Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

2020年08月

綺城ひか理

こんにちは、カリーナです。

8月28日の公演から、綺城ひか理さんの喉の調子が悪いそうです。

お芝居の声がうまく出なかったり、歌が代役だったりしたそうで。
ショーではマイクを付けておらず、パレードは有沙瞳さんがソロで歌いました。

8月29日は、お芝居は声が出ていたそうですが、歌は代役のままだったそう。

で、8月30日。
少なくともこの日には、劇場に、歌唱の代役についての貼り紙があったそうです。

よっぽど喉の調子が悪いのでしょうか…心配です。




観客個人のツイートを引っ張ってくるのはちょっとアレなので、Twitterで検索してみてください。
綺城ひか理さんの喉の調子についてや、貼り紙の画像などが出てきます。


貼り紙によれば、歌唱部分の代役はこんな感じ。

**********

『眩耀の谷』
S5 代役・紘希柚葉

『Ray―星の光線―』
S15A 霊鳥 代役・天華えま
S22 パレード 代役・瀬央ゆりあ


**********

あくまで代役は歌唱のみで、ダンスなどはバリバリだそうです。
体調不良とかではなさそう(そこだけは安心)。

休演日を挟んだら、少しは調子よくなるかな?
でも無理は禁物なので…。喉を本格的につぶしてしまったら、ヤバイ。

しばらくは代役かもしれませんね。

心配なので、星組を観劇した皆さんのツイートをチェックしておきます。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





SpinSpinSpin_3


ゴーストハント

こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇といえば、華やかでキラキラな世界観が魅力です。
少女漫画原作の舞台が人気なのは、少女漫画独特の甘い雰囲気や、ラブロマンスが宝塚にぴったりだからでしょう。

じゃあさ…少女漫画原作なら、ホラー漫画の舞台化もアリなんですかね?
少女向けの、恋愛要素アリのホラー作品。

吸血鬼モノや、本格ミステリーなら宝塚でもやっているけど…。
ホラーは、苦手だという人も多いから、やっぱり無理かなぁ?




宝塚歌劇と少女漫画は相性ピッタリ!

宝塚で少女漫画というと、『ベルサイユのばら』や『ポーの一族』あたりを思い浮かべる人が多そうです。

ほかにも『はいからさんが通る』『メイちゃんの執事』『花より男子』『はばたけ黄金の翼よ』など、少女漫画をもとにした作品はいくつもあります。

宝塚の男役は、まるで少女漫画に出てくる王子様のよう。
そのためか、宝塚は積極的に少女漫画を舞台化しているのではないかとも思います。

ミステリーがOKならホラーもOKなんじゃない?

さてそこで個人的に気になってしまうのが、少女漫画なら、ホラー作品も大丈夫なのかということなんです。

理由
・私がホラー大好きだから♡
・ラブロマンスありならOKな気がするから
・夏といえばホラーだから

『マスカレード・ホテル』は、本格ミステリー小説を宝塚で舞台化したものです。
これは少女漫画原作ではないけど…。
私が言いたいのは、キラキララブロマンスでなくても、本格ミステリーをやるのはアリなんだよな~ってこと!

死人が出る作品自体は、宝塚では別に珍しくありません。
ミステリーだってOKです。
スカステの番組などで、『宝塚で名探偵コナンやりたい』という話題を何度か目にしました。
コナン、めっちゃ人死ぬじゃん…連載初期の事件は結構怖いし

それなら、ホラー要素が入っててもOKじゃない?
ホラーミステリーというジャンルの少女漫画もあるんだし。



ホラーが苦手な人が多いのはネック!

宝塚でホラーミステリーをやるのは、不可能ではないと思います。
怖すぎるシーンは削ったり、宝塚らしく改変したりすればいいと思う。

ただ、そもそもね、ホラーが苦手だという女性が結構多いみたいなんですよ。

ホラー作家としても有名な小野不由美先生が、「女性はホラーが苦手だという理由で、少女向けホラー小説の原稿がボツになったことがある」的なことを仰っていました。
結局、小野不由美先生の少女向けホラー作品は、たまたま大人気作品になったんですけど…レアケースかもしれません。

一般人の感覚を知っている編集者から見れば、“女性はホラーが苦手”というのが当たり前の認識。
私もこれは、そこまで間違ってないと思います。(柚香光さんも、オバケ苦手で有名ですね)
「ホラーは本当に駄目!苦手!」っていう女友達が、私のまわりにも結構います。


女性の観客が多い宝塚だと難しいのかなぁ…?
ホラー作品が原作だと聞いただけで、お客さんが逃げそうだもの。


「ホラーが苦手な男性もいる」という反論は、話がちょっとズレるからやめてね。

幽霊が出てこないホラー作品ならアリ?

ホラーが苦手だという人の気持ちがよくわからないのでアレなんですが、要はオバケが出てくるのが嫌ってことなの?
それなら、オバケが出てこないホラーミステリーにすれば…いける!?


まぁ正直申しあげますと、単に私が『ゴーストハント』を宝塚でやって欲しいなぁって思ってるだけなんですよ!
子どものころから大ファンなの…


小学生~高校生向けに書かれた小説&漫画です。
少女漫画雑誌「なかよし」で連載してたので、エピソードをしっかり選べば、そこまで怖くないと思うのよ?

心霊研究者、元お坊さん、エクソシストなどなど…イケメン&美女揃いの霊能者たちが幽霊騒ぎを解決していくお話です。
恋愛面に関しては、ちょっと切ないエンドを迎えます。純愛だけどね。


コミック版↓




原作小説↓



ホラーでもあるけど、心霊調査事務所のイケメン所長・渋谷一也(通称・ナル)の正体を暴くまでの展開はミステリー。
17歳で学校にも行かず、プライベートを一切隠して心霊調査の仕事をしてるのは何故!?

別箱でいいから、やってくれないかしら
主人公がナルだと、ミステリーになりようがないので…別の誰かを主人公にするとか?

アニメ化もしたし、根強いファンが多いから、そこそこお客さん入りそうだけどなぁ。

(ゴーストハントシリーズは、絶版→コミック版→リライト版と色々あったので、詳しいことはWikipediaでも見てください)

10年後でもいいから舞台化に期待しています

宝塚でミステリーがOKなら、ホラー的な要素があってもOKだと思うんです。
ホラーミステリーで、怖さを減らして、恋愛要素のほうを強調すればいける!!
洋館が舞台のやつなら、宝塚っぽくなりそうじゃない?

私なんてもう、配役妄想までしちゃってるもん。


歌って踊れる茶髪ロン毛ぼーさんせおっち…見たい!

最後の全てのネタバレまでは、やらなくていいので…。
少女漫画原作枠で…ぜひお願いします(´・ω・`)


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ



恋愛がうまくいくタロット占い



syugo

SpinSpinSpin_3


シュウウエムラマスク

こんにちは、カリーナです。

観劇の時、多くの方はメイクをしていくと思います。
そして、風邪などが流行っている時は、マスク着用。

そうなると、マスクにファンデーションが付いて、困りますよね。
しょっちゅうメイク直しをするわけにもいきませんし…。
マスクに付いたファンデを洗濯するのも、意外と大変です。

しかし!
シュウウエムラのファンデーションが、“マスクに付かない”と大好評らしいです!
これなら、快適な観劇ライフを送れそうじゃない!?





シュウウエムラの、「アンリミテッド」というシリーズのものがいいそうです。

ネット上でかなり評判がいいので、本当にマスクに付きにくいのかなと思います。



下地(メイクアップベース)もシュウウエムラにしておくと、よりメイクが崩れにくくなって、マスクにファンデが付きにくくなるそうですよ。



特に布マスク(宝塚オリジナルマスク等)の場合、マスクにファンデーションが付くと、洗濯してもなかなか落ちないじゃないですか。
ファンデーションを落とすのって超大変

でも最初からファンデーションをマスクに付けないようにすれば、洗濯も楽になるのでいいですよね



今後しばらくは、観劇時でなくとも“マスクにファンデがつく現象”に悩まされると思うので…、私もシュウウエムラを試してみようと思います。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


あなたには、守護霊がいないのかもしれません



SpinSpinSpin_3


一之瀬航季

こんにちは、カリーナです。

昨日、花組の公演再開という嬉しいニュースが飛び込んできました!

しかしそれと同時に、新人公演を、当面の間見合わせるという残念なニュースも…。
宝塚大劇場・東京宝塚劇場の両方で、新人公演をしばらくやらないとのことです


「はいからさんが通る」で主演の予定だった一之瀬航季さんは、今回がラストチャンス。
ようやく新人公演の主演が決まったのに、何度も延期になった上、今回はとうとう“新人公演実施を当面見合わせる”という最悪の事態に…。


このままだと、「はいからさんが通る」の新人公演は1回もやらずに終わることになってしまいます。


新人公演を中止にする理由は、練習に問題があるからだと思います。
それにしたって、救済措置は一切ないのでしょうか?




当面の間、新人公演の実施は見合わせ!

花組再開は嬉しかったんですが、昨日出たお知らせの中に、とても残念なニュースが。
感染予防のための更なる取り組み強化について

(中略)

○公演の運営における感染予防策の強化
公演の運営においても、出演者の減員や演出の一部変更、オーケストラの録音演奏などの対策を講じてまいりましたが、更なる感染リスクの低減のため、当面の間、宝塚大劇場・東京宝塚劇場ともに新人公演の実施を見合わせることといたします。あわせて、宝塚友の会会員様限定特別イベント「ステージトーク」「トークスペシャル」につきましても、当面の間、開催を見合わせます。
新人公演を楽しみにしていただいているお客様には心よりお詫び申し上げます。


新人公演をやらないなんて!

「当面の間」という曖昧な表記が気になりますが、少なくとも、年内に公演が終わる予定の「はいからさんが通る」の新人公演はやらない、という意味に受け取れます。

というか、今決まってる新人公演は全部中止とか、そんな感じ。
月組公演『ピガール狂騒曲』の新人公演も…なのかな?配役が消えていますよね…。

新人公演の練習は、感染リスクが高い?

本公演がOKで、新人公演だけが中止になる理由は、新人公演の練習をすることで、感染リスクが高まるからでしょう。
(だからこそ、「感染予防のための更なる取り組み強化について」に、新人公演の件が書いてあるわけなんだけど)

「舞台上で、本公演をやるのは良くて、新人公演がダメなのは何故!?」

そんな疑問がTwitter等に沢山ありましたが、その理由を見つけるには、両者の違う部分を見ればいいのです。

どちらも、舞台上で演じるのは同じ。
違うと言えば、練習の時です。

本公演の練習は、複数の稽古場+舞台を使い、いくつかのグループに分かれているそうです。
新人公演の詳しい練習方法は分かりませんが、もしかすると、新人公演はグループ分けができないとか?

せっかく本公演の練習でグループ分けしても、新人公演の練習で合流してしまうと、それは確かにリスクが高まりますね。

これは、個人的な想像の域をこえませんが…。




新人公演がなくなるとデメリットばかり!

一之瀬航季さんは、今回が初の新人公演主演。
ファンも大勢いますから、皆さん楽しみにしていたことでしょう。

もちろん一之瀬航季さん以外のジェンヌさん&ファンも、新人公演を楽しみに待っていたはずです。

個人的には、水美舞斗さんのお手伝いをしている翼杏寿さんが鬼島森吾役というのが非常にエモいので、映像でいいから見たかったんですけど。。。


新人公演で、評価が爆上がりする下級生もいます。
新人公演で目立つ役が付けば、顔を売るチャンスです。
その新人公演で主演となれば、それ以上の大きなメリットがね、色々とあるわけですよ。


しかし新人公演がしばらくできないとなると…
下級生はモチベーションが保てないだろうし、顔を売るチャンスもなくなって、今後の人気に影響が出るかもしれません。

ファンだって、楽しみにしていたものが見れないのは辛いし。
デメリットだらけなんですよね…。

一之瀬航季たち花組生の救済はあるのか?

さて、昨日から話題になっているのが、「救済はあるのか?」ということです。

たとえば、別の劇場(バウホールとか)で新人公演をやるとか。
無観客で、映像だけ撮るとか。
とにかく、“新人公演をやった”という形にしてあげるということですね。

でも今のところ、そのようなお知らせは何も出ていません。
ただ、新人公演を実施しないということだけが分かっています。
なんて残酷な…。

今は花組生が一番の問題ですが、「当面の間」とのことですから、今後は他組の新人公演にも影響が出てくるでしょう。
どういう対応をするのかは、今決めているところかもしれません。

公演は何もやらずに、「新人公演主演をしたということで、カウントだけしておきます」なんていう事態もありうるわけです。
はなこ少尉を見ることすらできないなんて…、そんなの絶対嫌なんですけど!

一番ヤバイのは、「新人公演主演の話は、無かったことに」というケース。
いや、それはさすがにないと信じたい。
せめてカウントはしてあげて!

今後のことは劇団からのお知らせを待ちましょう

ここで私が妄想を垂れ流したところで、決めるのは結局劇団なので…。
(たとえただの妄想や想像であっても、記事を書かずにはいられなかったのだけれど)

本当に、どうするつもりなのか…。
誰にも想像できないような何かをしてくれるのか。
最悪の結果になるのか。


今後のことは、続報を待つしかなさそうです。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





SpinSpinSpin_3


花組再開

こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇団の花組は、クラスター発生のため、ずっと公演を中止していました。

しかし9月3日から、ようやく公演再開!です!!
銀橋が使えないみたいで、そこは残念ですが


『はいからさんが通る』、ようやく通れる!
(中止→再開…これ何回目だろう?もういいや)




公演期間
9月3日: 11時【Aパターン】/15時30分【Bパターン】
9月4日 :11時【Bパターン】/15時30分【Aパターン】
9月5日 :13時【Aパターン】<千秋楽>

合計5回しかないですが、5回でもやってくれるなら嬉しい!!




もっと詳しいことは、公式のお知らせをご覧ください。






ああ、嬉しい~~~
みんな元気になったってことでいいんですよね?
よかった




↑新聞によれば、一部演出変更アリ(銀橋が使えない)とか色々あるようですが、むしろどんどんやっちゃって!
少し残念だけど、ジェンヌさん達の健康が第一です。




あ、新人公演がしばらく見合わせになる件については、明日記事にします。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







このページのトップヘ