Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

2020年04月

みりれい

こんにちは、カリーナです。

昨日『ポーの一族』の話をしましたが、先日久しぶりに円盤を観ていたら、“みりれい”熱が再燃してしまいました…。

そういえばっ!
今月の『宝塚GRAPH』に、最新のみりれい写真があったんですよ!!


明日海りおさん&柚香光さんが隣同士で…
退団後に供給があるなんて思っていなかったので、不意打ちでした。




その写真は、『宝塚GRAPH』5月号のP60に載っています。

『DANCE OLYMPIA』の公演ルポの写真。
楽屋らしきところで、花組OGの皆さんと一緒に“花組ポーズ”で写真を撮る、花組現役生たち。

この時の柚香光さんの隣にいるのが…明日海りおさん!!

みりれい2020
(「敦盛2011」っぽく)

何か話したのかな~?
絶対話したよね?
内容が気になります!


今後も不意打ちで供給…ありますかね~。。。
期待してもいいですか?




仕事がひと段落したら、また観よう






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






banner_otome


柚香光

こんにちは、カリーナです。

なんとインスタに、柚香光さんの写真&動画が一気にアップされました!

応援メッセージが書かれた色紙…!
今後、花組以外のトップスターの更新もきそうですね♡




写真はコチラ。





動画はコチラ。




わざわざ写真&動画で分けて投稿されてる~!
公式のお知らせページだと、YouTubeの動画しか見られないので、そこは残念。
見るべきはインスタ。

(なんか最近、柚香光さんの顔の印象が変わったように見えるの、私だけ…?)




「次はトップ娘役の動画かな」と思っていたので、ちょっと不意打ちでした…!


他の組のトップスターの分も、おそらく更新されると思います。
楽しみですね



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






banner_tamra2


柚香光


こんにちは、カリーナです。

数日前、Twitterで「#私の贔屓とはまったきっかけ」というタグが流行っていたんですけど、皆さんが宝塚&贔屓にハマったきっかけってなんですか?

宝塚や贔屓にハマった理由は人それぞれだと思いますが、Twitterで色んな人のつぶやきを見ていると、似たようなことを書いている人が複数いたりして、面白いんです!

特に私の贔屓の柚香光さんは、「〇〇役で惚れた!」と言っている人が多くて、「私も~!」と思ったり。


ちなみに言っておくと、私は意外にも“ビジュアルから入った”というわけではないのです。
重要なのは、演目と中身…かな…?





面白いタグが流行っていたので、便乗してました。


あーんなに見目麗しい柚香光さんですが、実は私は、ビジュアルから入ったわけではないんですよ!
宝塚に再ハマりした頃(エリザの時)は、「変わった顔立ちの人だな」と思ってました。


演目でいえば、『ポーの一族』が、柚香光の沼にハマるきっかけ。
それまでは、“好きなジェンヌのうちの一人”でした。
(それまでは、明日海りおさん、望海風斗さんが特にずっと好きでしたね…)


Twitterで柚香光さんファンの方を見てると、『ポーの一族』から沼にハマったという方がとても多いようでした。
まぁ、2番手で目立ちますし、あの最高のビジュアルには抗えませんよね。
あと、フィナーレが反則すぎた。


それ以外にハマったきっかけといえば、“ご兄弟の話”ですね~。
柚香光さんは兄弟の話をすごく頻繁にするんですけど、そういう話や、大食いキャラなんかが面白くて、自然と惹かれていった感じです。

「もっと色々と内面について知りたい! 過去のエピソードも知りたい!」と思って、色々集めた結果、部屋の本棚が柚香光まみれに…


柚香光さんの子供時代~音高合格までを紹介したマンガ「波瀾爆笑!?我が人生」が、こちらの雑誌で読めます
ご兄弟の話だけでなく、身長が驚きの早さで伸びた時の話も!
(昔は超小柄だったんですね!?)




【宝塚歌劇】 宝塚グラフ 2016年2月号 【中古】

価格:638円
(2020/4/28 05:47時点)
感想(0件)




この号は、柚香光さんが初表紙
芹香斗亜さんとのツーショットですが、中のポートレートも全て超カッコイイので、ぜひ見てみてください。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







banner_tamra2


演劇漫画


こんにちは、カリーナです。

観劇もできず、家に籠もりっぱなしで退屈…。
そんな時の暇つぶしにピッタリなのが、漫画です!

今日は、“演劇”がテーマの漫画を3作品ご紹介します
古い名作だけでなく、最近の人気作、作者の宝塚愛が炸裂した迷作(?)まで!

それでは、いってみましょ~。



演劇がテーマの漫画①ガラスの仮面

演劇の漫画といったら、『ガラスの仮面』ですね!
超有名な作品なので、細かい説明はもはや不要でしょう。

主人公の北島マヤと、ライバルの姫川亜弓。
「紅天女(くれないてんにょ)」をどちらが演じるか、争うというお話です。

私は途中までしか読んだことがないんですが、ファンが大勢いるのがよくわかります。
読者をグイグイ引き込む力がありますよね。

長期休載中のため、完結する気配がないのが残念です…。
もう10年くらい前だと思いますが、『別冊花とゆめ』で、期間限定で連載が再開されたんです。
私はたまたまその雑誌を毎月買っていたので、最新話を毎月読んでいましたが、結局また連載が中断
せっかく面白いのに、もったいない。

ちなみに、月組の天紫珠李さんも、『ガラスの仮面』の大ファンだそうですよ!





演劇がテーマの漫画②かげきしょうじょ!!

今とても話題の演劇漫画といったら、『かげきしょうじょ!!』でしょう
「このマンガがすごい!2020」でも、上位20位に食い込んだそうです。

舞台となっているのは、なんと宝塚音楽学校…がモデルの音楽学校。
未来のトップスターを目指す少女たちの、青春物語です。

私が今一番気になっている少女漫画なので、そのうち買って読むかもしれません。







演劇がテーマの漫画③秘密の花園

『秘密の花園』
はたして、これを知っている人がいるのだろうか…?

こちらは昔、りぼんで『GALS!』(ギャルズ)を連載していた、藤井みほな先生の作品だったりします。
実は藤井みほな先生、大の宝塚ファンなんですって!



『秘密の花園』は、かなり大人っぽい雰囲気で、『GALS!』とは全く違う作風です。
約20年前に、りぼんで連載していました。


主人公は、陸上部だったのに、ケガで走れなくなった中学生の美少女。
色々あって、演劇をやることになります。

恋のお相手が超イケメンなんですが、じつはこのイケメン、性別は女
そう、いわゆる“男装の麗人”
外見はセーラーウラヌスっぽい。

そして、性別の秘密を知っている脇役の性悪女がいるんですが、この女がイケメン(女)を「私と付き合ってくれないなら、本当の性別をバラす」と脅して、イケメンと付き合います。
主人公の衣装をビリビリに破いて、嫌がらせもしてきます。

しかし最終的にイケメン(女)が、主人公を連れ去って、花園でキスして結婚します
…個人的には、ちょっと迷作だと思ってます
作者がヅカファンだと知っていれば、「あ~、ナルホドね、ヅカっぽいわね」と思えるんですが、知識ゼロだときついかも。


私がこれを読んだのは、りぼん本誌でリアルタイムだったんですけど、小学生的には「え?」「は?」の連続でした。
りぼんで堂々と百合漫画(?)描いてたのね、、、
恋愛模様に絡んでくるのは、全員女です…。

登場人物が美形ばかりだし、衣装が宝塚チックで綺麗なので、見ていて楽しいですよ。



最近、電子書籍版が出たようです。

漫画でも演劇の世界を楽しもう♡

今はどの劇場も閉めてますから、観劇できなくて辛いですよね。
家でスカステや円盤を観るのもいいですけど、ずっと同じ映像ばかりでは飽きてしまいます。

もし漫画を読む趣味があるなら、ぜひこの機会に“演劇”がテーマの漫画を読んでみてください。
新たな発見があるかもしれません



めっちゃ余談
『秘密の花園』最終話が掲載されているりぼん本誌が、手元にあります。

同時期に連載していたのが『こどものおもちゃ』『神風怪盗ジャンヌ』『グッドモーニング・コール』『赤ずきんチャチャ』『トゥ・シューズ』『ミントな僕ら』『ベイビィ★LOVE』あたり。
めっっっっちゃ懐かしい連載陣なんですけど…!

『こどものおもちゃ』は、羽山がロスに行くとか行かないとか言ってました。
『神風怪盗ジャンヌ』は、まろんが回答をノートに書き忘れてたけど、稚空が授業中に回答教えてくれる回(※ギャグではない)。


部屋の本棚を久々に掘り起こしてると、色んなものが出てきます。
さっき、大正時代のお宝(?)が出てきたので、『はいからさんが通る』に絡めてご紹介できたらいいなと思います。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ



yu-ya01_2



ココナラ用小


望海風斗

こんにちは、カリーナです。

宝塚公式インスタグラムで、新しい動画が公開されました。

なんと、各組トップスターが、視聴者に向かって拍手をするという動画!

普段はトップスターは“拍手される側”ですが、今回は“する側”なので、「おおっ」と思いました。





動画はこちらから。




あ~、トップスターに言われたらしょうがない!
ソーシャルディスタンス守るし、家にいてストレス溜まってもどうにかしますね!!



余談ですが私「ソーシャルディスタンス」という横文字が、どうもピンとこなくて。
日本語じゃないから、言いにくくないですか???
シャルウィーダンスに似てる(…と思っているのは私だけかもしれない)
“適度な距離”みたいな、他の言い方にして欲しい。

柚香光さんの動画を繰り返し見て、覚えますね♡



あと、この時の柚香光さん、声が高めでお姉さん感あってメッチャ可愛い
すき



数日後に、トップ娘役バージョンも来るかな?
楽しみ


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






suisyou


このページのトップヘ