タカラヅカオンデマンド

こんにちは、カリーナです。

先日、<期間限定 おうちでタカラヅカ>第3弾がYouTubeにアップされました。
これはおそらく、「タカラヅカ・オン・デマンド」のサービスの宣伝も兼ねているのでしょう。

でも私は、「タカラヅカ・オン・デマンド」のサービスはそこまで定着しないような気がします。
だって、デメリットのほうが多いんですもの。

タカラヅカ・オン・デマンドよりも安くて優れたサービスが他にあったら、そっちを見てしまいます。

もちろん、便利な面もあるんですけどね。



デメリット①レンタルなのに値段が高い

タカラヅカ・オン・デマンドでは単品から番組が買えますが、「意外と値段が高いな」と思います。

約2時間半の舞台作品だと、660円~880円くらい(※現時点で)。
1時間のトーク番組でも330円。
たったの3分しかないミュージック・クリップでも、220円くらいかかります。

スカステなら、1ヶ月3500円くらいなので、1日に換算すると100円とちょっと。
つまりスカステなら、1日約100円で、もっと沢山の番組を観られるということです。

タカラヅカ・オン・デマンドだと、たったの数日間のレンタルで数百円もしますので、高いような気がします。

デメリット②低スペックPCだと綺麗に再生できない

タカラヅカ・オン・デマンドの映像は、主にスマホやパソコンで再生されることが多いと思います。
(テレビでも見れますけどね)

パソコンで手軽に買って、いざ再生!
……と、ここまではいいんですが、いざ再生してみようとするとうまくいかない。

再生する機械が低スペックだと、画質が粗くなったり、カクカクした動きになったりします。
かなりイライラする。
※実際に低スペックPCで再生した時の感想

ただでさえ画質が悪いのに、それがもっと悪くなるので、「もっと綺麗な映像で見たかった…」と後悔してしまいました。




デメリット③楽曲の差し替えや場面カットがある

舞台作品によっては、楽曲の差し替えがあったり、場面のカットがあったりします!

ほとんどの円盤では、版権等をクリアして、差し替え等なく販売されています。
でもタカラヅカ・オン・デマンドの配信だと、「円盤では差し替えられていなかったのに、配信だと差し替えられている」ということがあります。

どうせ買うなら、差し替えナシで見たいですよね。
差し替えや場面カットがあると、「やっぱり円盤を買うしかないのか…」と思ってしまいます。
(もしかして、そう思わせて円盤を買わせるというトラップなのだろうか!?)

タカラヅカ・オン・デマンドは「今すぐにこの番組だけ見たい時」に向いている!

タカラヅカ・オン・デマンドは、デメリットばかりではありません。
「今すぐに、この番組だけを見たい」という時なら、とても活躍してくれます!

スカステだと、見たい番組がいつ放送になるか分からないので、「今すぐ見たい」という人には不向きです。
また、スカステは「ノイズが入りやすい」という致命的な欠点があるため、見たい番組がノイズまみれになるという危険性もあります。

しかしタカラヅカ・オン・デマンドなら、購入直後にすぐ再生できます!
また、再生する機器に問題がなければ、そこそこの画質で、ノイズの心配をすることなく視聴することが可能です。

タカラヅカ・オン・デマンドは細々と続いていきそう

しばらく生の舞台が観れそうにないので、しばらくはネット配信の需要が高まるでしょうね。

でも、生の舞台が再開したら、“細々と需要に応えていく”という感じになりそう。
利用者が急増するわけではないし、定着するわけでもないけど、「便利なサービス」として存続していくような気がします。


デメリットばかり書き連ねてきましたが、気になる番組を今すぐに見たい時には、本当に便利です。
このまま続いていってほしいなと思います!


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


yu-ya01_2



PCレンタルバナー_336x280