Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

2020年10月

城妃美伶


こんにちは、カリーナです。

城妃美伶さんのインタビュー記事を読みました。
宝塚在団中のこと、退団後のこと…。

私はそのインタビューを読んで、「トップ娘役に選ばれなかったのも納得だわ…」と感じ、ドン引きしてしまいました。
トップスター(候補)の男役に嫌がられそうなほど、謙虚さがなく、自己主張が激しかったからです!


先輩の男役への物言いが失礼だと感じましたし、柚香光さんへの猛烈なイヤミともとれる発言もありました。


タカラジェンヌはほぼ全員、気が強いと思っていますけど、ここまで失言が多くて強気だと組内での評判が悪かったんじゃないかなぁと勘ぐってしまうのです。

公のメディアでも、このスゴツヨ言動なんですもの。
トップ娘役には不向きな性格だと思います。

しろきみちゃんへの印象がとても悪くなりました。




謙虚さ皆無?城妃美伶のインタビュー記事【フライデーデジタル】

話題になっていた、城妃美伶さんのインタビュー記事はこちらから読めます。




退団後に海外へ行ったこと。
在団中に貧しい子供への支援を行っていたこと。
『るろうに剣心』のオファーについて。
水美舞斗さんの新人公演主演の話。
組替えの話…。

(記者が勝手に書いたのだとは思いますが、花組への組替えのところで“左遷”ってどういうこと?そういう話が実は出たの?)


これを読んで、「しろきみちゃんのプライドはチョモランマ級だな」と思いました。
全体的に自己主張が激しぎるというか、上から目線というか、謙虚さがなさすぎて悪い意味でツヨすぎっていうんですかね。。。

宝塚の娘役には、謙虚さが欲しいです。

ここまで「私が私が」というタイプだと、周囲が扱いづらいと思うんですよね…。

水美舞斗の新人公演初主演!ちょっと出しゃばりすぎ

まず気になったのは、水美舞斗さんが新人公演で初主演となった『カリスタの海に抱かれて』についての話。
「水美さんは主演になれそうでなれない時が続いて、その新人公演で待望の主演に抜擢されたんです。そのことはみんな知っていて。決まった時に水美さんへ『よかったね』と周りが号泣していたんです。水美さんがみんなに愛されて、おめでとうって言われている光景を見た時に、絶対にいい公演しなきゃいけないと思ったと同時に、『水美さんを引き立てて輝かせて、自分も輝きたい』と思ったんです」

個人的にモヤモヤするのが『水美さんを引き立てて輝かせて、自分も輝きたい』という言葉。

城妃美伶さんはヒロイン経験が豊富だったので、「私が引っ張っていかなきゃ!私なら水美舞斗さんを輝かせてあげられる!」と自信満々だったのでしょう。
そして、水美舞斗さんを支えつつ、自分自身も最高に輝かせられるという自信があったようです。

ただ、水美舞斗さんは先輩だし、初主演とはいっても、そこまでヒロインの子に支えられる必要はなかったかもしれないし…。

それに、下級生が「なれそうでなれない」「待望の主演」と表現するのは、かなり失礼な気も…。

「未熟なあなたを、私が支えてあげる」的な“上から目線感を感じ取ったのは、私だけでしょうか?


組む相手や、自分自身を輝かせる努力をするのは、舞台人としては立派です。
水美舞斗さんのファーストフォトブックのメイキングを見ましたが、その時も水美舞斗さんを引っ張り回し、「この位置・ポーズの方がいい」的な指導を(自分の方が後輩なのに)やっていました。

このように熱心なのはいいのですが、いつも出しゃばりすぎで、全体的にモヤります。



「私は舞台で声を潰したことがない」…柚香光へのイヤミ?

また城妃美伶さんは、自身の実力についてこんな話をしています。

ここを読んだ瞬間、柚香光さんのファンである私は「ん!?」となりました
「私〝ダメ出しクィーン〟だったんです。優等生のように見えるかもしれませんが、最初からできたことは何もないんです。私には「不器用伝説」があるくらいですから。音楽学校時代の歌の成績も最初はビリ。『城妃が大劇場でソロを歌える訳がない』と思われていました。歌のレッスンでは毎回泣いていました」

日本一華やかな歌劇団に立てば過緊張から声が出なくなることもあるという。しかし「私は舞台で声を潰したことがない」と力を込める。
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/81623e6a6079212b6f814e80925ac57708825b12?page=1


城妃美伶さんは、成績はかなり良かったはずですが、私は一部のファンが言うほどには、彼女は何でもできるタイプではなかったと思います。

よく華優希さんと比較されていたので、「まぁ、華優希さんよりは色々できるでしょうね」くらいには思っていました。
でも、「だからこそ、しろきみちゃんは次期トップ娘役に相応しい!」という意見には賛同できませんでした。
だってあれって、華優希さんを叩くために、城妃美伶さんを持ち出して利用していただけですもんね。


さてここでメッチャ気になるのが、「私は舞台で声を潰したことがない」という発言。

柚香光プレお披露目である『DANCE OLYMPIA』で、柚香光さんが喉を潰してしまったのは、あまりにも有名な話。(※なお震源地は、当ブログのようである)
城妃美伶さんも観劇なさったと聞いています。

それを知ってて「私は舞台で声を潰したことがない」と力を込めて言ったのは…自分をトップ娘役に選んでくれなかった、柚香光さんへのあてつけ・嫌味なのでしょうか?

柚香光にキノコカレー!?フラれた腹いせ感のあるエピソード

844489c0b9ca85cb6ceaf880d96431f7_s

在団中に、城妃美伶さんが柚香光さんを家に招き、手作りカレーを振る舞ったのは有名な話ですよね。

そのエピソードがどの雑誌に載っていたのか覚えていないので(複数のメディアで見た記憶アリ)、私の記憶だけでお話ししますが――


城妃美伶さんは、柚香光さん1人を招き、手作りカレーを振る舞うつもりでした。
(カリーナ注:時期的に、トップ娘役を狙っていた時期だったはず)
しかし柚香光さんは、華優希さんを一緒に連れて、城妃美伶さんの家を訪れました。
そのまま3人で、城妃美伶さんが作ったカレーを食べました。


色々と恐ろしいエピソードでございます…。
次期トップ娘役の、椅子の取り合い?
しかし次期トップスター候補は、別の娘役を一緒に連れてきてしまった…。
(※もう1人いたような気もしますが、ソースが思い出せないので確認できません!)


このエピソードを初めて聞いた時、「しろきみちゃんとは組めない。本命ははなちゃんだから」という、柚香光さんの気持ちを垣間見た気がしたのです。
つまり、城妃美伶さんはフラれてしまったということです。

トップ娘役を決めるのは、現トップでも次期トップでもないけれど、柚香光さんが誰と組みたかったかというのは、なんとなく想像できてしまいます。
華優希さんは、実力不足なのは問題ですが、少なくとも謙虚さはあるタイプですから。



そこでインタビューに出てきた、得意料理のカレーの話。
「自宅に同じ組の仲間を呼んで、よく料理を振舞いました。タカラジェンヌが集まる家でした。自慢のレシピは”美伶ちゃんカレー”ですね(笑)、豚肉とキノコを入れてトマト缶ベースで作るんです。一緒に作り上げる仲間と信頼関係を築いていく。楽しいひと時でした」
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/81623e6a6079212b6f814e80925ac57708825b12?page=1


もしかして、柚香光さんに振る舞ったのも、このキノコ入りカレーだったのでしょうか?
残念ながら柚香光さんは、キノコが嫌いなんですよね…Oh…

まぁさすがに、キノコが原因でフラれたなんてことはないと思いますが。
そして、わざと入れたわけでないのは分かりますが。

何というか、こういう出来事もあって、城妃美伶さんは、柚香光さんのことを快く思っていないのかなぁと勘ぐってしまいました!
それで「私は喉を潰さないもん」発言が出たのかな~、と。

謙虚さのある娘役こそトップ娘役に相応しい

今、とある娘役が、「偉そうだ」「謙虚さがない」というような理由で嫌われているようです。
文春の「推せないジェンヌ」にも名前が載ったあの人…(察して)。

その娘役の処遇を見ていても、謙虚さのない娘役は、トップスター候補の男役からは嫌がられるんじゃないかなぁ…と思ってしまいます。




しろきみちゃんのプロ意識は立派ですけど、宝塚の娘役には向いていなかったのかもしれません。
トップ娘役に必要なのは、実力や向上心だけでなく、男役へのお慕い芸だと思うからです。
お慕い芸のやりすぎもダメですが、まったくできないのも問題です。

今回のインタビューは失言だらけだったので、「空気が読めない人なんだなー」という評価に変わりました。

ここまでガツガツしたタイプなら、最初から、外部の女優としてもやっていけたかもしれませんね。
退団後は、その負けん気を活かして、外部の舞台で活躍してほしいです。






星蘭ひとみ

こんにちは、カリーナです。

先日、宝塚退団を発表したばかりの、星蘭ひとみさん。
しかしファンからは、「なぜドラマ出演までしたのに、今退団なのか」という疑問が…。

私もずっと、星蘭ひとみさんの退団理由について考えていました。

そこで原因として急に思い当たったのが、星蘭ひとみさんが出演したドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(カネ恋)
実はこのドラマ、反日要素が多いということで大炎上しているんです!


日本人の出演者への嫌がらせが、数多く行われていたという疑惑もあります。
こんな撮影現場にいたら、日本人である星蘭ひとみさんは、かなりストレスがたまったはずです。


星蘭ひとみさんは今後もドラマ出演の予定があったかもしれませんが、ドラマ撮影に嫌気がさし、退団を決意した可能性はあるのではないでしょうか?




『おカネの切れ目が恋のはじまり』は反日ドラマで大炎上!

星蘭ひとみさんが出演したドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』は、反日ドラマだと言われ、大炎上しています。
テレビドラマに仕込まれた反日ネタは定期的に話題になりますが、カネ恋はかなり露骨だったようです。


カネ恋の演出家だか何だかのスタッフが、Twitterの個人アカウントで、日本人出演者への暴言を吐いていたことも確認されています。
(内容から察するに、お隣の国の人なのかしら?)


詳しくはTwitterで、「#TBSに説明求めます」というハッシュタグで検索してみてください。
もしくは、Googleなどで検索し、どこが反日だったのか確認してみるといいでしょう。

このブログに書けるような生やさしい内容ではありませんし、あまりにも量が多くてビックリ仰天!!
“ひどすぎる反日ドラマ”として炎上しているのも納得です。

撮影現場が殺伐としていてストレスだった?

Twitter等で、どんな反日ネタがあったかを確認された人は、こう思ったのではないでしょうか。
「撮影現場の雰囲気が悪そうだ」と。

出演者の役名や、衣装から小道具まで、反日ネタがみっちり仕込まれています。
(韓国語に直すと悪口になる等の、こざかしいネタ)
目に入るだけで嫌な気分になります

テレビの前の視聴者ですらそうなのですから、実際に撮影現場にいた日本人なら、もっと嫌な気持ちになるでしょう。

星蘭ひとみさんが、
「日本人をバカにするようなドラマに出たくない」
「今後もこんな不愉快な撮影現場に行かなければならないなんて嫌だ」
と考えたとしても、何もおかしくないですよね。




共演者が亡くなるというショッキングな出来事も原因?

このドラマは、三浦春馬さんが主演で、星蘭ひとみさんは一緒に演技するシーンもありました。

三浦春馬さんは、ニュースになっている通り、自宅で亡くなっているのが発見されました。
ドラマで共演したばかりの俳優が、急に亡くなったら、ものすごくショックですよね…。

この悲しいニュースも、星蘭ひとみさんの退団に、少しは関係していると思います。

星蘭ひとみ退団の理由の1つではありそう

専科まで行って、ドラマ出演もした星蘭ひとみさん。
しかしここにきて退団するからには、かなり大きな理由があったのでしょう。

カネ恋への出演は、退団を考えるキッカケの1つではあったと思います。
他にも理由はあったかもしれませんが、まったく無関係ということはないと思うんですよね。

というか、何故劇団は、こんな問題のあるドラマに出演させたのでしょうか。
劇団の意図もわかりません。


本当の退団理由は、劇団もしくは本人しか知らないでしょう。
その理由が明らかになる日は、はたして来るのでしょうか…。



仕事&転職の悩み聞きます。将来のためのタロット占い




005b


蘭陵王

こんにちは、カリーナです。

私は、凪七瑠海主演『蘭陵王—美しすぎる武将—』が好きで、繰り返し見ています。

見ているととても面白いのですが、ちょっとした疑問が。
オカマちゃん皇太子の高緯(瀬戸かずや)が、本気で愛していた相手が誰だったのか、考察しつつ悩んでいます。

高緯が好きだったのは、結局蘭陵王だったのか、それとも逍遥君だったのか!?

高緯は男性で皇太子だけど、乙女なハートを持つオカマちゃん。
その恋人が逍遥君(男)なわけですけど、蘭陵王(男)のことも明らかに好きですよね?

本気で両方のことを愛していたのだろうか…?
その設定に、ちょっぴりモヤっています。



高緯と逍遥君:「逍遙君とは身も心も愛し合っていた」と明言

高緯は、美しいものが大好きなオカマ皇太子。

その恋人は、美丈夫の逍遥君(帆純まひろ)
とーっても美しい青年です。
しょっちゅう高緯とイチャイチャしてる。

逍遥君は、蘭陵王の美しさに嫉妬し、蘭陵王を毒殺しようとします。
蘭陵王が美しすぎて、高緯が心惹かれていたのを知っていたので、とても憎んでいたのです。
しかし蘭陵王は、逍遥君のたくらみに気づきます。
すべてがバレてしまった逍遥君は、毒をみずから飲んで死んでしまいました…。

逍遥君の死後、高緯は蘭陵王に「逍遙君とは、身も心も愛し合っていた」と明言します。
恋人の逍遥君の死を、本気で悲しんでいるようでした。


高緯と蘭陵王:蘭陵王に心惹かれていたのも多分本当

何度も言いますが、高緯は美しいものが大好き!
蘭陵王は“美しすぎる武将”といわれるほど美しかったので、当然高緯は蘭陵王のことが気になっています。

少なくとも、寝言で蘭陵王の名前を叫ぶ程度には。
(このせいで逍遥君は、蘭陵王への憎しみを募らせていくのですが…)

逍遥君の死後、久しぶりに会った高緯と蘭陵王。
この時点で、高緯はもう皇帝になっていました。

ずっと幽閉されていた蘭陵王の健康を心配し、「助けてあげようか?」とたずねる高緯。
しかしオカマな高緯さんは、蘭陵王に手を出そうとしてしまい、蘭陵王に拒絶されてしまいます。

高緯は自分の気持ちを受け入れてもらえなかったので、仕方なく、賜死(臣下に自殺させること。名誉の死)を命じるのです。

賜死を命じた後も、「救ってあげたかったのに!」とガチで嘆いているので、蘭陵王のことも本気で好きだったのかしら…?




「2人とも本気で愛してる」という設定がモヤる

おそらく高緯は、浮気心とかそんなのではなく、本気で2人のことを好きだったのだと思います。

でも、少女漫画チックな設定を好む私としてはね!
どちらか1人に絞ってほしかった!!!

両方に恋心を抱いていたからこそ、ストーリーが展開していくわけなので、仕方ないのかもしれないけど…。
(逍遥君が嫉妬して毒殺をたくらむというのは、高緯が2人を愛していないと成り立たないので)

でもね、やっぱり、どちらか1人だけを愛して欲しかったのよ
高緯がとても乙女チックな“第2のヒロイン”だったので、余計に…。

トンチキなので深く考えない方がいいのかも

身も蓋もないことを言いますと、この演目っていわゆるトンチキなんですよね。

見た方は分かると思いますが、真面目に見せかけて、どう考えても色々おかしい。
光るヌンチャクとか…高緯のソロ曲全般とか…。
印象的な曲が多く、衣装も煌びやかですごいのに、内容はトンチキの極みです。

だから、面白ければ何でもいいのであって、高緯の恋心の細かい設定はどうでもいい…のかもしれない…。
いや、高緯の乙女な恋心がないと、話が進まないんですけど。

あまり色々考えずに、気軽に見るのが一番かもしれません。






中華っぽい演目…もっと増えろ…!!




005b

os_1


20201023_3

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』、東京の観劇レポ&感想その④です。

今回は、観劇していて心配になったこと&不愉快になったことについて書いていきます。

観劇中に「うわー…」と感じたこと。
コロナ禍にもかかわらず、ロビーでお喋りをする観客にイライラしたこと!

全ヅカオタに読んでほしいです。
マナーをちゃんと守ってください!



①大震災の効果音が超うるさい!

これは誰に文句を言えばいいのか…?
『はいからさんが通る』の大震災のシーンの、効果音がうるさいです!

地震が起こった場面で、シャンデリアがガシャーン!!と落下する音がします。
正確にいうと「ガッッシャーン、パリパリパリ…パリン」みたいな。めっちゃ長い。

臨場感を出したいのは分かるのですが、とにかく音が大きくて!
Twitterでも「効果音がうるさい」という文句を見かけたので、他の観客も感じているようです。


普段の生オケも結構うるさいですよね。
耳の悪い観客が多いと思われてんの?なんなの?




②永久輝せあの声の調子が悪い?心配です

私が観に行った日は、永久輝せあさんの声がいつもと違いました。
少しガラガラ気味というか、明らかに本調子ではない感じで。

その後、とくに「声が変」みたいな噂は聞かないので、一時的なものだと思うのですが
当日聞いた時は、大丈夫かなぁと心配になりました。

季節の変わり目ですからねぇ、喉、乾燥しますよね。



③真面目なシーンでも笑いが起こる…そこは笑っちゃダメ!(怒)

本来は笑いが起こるシーンではないのに、なぜか観客が笑ってしまうシーンってありますよね。

何組の公演だったか忘れましたが、ほかの組の演目でも、「そこは笑っちゃ駄目だよ…笑うシーンじゃないよ」と、ファンが苦言を呈している演目がありました。

『はいからさんが通る』の場合は、蘭丸が震災で「紅緒さん、ごめんなさい、僕、反対方向に逃げて」と言うシーン。
ここは、蘭丸のおとぼけセリフではないのに、なぜか笑いが起こっているんです!

私は原作も読んでいますけど、何度読んでも、ここはシリアスなシーンです。
「蘭丸は真剣なんだよね?」と思いつつ、他の観客のクスクス笑いを聞いておりました…。

他の日に観劇した人も、「そこは笑っちゃ駄目なシーン!」と苦言を呈していました。
でも、ボケっぽい台詞に聞こえてしまうから、原作を知らない人は笑ってしまうのかな…?

④ロビーで観客がうるさい!幕間のおしゃべり酷すぎ問題・再び

一番の問題は、劇場ロビーでの、観客のおしゃべりが酷いこと!
客席はわりと静かなんですが、ロビーはすごく賑やかでした。

皆さま、今はコロナ禍なんですよ?
マスクをしていても、余計なおしゃべりは駄目ですよ!?

もちろん、「会話はお控えください」というアナウンスが流れていましたが、そんなの皆さん無視してました。
喋っている客が多すぎるからか、劇場のスタッフが注意する様子もありませんでした。


ほんの数か月前は、一部の宝塚ファンが『宝塚ファンは劇場でおしゃべりしない!さすが!』とドヤ顔で誇らしげに言っていたのに…。
マナーの良いヅカファンというのは、ただの妄想か幻想だったんじゃないかな。

私が行ったのは東京宝塚劇場でしたが、ほかの劇場(ムラ?別箱?)に行った観客も、「観客のおしゃべりが酷い」と言っていました。





「コロナ禍だ」という自覚をもって観劇してください!

『はいからさんが通る』の舞台は、おおむね満足なのですが、演出面での不満などが少しありました。
また、蘭丸のシーンは、今はどうなっているのでしょう…。
そのあたりが改善されていたら最高なんですけど。

一番の問題は、観客のおしゃべり!
こんな時なので客席ガラガラなのを覚悟していきましたが、ご新規さんやリピーターさんが行きやすくなったのもあるのか、ほぼ満員でした。
でもだからって、おしゃべり三昧なのはよくない

今はコロナ禍なんだっていうことを、よーーーく自覚して観劇してほしいです!



***

ということで、次は観劇&感想レポ⑤に続きます。
⑤は、感想のまとめになります。

その他に、番外編も更新予定ですので、どうぞお楽しみに♪














zense_v2


柚香光

こんにちは、カリーナです。

「歌劇」11月号が、11月5日に発売になります!

とうとう11月号は、トップスターが恋人っぽく振る舞ってくれるコーナー「キミノトナリ」が復活!
今回は柚香光さんです♡


その他にも、水美舞斗さん・瀬央ゆりあさん・桜木みなとさん等、95期の人気スターのポートレートもあるので、チェックしてみてください!




「キミノトナリ」は、トップスターによるシチュエーションポートレートです。
名前の通り、トップスターが読者の隣にいるような、彼氏っぽい写真が沢山♡

4月号の珠城りょうさんから始まったコーナーでしたが、コロナのせいでいったん中止に
柚香光さんの番がまだだったので、「コロナのバカヤロー!!」と何度思ったことか


しかし、そのコーナーが11月号で復活する…!
柚香光さんが彼氏になってくれる!!!←


どんなテーマになるんでしょ~?
おうちデートはもうあったので(珠城りょうさんで)、外出系かな…?
まぁ、どんなシチュエーションでもOKです!



表紙画像がまだ不明ですが…愛月ひかるさんの表紙が目印です♪


Amazonで予約できます↓

宝塚クリエイティブアーツ
2020-11-05



他にもいっぱい気になるコーナーがあるので、とても楽しみにしています。




os_1


このページのトップヘ