Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

花組中心の宝塚感想&考察ブログです。

アナザーワールド

こんにちは、カリーナです。

とても落ち込んだ時、劇を観て気持ちを切り替えようとすることってありますよね。
「悲しい気分から抜け出したい」と思ったなら、笑える演目を観て、元気になるのが一番です。

実は先日、私の大事なペットが死んでしまって…
もう寝たきり状態&寿命だったので、大往生と言えるのですが、それでもペットロスになりました。


そんな時に私に元気をくれたのが、星組公演『ANOTHER WORLD』(アナザーワールド)。
『ANOTHER WORLD』を見ていると、「きっとあの世でも元気でやってるよね!」という気持ちになれるんです。

『ANOTHER WORLD』はかなりクセ強めな演目ですが、とても笑えるし、人の気持ちを前向きにしてくれる効果があるな~と思いました。

まだ観ていない人は、是非観てみてください。
良い意味で宝塚らしくなくて、面白い世界観。沢山の魅力が詰まっています!


また余談ですが、ペットロスの方におすすめのメモリアルジュエリーについても少しだけご紹介します。



星組公演『ANOTHER WORLD』のあの世は、愉快な世界♪

『ANOTHER WORLD』の舞台は、いわゆる“あの世”、死後の世界です。

主人公は、お話のスタートの時点で死んでいます。
でも、陰気な雰囲気は一切なく、“恋わずらいで死んだ”と言うヘンテコ設定。
最初に見た時はビックリしました

しまいには、「私はあの世に恋してる~♪」と、ウキウキのワクワクで歌い出します。
あの歌はすごいわ…。スゴツヨに似たものを感じる。
そして、主演の紅ゆずるさんにしか歌いこなせない歌です!


宝塚であの世関連というと、“黄泉の帝王”のトート閣下が有名ですが、彼とは全然違います。
というか、ここまで愉快なノリの“あの世”は、今まで見たことがありませんでした。


私が最初に『ANOTHER WORLD』を観た時の感想は、「ぶっ飛んでるな」
でも何度も観ていたら、すっかりお気に入りの作品になってしまいました。
「あの世は、良い所なのかもな」と思える作品だからです。

ただし借金の取り立てはある

『ANOTHER WORLD』の世界でも楽しい観劇ライフが送れそう


『ANOTHER WORLD』の世界には、色々な人たちがいます。
作中では人間(幽霊)だけでなく、貧乏神の貧ちゃん、閻魔様などの架空の存在も多数出てきます。
赤鬼や青鬼がいるんですから、鬼退治をする桃太郎だっていますよ。(突っ込んだら負け)

あの世にある劇場では、「ベルサイユの蓮(はす)」なる演目が上演されています。
市川團十郎が大勢いるので、どんな役を演じるのも全て市川團十郎です。

……あら?
ちょっと変だけど、楽しい観劇ライフが送れそうじゃない!?
あの世でも、今みたいな生活ができそうな気がするんですよ


舞台の上には人間っぽい人たちしかいないけど、動物だっていそうです。
私のペットは、『ANOTHER WORLD』の世界へと旅立って、きっと新しい飼い主に飼われているのです。
そう思ったら、ペットロスで落ち込んでいたのが、少しマシになった気がしました。



見所は、赤鬼赤太郎(瀬央ゆりあ)の面白アドリブ!

個人的には、紅ゆずるさん演じる康次郎と、瀬央ゆりあさん演じる赤鬼赤太郎の2人のシーンが、一番の見所です。

あの高速回転シーン、台本にはなくて、アドリブだってどこかに書いてありました。
いつからか、自然とああなってしまったんですって!

もちろん“シーン”としても見所ではありますが、瀬央ゆりあさんの体当たりの演技が最高
見返すたびに、「どこから声出てんの???」って思います。

そして最後に、鬼の金棒をぐるぐる回しながらはけていくのですが、ここが本当に面白いっ!!
最後まで期待を裏切らない瀬央ゆりあ

余談:骨から作る「メモリアルダイヤモンド」が気になる

これは完全に余談ですが、、、

ペットのお葬式について調べていたら、「メモリアルダイヤモンド」「メモリアルジュエリー」なるものを発見!

そういえば、人間の遺骨から作るダイヤモンドジュエリーの話、昔テレビで見たことあるなー。
犬だけではなく、猫やうさぎの骨や毛からも作れるそうです。

うちのペットは美しい長毛が自慢だったのですが、ブラッシングの時に取れた毛玉がまだ残ってるんですよ。
ダイヤモンド、この毛玉からでも作れるかしら。

ペットロスが酷すぎる方は、ダイヤモンドにしてみてもいいかもしれませんね。

元気になりたい時は『ANOTHER WORLD』を見て笑おう♡

「歌劇」6月号の企画ページでも、ステイホーム中のおすすめ演目に『ANOTHER WORLD』を挙げている方が何人もいらっしゃいました。
やっぱり元気になれますよね
私はペットロス中に繰り返し見ていたので、大分元気になれました。

『ANOTHER WORLD』は劇なので、主人公がドタバタ大騒ぎしてますが、もしリアルな人間の幽霊があの世界に行ったら、わりと楽しく(もう少し平穏に)暮らせるのでは?
ペットも楽しく暮らしてると思ってます!

今後もスカステ等で放送されると思うので、元気になりたい方はぜひ一度観てみてください♪



円盤や配信でも観れます。


ショーもおすすめですよ。↓




ペットの供養はもう済ませたので、次に飼う動物は何がいいかなぁと思ってます。
ポメラニアンなんていいですよね。
もふもふキュートだし、贔屓のペットと同じ

↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

VISAメッセージが更新されました。
今月は、ダンスの話題が多めです。

そこで気づいたんですが…永久輝せあさん、“憧れの男役”が多すぎない!?
組替え前は、別のジェンヌさんのことも沢山話していたような。
色んな先輩に興味を持つタイプなのかしら?

とにかく、ダンスの勉強を熱心にやっているのは伝わってきました。




永久輝せあさんによるVISAメッセージは、こちらから読めます。



「憧れの人は沢山いるけど、特に尊敬しているのは大浦みずきさん」(要約)。
憧れの先輩の名前がなかなか出ないジェンヌさんもいますが、永久輝せあさんは本当に大勢いるんですね。

“ダンスの花組”に組替えしてきたので、その勉強を特に熱心にやっているということかもしれません。


6月16日時点でのメッセージらしいんですけど、この頃からもう少人数でのレッスンは始まっていたようです。
今は入出がないから、こういうメッセージからしか様子を知ることができない


『はいからさんが通る』はフィナーレ(特に群舞)が大きな見所だと思うので、楽しみにしています



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





B9B28041-BC79-4E17-88D4-A3E53A4DB453


宝塚再開

こんにちは、カリーナです。

宝塚が再開するということで喜んでいたのですが、不安になるニュースが飛び込んできました。

劇場がやはり安全ではない、と思わせるようなニュースが、なんと3つも!

ムラはどうだかわかりませんが、東京宝塚劇場のほうはピンチ度高め?

本当に宝塚は、無事に再開できるのでしょうか?
無理に再開したとしても、またバッシングされる可能性もありそうです。



①舞台出演者&観客のニュース

舞台出演者&観劇した女性に関するニュース。


まぁ、劇場なんて日本中に山ほどあるので、こういうこともあるでしょう。

でも、“劇場で起こった”というところにスポットを当てられて、宝塚も叩かれそうな気がする。
それが心配です。

②WHOの報告

こちらのニュースも気になります。


これが本当なら、劇場(室内)に観客が集まるのは大丈夫なんでしょうか…?




③東京の人数が…

このニュースも結構ショック。
一旦減ったんですけどね。

東京宝塚劇場は大丈夫なのでしょうか…。
はいからさん、観に行きたいのに~。

劇場に行くのが怖くなってくる

数日前、当ブログのコメント欄に、病気のプロフェッショナル気取りの方が来て「あなたは無知すぎる。無知を晒すだけだからこういう記事を書くな」(要約)とコメントして去っていきました。

でも私、医者でも学者でも何でもないけど、新聞で分かる程度のことは理解できます。
他の一般人だって、新聞を見て、自分の今後の行動を判断するわけでしょ。
普通の人が知ってることくらいは私だって知ってるし、それを元にして記事を書くし、行動します。

劇団も新聞などで情報を見て、今後どうするか(再開する・中断する)を決めていると思うのです。
まぁ、他の情報源もあるかもしれないけどね。

少なくともこの3つのニュースを見たら、「劇場が怖いな」って思いますよ。
私のこの感覚は間違っているのでしょうか?
私、そんなに無知で理解能力ナシでしょうか?
自分では、そうは思いませんけど…。

プロフェッショナル級の方なら、怖くないのかもね。
そういう人は、自分の知識を信じて、劇場に行けばいいと思います。
その知識が本当に正しくて、最新なのかは不明だけど。

もうライブ配信やライビュが決定してしまったので、おそらく劇団は上演するでしょう。
その後どうなるかは、誰も知らない…。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




336×280


このページのトップヘ