華優希

こんにちは、カリーナです。

花組トップコンビ・柚香光さんと華優希さんは、よく「~に嘘がない」「嘘のない〇〇」という表現を使います。
スカステの番組や宝塚の雑誌などで、何度も繰り返し聞いた言葉です。

どうやら、「素直な心でお芝居をする、踊る」「技術よりも内面が大事」というようなニュアンスで使われているようなのですが…。

でも私はこれを聞くたびに、イライラ&モヤモヤしてしまうのです。
「内面を大事にするなんて素敵♡」ととらえ、肯定的なファンも多いようですが、私には実力不足をカバーする言い訳にしか聞こえなくて。。。

おまけに、褒め言葉としては微妙というか…中身のない褒め言葉で、モヤモヤが2割増し。

ものすごく実力不足というわけではないから、言い訳をする必要はないと思うのですが…?
心は確かに大事だけど、そこまで強調しなくてもいいのに。



この2人の実力については、今さら詳しくは書きません。
柚香光さんは、歌が苦手だけどダンサー系。
華優希さんの得意分野は、しいて言うならお芝居?
漫画原作が似合うビジュアルの2人です。


何でもかんでもできる2人ではないけど、そんなのは他のトップコンビだって同じ。
「歌が下手」とか「ビジュアルだけ」とか、色々アンチに叩かれがちですが、言い訳を必死にしなければならないほど酷いとは思わないのです。
(私は柚香光さんが贔屓なので、ちょっと甘く見てしまうところもあるけど)


私としては、「嘘のないお芝居」とか「嘘のないダンス」なんていう言い訳で、お互いを褒めて、保険をかけるようなことはしてほしくないんですよ。

一言でいえば、もっと堂々としててほしい!!


なんかこう…うまく言葉で言えないんですが、「嘘のない〇〇」という発言をしている時の柚香光さんって、明らかにオドオドしてる感じがするんです。
「実力じゃなくて…心で頑張ります…」っていう気持ちが、態度に出てるんです。


私は変な言い訳はいらないと感じていて、2人ともそのまま全力でやってればいいと思うんですよ。


華優希さんがよく「柚香さんのお芝居には嘘がなくて~」と言ってるんですが、そんな慰めのような下手な言い訳をしてもしなくても、花組トップコンビの実力は(色んな意味で)変わりません。
それなら、何も言わない方がマシです。


というか、「嘘のない〇〇」しか褒めどころがないんでしょうか?
「嘘のない〇〇」というのは、中身スッカラカンな褒め言葉。
そこに一番モヤモヤするのかも。
歌やダンスに突出した得意分野のない華優希さんのことを褒めるなら、「嘘のないお芝居」としか言いようがないのかもしれませんが。
でも、柚香光さんのほうは、もうちょい褒めようがあると思う。

(一応フォローしておくと、華優希さんは小柄なので、男役の隣に立つと男役らしさが引き立つし、ヒロインっぽさはあると思います。でもそれ、番組とかでは褒めにくいポイントですよね)



もう、花組トップコンビには「嘘のない〇〇」という発言をしてほしくありません。
その発言があるだけで、中身が薄っぺらい感じになります。
そろそろイライラしてきました。

「心が大事」「素直な心で」というのも大切なことなのですが、しつこく言いすぎるのはダメですね。
2人が心を重要視している(&相手の褒めポイント)のは、今までのインタビュー等で十分わかったので、今後は別の表現で聞いてみたいです。



【追記】
この記事は「実力がないわけではない(実力がある)のだから、こういう言い方はやめてほしい」というのが主旨です。
「実力ナシなのに言い訳してる」ではありません。
2人の実力がないとは言っていませんし、思ってもいません。
勘違いなさらぬように。



仕事&転職の悩み聞きます。将来のためのタロット占い

伊丹市にあるボディメイクサロン 




E_1