Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

2020年08月

歌劇内容

こんにちは、カリーナです。

発売日からちょっと経ちましたが、ようやく『歌劇』8月号を読みました!

お稽古が再開になったので、「えと文」「組レポ。」は面白ネタ満載!!
お稽古場の、和気あいあいとした雰囲気が伝わってきます。

また、写真が…スゴイ!
いつもより、全体的に写真がキレイじゃないですか???

また今月号は、トップスターが出ているページが多いのも特徴でしょう。
なんかめっちゃページ数多いです。


ということで、『歌劇』8月号のネタバレ有り感想です。




トップスター達の稽古場フォトにやられる♡

まず『歌劇』を開きましたら、即座に贔屓と目が合い、ハートを撃ち抜かれました。
各組トップスターの、稽古場の写真が載ってます…!!

個人でダンス、ピアノなどのお稽古をやってるんですが、
嗚呼、なんで汗を拭いてるだけでこんなに美しいの…


個人的な感想

柚香光→JOSEPHの広告かと思った。バーレッスンと乱れ髪が美しすぎた。セクシーな視線にハートを撃ち抜かれ無事死亡

珠城りょう→強い眼差しと、ピガールの台本?を真剣に読み込む姿がカッコイイ

望海風斗→ガチレッスン。

礼真琴→脚めっちゃ上がるやん…

真風涼帆→(バーの高さと体の位置を見て)やっぱ圧倒的に身長でっかい…


クローズアップ!団体賞~トップスターの言葉を添えて

今までの団体賞についての特集があります。
2008年度以降の、団体賞を受賞した舞台の名シーンの写真も!

ちょっと気づきにくいんですけど、ページの下に各組の現トップスターのコメントが載ってます。
皆さん、何かしらの形で受賞しているので。
受賞当時の写真もありますよ!



“時代を変えた乙女のヒゲ”に興味津々!

「玉岡かおるの/ただ歌劇が好きなだけ 番外編」、今回はとっても興味深いテーマ。
ズバリ、“男役のヒゲ”について!

今は当然のように見られる男役のヒゲ。
しかし昔は、拒絶反応を示すファンも多かったのだとか。

『風と共に去りぬ』の主役レット・バトラーに扮するために、二枚目トップスターがヒゲをつける!
それがどれだけの騒ぎだったのかを知ることができます。

「トップスター リレー de Q!」5人が質問に答えるよ

各組のトップスターが、リレー形式でQ&Aを繋ぐ企画ページ。

私が一番注目したのは、礼真琴さん(Q)→柚香光さん(A)

礼真琴さんが「以前スカステの番組で飼うことになったポメ男、今どうなってる?」的な質問をしていたんですが、それを見て「普段、ほとんど交流ないんだな…」と思いました。
ノア君(ポメ男)の映像や写真って、スカステ等でよく出てるのに、まったく知らないようだったので。

さすがに、犬の名前がノア君になったことは知っているみたいでしたけど。

同期でも、組が違うと、まったく交流がないのかもしれませんね。
※なお、柚香光さんは、瀬央ゆりあさんとは何故か交流がある模様。謎。



「えと文」「組レポ。」は爆笑の嵐♡

「えと文」「組レポ。」は、お稽古が再開されたため、面白ネタが大量でした!
一部の組について感想を書きます。

花組→稽古場でおやつを食べるのが禁止になったそう。
そのためか、(お腹を空かせた)柚香光さんが、小道具の巻物を見て『うおっ!バームクーヘンに見えた』と申されたとか
いつも、隙あらばおにぎりを食べている…そして、空腹になると不機嫌になることで有名な柚香光さん。
食堂なら飲食OKとのことなので、一々移動して食べてたのかな~。

そして、唐突に登場するせおっち情報。
柚香光さんとは、よく連絡を取っているのかしら?


雪組→望海風斗さんの家電が、どんどん壊れる事件。(※柚香光さんの家でも同じ現象が発生)
あとはひたすらホラー話!
ガチのホラーもあれば、「勝手に洗濯かごが動いた。犯人はフェレットのジェラルド君」(by 咲さん)という可愛いエピソードも♡


星組→瀬央ゆりあさんのブリドリの裏話!
なんと、即興芝居の例のルールは、撮影直前に知ったのだとか!
それであんなにグダグダだったのね(※褒めてる)



内容盛り沢山の『歌劇』8月号は、Amazonでも買えます。
最近、在庫切れになるのが早いので、気になる方はお早めに↓

歌劇 2020年 08 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2020-08-05



今月号は、特に大満足できる内容でした
公演が次々に中止になってしまい寂しい限りですが、しばらくはまた雑誌を読んで楽しみたいと思います。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ



縁結びのための、ていねいな恋愛タロット占い




宝塚

こんにちは、カリーナです。

宝塚再開後、あちこちから「宝塚ファンのマナーは素晴らしい」と絶賛する声が聞かれました。

劇場内でのマナーが完璧。
誰もおしゃべりしない。
これでコロナなんて怖くない!

そんな意味合いのことを、宝塚ファン自身がTwitterで誇らしげにつぶやき、そして拡散されていきました…。

しかしそんな自画自賛は、ただの幻想だったのです。

最近はその逆で、「劇場内でのおしゃべりが酷い!」という声のほうが目立ってきたように思います。
気が緩んできたのか、「宝塚のファンのマナーは素晴らしい」というのがそもそも嘘(思い込み)だったのか…。


マスクを外しておしゃべりなんてしていたら、観客の中から陽性者が出るのも時間の問題ではないでしょうか?




私は宝塚の再開後、劇場に行っていませんから、真偽のほどは分かりません。

・Twitterに「宝塚ファンのマナーは素晴らしい、最高、さすが!」という自画自賛ツイートが沢山あったこと
・最近は「客席やロビーでおしゃべりしている観客が多い」「おしゃべりをやめてほしい」というツイートが増えてきたこと

これだけが事実です。
あくまで、私のTLでの話ですが。
結構色んなリツイートが回ってくるので、そこまで大間違いでもないと思います。

大多数の人たちは、余計なおしゃべりをしないように気を付けていると思います。
だからこそ、大きな声でおしゃべりをしている人が目立っているだけかもしれません。
(私は1人で観劇予定だったし…こういう人は全くしゃべらないでしょう)


私が気持ち悪いなと思うのは、「宝塚ファンのマナーは素晴らしい、最高、さすが!」という幻想・妄想ツイート。
妙に誇らしげなのが、すごく嫌。

その人には、本当にそう見えたのかもしれない。
再開直後は、観客の意識が高くなっていて、本当にマナーが良かったのかもしれない。

でも、少なくとも今の別箱公演では、幕間のおしゃべり等が酷いようです。
マスクを外している人もいたそうです。(係の人に注意されていたらしい)

以前は、「宝塚ファンのマナーは素晴らしい」と、少なくとも一部の人は感じたのでしょう。
それをただの幻想にするのではなく、現実のものにしてほしいです。
ただでさえ現在、無事なのは宙組だけなんですから…。


先日「花組生は猛省せよ」とか言ってた人がいましたが、それよりも先に、余計なおしゃべりをしているファンが反省したほうがいいのではないでしょうか。
そのうち、観客側からも陽性者が出そうで怖いです。

***


そういえば、雪組公演『炎のボレロ』のポスターが、あちこちから剥がされていたとか。
たぶん中止なのでしょうね。。。

観客の“おしゃべり禁止”“マスクの着用”が徹底されていないようですから、これ以上事態が悪化しないようにするためにも、中止は正解だと思います。
(中止じゃなかったらゴメンね。現時点での私の推測です)


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


彼氏から連絡が来るのはいつ?恋愛タロット占い

仕事&転職の悩み聞きます。将来のためのタロット占い




雪組コロナ


こんにちは、カリーナです。

とうとう雪組からも、新型コロナ陽性者が出てしまいました。
出演者1名です。
雪組公演『炎のボレロ』を実施するかどうかは、今のところ未定とのこと。


先日、雪組のファンの1人が、Twitterで「花組生は猛省しろ」と呟いて、炎上していました。
もう、個人の反省とかそういう問題じゃなくて、“検査したら陽性者は絶対出る”くらいの覚悟でいなければならないと思います。

タカラジェンヌはそもそも人数(母数)が多すぎるし、どれだけ気を付けていても、なるときはなるんだよ。

なにげに、花組の公演関係者(スタッフ)も、陽性者1人増えてますし。
もう防ぎようがないのでしょう。




雪組に関する公式のお知らせはこちらから。
宝塚歌劇では、感染予防対策の一環として、出演者および劇場従業員全員に対する検温や体調確認を毎日実施し、健康管理に努めておりますが、花組宝塚大劇場公演『はいからさんが通る』公演関係者の新型コロナウイルスへの陽性判定を受け、現在各公演の出演者をはじめ公演関係者への自主的なPCR検査を順次実施しております。
このたび、現在稽古中の雪組梅田芸術劇場メインホール公演『炎のボレロ』『Music Revolution! -New Spirit-』の公演関係者への自主的なPCR検査を実施した結果、出演予定者より1名の新型コロナウイルス陽性が確認されました。
当該1名の現在の症状は無症状であり、現在療養に努めております。

公演の実施については、改めて当ホームページにてご案内いたします。
(本日8月8日10時から予定しておりました、一般前売は、実施を見合わせます)


現時点で無症状なのは良かったです。

今朝、別箱公演の話をしたばかりでしたが、、、
他の公演も心配になってきました。


*****


雪組の炎上に関する私のツイート。







どの組のジェンヌも、出来る限りのことはしていたと思いますよ。
まわりに迷惑をかけたくないだろうし、今後の自分自身のジェンヌ人生にもかかわってきますから。

それでも、かかる時はかかる。
だから怖いんだ。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ








マスクフレーム

こんにちは、カリーナです。

宝塚の公演が次々に中止となり、みなさん落ち込んでいますよね。
でも、まだ別箱公演が残ってるッ!
全ヅカオタ元気出して!!


…ということで、今後、別箱公演を観に行く方も多いと思います。
暑い時期に困るのは、“マスクしている時に息苦しい”ということ。
客席で息苦しいと、気分が悪くなってしまうこともあるし、マスク外したくなっちゃいます。。。

そんな時は、マスクブラケット(マスクフレーム)を使うのがおすすめです。
夏でも息苦しさが緩和されるので、快適に観劇できますよ!




こちらがマスクブラケット。
インナーマスク、マスクフレームとも呼ばれます。


マスクブラケットは、マスクの内側に装着して使います。

マスクが立体的になるので、湿気がこもりにくいし、メイクが落ちにくくなるという利点もあるんですよ。
水で洗えるのもいいですね。

ムラのキャトルレーヴ店頭?でも売っていたらしいですが、大行列だったそうなので、事前に買っておくといいかも。
別箱だと、売ってないかもしれませんし


↓こちら、レビューでも高評価です!



夏は、マスクしてると本当に暑くなるので…!!
マスクブラケットで、快適な観劇ライフをお送りください


私はしばらく観劇予定がないので、普段のお出かけ用に買おうと思います。
最近は、近所のコンビニに行くのも一苦労ですから…。
昨日は特に猛暑だったので、クラクラしちゃいました
マスクブラケット買います!!


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


仕事&転職の悩み聞きます。将来のためのタロット占い




宝塚原因

こんにちは、カリーナです。

花組の公演中止のニュースは、とても落ち込みました。
しかも昨日は、感染者が11人に増えてクラスター発生星組も公演中止というニュースが
「宝塚歌劇団でクラスター発生」という悪夢が、現実のものとなったのです。


でも、心のどこかで「いずれ、こうなるだろう」と思っていました。
何故なら、キスシーンやお姫様抱っこ、バックハグ、壁ドンなど、危険な密着シーンが盛り沢山だったからです!

宝塚は恋愛モノが多いので、キスシーンや抱き合うシーンは付き物。
そういうシーンをなくすと、宝塚らしさがなくなってしまうかもしれません。

でも、リスクが高くなるというのも事実。
劇団は、対策が不十分だったと思います…。

宝塚は、今後しばらく密着シーンをなくすべきです!



宝塚に、キスシーン等の“密着シーン”は付き物

私は、宝塚歌劇というと、まずキスシーンを思い浮かべます。
子供のころに宝塚のキスシーンを見て、「女性の演者同士で、キスしてるフリをするなんて、変わっているなぁ」と思ったので、宝塚ならではの特殊なモノだと思っています。

実際、恋愛モノがとても多いので、宝塚にはキスシーンは付き物だと言っても過言ではないでしょう。

「キスシーンのない宝塚なんて、味気ない!」
「トップコンビのラブラブっぷりを見て、ときめきたい!」

そう感じる観客が多いと予想されるので、『はいからさんが通る』はキスシーン等を削除せず、そのまま上演したのではないかと推測します。


花組「はいからさんが通る」は密着しすぎ!

花組の『はいからさんが通る』は、密着シーンがとても多いです。

初演の時よりも、さらにラブラブ度がパワーアップ。
こんなご時世にふさわしくないレベルで、トップコンビ同士でイチャイチャします。

・バックハグ
・お姫様抱っこ
・おんぶ
・壁ドン
・キスシーン

どれも、演者同士がとても密着します。
顔同士をとても近づけるシーンが多く、見ていてハラハラしました。
(詳しくは本編ライブ配信の感想もご覧ください)

これが原因でどうのこうの、という訳ではないのですが…見ていて心配になる距離です。


宝塚再開前に、一部のファンが「トップコンビの密着シーンは、削除せず、そのままにして上演して欲しい」と言っていました。
花組トップコンビに萌えたい派の人たちで、いいねが沢山ついていました。
“リスクなんて無視していいから、私達に萌えを供給しろ”という主張です。

私はこんなご時世なので、リスクの高い密着シーンなんて、全てなくすべきだと思ったんですが…。
しかし結局、密着シーンはそのままで上演されてしまいました。
とても残念です。



宝塚歌劇は、しばらく密着シーンを自粛するべき

『はいからさんが通る』に関してだけ言えば、キスシーン等、顔を近づけるシーンがとても沢山ありました。

初演から変更して、密着シーンを削除するなら分かります。
でも再演版は、さらに密着シーンが増えているんです。
ちょっと意味が分かりません。そもそも原作でそんなにイチャついてないのに

公演再開までの間に、演出を変更する時間はあったと思うので、余計な密着シーンは減らすべきだったと思います。
(相手役への嫉妬とかじゃないですよ。リスクが高くなり危険だからです)


2人以上が密着したら即アウトな状況なんですから、今後しばらくは、密着シーンを自粛したほうがいいのではないでしょうか。
わざわざリスクを高めるような事をするなんて、愚か者のすることです。
宝塚歌劇団は、そこまで愚かではないと信じています。


密着するなら、せめて透明なマウスシールドを装着して!

「宝塚からキスシーンをなくすなんて無理!」
そんな意見もあることでしょう。

確かに、距離の遠すぎるトップコンビなんて見ていてもつまらないし、デュエダン等での密着は避けられません。

それならせめて、透明なマウスシールドを着用してほしいです。
こういうの。


これで完全に安心…というわけではないですが、やらないよりはマシでしょう。
刀ステの役者さんたちは、みんな着用してます↓

フェイスシールドは顔全体を覆うものだけど、マウスシールドは口元だけ。

遠目ならそんなに目立たないし、慣れればいけると思うんです。




キスシーンだけが危険なわけじゃありませんけどね

宝塚歌劇団のジェンヌ達は、1組数十人の大所帯。楽屋で大勢で過ごしています。
また、終演後にみんなでお風呂に入るのも、よく知られた話です。
コロナに感染した経路や原因なんて、誰にも分からないでしょうね。

それだけでなく、裏で公演を支えているスタッフも大勢います。
リスクだらけの中で、大人数で公演を行っているので、今後もこのようなことは何回でも起こりうると思います。

それならばせめて、リスクを減らすことができる所から、見直す努力はするべきでしょう。
よくTwitterで、信者のような人が「劇団はやれることは全てやっている!素晴らしい、誇らしい」と褒めちぎっていますけど、それは違うと思います!

実際に、密着シーンは減らさないし、マウスシールドもしてなくて、ジェンヌに危険なことをさせまくっているんですから。

劇団が今、色んな対応に追われていて、大変なのは分かります。
劇団が何もしていないとは思っていません。
でも、密着シーンの件については、詰めが甘いと思います。


今後は、もう少し工夫してほしいです。
タカラジェンヌたちを守るために。

(そもそも、こんなに体調不良者が増えてしまった以上、公演を続行するかも不明なのですが…)


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ



彼氏から連絡が来るのはいつ?恋愛タロット占い



wedding-dresses-1486005_640b


このページのトップヘ