Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

2021年01月

星蘭ひとみ

こんにちは、カリーナです。

本日放送された『おちょやん』の録画を見たんですが、なんと星蘭ひとみさんが出演しているではありませんか!
何の予告もなかったので、Twitterでも「びっくりした!」と大騒ぎでした。
ドラマは見ていないという方、とりあえず画像だけでも見てって。

その他にも、宝塚OGが数名出演していたようです。

『おちょやん』は宝塚歌劇団の大昔の写真が出てきたり、そもそものテーマ(劇団・役者)が似ていたりと、色々と繋がりがあるんですよね。
今後も、意外な宝塚OGがどんどん出演するかも?




『おちょやん』で、星蘭ひとみさんは、劇中劇のシーンに出演しています。

最後のクレジットを見ると、名前は載っていましたが、詳しい役名は書いていませんでした
公式Twitterには「伯爵の娘・梅子」と書かれています。



豪華なドレスを着て、日傘をさして撮影中。
とにかく華やか&目立つ…!
セリフは1つだけでしたが、棒読み感はそこまでなかったかも?
(セリフが上手く聞き取れなかったけど…)


これを撮影した時は、まだタカラジェンヌだったのでしょう。
そして、まだ在団中であれば、宝塚公式のお知らせに出たはず。
ということは、星蘭ひとみさんの退団は、劇団にとっても急な話だったのかもしれません。



今回のお話には、他の宝塚OGも何名か出演していたようです。
元花組娘役の梅咲衣舞さんらしい人は見つかりましたが、他の方は、私にはちょっと分からなかった


もう少しで、大本命の明日海りおさんが出演されますね
今後もほかの宝塚OGが出演するかもしれないので、まだまだ注目です





アウグストゥス

こんにちは、カリーナです。

花組公演『アウグストゥス-尊厳ある者-』のポスターが、昨日公開されましたね。

柚香光さんは安定の美しさ。
マジでアウグストゥス。(謎)

でも全体の色合いを見て、「田淵先生臭がする(悪い意味で)」と思ってしまったの。。。




まだポスターを見ていない方は、こちらからどうぞ。
(※美の暴力注意)



柚香光さんは…尊い(語彙力)
褒める所しかない!!
ギラギラの目力、大きなお手手、剣の似合いっぷり、カツラのしっくり感…カッコよさが振りきれていますね


華優希さんは、いつにも増して修正されまくっていますが…。
まぁ、今までのと違って、普通に美女っぽくなってるからいいのか?
(青薔薇やダンオリの時の修正は、キレイでも何でもなくて最悪でした)



すごくいい感じのポスターですが、問題は田淵先生ってところ。
いや、前から分かっていましたけど。

ちょうど昨日スカステで『異人たちのルネサンス』を放送していたんですが、田淵先生の舞台って、全体的に色が暗いんですよね…。
このポスターからして、もう既にそんな雰囲気が出ています。
「またあの薄暗い感じになるのかな…」と思ったら、ちょっぴり不安になったのでした


そもそも私、あのへんの時代については全く詳しくなくて!
歴史的な意味で言ったら、聖乃あすかさんのバウのほうが詳しいし、興味あります。

でも、田淵先生でアウグストゥスやるってのは大前提なので。
できる限り予習して、薄暗い舞台でも大丈夫なメンタル(?)にして観劇したいと思います。


ナイスワークは残念ながら観に行けなかったけど、アウグストゥスは絶対に観に行くから!!




yamaguchi01


TAKARAZUKA PRIME STAR PORTRAITS

こんにちは、カリーナです。

冬に出たレビュー本的なもの、『TAKARAZUKA PRIME STAR PORTRAITS』が届いたので、内容の感想を書きます。

一言で言うと…フォトブックです!
「人気スター勢ぞろいさせて1冊にしたよ!」という感じ。

コロナ禍が一旦おさまりかけた9月に、この本の制作が始まったそうです。
1人1人のこだわりが詰まったポートレートが楽しめる、素敵な本になっています


フルカラーだし、はみだしショット的なものや、驚きのエピソードも載っています。
めちゃくちゃオススメです!




私は柚香光さん目当てで買ったので、まずその感想を書きますが…。

私はお花になりたい。

柚香さんに抱かれた花束が…私には花娘にしか見えなくて!!!
カッコイイ男役さんに愛されるお花たち…

とっても美しい&どことなくセクシーなお写真ばかりです


***


あと気に入ったのは、華優希さんの写真。

裏表紙に載っている白系のプリンセス衣装だけでなく、意外や意外、真っ黒なお衣装もあったんですよ。

そちらはいわゆる“ゴスロリ系”って言えばいいんでしょうか?
一昔前の雑誌『ゴシック&ロリータバイブル』とか、『KERA!』あたりに載っていたゴスロリ写真っぽいです。
(15年くらい前に読者だった人なら絶対分かってくれる…!!)


KERA ! (ケラ) 2010年 11月号 [雑誌]
インデックス・コミュニケーションズ
2010-09-16



KERA! (ケラ) 2012年 10月号 [雑誌]
インデックス・コミュニケーションズ
2012-08-16


表紙じゃイマイチ伝わらないけど、伝われ。
とにかく可愛い衣装じゃった…。

ちなみに私は断然『KERAマニアックス』派でしたね~。
面白企画多めで好きでした。

(なお、当時の読者モデルだったカリーナさんと私は、全くの無関係である!ゴスファッションのカリーナさん可愛かったわ


***


他のジェンヌさんの写真は、ほぼ表紙&裏表紙のイメージと同じです。

個人的には、

・星風まどかさんの大人っぽい写真
・美園さくらさんの衣装のビックリエピソード
・愛月ひかるさんの驚きの白さ(白壁&ウエディングドレス)
・彩凪翔さんのサヨナラポートレート感
・朝美絢さんの♰漆黒の堕天使♰感

あたりが見所かなぁ~と思います。




『TAKARAZUKA PRIME STAR PORTRAITS』は、Amazon等では売ってないようなので、キャトルレーヴでお買い求めくださいませ!
絶対に損はしません!!


こういうの、毎年出してくれないかなぁ~







otonari


TO THE NEXT TAKARAZUKA

こんにちは、カリーナです。

KITTEで開催予定だった「TO THE NEXT TAKARAZUKA―挑戦しつづける宝塚歌劇―」、残念ながら中止になってしまいましたね。

でも、オンライン会場は予定通り開催!
そして、販売されるオリジナルグッズ情報も出ました

柚香光さんや望海風斗さんの生放送もあるので、盛り上がりますね~




キャトルレーヴ公式のツイート!


(公式サイトに飛んでも、まだ詳しい情報が出ていないようなので、ツイートの画像を見た方が早いと思います)


以前情報が出ていた、『はいからさんが通る』VRグラスの商品画像もあります!
思っていたよりも大きなグラスだった
値段が読めない…ちょっとお高そう。




あと、トップスターのアクリルスタンドも出るとか!?
なんか色んなグッズ出るんですね…。
こうやってまたお財布が軽くなっていく。


「お財布と相談しながら…」なんて言いつつ、結局全部買ってしまいそうな自分が怖い。
さようなら諭吉。


****


そういえば、柚香光さんの生放送はKITTE会場からの予定でしたが、会場が変更になるのかな?
まぁ、生放送さえしてくれれば、場所はどこでもいいです!
楽しみ~~





wedding-dresses-1486005_640b


観劇自粛

こんにちは、カリーナです。

2020年3月ごろ、宝塚歌劇団の全公演が延期になったときは、とても平等でした。
宝塚ファン全員が観劇できなかったからです。

でも今は違います。
コロナの心配はあっても、遠征が不要な人などは、すぐに劇場に行けてハッピー!
しかし地方住みの人や、家族に止められている人などは、観劇できない状況が続いています。

SNSを開けば、観劇できた人の楽しそうなレポが沢山。
しかし一方で、「身内に観劇を止められました」という悲しみの投稿も…。

何回も観に行ける人と、1回も観に行けない人がいて、ものすごく格差が出てきました。

いつまで我慢を強いられなければいけないのでしょうか?
Go To とかいう変な政策のせいで、余計に状況が悪化したなとヒシヒシと感じております…。




観劇の自粛をしなければならない人々

住んでいる地域や家の事情などで、観劇を自粛せざるを得ない状況にある人は少なくないでしょう。

たとえば私は、地方在住なので、バス&電車&新幹線を使います。
とても危ないので、自粛せざるを得ないのです。
チケットは取れてるのに…こんなのってないわ

また、家族に子供がいるとか、高齢者がいるとかで、劇場に行くのを止められている人もいるようです。
家族に止められなくても、「行っちゃ駄目だ」と我慢して、自粛している人もいるでしょう。


「どうして私だけ我慢しないといけないの」というストレス

しかし、「コロナなので自粛せよ」と言われても、今までとは違うストレスが待っています。

宝塚全体がお休み状態だったときは、平等でした。
どんな人でも、観劇を我慢しなければならなかったからです。
そもそも、何も上演していませんでしたし。

しかし今は、観劇できる状態の人は観劇しています。
そして楽しそうな観劇レポを、SNSなどにアップしていますよね。

観劇レポ自体はOKですし、読んでいて楽しいのですが、観劇の自粛を余儀なくされている人にとっては、ストレスの原因にもなります。

「どうしてこの人は何回も観に行けているのに、私は我慢しないといけないの!」
こういう類のストレスです。

私が今まさにそれ。
観劇レポ自体に罪はないし、とても嬉しいけど、それと同時にストレス超たまる。



いつまで観劇自粛?ゴールが見えないストレスも

それから、「いつまで我慢しなければいけないのか?」というストレスも大きいんですよ!

この問いの答えは、専門家でも分からないと思います。
誰もがゴールの見えない状況で、頑張っているところなので。

せめて「今日の東京は、コロナ感染者400人です」くらいに戻ってくれたら…ね。
このくらいなら、私は遠征していたでしょう。
花組はいからさんの時はそうでした。

でも今は、毎日1000人超えですから…。

何が原因かは、火を見るより明らか。
変な政策のばーかばーか!!

宝塚ファン間の格差がなくなる日よ、早く来い

とにかく、諸悪の根源はコロナ。
そして、それをわざわざ広めるようなことをした、お国のせいです。

早く今まで通りに、誰もが宝塚を観に行けるような状況に戻るといいですね。

(チケ難公演とかの話は今はしてないので、そういうコメントはご遠慮ください)






yamaguchi01


このページのトップヘ