Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

花組中心の宝塚感想&考察ブログです。

柚香光

こんにちは、カリーナです。

1月20日は、『宝塚GRAPH』2月号の発売日!
柚香光さんのスペシャルポートレイトが楽しみだったんですが、シャボン玉で遊ぶ姿が超可愛かったです

また今月号は、「スター通信2020」に柚香光さんが登場!
本当にトップスターになったんですね、柚香光さん……♡



やんちゃで可愛い♡柚香光のポートレート

今月号の柚香光さんのスペシャルポートレイトは、“シャボン玉を吹く柚香光”!

最近、いかにも男役らしくキメている写真を多めに見ていたせいか、やんちゃ系の写真を見て「あ~可愛い♡」と思いました!!


しかも、シャボン玉を吹く時のストローみたいなやつ(名称不明)が、ハート形や星型♡☆
可愛い全開アイテムじゃないですか…!


特に、ライビュの直後ですからね。
あんなにカッコイイ姿を見た翌日に、シャボン玉で遊ぶ柚香光……

ギャップ萌え最高でしょ……

「スター通信」に柚香光が初登場!

私の記憶が正しければ、「スター通信」に柚香光さんが初登場です!

今回のスター通信のテーマは、“お互いにキャッチフレーズをつけよう!”

柚香さんだけ、なぜかキャッチコピーすべてにトップスターさんの名前を入れてます。
しかも、さん付け。
真面目かっ!
(同期の礼真琴さんだけは、変化球でしたけど)


望海風斗さん→柚香光さんのキャッチコピーが「ゆずかトムボーイ」だったんですが、どういう意味なんでしょう?元ネタでもあるの?
そのキャッチコピーの理由が“だいもんの言いたい放題”で、笑ってしまいました!
元花組の大先輩ですからね、容赦ない…!
「細い頭」という表現が、いかにもだいもんっぽいなと思いました。
(「小顔」じゃなくて「細い頭」なんだ…)

柚香光さんのやんちゃな時代をずっと見てきたからこその、だいもんの愛を感じました♡




GRAPHの雫~柚香光&彩風咲奈のツーショットも!

ちょっと珍しい???
「GRAPHの雫」に柚香光さんと、彩風咲奈さんとのツーショットもありました!

脚が長すぎることで有名な彩風咲奈さん…
柚香光さんも短いほうではないはずですが、彩風咲奈さんは本当に長い!

ちなみに彩風咲奈さんは、柚香光さんのことが好きらしいです。
2人とも笑顔で楽しそう♪

柚香光ファン必見の宝塚グラフ2月号

柚香光さんの登場ページは少なめかな?と思っていましたが、思ったよりも萌えの濃度と文字数があって、満足できる内容でした♡

柚香光さんのファンは、ぜひ読んでみてください!


宝塚 GRAPH (グラフ) 2020年 02月号 [雑誌]

価格:750円
(2020/1/20 13:44時点)
感想(0件)


↑楽天ブックスは送料無料です。


Amazonだと数日遅れで届いてたんですけど、楽天ブックスさんは発売日当日に届けてくれるんですよね。
ありがたい…



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






kotodama

こんにちは、カリーナです。

最近、とても気になる言葉があります。

「私の贔屓は、きっとトップにはなれない」。

どういう理由があってそういう言葉を口にしているのかは分からないのですが、そういうことを言う人は確かにいるのです。

でも、こういうことは口にしないほうがいいと思います。
今後、自分のメンタル面に影響して、本当に自分の贔屓がトップになれなくなる可能性があるからです。





“言霊”で言ったことが現実になる?

「言霊」(ことだま)って聞いたことがありますか?
口にしたことが現実になる、というアレです。

言葉の力というのは、結構あなどれません。
私も、ずっと言い続けていたら、それが現実になってしまったということが何度かあります。

それは多分、自分の行動に影響を与えるからだと思うんです。
言葉にして言い続けていたら、知らず知らずのうちに、自分がその通りの行動をとってしまうっていうことですね。

諦めた時に応援する気持ちもなくなる

「贔屓がトップになれない」。
そう口にしてしまった時=諦めた時。
その瞬間、「贔屓を応援しようというモチベーションが下がる」可能性があるというのは、おそらくお分かりいただけるかと思います。

「贔屓が大変な時こそ応援しなきゃ!」という考えになる人もいると思います。
でも、「必死に応援しても、もうダメかもしれないからなぁ…」と完全諦めモードになってしまうと、“応援したいという気持ち”が完全になくなってしまう可能性があります。

自分が発した言葉が、自分の燃え上がる熱い気持ちを、自分で鎮火させてしまうのです。
せっかく贔屓を応援し続けていたのに、そんなことになったら大変ですよ。

「ファンからの応援があるから頑張れる」というジェンヌさんもいるのですから!




応援する気持ちを持ち続けることが大切

「贔屓がトップになれた人に、上から目線でそんなこと言われたくないわよ!」という反論があるかもしれません。

でも私の贔屓のことだって、他人事ではありません。
私が「外部に出たら、そこまで活躍しないんだろうな…」なんて言っちゃったとしたら、退団後に応援する気持ちになれなくなるかもしれません。
言霊パワー発動ですね。

「トップになること」「今後の人気」「外部に出た後のこと」など、どんなことについての話でも、「多分、ダメだろうなぁ」という気持ちにならないほうがいいと思います。
どうしても弱気になりやすくなるので。

もちろん、ジェンヌさんの立場などによっては、トップスターになるのが難しいことはあるでしょう。
でも、“信じて応援する”のが一番だと思います。
ファンが沢山いて、応援し続けたら、何らかの形で返ってくるかもしれませんから。
トップスターになることだけが全てではありません。


だから、「私の贔屓はトップになれない」なんて言わないでください。
どんなジェンヌさんにも、チャンスはあるのですから。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



鳳月杏

こんにちは、カリーナです。

元花組男役・天真みちるさんのエッセイ『こう見えて元タカラジェンヌです』が更新されました。

今回は運動会のお話なのですが、月組男役・鳳月杏さんの運動会でのエピソードがすごかったんですよ!

ちなつといえば、明日海りおさんから「態度が大きい下級生」だと思われていたとか、「誰からも慕われている」だとか、「物静かでマイペース」だとか…色んな評価をされている謎めいたお方。

今回のエッセイを読んだら、「さすが、ちなつ……!」という、よく分からない感想を抱いてしまいました。
ちなつは昔から大物だったのだ……。



『こう見えて元タカラジェンヌです』
10年に一度の宝塚大運動会~奇跡のイス取りゲーム~

↑こちらをお読みいただいた方が早いと思うんですけど。
(公開初日だけ、無料で全文読めるらしいです)


ざっくり内容を解説しますと。。。(ネタバレあり)

天真みちるさん&鳳月杏さんは、宝塚音楽学校の予科生。
その年に開催された「90周年記念運動会」に、2人も参加できることになりました。
下級生は、“勝つか負けるか”の運動会でも、上級生に気を遣ってしまうもの。
最下級生の予科性が、勝って目立つなんていうのはほぼ無理……。

それなのに、何と鳳月杏さんが「椅子取りゲームが得意なので、優勝しちゃってもいいかな」と宣言!!
本当に優勝してしまいそうになったけど、「さすがに勝ってしまうと周りが気まずくなるので、やめておいた」と言って、わざと負けて帰ってきた……とのこと!!


おおお、ちなつ、おそろしい子!

大変マイペースなのは、『FOCUS ON 鳳月杏』あたりを読んでもわかるんですけど、昔からこんなに大物感あふれる人だったんですね。

ここまで太々しい(褒めてる)と、性格に裏表もなさそう。
みりおも、ちなつのそんな所が気に入っているのかもしれませんね!


ちなつファンの皆様、天真みちるさんのエッセイをぜひ読んでみてください。


【中古】芸能雑誌 FOCUS ON 鳳月杏

価格:1,210円
(2020/1/20 15:06時点)
感想(0件)


↑大勢のジェンヌさんがゲストで出演♡
ちなつの人物像が丸分かりの1冊です。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






このページのトップヘ