Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

花組中心の宝塚感想&考察ブログです。

柚香光


こんにちは、カリーナです。

私は柚香光さんのファンですが、ブログで彼女の歌ヘタなどの欠点について触れるたびに、「そんなことを言うなんて、あなたは本当のファンではない」というようなメッセージをいただきます。

でも私は、欠点を見ようともしない or 欠点を指摘されたら怒る人のほうが変だと思っています。

あえて触れないというのは本人の勝手なので別にいいのですが、他のファンが欠点について触れたら「○○ちゃんの文句を言うな!」と言ってくるのは、おかしいと思いませんか?

今日は、ジェンヌの欠点について触れるファンの心理や、盲目的なファンの特徴の話をしてみようと思います。




ジェンヌの欠点を見つけて楽しむのが宝塚

そもそもなんですけど、容姿・踊り・歌(+芝居)が全て完璧なジェンヌなんているでしょうか?


歌が上手くて美人だが、踊りが苦手。
スタイルがよくて舞台映えするが、歌が苦手。
踊らせたら右に出る者はいないが、容姿はあまり華がない。


このように、どんなジェンヌにも、苦手分野や欠点って絶対にあると思うんです。

そして一般的なファンなら、「○○さんは、お芝居は素晴らしいけど、歌がチョットね」というように感想を漏らし、今後の成長に期待するのです。

宝塚は、未完成のジェンヌたちの成長を見て楽しむという面もあります。最初からプロフェッショナルばかりを集めた他の劇団とは、そのあたりが違うと思います。

ジェンヌの欠点を指摘することは、悪いことではないのです。むしろ指摘してこそ宝塚、という感じがします。変な意味で粗探しをするのではなく、好意的な意味で欠点を見つけるのです。

一見何でもできそうな優等生タイプのジェンヌに、意外な苦手分野があったら、すごく可愛いと感じます。そしてジェンヌに対して何となく親近感がわいたり、「もっと頑張れ!」と応援したくなったりします。
そして成長の結果を見るために、次の演目のチケットを買う。このようにして興業が成り立っているという部分は絶対にあるでしょう。


ジェンヌの欠点を見ない「盲目的なファン」の特徴

a2f3b30d80217a451d12dc3c17805d5e_s


欠点を指摘するのは、アンチ的な行動でも何でもありません。欠点を貶してバカにするのはアンチ的だと思いますが、指摘すること自体は別にいいと思います。欠点について批評するのもかまわないでしょう。

しかし世の中には、好きなジェンヌの欠点を指摘されただけで、「悪口を言うな!」と噛みついてきたり、「欠点を指摘するなんて、お前は本当のファンじゃない!」と相手を否定するようなことをいう人がいます。
こういう人は、いわゆる「盲目的なファン」なのかなと思います。

・贔屓を神のように崇め、信仰する。
・都合の悪い事実からは目を背けようとする。

盲目的なファンには、このような特徴があるみたいです。



私はジェンヌに限らず、好きな作家の悪いところなども批評するのが好きです。
好きな部分は褒めたたえますが、ダメな部分はバッサリ斬ります。でも私はアンチではありません。

私はとある作家を20年くらい前から応援していますが、盲目的になったりしません。どんな作家にも苦手分野はあるので、しっかりそこは指摘します。
そういう気持ちで作品の批評をすると、盲目的な読者様から「お前は本物のファンではない」と言われてしまいます。そういう人の言い分は、

「どんな作品でも褒めるべきだ。私はどんな駄作が来ても嬉しい」

というものでした……。

喜ぶのは個人の勝手だと思いますが、批評しているだけのファン(私)に、「お前なんて、本当のファンじゃない」なんて言い捨てていくのですから、礼儀がなっていないなぁと思いました。
どんな駄作も名作に見えるだなんて、どんな作品でも褒めなきゃいけないだなんて、なんて盲目的!





もう何年も前の話ですが、某アイドルグループの曲が実は盗作だったということが分かった時、そのアイドルグループのファンが「○○(パクった側のアーティスト名)様に曲をパクってもらえたんだから、感謝しろよ!」というような事を言っていて、驚いたことがあります。
パクりは明らかに犯罪なのに、パクられた被害者側を攻撃する。「ああ、これが盲目的なファンか」と呆れました。

宝塚はパクリ問題とは無縁だと思いますが、盲目的なファンの本質は似ていると思います。

贔屓は神なので、欠点なんかない。欠点を指摘するのは許されないことだ。
欠点があるのは事実かもしれないが、それについて指摘するやつは敵だ、異教の民だ。

こんな考えを持っているから、「お前は本当のファンじゃない」発言に繋がってしまうのだろうなぁと思います。

欠点コミでジェンヌを愛するファンこそ本物のファン

895cc158f4d3433d3900bb8df85ef3c2_s


さて、ジェンヌの中には「ちょっとした欠点」レベルではなく、「やばい欠点」を持った人もいます。
たとえば私の贔屓の柚香光さんは、強烈なビジュアルと踊りのセンスを持っているのに、歌が大変苦手です。
これについては、ファンでも擁護できません。

しかし、柚香光さんの欠点と言われる、あの歌声に惹かれているファンもいるということを忘れてはなりません。
柚香光さんの歌が下手なのは仕方のないことで、事実です。でも、それから目をそむけるわけではなく、そこに注目して観劇し、応援する。好きだからDVDも買うし、それについての感想も細かく書く。

このようなファンの行動は、非難されなくてはいけないのでしょうか?
私は「お前は、柚香光の本当のファンじゃない」と何回も言われましたが、私はファンだからこそ、時間をかけてわざわざブログを書いています。そして、バカにするようなことは書いていません。
ただただ柚香光さんを応援したいがために、何時間もかけてブログ記事を書いています。そこには愛しかありません。

逆に「柚香光さんは歌が上手いです」なんて書いたら、それはアンチさんの強烈な嫌味か、柚香光さんに興味のない方が適当に書いた戯言でしょう。
本当のファンだからこそ、ジェンヌの欠点を正確に見つけ出し、そこを応援しているのです。


↓関連記事↓


↑この関連記事のコメント欄にもご注目下さい。



番外編~歌ヘタを愛する人種の話

ここでちょっと個人的な嗜好のお話を……。

私はメタル系の曲なんかも普段よく聴くのですが、私の好きなアーティストのボーカルは、ものすごく歌が下手です。

声がしょっちゅうひっくり返る(CD音源でも)。
声量がなくて、声が細い。
ライブでは、ボーカルの声が全く聞こえない。
クセの強いアニメ声。
音痴。

こんな書き方をすると「本当に好きなのかいな」と思われそうですが、私はこのアーティストを10年前からずっと追いかけています。大好きなんです!

そしてこのアーティストは、実は結構人気があります。ヘタウマ系なのに人気が凄いので、歌番組にもたまに出ています。

つまり、歌がヘタだろうが何だろうが、何か魅力があれば何も問題ないっていうことです!!

私が初めてそのアーティストの歌を聴いた時は、「ズコー(;´Д`)」と思いましたが、気がつけばその歌声の中毒状態になり、今では大ファンに。
ファンではない方からは「歌ヘタだね」と言われますが、あの不思議な歌声の魅力が分からないという人がいるのは仕方のないことなので、別に怒ったりはしません。また、「あのボーカルは歌ウマだよ!」と反論したりはしません。


私は柚香光さんの歌を初めて聴いた時、やはり「ちょっと…ズコー」と思いましたが、今ではその歌声が大好きです。それは元々私が、歌ヘタ系の歌い手の方に惹かれるタイプだからなのかもしれません。

超絶技巧の歌ウマさんも好きなのですが、歌ヘタも好き。
私のように、“歌ヘタさんを好きな人種”というのも存在するんだということを知ってほしいです。「歌ヘタ」というのは決してバカにしてるわけじゃなく、半分くらいは褒め言葉なんですよ。(残りの半分は応援したい気持ち)

客観的に物を見られるファンになろう

私が柚香光さんの『EXCITER!!2018』を観た時、ファンから見ても衝撃的な音痴っぷりに「もう本当に、ファンを続けられないかもしれない」と落ち込んだことがありました。しかし知人から色々とアドバイスをされ、「歌のことは、あまり気にしないようにするね」と言いました。

するとその知人から、「欠点を気にしないようにするのは別にいいけど、盲目的なファンにならないように気を付けてね」と言われました。

当時はあまりピンとこなかったのですが、盲目的なファンの人の迷惑な言動を見ていると、「ああいうことをするファンにはなるなという意味かな」と思うようになりました。
だって、「お前は本当のファンじゃない!」と決めつけて、キーッとなって怒ってくる人なんて、迷惑でしかありませんから。

盲目的なファンは嫌われます。
贔屓を神聖視するのはいいですが、度を超すのはよくないですね。

冷静に物事を見られるファンでありたいです。


↓関連記事↓
歌がうまい柚香光は、もはや柚香光ではない【ファンの複雑な心理】









↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

柚香光


こんにちは、柚香光さん大好きすぎるカリーナです。

花組次期トップスター・柚香光さんの歌声は、お世辞にも上手いとは言えません。
しかし、彼女の個性的な歌声にハマってしまうファンが多いというのも事実!


そこで今回は、柚香光さんの歌声の魅力に迫ってみようと思います。


また、柚香光さんの歌唱力レベル別に、おすすめの作品を5つピックアップしてみました。
初心者向けの柚香光さんの歌、上級者向けの柚香光さんの歌が聴ける作品をファン目線で選んでみたので、参考にしてみてください♡





柚香光の魔性の歌声はクセになる!

柚香光さんの歌、聴いたことありますか?
聴いたことのある方は、たいていこう仰います。

『あんまり上手くな……ゲフンゲフン』

誤魔化さなくてもいいです。柚香光さんは、歌が大変苦手です。

生まれつきの音痴なのか、声質が悪いのか、声量がないのか、低い声で歌うのが苦手なのか……もしくはそれら全部の合併症なのか。とにかく個性的な歌声の持ち主です。


しかしファンにとっては、非常に中毒性のある、魔性の歌声となっております。

これは管理人の日々の呟きです





「1日1カレー」
1日1回は贔屓の動く姿を見たいし、歌を聴いたりしたいですよね? 写真だけじゃ物足りません。
特に私は、柚香光さんの歌を1日1回は必ず聴かないと、気分と体調が悪くなります(;´Д`)


私は、歌の上手いジェンヌさんも好きです。
歌ウマで有名な明日海りおさん、望海風斗さん。柚香光さんと同期の月城かなとさん、朝美絢さんも上手い方ですよね。さらに下なら、飛龍つかささんはズバ抜けて上手いな~と思います。


でも、最終的に戻ってくるのは、柚香光さんの歌声なのです。
私も最初は「う~ん、あんまり上手くないかも……」と思いましたが、その内に上手いとか下手とかがどうでもよくなって、あの特徴的な歌声がないと駄目になってきたのです。

絶妙に音程が不安定で、かなりハスキー。
でも、いつもメッチャ頑張って歌ってる感じ、よく見るとちょっと自信なさげにしている感じ、応援したくなる感じ……。

全部が魅力的に見えてきて、気がつけばあなたも柚香光さんの歌のトリコに!なっているはず!!です!!!(力説)



ということで、ここからはおすすめ作品を、超初心者向けから順番にご紹介していきます。

超初心者向け:ポーの一族

8b8bf6aee3ebebef7f7753ac28caa974_s


歌唱力レベル5:歌声の下手さが気になりにくい作品。超初心者向け。

圧倒的なビジュアルの美しさで人気を博した『ポーの一族』。この時は少年役だったため、歌のキーが高めで、それなりに上手に聞こえました。少なくとも音痴には聞こえません。

また、一人で歌うシーンだけでなく、明日海りおさんと歌うシーンもありました。明日海りおさんは、言わずと知れた歌ウマさんです。明日海りおさんがリードするような形で歌っていたので、ハモりも綺麗に聞こえました。

あと、とにかくビジュアルが最高レベルなので、歌声を気にしているヒマはありません。ビジュアルが綺麗な分、歌声が上手いとか下手とがあまり気にならないと思うので、柚香光初心者さんにはピッタリだと思います。

ビジュアルから好きになっちゃえば、歌唱力なんかどうでもよくなるかもしれませんしね。まずはポーの一族から聴いてみましょう。

初心者向け:MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−

902ac96e637d8136bc984d0215c887e0_s


歌唱力レベル4:歌声がソコソコ安定していて上手だった作品(本人比)。初心者向け。

『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』は、ビジュアルが地味目でストーリーはシリアスめ。ポーの一族のように、見た目だけで歌声を誤魔化すことができません。

しかしこの作品は、やはりキーが高めになっているのか、非常に歌いやすそうでした。1人で歌うシーンがいくつかありますが、どのシーンでも大きく音を外すことなく、最後まで歌い上げていました。

また、地声に近い高めの声だと、ハスキーっぽさが軽減されて、いつもよりも声が綺麗に聞こえました。歌声だけで言うなら、個人的にはポーの一族よりもメサイアのほうがおすすめです。


この作品は、柚香光さんの演技力も見所の一つ!『柚香光はビジュアルだけ』という先入観を持っている方にこそ観て頂きたいです。


↓関連記事↓






中級者向け:はいからさんが通る

dec99ad73d1bfb984a46dee50cc96b32_s


歌唱力レベル3:歌声が少し不安定だった作品。中級者向け。

先日、大劇場での再演が決定した『はいからさんが通る』ですが、初演は2017年です。

この『はいからさんが通る』は、歌が苦手なトップコンビ(柚香光&華優希)のために、歌ヘタが目立たないようになっています。

・トップの2人は極力歌わない
・他の誰かが代わりに歌いまくる
・歌ヘタな2人でもなんとか歌えるメロディーの曲が用意されている
・曲そのものは名曲揃い


柚香光さんはキーが高めな歌ならソコソコ歌えます。この作品は、柚香光さんのキーに合わせて作曲してあるようで、本人比では程々に歌えていました。ただし、上記の2作品よりは不安定な感じがしました。曲自体は、メロディも歌詞もすごく素敵で人気なんですけど。

明日海りおさんなどの、歌ウマさんのサポートがあまりなかったのが原因かもしれません。相手役の華優希さんもすごく音を外していたので、ハモりはイマイチな感じでした…。



↓関連記事↓


上級者向け:エリザベート -愛と死の輪舞-

1d0ae3bbdb5efe1f727e62014c3c8eb4_s


歌唱力レベル2:歌声がかなり不安定でやばい作品。上級者向け。

再演を繰り返している人気の演目、『エリザベート -愛と死の輪舞-』。
柚香光さんは、ジュラとルドルフの2役を役替わりで演じました。

ルドルフと言えば、大きな見せ場である「闇が広がる」で、トートと踊りながら名曲を歌わなければなりません。
そもそもこの曲、あまりにも有名すぎるので、過去に歌った人との実力差が分かりやすく、そういう意味でも大変難易度が高いです。

残念ながらこの時期は、柚香光さんの音痴が大変酷いときでした。
明日海りおさんが頑張ってリードしようと、声を張り上げて歌っていたのを思い出します。しかしそれでもカバーしきれないほどの音の外しっぷりで、ファンの私もちょっとフォローできません。


ただ、あの「闇が広がる」をトップスター明日海りおさんと歌ったという意味では、すごく価値があると思います。ビジュアルは最高でした。
あと、結構分かりやすく音を外しているので、衝撃を受けてみたい方は聴いてみるといいかも。(面白半分というよりは、新世界を見てほしい感じ)


ちなみに柚香光さんは、この時の新人公演でトートを演じました。個人的には、新人公演のときの「最後のダンス」のほうが上手かったのでないかな~と思います。
やっぱり問題はキーの高さだと思うんです。「闇が広がる」は、柚香光さんが苦手なキーだったのでしょう。



超上級者向け:EXCITER!!2018

43f78e82f0fed97bc3815f8c77975aba_s


歌唱力レベル1:上手に歌えている曲がほとんどない作品。超上級者向け。
最初に観てはいけない。

『EXCITER!!2018』……ファンの間でも激震が走った(と思われる)色々とすごいショーです。


いくら激辛料理好きな人でも、ウルトラデスソース1瓶ぶっかけて食べませんよね?(ウルトラデスソース→タバスコの586倍辛い調味料)
カレーにさらに唐辛子パウダー山ほどかけて食べませんよね???

『EXCITER!!2018』は、「いくら柚香光ファンでもこれは無理」と思わせるほどの破壊力を持った作品です。柚香光さんファンでない人からの評判は、散々なものでした…。


『EXCITER!!2018』は、柚香光さんがトップの立ち位置ですので、歌うシーンが非常に多いです。その上、柚香光さんが不得意なキーが低めの歌も多く、歌いながら延々と踊り続けるシーンもあります。なんて無茶をさせるんだ…!

特にオープニングの、柚香光さんの登場時に歌うシーンは、もともと音程をとるのが難しい曲なので、柚香光さんがそれを歌うと……。
ファンの私ですら、あれを聴いた時は「もう、ファンやめるかもしれない…」とズーンと落ち込んだほどでした。

歌詞が聞き取れないのはデフォで、音程も微妙なので、見所は妖艶でかっこいいダンスだけです。柚香光さんは、踊りは大丈夫ですから!(力強いフォロー)

散々なことを言いましたが、今では脳内補正がかかって、音程が普通に聞こえるようになって、リピート再生余裕になりました(*'ω'*)スゴイネ♡


いやでもね、人気のショーだけあって、おすすめの曲はあるんです!
一番おすすめな曲は「Mas Que Nada」です。明日海りおバージョンと比較すると、歌詞が全く聞き取れないですが、ずっと聴き続けているとめちゃくちゃクセになります。耳から離れなくなります!!
ああいう曲なので、ハスキーなのがむしろ曲の雰囲気に合っているのかも? と思います。



おすすめポイントは、とにかく柚香光さんの歌うシーンが多いということ!「柚香光さんの色んな歌を沢山聴きたい」という方には、間違いなく『EXCITER!!2018』をすすめます。


ただし、柚香光さんの歌声にある程度慣れていて、ウルトラ柚ソース1瓶ぶっかけて食べられる方向けです。
逆に言えば、柚香光さんの重度のファンにとっては、柚香光さんを丸ごと堪能できる神作品です。ウルトラ柚ソース10瓶くらいいけるファンなら、『EXCITER!!2018』は毎日観ても足りないくらいでしょう。

またこの『EXCITER!!』は、柚香光さん本人が大変気に入っているショーでもあります。本人が楽しんでるならいいじゃないか!!!

柚香光の歌声の魅力に気付いてほしい

柚香光さんの話になると、必ず「踊りはいいけど、お歌がね…」的な話題になりがちです。
その意見には全く反論できないですし、歌ウマでなければ認めないという人がいるのも分かるのですが、それでも一部のファンから見れば、あの歌声だって柚香光さんの魅力の内のひとつなんです。

もちろん、歌劇団を名乗るからには歌ウマさんのほうがいいのでしょうけど、「あんまり上手くないけどクセになる」「何故か毎日聴きたくなる」というのも良いのではないでしょうか?


柚香光さんは、不思議な魅力のある歌声の持ち主だと思います。「歌ヘタだよね」の一言で片づけて欲しくないのです。

柚香光さんの歌声は色んな意味で唯一無二だと思うので、是非ポジティブな気分で聴いてみてください♪


↓関連記事↓








↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

reimakoto


こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇団95期生は、実力派の男役が豊作だと言われています。
特に歌やダンスなどの実力が優れていると言われているのが、星組の礼真琴さんです。

この記事では、礼真琴さんの基本的なプロフィールや好きなもの・嫌いなもの、性格、容姿・踊り・歌唱力といった実力についての特徴、面白いエピソードなどをご紹介します。

※当ブログでは著作権や肖像権などにひっかかる画像は掲載しませんのでご了承ください。





礼真琴の基本プロフィール

名前:礼真琴(れい まこと)
所属:星組
初舞台:2009年(95期)
誕生日:12月2日
血液型:O型
身長:170cm
成績(入団時):首席
出身地:東京都江戸川区
出身校:東海大学付属浦安高等学校
本名:‎浅野琴
愛称:まこっつあん、こと、こっちゃん
兄弟:姉が1人、弟が1人いる


礼真琴の嗜好や趣味・特技

好きな食べ物:辛いもの、餃子
苦手な食べ物:今はお酒が飲めない
好きなもの、こと:セーラームーン(セーラーマーズ)、ボーカロイド曲、絶叫マシン
苦手なもの、こと:コツコツやり続けること
趣味・特技:映画鑑賞、水泳、カラオケ


礼真琴の性格

礼真琴さんは、明るく人懐っこい性格です。とてもしっかり者の優等生タイプです。

大勢の友人と一緒に遊ぶのが好きなようです。

礼真琴の容姿・踊り・歌の特徴

少年のような顔立ちで、小柄なフェアリー系の男役です。女装が似合うと評判です。

キレのいいダンスに定評があります。また、歌唱力も高く、声量があり、地声が低めで高いキーでも低いキーでも歌うことができます。

綺咲愛里さんからは「何でもできる“スーパー礼真琴さん”」と言われています。

礼真琴のエピソード

・子供の頃は子役として映画や舞台で活動していた。

・父親は、元サッカー日本代表の浅野哲也。

・星組のことは「とりあえずやる気だけはある!」という勢いのある人たちの集まりだと思っている。

・予科の後半に一番委員になり、一期上の一番委員だった仙名彩世さんには色々とお世話になった。

・本科生になった時に、演劇の授業で先生に「教室から出ていけ、一生戻ってくるな」と言われ、次の授業に出席できなくなった。仙名彩世さんに電話でアドバイスをもらい、「逃げては駄目だ」と向き合えるようになった。

仙名彩世さんがトップ娘役に決まったと聞いた時は、その場でゴロゴロ転がって喜んだ。

・コツコツとやり続けるのが苦手で、青汁は1週間で終了した。








↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



このページのトップヘ