青い薔薇の精

こんにちは、カリーナです。

明日海りお退団公演『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』のチケットが運よく手に入りましたので、観てきました♡

あれだけグダグダと「わざわざ観なくていい」とか言ってたくせに、いざチケットが手に入るとルンルンで観に行く。そんなものですよ人間って。

ネット上での評判が微妙だったので「まさかヤバイほどつまらない駄作なのでは」と心配していたんですが、予想よりはマシだったような気がします。

でも、やっぱりちょっと気になる所もありました。果たしてこれが、男役・明日海りおの集大成と言えるのでしょうか?

色々な面から、感想を書いていこうと思います!




「青い薔薇の精」キャスト別感想

cdbbbc461cd51eb5942bbca8d2af4fc8_s

メインの役と、個人的に気になった役についての感想をつらつらと。



◆エリュ(明日海りお)
全身青すぎる精霊さん。

スポットライトが当たると少しは色合いがマシになるのですが、「さすがに青すぎない?」とビックリ。でも、明日海りおさんだから、何とか事故らずにビジュアルが完成していたように感じました。白薔薇の衣装は、ウィッグも含めてとても似合っていて綺麗でしたよ。

明日海りおさんは、日によって声量を調節しているそうですが、私が観に行った時は全力歌唱でした。劇場に響き渡る美声……。何度もその震えが、私の体にも伝わってきました。

エリュは、舞台上で台詞もなくウロウロしたり、ボーっと突っ立ってたりしてて、「景子先生…」と思ってしまいました。

明日海りおさんは演技にこだわりがある人なので、もっと感情の起伏の激しい役がやりたかったのではないかと推測しますが、エリュはそうでもありませんでした。表情の変化も少なく、ほとんど笑顔がなくて、無表情だったような……。

「男役だからこそ魅せることのできるドキッとするシーン」がほぼなく“明日海りおの無駄遣い”という感じがしなくもなかったような……?



◆シャーロット(華優希)
幼い少女の時代から、老婆になるまでを見事に演じ分けていました。「はなちゃんはお芝居の人」とよく言われますが、まさにその通り!

ただ、少女時代の演技は、ちょっとギャンギャンうるさい感じでした……。「妖精を信じる純真な子供」ということで、ああいう演技になったのだとは思いますよ? でも、さすがに耳に優しくなかった(;´Д`)

同じ少女でも、メリーベルみたいな感じで演じることもできるはずなので、今回が特別うるさかっただけだと思います……。

シャーロットが大人になってからは、声が少し低めになり、落ち着いた雰囲気に。しかし、夫の浮気現場を目撃して嘆くシーンだったりするので、ここでも少しうるさく感じる。でもこれ、台詞のせいなので、華優希さんが悪いわけではないと思います。。。

ラストシーンで年老いた姿で登場しますが、声も姿も本当におばあちゃん!
顔は、その後の演出のこともあってメイクはそのままですが、メイクまで変えてたら、完璧に老婆だったと思います。色々な経験をしてきたおばあさん感がすっごくよく出ていました!


そういえば、シャーロットは左足を骨折してサナトリウムに入った設定……だったと思うんですが、これって華優希さん本人の話じゃないですか!?
今月のGRAPHの『波瀾爆笑!?我が人生』によれば、華優希さんは小学生の頃に左足を骨折し、入退院を繰り返していたそうですから。


歌は、私が観に行った日は、調子が良さそうでした(本人比で)。声量は、もうちょっとあったほうがいいとは思いましたけどね。





◆ハーヴィー(柚香光)
舞台に出てきた時のオーラが、いつも以上に半端なくて……! 次期トップということもあって、さらにオーラが増したように感じました。贔屓目でしょうか。

ハーヴィーはコンデュルメルのような顔芸&個性強めな役ではなく、超普通の真面目な青年です。もうちょっと個性があった方がよかったんじゃないか、と思うほど普通でした。

舞台の上にいる率が非常に高かったので、オペラグラスで贔屓を観るという意味では非常によかったんですが、ガチで突っ立ってるだけのシーンはどうにかしてほしいと思いました。カレーちゃん、ニックおじさんとヴィールドン夫人のデュエットのシーン、まばたきするお人形みたいになって立ってましたから……。(そしてその隣では、エリュが同じ状態で突っ立っている)


私は柚香光さんの歌を楽しみにしていつも観劇しておりますが、私が観た日はわりと調子がよく(本人比)、あの伝説の『EXCITER!!2018』は不思議な夢だったんじゃないかと思いました
でも銀橋で歌った時は、ほんのちょっとだけ音程が迷子に。よかった、いつものカレーちゃんだ。


「これが見所!」というシーンはあまりなかったと思うのですが、今回は主役が明日海りおさんですからね。そんなものかな。



◆メアリー・アン(芽吹幸奈)
今回の公演でエトワールを務めたくみさんですが、お芝居の方の出番は控えめ。

いつもシャーロットのそばにいて世話をしているので、出番はそこそこ。でも、せっかくの歌ウマさんなのに、披露するシーンはなかったと思います。

でもくみさん、お世話役が似合うんだよなぁ……。エリザベートのリヒテンシュタインもハマっていたし。



◆オズワルド・ヴィッカーズ(瀬戸かずや)
「時は金なり!」という台詞しか印象に残ってません……。結構しつこい台詞でしたね。

ビジュアルは、ヒゲとスーツで、いつものあきら。あきらのダンディさをこれ以上引き立たせるアイテムはない。

次期2番手? ということですから、目立つシーンが多めだと思いました。あきらの2番手お披露目感……。





◆謎の老婆(美花梨乃)
最後まで謎のままだった老婆(爆)。いや、笑うところじゃない。

観劇後に他の方が書かれた考察を少し見ましたが、「結局正体何なのよ?」というものがほとんどでした。私の理解力がなかったわけではないらしい。

ずっと腰を曲げている役だったので、腰痛にならないか心配して観てました……。



◆ニック(水美舞斗)
出番はそこまで多いとは言い難いですが、気を抜くと回想シーンその他で急に出番があります。

剪定シーンにチョキチョキというSEが追加になったそうですが…、逆にムラでは、あのSEなかったんですか? さすがに、マイティーの演技力に頼り過ぎでしょ~。SEがあったので、剪定してるんだなぁとすぐに分かりましたけど。(マイティーの演技力が足りないという意味ではありません。最低限必要なSEってあるよねっていう話)


この舞台は、妖精さんたちが踊るシーンが何か所かあるんですが、なぜか庭師マイティーも踊っていました。マイティーのダンス能力をアピりたかったんでしょうか。踊るのが悪いというわけではないけど、急にいかにもなダンスを踊り出すのは、ちょっと違和感がありました。


フローレンス・ヴィールドン夫人(しろきみ)に密かに恋していたのは分かるんですが、わりと唐突に葬式シーンになるので、ちょっとポカーン。しかも私の席からだと、悲しむマイティーの顔が超見えにくくて。

全体的に出番が少なめとはいっても、しろきみとのデュエットはこの舞台の中でもかなりランク上めの見所です。でも、葬式のシーンの前に歌った方が、切なさが増したと思うんですけど……

歌は、ちょっとだけ不安定な感じがしましたが、調子が悪そうというわけでもなく、いつもの感じでした。あ、前よりも声量がちょっと上がったような??? 最近ボイトレ頑張ってるって聞いたような気がします!



◆フローレンス・ヴィールドン夫人(城妃美伶)
出番の量は、ほぼマイティーと同じです。マイティーとセットで登場する感じ。

退団公演のわりには出番が少なめな気がしますが、マイティーとのデュエットという見所はあります。ていうかさっきから言ってるけど、葬式シーンが急すぎて。。。

衣装は、もうちょっとゴージャスなデザインのだと嬉しかった。衣装の種類が少なすぎるから、余計に。

歌声はとても綺麗で安定していたので、退団が惜しいなと思いました。




◆Mysterious Lady(謎の貴婦人)(乙羽映見)
幕が開いた後の彼女の歌声は、迫力があり伸びやかで、とても素晴らしかったです。歌劇団にこそいてほしい逸材だと思ったのに、今回で退団が決まってるんですよね……。本当に惜しい。

謎の貴婦人でもあり、デーヴァでもある彼女。しかし私の脳みそでは、謎の貴婦人=デーヴァっていうのがよく理解できなくて。物語の中では、しっかり語られていなかったと思います。

ところで彼女が抱いている猫(トム)、よく見るとパチパチまばたきしてるんですね。無駄に細かい。そして、おこげちゃんに本当にそっくり♡



◆ネリー・グリフィス(春妃うらら)
「大都市ロンドン」の場面で、唯一名前アリな役がネリー・グリフィス。

この「大都市ロンドン」の場面は歌が素敵で、Blu-rayが届いたら何度も観返すだろうなぁと思います。

この役は、物語に直接関わってくるわけじゃないんですが、「うららさん可愛いわ~」と思いながらオペラグラスを覗いておりましたので。衣装もあの時代のイギリスっぽくて、素敵でした。



◆ウィルトス(飛龍つかさ)
思っていたよりも歌うシーンが少なかったです。台詞はけっこう多かったんですけど。

観劇のたびに、オーラが強まってきたように感じるつかさくん。妖精は大勢舞台上にいるのに、思わず目が行ってしまうのはつかさくんでした!



◆プルケ(音くり寿)
妖精の中でも、台詞が多めだったと思います。歌うシーンはほとんどなかったような?

全力で演技をするのは、やる気があって素晴らしいのですが、独特の言い回し?が少し気になりました。もうちょっと自然な喋り方にした方がいいのになぁ。





◆愛人(華雅りりか)
景子先生は、りりかさんがお嫌いなのでしょうか。愛人にも名前があると思うんです……。

出番は超少ないですが、かなりインパクトはありました。はいからさんでラリサを演じた人とは思えない。絵にかいたような“頭が悪く、性格も悪い愛人”で、短いシーンで振り切って演じているように見えました。



◆イヴリン(真鳳つぐみ)
シャーロットの父の再婚相手。

真鳳つぐみさんって、美人だけど、役付きが超悪いイメージがありました。役付きが悪いどころか、台詞がたったの1個とか、そもそも台詞ありましたっけな脇役とか。

でも今回、シャーロットの継母ということで、ちょっと長めの台詞が!!
しかも舞台上にシャーロット+その他数人しかいないようなシーンだったので、目立っていて、個人的にとても嬉しかったです。

『メランコリック・ジゴロ』の時は、いまいち役にハマっていなくて棒演技な印象しかなかったんですが、今回はそんなことなかったです。はいからさんに期待してもいい?





全体的に説明不足!「青い薔薇の精」ストーリーは駄作感アリ

33389dcf13ef49a60f25cf3dbb7bc453_s

ちょっと辛口ですけど、結論を言います。

全体的に説明不足で、話が浅いです。

このお芝居は、あらすじだけ見ると超面白そうなんですよ。

ある深い霧の夜、植物研究家のハーヴィーは、枯れ果てたウィングフィールドの屋敷の庭で”青い薔薇の精”と名乗る男と出会い、かつてこの屋敷に住んでいたシャーロットという少女にまつわる話を知ることになる。それは、現実に起こった事なのか、それとも…?


少なくとも管理人の好みにはドンピシャ!!

このあらすじが公開される前に、現実と幻想が入り混じる系のお話を読んだばかりだったので、「さぞや素晴らしい感動物語に違いない」と思ってしまったのですね。まぁこれは、私が勝手に某傑作と同じレベルのものを期待してしまっただけなのですが。


「現実に起こった事なのか、それとも…?」のところは、探偵のMr.ディケンズ(冴月瑠那)に依頼したことで、「事実だったんだ!」と判明するわけですが……。
観客にしてみれば、「そりゃあ、嘘つくわけないし、作り話だと疑うような要素もなかったべ」っていう感じで、何もビックリしませんよ。

語る側に妄想癖がありそうな言動があれば、観客のほうも「シャーロットという少女の話は真実なのかな? それとも幻想なのかな?」と疑うことができたと思うんですが。そこが期待はずれで、とても残念でした。何か捻りがあるのかと思いきや、何もなかったんですから。





一番の戦犯は、「忘却の粉」の存在だと思います。観劇中、ずーっと「忘却の粉、邪魔だな」って思ってました。

もちろん、このアイテムがあったからこそエリュが青薔薇になる理由ができあがるわけなんですけど……。

ラストシーンで「忘却の粉が効かなかったのは、時間が経ちすぎていたから☆」とか言い出すんですもの。私は“都合が良すぎる陳腐な魔法物語”が嫌いなので(同じ理由でハリポタも苦手)、忘却の粉は……出さなかった方がよかったと思います……。

観た人によってここは解釈が分かれるところらしく、「都合のいい話だな派」さんと「デーヴァが気を利かせたんだよ派」さんをお見かけしました。

明日海りおさんが、柚香光さんとの対談で「(ストーリーや設定は)お客様の解釈にゆだねられている」みたいなことを仰ってましたけど、単に説明不足なだけだと思います。


演者が頑張っているから凡作~佳作と言えるけど、優れた演者がいなかったら駄作認定されても仕方ないかなぁ……。
ニックおじさんとヴィールドン夫人の恋?も、もうちょっと語れることがあっただろうに、あっさりしすぎてて残念でした。




男役・明日海りおの集大成としては微妙?

833616beb817edb16e9b208c3c882462_s


ステージドアを見ていて思いましたけど、明日海りおさんは、妖精役をあまり快く思っていなかったようですね。最後はスーツ物で、ビシッと決めたかったのでしょう。

明日海りおさんは、自分の正直な思いを吐露したあと、植田景子先生をフォローするように色々と語っておられましたが、私の目には「不満でいっぱいなんだろうなぁ」というふうにしか映らなかったのです。

『明日海りおメモリアルブック』の表紙は「金色の砂漠」のギィで、明日海りおさんはこの役が気に入っているそうです。確かに「金色の砂漠」は、若干刺激的なシーンが多めな悲劇でしたが、男役ならではの見せ場が沢山あり、演じ甲斐もあったのだろうと思います。

しかし『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』は、明日海りおさんが危惧した通りの内容……だったと思います。
『PUCK(パック)』のような妖精ではないとはいえ、妖精は妖精ですし、正直男役らしいドキッとするような見せ場もない。

退団公演でこれって、どうなんでしょう。男役の集大成とするには、色々と物申したくなる内容でした。あれだけ男役を愛した男役には、これ以外にもっとふさわしいモノがあったのではないかと……。

せめて衣装が綺麗ならなぁ。あの衣装、「どうしてこうなった」とつい言いたくなってしまいますよ。




歌ウマ勢がごっそり退団…今後どうなる?

ff066382caad9403b84de8074b9742f4_s


このブログを以前からお読みの方は、私の贔屓が柚香光さんなのはご存知だと思います。
「明日海りおさんの退団公演」であると同時に、柚香光さんのお歌が聴ける機会でもありますので、歌をとにかく楽しみにしておりました。

まず、明日海りおさんは文句なしにお上手です。今さら私が言うまでもありません。まだ退団しなくてもいいんじゃないか、と思えるほどのパワーある歌声でした。

柚香光さんの歌は、パンチのきいた、パッションあふれる感じが好きなのですが、お芝居の方では大人しい歌がほとんどでしたね。まぁ、歌う曲がいくつもありませんでしたけど、、、

華優希さんは、やっぱりトップ娘役にしては歌唱力が足りない。でも、ネット上でブッ叩かれるほど酷いとは思いませんでした。今後の成長に期待したいです。



お芝居の中で、何人もの歌ウマさんが歌を披露するわけなんですけど、こういう人たちに限って今回で退団なんです……。

今後はどうするのでしょうね。歌ウマな下級生もいますが、それだけでは次期トップコンビを支えきれないと思う……。

それについては、今後また記事にしたいと思います。


明日海りおラストデイまであとわずか

私はのん気に楽しんできてしまいましたが、明日海りおさんの退団日が近づいてきているということを忘れてはいけない……。もちろん私も「もう、みりおを生で見るのはこれで最後だ」と思って観てきましたけど、大昔から応援しているファンの人は、寂しさでいっぱいでしょうね。

男役の集大成としては微妙な感じが個人的にはしますけど、どんな脚本であれ、最後の大切な舞台です。あまり深いことは考えずに、明日海りおさんを応援し続けるのがベストなんじゃないかなぁと思います。

明日海りおラストデイ、私はライビュでお見送り予定です。


男役らしいシーンがギュッと詰まった『シャルム!』の感想はコチラ↓


↓関連記事↓




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村