Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

花組中心の宝塚感想&考察ブログです。

礼真琴

こんにちは、カリーナです。

星組トップスター・礼真琴さんのアルバムリリースが決定しました。

アルバム名は「Applause REI Makoto」。直訳すると「称賛 礼真琴」……。アルバム名に負けないくらいの名曲揃いなようですよっ!




CD「Applause REI Makoto」の収録曲

こちらのCDには、ライブ音源の楽曲が収録されるようです。

「マダム・ギロチン MADAME GUILLOTINE」、「阿弖流為テーマ」、「今日、お日柄も良く、冥途旅」など19曲。すべて礼真琴さん本人がセレクトした名曲揃い。


私は「マダム・ギロチン」を1曲だけもう買っちゃってますけど、熱狂的なファンの皆さんなら、このCDに入っている曲を全部持っている方もいそうですね。

しかしこのCD、曲を全部持っている人にも嬉しい特典があるのです!

撮り下ろし写真満載のブックレット付き!

なんと、撮り下ろし写真がいっぱいのブックレットが付いてるんですって。
これまでに歌ったナンバーから礼真琴自らがセレクトした曲をライブ音源で、撮りおろしの写真をふんだんに盛り込んだ歌詞付きブックレットと共にお届けします。


要は、超豪華な歌詞カードってこと?

撮り下ろし写真があると買っちゃうよね~。




これ、ファンなら絶対欲しいやつ

ブックレットはずるくないですか……。CDだけでも買う人はいるでしょうけど、撮り下ろし写真系はずるい。買っちゃう。(撮り下ろし大好きな人)

劇団は、ファンの需要をよく分かっているんだけど、お金をどんどん搾り取られていっているような気がするのは……気のせいじゃないですね。喜んで搾り取られに行きませう。


礼真琴「Applause REI Makoto」(CD)

価格:3,300円
(2019/12/14 02:13時点)


↑宝塚アンでも予約できます!




もしかして、柚香光さんのCDも出ますか?




※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




紅ゆずる

こんにちは、カリーナです。

清水寺で毎年発表される「今年の漢字」ですが、今年は「令」になったみたいです。新しい元号が令和ということで、こちらは想定の範囲内。

そちらよりも私が気になったのは、日刊スポーツの「今年の字」日刊スポーツ読者の「今年の字」が、「紅」に決定しただってー!?

今年は、紅ゆずるさんが退団されました。明日海りおさんも退団されましたが、漢字1文字といえばやっぱり「紅」?





「今年の字」に「紅」が選ばれた理由

日刊スポーツの記事によれば、「紅」が金賞に輝いた理由はコチラ。

2019年の字-1GPは67の字・単語の中で最も支持された「紅(くれない)」が選ばれました。宝塚歌劇団のスター・紅ゆずるの退団を惜しんだファンから推す声が多く届きました。


やっぱり、紅ゆずるファンの仕業だった。あ、仕業とか言っちゃってごめんなさい。褒めてます。

紅ゆずる退団のことを知らない読者から見たら、「なんで紅?ああ~、おめでたい色だから?」という感じかもしれません。




紅ゆずるへの愛が詰まったメッセージがアツい

「今年の字」の記事には、紅ゆずるさんのファンからの長文メッセージがいくつか掲載されていましたが、どれも愛が深い……!!

先日『ANOTHER WORLD』の映像を観ていたんですけど、紅ゆずるさんって、やっぱり独特のパワーがあるんですよね。個性が強くて苦手だという声も聞くけど、個性が強い人ほど熱狂的なファンがつくものです。

今回、「今年の字」が「紅」に決まったのは、必然だったのかも……。

個人的に今年の字は「光」

最後に個人的な話を。

当ブログの「今年の字」は、「令」ならぬ「光(れい)」です。
来年も再来年も、多分そう(^^;)

明日海りお退団もでっかい出来事でしたが、1文字を切り取るとなると難しい……。

あなたの「今年の字」は、何ですか?



※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




舞空瞳

こんにちは、カリーナです。

先日『ロックオペラモーツァルト』のナウオンを見たのですが、舞空瞳さんと礼真琴さんの距離が近すぎてびっくりしました。

舞空瞳さん、お慕い芸のしすぎで、違和感あります……。





お慕い芸
……それは娘役に必須なモノ。「あなたをお慕いしております感」を出したり、男役が引き立つようにしたり。男役のほうがより身長が高いように見せるワザの数々を見ていると、「娘役ってすごい」と思います。

で、最近、舞空瞳さんのお慕い芸がすごいのです。

一番気になったのは、礼真琴さんとの距離感。「普通、こんなに近距離で話す?」と、首を傾げちゃいます。

ほかのナウオンでも、トップ娘役さんの言動を色々見ていますけど、ここまでトップスターに顔を近づけているトップ娘役は、ちょっと記憶にありません。

まぁ、仲が悪い感じよりは、距離感が近い方がまだマシ……なのかもしれませんが。でも、ある程度の距離感って必要ですね。あまりベタベタされると、落ち着いて見ていられませんから。


最近、距離感のことばかり気にしているような……。スミマセン。


トップスターとトップ娘役の距離感、大事。



※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




このページのトップヘ