Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

花組中心の宝塚感想&考察ブログです。

明日海りお

こんにちは、カリーナです。

本日3月21日発売の「MAQUIA」(マキア)5月号に、明日海りおさんが載りますよ!

女優としての明日海りおさんが、ファッション誌に登場するのは、これが多分初めて?





雑誌の内容の詳細は、以下のページからどうぞ。





「スペシャルインタビュー
会いたかった! 新しい、明日海りお」


そりゃあそうでしょうね!
ファンは、首を長くして待っていたはず


まぁ昨日、『ムーラン』実写映画の吹き替えのニュースが飛び込んできたばかりですが




インタビューでは、退団後の色んな話が聞けそう。
おこげ様の最近の様子とか(笑)

楽しみですね






MAQUIA (マキア) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:699円
(2020/3/16 03:30時点)
感想(0件)



↑化粧水の付録が欲しい方は、上の商品をポチっとな。


付録なし版 MAQUIA (マキア) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:530円
(2020/3/16 03:31時点)
感想(0件)



↑「化粧品の付録なんていりません」という人は、お安い方をどうぞ。


私は、化粧水の付録がメッチャ欲しいです(アラサー感)



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





fortune02

masakichi1


明日海りお

こんにちは、カリーナです。

元花組トップスター・明日海りおさんが、声優に初挑戦!
しかも、ディズニーの実写映画『ムーラン』の主人公役です!!

公式の予告動画を視聴しましたが、男役時代よりも声が少し高くなっていました。
でも、美声だし、役柄的に“元男役”が演じるのにピッタリ♡

映画を観に行きたくなりました!




もう、あちこちで話題沸騰ですよ。


少し髪が伸びて、以前よりも女性っぽい服装になってきましたね。
綺麗なのは相変わらず



ディズニーの公式で動画を見たんですが、おそらく台詞は2つ…でしょうか。
まったく違和感なく馴染んでいる感じでした。
下手な人が演じると、棒読み感がすごかったりしますけど、そんなことは当然なく。

元々声が綺麗なので、声優でも全然いけますね~♡
今後は容姿を活かして、舞台やドラマなどにも出演すると思いますけど、“とりあえず最初は声で”という感じなのかな。
(声だけの演技というのも、とても大変ですけどね)




『ムーラン』は、男装して従軍する女性・ムーランのお話。
そのムーラン役を、宝塚の元男役・明日海りおさんが演じるなんて、超ピッタリ!


ディズニーの実写映画を映画館で観たことはないんですが、『ムーラン』は観に行くかもしれません。
今後も、新しい動画が続々アップされるかもしれないので、楽しみですね!


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ








banner_kokoronokakehashi2


柚香光

こんにちは、カリーナです。

昨日3月19日は、『宝塚GRAPH』4月号の発売日でした。

一番の見所は「柚香光特集」ですが、今月は中身が全体的に濃いッ!

どの組のファンも(いつも以上に)楽しめる内容となっております♡




私はフラゲしたので、発売日の数日前に隅から隅まで読みました。
その時の、ネタバレなし感想がコレ。



華優希さんにやりたい放題&言いたい放題で、読んでいて最高でした!
はみだしショットもお見逃しなく


もっと詳しい感想は、後日書きますね。
今書くと、ネタバレになっちゃうかもしれないので。(地方住み+本屋で買うとなると、何日か発売日がズレますから…)



今月号は、花組の情報がギュウギュウ詰め♡

・花組トップコンビに言いたい放題の瀬戸かずや!
・柚香光&瀬戸かずやによる“はなちゃん〇〇メ”ショット(笑)
・永久輝せあの家で〇パー〇〇ー!


もちろん花組以外の記事も読んだんですが、今月はかなり中身が濃厚な気がしました。

個人的にびっくりしたのは、芹香斗亜さんと綺城ひか理さんのエピソード!!
めっちゃ仲良いんですかね?


絶対に見逃せません




宝塚 GRAPH (グラフ) 2020年 04月号 [雑誌]

価格:750円
(2020/3/16 20:43時点)
感想(0件)




たまに、中身が薄い月ってあるじゃないですか。
毎月これくらい読みごたえがあると…嬉しいなぁ



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






eye


このページのトップヘ