Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

花組中心の宝塚感想&考察ブログです。

朝美絢

こんにちは、カリーナです。

雪組全ツ『はばたけ黄金の翼よ』の感想が色々流れてきています。その中でも特に目立っているのが、朝美絢さんに関する感想!

「朝美絢がすごい」「朝美絢の役にガッカリ」と、反応は様々。一体、何があったのでしょう…?





朝美絢のビジュアルがすごい!

どうやら朝美絢さんのビジュアルがすごいらしいです!
(これ書いてる時点で、初日映像まだ見てません)

朝美絢さんの顔面偏差値が高すぎなのはよく知っておりますが、美しいウィッグに豪華な衣装で、まるでファイナルファンタジーの登場人物のようだと評判です。

私がトート閣下を初めて見た時の感想が「これってFF?」だったんですけど、朝美絢さんもそれに近い感じなのかしら……。一部では「ウィッグがトート閣下っぽい」と書かれていたので、トート感あるヴィジュアルってことでいいのかしら。

そんなの、期待するしかないじゃん!

鞭を奪われた朝美絢…

多くの方が楽しみにしていた(?)と思われる、朝美絢さんの鞭のシーン。初演のファルコは、鞭を持っていたので、「だいもんを鞭で打つあーさが見れる!?」とワクワクしていた方は多いと思います。

しかし今回の再演では、鞭はなくなってしまいました!

なんでや! 私は鞭を持つあーさが見たかったのにー!!

というか、ファルコの役割が、永久輝せあさん演じるジュリオのほうに統合された(?)らしく、、、

それもあってか、永久輝せあさんの出番が、とっても増えたみたいですね。何故そんなことに。スポンサー関連で配慮された?



見所いっぱいな『はばたけ黄金の翼よ』に期待大!

色々文句もたれましたけど、それぞれの登場人物においしいシーンがあるという感想も見かけました。

もちろん、鞭というアイテムを奪われたからといって、朝美絢さんの見せ場がなくなったというわけではない! 

「ヴィジュアル&歌&芝居がとってもよかった♡」というファンの方の感想を信じるならば、めっちゃ期待していいってことでいいんですよね? 期待、しちゃいますよ?


・「これぞ宝塚」な古典的なラブストーリー

・だいきほハッピーエンド

・初演と原作を混ぜて超改変

・すみれコード問題クリア

……ということなので、期待しまくりで観に行って来ようと思います!!

その他の詳しいことは、観てから感想書きます。




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


天真みちる

こんにちは、カリーナです。

10月14日から、元花組男役の天真みちるさんの爆笑エッセイ『こう見えて元タカラジェンヌです』の連載がスタートしました!

舞台上でも独特の存在感を放っていた天真みちるさんですが、文章能力も素晴らしい~。笑いを誘いつつも、宝塚とは何たるかをしっかり解説なさっていて、とても興味深い内容でした。




こう見えて元タカラジェンヌ!天真みちるとは

まず笑ってしまったのが、連載の名前。『こう見えて元タカラジェンヌです』。
エッセイでの自己紹介はこんな感じ。
「見たくなくてもあなたの瞳にダイビング。元宝塚歌劇団花組の視線ドロボウ、現在は歌って踊れるサラリーマンをしております」天真みちるです。愛称はたそです。よろしければたそって呼んでください。

花組本で見た時も、この自己紹介に笑ってしまったんです(* ´艸`)

舞台上でどうやっても目立ってしまう、タカラジェンヌらしからぬ個性的な容姿。見たくても見たくなくても、観客の視界にダイビングしてくる凄いお方でした。

主役の吸血鬼に血を吸われめちゃめちゃ狂う不動産仲介人を演じたり、裏で麻薬を密売している医者を演じたり、女装する医者を演じたり(医者多いな)、モヒカンの用心棒、角刈りの車引き、邪馬台国のみずら結いの人、常に半目(薄目)状態の右大臣等々

トップスターやスターを目指す方々からはだいぶかけ離れた「情報量の多いおじさん」を演じることを極めていた。

研2の時点で、すでに“おじさん街道まっしぐら”だったという天真みちるさん。

「情報量の多いおじさん」という表現に笑ってしまいました。でも私が初めて見たたそさんはエリザベートのツェップスだったので、まだ真面目な役だったと思います(その後に牛五郎とか、強烈なのもやったけど)。



宝塚の男役についての的確な解説♡

天真みちるさんのエッセイで、滅茶苦茶ウンウン頷きながら読んでしまったのはココ!

タカラヅカの男役とは、世の女子たちの「究極の理想の男」。

(中略)

とにかく、様々な時代や国の男の物語を「究極の完成形」で表現する、

実際の人生では決して、けっっっっっっっっっっして出会えない、容姿端麗且つ、キザ且つ、歌ウマ且つ、ダンス最高且つ、マジで容姿端麗で最高 of 最高な理想の男、スターなのである。

しかも、1人じゃない。

1公演につき男役は35名くらい出演していて、さらに花・月・雪・星・宙の5組と、「人生を極めた」専科さんで構成されているので、「生涯追い続けたい男役」の候補は選びたい放題、しかも未来のイケメン候補生は毎年入団してくる。

ありがたい。本当にありがたい。


宝塚ファンの気持ちを的確にまとめてくださったたそ様……感謝いたします!!

宝塚が好きな人でも、「なぜ自分は宝塚に惹かれるのだろう?」と、明確な理由がわからないままでいる人っていると思うんです。でも、答えをシンプルにまとめるなら、きっとコレ。

実際の人生では絶対に出会えない(←ココ大事)最高すぎる理想の男性がいる&しかも毎年イケメン候補が入団してくるっていうのが、真理であるように思います。

男性ファンの方には、あまり当てはまらないかもしれませんが……(-_-;)



エッセイの更新が待ち遠しい!

今回は自己紹介や、宝塚歌劇団の解説がメインでしたが、次回から本格的に天真みちるさんのジェンヌ人生について語っていくようです。

天真みちるさんのエッセイのページはこちら↓
『こう見えて元タカラジェンヌです』


次回、第2話「リベンジを誓ったたそが、まずしたことは……なんと巫女さんのバイト!?」


なんだこれ。読みたい。

でも基本的にこのサイトは有料なので、次回からは有料かもしれないですね。今回は初回なので、無料で読めますが。

気になる方は、次回の更新まで待ってみましょう~。

↓関連記事↓




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


higasimaru


こんにちは、カリーナです。

綺咲愛里さんが退団すると分かってから、「次のヒガシマル醤油のイメージキャラクターは誰?」と気になっていた人は多いでしょう。

どうやら新しいイメージキャラクターは、雪組の潤花さんに決定したようです。

そうなると、相手役は、もしやあの男役さん……!?




ヒガシマル醤油の広告に潤花さんが登場

26fff63db396797fe37166dac3d3d0d4_s


私は現物を見ていないんですが、ヒガシマル醤油の新しい広告に、潤花さんがドーンと写っていました。
からあげりんごおろしソースのやつです。

現時点で、まだヒガシマル醤油の公式HPなどでは「潤花さんに決定しました」みたいな情報は出てないんですが、広告に載っていたならほぼ潤花さんで確定でしょう。





潤花さんは誰の相手役になる?

ヒガシマル醤油がついたとなると、おそらく近いうちに娘役トップになるのでは?と思います。

一番可能性が高いのは、雪組の彩風咲奈さんの相手役……でしょうか。いや、彩風咲奈さんがトップになるかどうかも、まだ確定ではありませんけど。

でも同じ雪組ですし、望海風斗さんが来年中に退団するという噂もありますので、彩風咲奈さん&潤花さんのトップコンビになる可能性はゼロではないと思います。

ちなみに、現在公演中の『ハリウッド・ゴシップ』では、まさにこの2人がコンビを組んでいます。将来のトップコンビをひっそりお披露目ってことなのかしら。

今後の人事に注目したい

潤花さんがヒガシマルってなると、今後の人事が色々と見えてきそうです。

この予想通りになるのか、それとも全然違うビックリ人事が待っているのか。

注目しておきたいと思います。




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


このページのトップヘ