Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

2019年09月

明日海りお


こんにちは、カリーナです。

今日は花組の大劇場千秋楽でした。明日海りおさんの退団公演も、とうとう折り返し地点に。 

なんかもう、色々と言葉にできない。




まずは2番手の柚香光さん、トップ娘役の華優希さんをはじめとした、数人の組子さん達が登場~。
皆さんボルドー系×黒系の服で統一。

そこに明日海りおさん到着。御神輿にのせられて運ばれる時、赤い薔薇の花びらを撒く明日海りおさん。

2曲くらい?CASANOVA等の曲が用意されてて、個人的にはその選曲に愛を感じました。女性たちから愛されたカサノヴァは、いかにも男役らしい役だと思いましたので。

その後、写真撮影。明日海りおさんを撮影する係は、水美舞斗さん。
さらにその後、その場にいた組子全員でも撮影。

明日海りおさんの涙に、十数年分の色んな思いがこもっているのだろうなぁと思いました。





私はムラに住んでいるわけじゃないので(そして気軽に行ける距離でもない)
その様子をTwitterなどで見ることしかできないんですが、その場にいたら泣いていたかも(;_:)


なんか私の説明だけだと全然なんのことやらサッパリだと思うので、詳しい様子が見たい人はTwitterで見てください……。
もう本当、どれ見ても素晴らしい、、、

私を花組ファンにしてくれた明日海りおさん。
本当に、もうすぐ退団なんですね。

やっと、実感がわいてきたような気がします。



退団セレモニーやお花渡しの件などは、明日にでも。
今日はもう感動と寂しさの入り混じったアレで、書けそうにないので






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


明日海りお


こんにちは、カリーナです。

宝塚の舞台を観ていると、「なんだか見分けがつきにくい!」と思うジェンヌさん達がいたりしませんか?

ヅカメイクの時はもちろんのこと、なかには素化粧の顔が似ているジェンヌさんも。

個人的に「この2人、似てるかも?」と思ったジェンヌさんを挙げてみます。






似てると思うジェンヌ①明日海りおと冴月瑠那

昔からファンの間では、この2人は似ていると言われていたようです。

明日海りおさんが番組内で“似ているタカラジェンヌがいる?”と訊かれた際に、冴月瑠那さんの名前を挙げたこともあり、明日海りおさん本人も自覚がある様子。
他にも色々と面白エピソードがあったらしいですね。(人違いのやつ)

先日、私の友人が「るなさんが写ってる」と言って写真を見せてきたのですが、よく見たら明日海りおさんでした。でも確かにその写真は、るなさんによく似ていた……!

舞台上でも素化粧でも、そして背格好までどことなく似ているこの2人。写真によってはソックリ。ツーショットだと一瞬「どっちがどっち?」ってなることもある。

結構似てるほうだと思います。

似てると思うジェンヌ②飛龍つかさと峰果とわ

たまに「飛龍つかささんと、峰果とわさんの見分けがつかない」という意見を目にします。

そう言われれば私も、ちょっと前までは「あれ、今のはどっちだろう?」と思うことが多かったです。
『はいからさんが通る』に「つかさくんが出てる~」と一瞬思ったけど、よく見たら峰果とわさんだったり(;´∀`)

メイクの雰囲気が似ているせいか、遠目からだと本当によく似ている。眉毛のせいかな?

でもこの2人、素顔は全然似てないんですよ!

飛龍つかさ
・輪郭がシュッとしている
・目の大きさは普通

峰果とわ
・輪郭がしっかりしているタイプ
・目がパッチリしている


ヅカメイクって、ただでさえ見分けがつきにくいのに、似ているメイクだと余計に見分けがつきにくいですね。

今は普通に見分けがつきます。でもやっぱり稀に、つかさくん登場だと思ったら、とわさんだったりする。




似てると思うジェンヌ③永久輝せあと帆純まひろ

これは個人的に思ったことなんですが。
この2人はソックリというわけではないんだけど、顔の系統が似ていると思います。スッキリした顔立ちというか…なんかうまく言えないんですけど。

並べてみるとあんまり似てない(特に目元)んだけど……雰囲気が似てる!?

でもヅカメイクすると全然顔が違う(ホッティーのほうがメイクが薄い)ので、永久輝せあさんが花組に来ても見分けは普通につくでしょう。


似ているジェンヌは結構いる

今回は花組中心で似ているジェンヌさんを挙げてみましたが、OGや他の組まで入れれば、「うわー似てる!」というジェンヌさんは結構いると思います。

明日海りおさんと朝海ひかるさんも、似てますよね。これは結構有名かな。


今回書かなかったんですが、花組の娘役さんだけでも、何人かは似てるなと思います。。。

まぁ一般人から見たら、ヅカメイクしたジェンヌさんの顔って、微塵も見分けがつかないと思うんですけどね。もしかしたら見分けがしっかりついているのは、ヅカファンだけなのかもしれません。







↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


ハウステンボス歌劇団

こんにちは、カリーナです。

先日Twitterで見かけた、宝塚歌劇団の写真。
しかし、よく見ると「ハウステンボス歌劇団」なる説明書きが。

えっ。これ、宝塚じゃないの!?
こんな劇団があるなんて、全然知りませんでした。

そこで今日は、宝塚の影響を受けまくりの「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」についてご紹介します。






「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」とは

「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」は、長崎県にあるテーマパーク・ハウステンボスに所属する歌劇団です。団員は女性のみで、少女歌劇の形態をとっています。

元タカラジェンヌの研ルイスさんをはじめとした宝塚歌劇団出身者や、OSK日本歌劇団出身者を中心に、2013年に結成されました。

舞台メイクも宝塚によく似ています。
「男役」「娘役」に分かれているのも、宝塚っぽいですね。

2013年結成で、まだ歴史が浅いので、あんまり知られてないのかな。私は全く知りませんでした。

なお、宝塚が「すみれ」なら、ハウステンボスは「青いバラ」。こんなところまでしっかり設定してあって、よけいに宝塚っぽい。

チーム名がどことなく宝塚っぽい

女性が男性役を演じるのと、舞台メイクが濃いことについては「まぁ宝塚以外でもあるよね」というくらいの感想しか出ないのですが、ちょっと笑ったのがチーム名。

「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」も、宝塚の花組、雪組…というようにメンバーが分けられているんですけど、その名前が「チーム華」とかなんですよ。
チーム華……花組を連想させるネーミング。

チーム華(フラワー)、チーム心(ハート)、チーム光(シャイン)、チーム翔(ウィング)。
チームウィングは、正直ちょっとカッコイイ。

それぞれに男役のトップスターがいて、娘役トップはいない場合もあるようです。

このほかに「ブルーローズ」というチーム(?)もあるんですが、これはいわゆる専科みたいなものかしら???





まるで宝塚音楽学校?「ハウステンボス歌劇学院」

なんとこの歌劇団、「ハウステンボス歌劇学院」という学校まであるんです。音高じゃん!?

宝塚音楽学校と同じ2年制で、ダンスや日舞、声楽、演劇、楽器の演奏などを学びます。

ちゃんと制服があります。
紫色のお揃いの袴もあって、それで初舞台を踏む……の?(公式サイトの写真から推測)

なんと、寮も完備です。すみれ寮みたい。

チケット代が超安い!SS席が500円

驚いたのが、チケット代の安さです。

この歌劇団が公演を行っているのはハウステンボス内ですから、ハウステンボスのパスポートを持っている方は無料で公演を観ることができます。

ハウステンボス散策チケットの場合は、1公演500円。

「もっと良い席で観たい!」という場合は、プラスでいくらかお金を払えば、もっと良い席で観ることもできます。
SS席は、なんとプラス500円。5,000円ではなくて、500円ですよ。メッチャ安い。
さらに上のプレミアム席は、プラス1,000円です。それでも安く感じます。

ハウステンボスでミュージカルやレビューを楽しもう

ハウステンボスのYouTube公式チャンネルで、「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」の動画を視聴することができます。たまたま訪れたテーマパークで本格的なミュージカルやショーが観れたら、お得感すごそうですね!(特に年間パスで無料の人)

公演後には出演者と写真撮影ができる(!!)そうなので、こちらはこちらで別の魅力がありますね♪

ハウステンボスに行く予定のある方で、「良い席で観てみたい!」という方は、ネットで前売り券を買っておくのをオススメします。
公演によっては売切れ?のようですけど。。。


「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」の公式サイトはコチラをクリック






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


朝美絢

こんにちは、カリーナです。

 雪組公演 『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』の一部配役が決定し、ポスターも公開に♪

朝美絢さん、今回はなんと女役なんですか!?
ええー何で?と思ってしまいました。





『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』配役の詳細

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の主な配役はこんな感じ。

ヌードルス     望海 風斗
デボラ     真彩 希帆
マックス     彩風 咲奈
ジミー     彩凪 翔
キャロル     朝美 絢
引用元:宝塚歌劇団公式HP


朝美絢さん、まさかの女役でした!
過去にも女役はやっているし、美人だから、似合うとは思うんだけど、、、

FNS歌謡祭からファンになった人は、“男役のあーさ”を見たいと思っているような気がするんですが、ここで女役……。
それなりに目立つ役(しかも結構アレな感じの。詳しくは検索してね)らしいんですが、でも女役……。

ファンは嬉しいんですかね?
純粋に喜んでいる人もいれば、複雑な気持ちになっているファンの方もいそうです。

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』ポスター公開&制作発表


ポスターも公開されました。→ココをクリック

ポスター、かっこいいですね。
そして朝美絢さん、めっちゃ美人な女役に仕上がってます。

いつも思うんですが、真彩希帆さんの顔、修正しすぎじゃないですか?
私は、ナチュラルな顔の方が好きなんですけど。そのまんまのほうが絶対カワイイって!!


あ、制作発表の写真も見ました。あーさが妖艶でした……。





なんだかんだでチケットは売れそう

「女役のあーさが見たかったんじゃなくて、男役のあーさが見たかったのに~」という人もいると思いますが、結局チケットは普通に売れそうな予感。「女役だからこそ見てみたい!」という人も多いかもしれません。

私もちょっと悩んじゃう。(基本は花組なので)

続報を見てから、チケット争奪戦に参加しようかどうか決めようと思います!







↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


柚香光

こんにちは、カリーナです。

先日、「苦手要素の多いジェンヌにハマった時が一番ヤバイ」という内容のツイートをお見掛けしました。

ふと思ったんですが、私、実は柚香光さんのこと、前は苦手だったんです。好きになる要素がほとんどありませんでした。

でも、そういうジェンヌさんほど、沼が深くてズブズブ……。

何がどうして、私が柚香光さんの大ファンになったのか、思い出してみることにしました。





苦手ポイント①歌が上手くない

柚香光さんは、歌があんまり上手くありません。でも今は、あの特徴的な歌声がないとダメになってしまいました。

私は歌ヘタ歌手の追っかけをしているので耐性はあるのですが、柚香光さんの歌声は色々と飛びぬけていて、最初はビックリしました。(その後、「EXCITER!!2018」でズッコケました)

それまでは歌ウマジェンヌを愛し、お手紙に歌の感想を書いて送っていたのに、柚香光さんの歌を聴いて(そして聴き慣れて)からは、ほとんど柚香光さんにしかお手紙を書かなくなりました。

そして感想は、お芝居とダンスのことだけに。
便箋の枚数は限られているのだ…

↓関連記事↓
柚香光の魔性の歌声に酔いしれる♡歌唱力レベル別・おすすめ作品5つ

苦手ポイント②ワンコ系で食いしん坊な元気っ子

私は、天真爛漫で、元気の良いタイプの人がメチャクチャ苦手でした。
実際に会うのもダメだし、漫画やドラマの登場人物もダメ。いわゆる地雷のような感じでした。

しかし、柚香光さんは、ファンのあいだで「ワンコ」と言われるほどのワンコ系。そう、私の苦手なワンコ系!!

しかし気がつけば、尻尾をブンブン振るワンコ系の柚香光さんを見るのが趣味に。

また、私は食べることがあまり好きではなくて、大食いの人を見るのが苦手でした。
女優や俳優がテレビに出ている時に、実際に食べるシーンがなくとも、「この人、いっぱい食べる人なんだって」と言われると、嫌な気分になるほどでした。(どんだけ)

でも柚香光さんは、大食いで、食べることが大好きなことで有名ですよね。
かわいいですね。

ジェンヌに関しては、大食いで有名な人が結構いますけど、今では何とも思いません。むしろ食べ物に関するエピソードがもっと知りたいくらいです。

つまり柚香光さんは、私の苦手な要素を凝縮したような中身の人だったのです。
なのに今では、苦手どころか大好きに♡

人生、何があるかわかりませんね。



もともと大好きポイント:キリッとした釣り目

嫌いな要素ばかりでは、そもそも興味を持つこともなかったでしょう。もともと、好きな要素はありました。

私は釣り目の人が大好きです。タレ目が駄目というわけではないけど、釣り目のほうが圧倒的に好みです。

柚香光さんは、すごくキリッとした釣り目ですよね。あの目は、私の好みドンピシャでした。

最近ちょっとだけ目が垂れてきて、顔立ちがマイルドになった気がするので、ちょっと寂しい気も。だからといって嫌いにはならないけど。

↓関連記事↓

新たに好きになったポイント:ダンスが上手い

柚香光さんに出会って大きく変わったのは、「オラオラなダンスが好きになった」というところです。

私はそれまで、男役群舞に全く興味がありませんでした。フィナーレなんて、ほとんど観ていませんでした。ショーもつまらなくて仕方がなかった。

ところがどっこい、柚香光さんのあのセンス溢れるダンスに出会ってから、男役のダンスの良さに目覚めてしまい! 
今では、フィナーレもショーも大大大好きになりました♡

苦手を通り越してファンになった時が一番ヤバイ

「私、あんなヤツ大嫌い!」からの、「私…あんなヤツのことを好きになっちゃったの…?胸が苦しい…」的な展開は、少女漫画でよくあるやつ。

苦手要素満載な人を好きになった時ほど、沼の深度がすごくなるというのはマジだと思うんです。

“歌ウマで真面目で大人しい柚香光”のことも、好きになったかもしれないけど、今ほどではなかっただろうと思います。

皆さんもそんな経験、ありますか?






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


このページのトップヘ