柚香光

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』、東京の観劇レポ&感想その⑤(レポ最後)です。

今回は、感想まとめ!
11月15日が千秋楽か…もう観劇してから結構たつのね

まだまだ、観劇したあの日の夢から覚めておりません。
できることなら、もう一度ナマ少尉を拝みたかった…!
追いチケできるなら、とっくにしてました!!

今までに書いた感想の他にも、こまごまと言いたいことがあるので、感想をザックリまとめます!!




追いチケするファン急増!チケット完売おめでとう

私がモタモタと観劇レポを書いている間に、チケットが完売したという情報が入ってきました。(もう結構前の話ですが)

追加でチケットを買うことを「追いチケ」と呼ぶそうです。
もともと舞台などでは「追いチケ」という言葉が使われていたみたいですが、最近は特に宝塚ファンが頻繁に使っているみたい。

もっと言うならば、『はいからさんが通る』は、追いチケした人がすごく多かった様子!!
だから公式もチケトレも、チケットが売れたんでしょうね。

『はいからさんが通る』はとても素敵だったので、“追いチケ”するファンが続出するのも納得
もう日数がないので、今から追いチケするのは難しそうだけど…


『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』への期待が高まった!

私は『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』について、東京で公演しない予定だったのもあり、まったく興味を持っていませんでした。

しかし『はいからさんが通る』を見たら、
『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』も観たい!!
と、メッチャ思いました!
東京でも上演が決まって、運がよかった~


ナマ少尉をもう一度観たい…のは山々ですが、この気持ちのままナイスワーク観に行けばいいんでない?
結局は演目ではなく、贔屓に会えれば何でもいいのねワタシ…

ナイスワークは公演期間がとても短いので、チケットとれるかどうかも不明ですが、できれば観に行こうと思います!

見事な心変わりを体験させてくれる柚香光パワー




普段は目立たない下級生が目立った!

東京公演は下級生が2つのチームに分かれていたので、その分、普段は出番の少ない下級生の出番が増えていました。
そのおかげで、いつもはなかなか見つけられない下級生も、バッチリ見つけることができました!

タカニュか何かで柚香光さんが「A日程とB日程に分かれるが、ひとりひとりの顔がよく見える舞台」的なことを言っていたのですが、まさにその通り。

コロナ禍の中で仕方なく…のチーム分けですが、デメリットばかりではありません。

もう一度観たい!素晴らしい舞台

正直言えば、『はいからさんが通る』は、もう一度観に行きたかったんです

私は前から、はいからさんの再演には反対しまくっていましたが、それでも今回は「是非もう一度」と思いました。
コロナ禍でなかなか贔屓に会えず、飢餓状態だったのも大いに影響していますが、素晴らしいと感じたのは確かです。


今からでも観に行けるなら行きたいですが、コロナだし、今後の遠征費用も貯めないといけないから、無理ですけど…。


まぁ、名残惜しいくらいがちょうどいい!…のかもしれない。
「観に行って損した」というのが一番アカンやつです。
はいからさんは、「ああ、見れるものならもう1度観れたらよかったわ…最高だったわ…」と、いつまでも余韻に浸り続けられるのです。


その余韻に浸ったまま、『はいからさんが通る』のBlu-rayを観ようと思います。



コロナで色々あったけど、結果的には最高のお披露目になったと思います

柚香光さん、花組トップスター就任、おめでとう~!!!









観劇レポをここまで読んでくださり、ありがとうございました。




mupan