カサノヴァ

こんばんは、カリーナです。

『CASANOVA』には、女の敵になるような男が何人も登場します。清く正しく美しい少女漫画を愛する私としては、「登場人物かなりヤバイ」という第一印象だったんですが、最後まで観ていても、あんまりダメっぽさが出てなくて、むしろ好印象。

一体どんな宝塚マジックが使われていたのか?
というか、彼らは本当にダメンズだったのか?
ちょっとまとめてみました。





女の敵になるような男①カサノヴァ

まずは主人公のカサノヴァ。女1000人斬り。こんな人が実在したんですねぇ…。

明日海りおさん演じるカサノヴァは、設定だけ見れば、THE・女の敵。しかし、彼は史実でも、女性にあまり恨まれていなかったという…。

カサノヴァに関しては、手を出した女性の人数にはビックリですけど、悪意が無さそうなところがポイントなんでしょうか? 自由に女性を愛したい! みたいなね。それ以上でもそれ以下でもなく。ここに悪意や嫌な下心があると、ガチで女の敵なんですが、カサノヴァはそこまでいってないんです。

あと、明日海りおさんの雰囲気とか、そういうのもあるんでしょうね。そしてほとんどの観客は、「私を1019人目にして~」と思っているでしょ!(1018人目はベアトリーチェですよ)
恋スルARENAの缶バッジの文字がまさにそれでしたからね。

みりおカサノヴァは女性に愛される存在だから、どれだけ大勢の女性と関係を持った男だとしても、クズだとは思わないのですよ。

女の敵になるような男②コンデュルメル

柚香光さんが演じたコンデュルメル。自分の妻と元愛人の両方をカサノヴァにとられてしまい、カサノヴァを恨んでいる人。

私は「いや、愛人って何だよ!」って思わずつっこんじゃいましたけど。そして、カサノヴァにとられちゃうご婦人方もどうなのさ???

現代ならば、愛人がいる男は、女の敵。でも昔の貴族社会じゃ、愛人なんて“いて当然”だったんですものね。コンデュルメルにしてみたら、悪意や罪悪感なんて微塵もなかったんでしょう。(ご婦人たちもね…)

そして最後に、コンデュルメル夫人が倒れてしまった時に「ロザリア!」と叫んで駆け寄っていったでしょ。あの時代、正妻に微塵も愛がないことだってあったのに、コンデュルメルにはしっかりと愛が!あったんですよ!!
ここで胸キュンね……。

私は愛人というキーワードに悪い意味でピンっときやすいんですけど、ほとんどの観客は特に気にならなかったのかな。よくある設定でもあるしね。

女の敵になるような男③バルビ神父

私がわりと本気でヒいてしまったのが、水美舞斗さん演じるこのバルビ神父でした。「女癖が悪い」くらいならまだ良かったんですが、女性を妊娠させといて、反省している様子もない。間違いなくダメ野郎です。人数だけならカサノヴァのほうがアレだけど、内容的にはバルビ神父のほうが絶対に女の敵です。

しかしバルビ神父はね…。演じてるのがマイティーでしょ……。
超美形でしょ……。あんなボロボロの服着てて、髪がモジャモジャでも、中身マイティーでしょ?
すっごい美人があのバルビ神父を演じてるんでしょ???
「マイティーなら仕方ないや」的な感情がね、私の中にわきあがってくるわけですよ。
※その理由はこちらの記事を参照されたし


そして、マイティーのコミカル演技が、バルビ神父のダメっぷりをいい意味でカバーしてるんですよ。バルビ神父は、ダメ神父ってところが個性なので、それを潰してはいけない。でも、過去にやらかした罪(女性3人を妊娠させる)の部分は、思い切りコミカルな演技で笑いに変える。
冷静に考えると「いや、笑えないんだけど」っていう内容なんですけど、完全にマイティーのペースに乗せられて、お話を追っている間は全然クズに見えない!むしろ面白キャラでしょ。

劇中では「いい意味でのダメンズ」に完全に変換されているので、セーフ!

CASANOVAはダメ男のカーニバル

私の感想はコレ。ダメ男のカーニバルですよ。
でも、ダメ男に萌えるっていうのもありますから。自分の贔屓がダメ男を演じるっていうのも、色々おいしいですよね。「その美貌で、じゅりあさんを毒牙にかけたのかァ!!」ってねw

ダメンズ萌えの方にはおすすめかもしれません。


↓関連記事↓







↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村