
宝塚クリエイティブアーツ
2016-10-01




◆朝美絢
宝塚ファン以外にも通用する美形。顔面レベル最強。
宝塚1stフォトブック 朝美絢 2019 (タカラヅカMOOK)
宝塚クリエイティブアーツ
2019-11-01




◆瀬央ゆりあ
せおっちのポテンシャルの高さ…!スッピン写真も載ってるけどマジ美形♡


過去の関連記事はこちらからどうぞ。↓











ms_1


クールビースト

こんにちは、カリーナです。

先日私は、「『Ray』も『REY』も礼真琴がブン盗って行くので不満」という記事を書きました。

そして昨日の夜、BSプレミアムで放送された『Ray -星の光線-』を観ました。
ショーの内容としてはまぁ普通で、花組のショーで使われた印象的な衣装をそのまま使ってたりして、「既視感あるな」くらいの感想でした。

そして何よりも、『Ray』は汎用性がある表現なんだなって思って。
ほかのレイさんでも使えます。

そう思うと、『Cool Beast!!』は、柚香光さんにしか似合わないショーの名前ですね。
少なくとも現トップの中では、柚香光さんにしか合わないと思います。




「『Ray』も『REY』も礼真琴がブン盗って行くので不満」(※要約)の記事はコチラ。



Twitterでほかの柚香光ファンも言ってましたけど、柚香光さんの名前表記「Ray」(=光という意味)を、まったく無関係の礼真琴さんのショーに使われたので、ムカついてたんですよね。
私以外の人も、同意見の人は少なくありません。(いいね、拍手の数を見てください)


おまけに次は「REY」(=王という意味)も使うって!?
さすが首席です、ぜんぶ柚香光さんよりも優先させてもらえるようです。


首席がぜんぶ優先なのは前からのことですが、さすがに劇団はバカだなと思います。
これだと、礼真琴さんが、すごく図々しくて厚かましい性格のように思えてしまうからです。

私はそんな風には思っていませんよ。
もっと繊細なのではないでしょうか。

だって、同期の名前をそのまま自分のお披露目に使われたんですもの。
それを決めたのは劇団だし、反対もできないから、礼真琴さんも困ったでしょうね。


…で、ようやく『Ray -星の光線-』を観たんですけど。
ごく普通の無難なショーで、「これ別にRayでなくてもいいな」って感じでした。
あと、ほかのトップスターでもOKそうなので、再演にも適していそうです。


そこでふと、柚香光さんの次のショー『Cool Beast!!』を思い出したんです。
野性的な色気を持った柚香光は、まさにCool Beast!!
柚香光が「Beast=野獣」に、華優希が「艶花」に扮し、美しく心優しいBeastが見た夢を、ストーリー仕立てで綴る魅惑の世界。


これは柚香光さんが持つ、あの独特の“男役の色気”のことを考えて、先生が考えてくれた名前なんですよね。

少なくとも現トップの中だと、柚香光さんにしか似合わないショーの名前だと思います。
(たとえば私、望海風斗さんや真風涼帆さんも好きだけど、あの2人はオトナの包容力系?とか、またタイプが違うから…)

そしたら、イライラした気持ちも、少しは楽になりました。
柚香光=クールビースト。
これこそ、柚香光さん専用の呼称という感じがします。

もちろん「Ray」は、柚香光さんの名前(おまけに本名)だけどな。



*◆*◆*◆*◆*


絶対この記事、叩かれると思うんですよね~。
でもそれなら、ここの失礼なブログ主(クリックで移動)にも言ってやって!
「柚香光がエリザベートだなんて、図々しい」みたいなこと書いてたから
(この人、礼真琴age記事が多かったはずなので、柚香光アンチなのかな?)


「礼真琴さんが、すごく図々しくて厚かましい性格のように~」あたりの文章は、↑のブログを参考に書きましたよ。
めっちゃイラッと来る文章でしょ!
わかってて書きました!!!



「アンチなんて相手にしなければいいのに」とか「相手にした時点で同レベル」とか、そんなお説教は聞き飽きました!
「こんなファンが付いてるなんて柚香さんが可哀想」「他のファンも同類に見られるからやめて」…今までに1000回くらい言われたけど、私は反撃をやめない。


『Cool Beast!!』、どんなショーになるか楽しみにしています。
芝居は田淵先生だし、コロナ禍で空席が目立つだろうけど、その分チケットが手に入りやすくなりますよね(嬉)。
友の会さん、良席、よろしくお願いしますね♡♡♡







ns04_b_2


珠城りょう

こんにちは、カリーナです。

「珠城りょう 3Days Special LIVE『Eternità』」Blu-rayの予約が始まっております!
2021年3月30日発売です。

出演者は、珠城りょう・鳳月杏・輝月ゆうま・佳城葵・朝霧真の5名。
見どころいっぱいのショーです!




タカニュで千秋楽の映像を見ましたが、衣装が豪華なこと
『アリスの恋人』で着ていた、白ウサギの衣装もありました!

また、鳳月杏さんの女装も大きな見所!!
長いおみ足が見えるスリット入りドレスで、珠城りょうさんとデュエダンしてましたね



通販サイトでのご予約は、以下からどうぞ。


◆Amazon


◆楽天市場

*楽天ブックス



*宝塚アン


まだ予約していなかったという方は、どうぞお忘れなく~





このページのトップヘ