Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: その他宝塚OG

妻が綺麗過ぎる

こんにちは、カリーナです。

元花組娘役だった桜花りな(愛称・オカリナ)さんが、悪い意味で話題です。
以前は「妻が綺麗過ぎる」なる動画で話題になってましたが、今回はメチャクチャ悪い意味で炎上してしまいました。

私はここ数日とても忙しかったので、ちょっと出遅れましたが、やっとこの夫婦のアカウントを見に行きました。

なるほど、問題行動ですね。
SNSで性的な話をして、アカウントを見た人に脅迫まがいのことまで言っています。
そして、言葉遣いも写真もガラが悪くて、全てがお下品!

オカリナさんに対して宝塚ファンがイライラしている理由は、色々あると思います。
おそらく、「宝塚OGと名乗っているのに、宝塚のイメージに泥を塗るようなことをしているから」というのが一番の理由なのではないでしょうか。


でも、無駄にイライラすることはありません。
この夫婦は、一般人から見ても“ただただ変な人たち”なので、宝塚OGであるとかそれ以前の問題だと思うんです。
さすがに、「宝塚の人はみんな変な人」という勘違いはされないでしょう!




そもそも桜花りな(オカリナ)って誰?

桜花りなさんは、花組の元娘役です。
ちなみに98期。

ただ、花組ファンである私から見ても、「あなた誰?」レベルの方です。
良い役が付いた記憶はありません…。


愛称は、花組の組本によると「オカリナ」「つるちゃん」。
今はオカリナさんと呼ばれていることが多いですね。

なお、同期の峰果とわさんからは「ツル」と呼ばれています。本名由来なのかしら?

この時期に旅行&問題言動まみれで大炎上!

元々この夫婦、お行儀が良いとは言えません。
詳しいことは、本人たちのアカウントを見てきてください。
ここに書けるようなお上品なものは、何もないので。

最近の一番の問題行動は、こんな時期に旅行したってことですかね。
しかも、その後の不真面目そうな言動を見てると、炎上目的っぽい。
国内のあちこちを旅しまくるみたいです。

おまけに他のツイートを見ていると、とても酷い言葉を使って人をわざと怒らせて、炎上させたいみたいです。
反対意見を言う人(冷静な意見も極悪アンチ認定)を煽り、訴訟を起こして、慰謝料をもらってやるわ~的なツイートもしています。

あれって、そういう意味ですよね?下着が見えそうな服を着て、大量の札束持って写ってる投稿。

「今年はアンチに養ってもらえそう」
「払えないとかコロナとか知らんしアンチ活動がどんなにリスクあることか胸に刻みつけろな」(原文ママ)
「アンチの金もらったらプレゼント企画しようぜ!」

と、オカリナさんは言いたい放題です。
元タカラジェンヌの言葉とは思えません。

あまりにも常軌を逸したツイートの数々に、驚いてしまいました!



【追記】
※この発言&投稿については、このブログ記事のコメント欄もお読みください。
オカリナさんが投稿したものだけど、オカリナさん本人のものではないらしいので。




宝塚のイメージではなく、自らの顔に泥を塗っているだけ

さてこの夫婦、宝塚ファンを怒らせまくっています。
「宝塚OGと公表しつつ、下品な投稿をすると、宝塚のイメージに傷がつく!」
だいたいこんな意見が多いみたいですね。

一部では「全く目立たないモブだったんだから、宝塚OGと名乗るのはやめろ」という声まで。
まぁ、ちょっと分かる。
有名な元ジェンヌなら何をやっても許される…というわけではないけど、脇役ばかりだった人が、悪い意味で有名になるのが許せないんでしょう。

でもね、この夫婦は、宝塚OGとかそれ以前の問題だと思うんですよ。
「宝塚OGがヤバイことしてる」というより、「ガチでやばい夫婦が変な投稿してる」という認識の人が多いように思うんです。

一般人から見ても、普通にやばいのだと思いますよ。
SNSで性的な話を垂れ流すとか、見ている人を脅すとか、札束見せつけとか、正気の沙汰じゃないでしょ。
私のこの意見に反論できる人、いる???

私がもし一般人なら、「こんな人がOGだなんて、劇団が可哀想だな」って感じる。
宝塚自体がヤバイ、とは考えないと思うのです。



「清く、正しく、美しく」を守っている人たちを応援しよう

e1d0590d2a3ab9583767434565592512_s


オカリナさんは、もうここまで来ると手遅れですが、「清く、正しく、美しく」を守り続けているOGは大勢います。
また、現役のジェンヌだって、そのように努力している人が大半でしょう。
(残念ながら、98期にオカリナさんと今でも仲良しな人がいるようなので、その人はどうだか知りません)

無駄にイライラしても、しょうがないです。
あれだけ大勢のジェンヌがいて、OGもいれば、たまにああいう人もいますよ。
諦めましょう。

この夫婦、宝塚ファンが「非常識なことはやめて」的なことを言っただけでも裁判に持ち込む勢い。
このブログはかなり冷静に意見を書いたつもりですが、こんな記事でも裁判で訴えられるのかなぁ?
意見されたくないのなら、下品すぎる投稿をやめればいいだけの話です。
これ真理よね?

というか、反対意見を何でもかんでも誹謗中傷&アンチ認定してる時点で変ですね。
誹謗中傷って、そういうのじゃないから。
この記事も違います。


ところでオカリナさんって、「カリーナ」を丁寧に呼んだ時っぽい名前ですね。
カリーナ→おカリーナ→オカリナ。(真顔)
“かりな”という響きを持つ名前には、炎上しやすくなる謎パワーでも備わってるんだろうか…?


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





エリザベート中止

こんにちは、カリーナです。

東宝の『エリザベート』、『ミス・サイゴン』の公演中止が発表されました。
これらの舞台には、宝塚OGも出演しています。
とても残念です。

こんなに「〇〇が中止!」という話題ばかりが続くと、憂鬱になってきますね。
エンタメを楽しむような気分にもならなくなってきました…。





Twitterの様々なアカウントで、今回の悲しいお知らせがツイートされています。



ファンも役者の皆さんもおそらく覚悟はしていたと思いますが、いざお知らせが来ると寂しいですよね。
私は帝劇のエリザベートを観に行く予定はありませんでしたが、宝塚OGが出演することは知っていたので、とても悲しいです。

すごくガックリきますね。
今はこういうニュースばかりなので、メンタルにきます…。



どうにかして乗り越えていくしかないのでしょう。。。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






ココナラ用小


宝塚夢組

こんにちは、カリーナです。

以前、小川理事長が発言して話題になった、“宝塚OGを集めた「夢組」”のお話。
当時私は「何かの冗談よね?」と思っていました。

ところが本日、宝塚音楽学校の卒業式で、“宝塚OGを集めた「夢組」を組織化する”という発言が。
えっ、本当にやっちゃうの!?

そんなことしたら、宝塚歌劇団の価値が下がると思うんですけど。
“終わりがあるから美しい”、それが宝塚の魅力なのに…。



宝塚歌劇団「夢組」を本当に作るらしい

新聞から引用です。
タカラジェンヌを育成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で2日、106期生39人の卒業式が行われた。
(中略)OG組織化という明るい話題を提供した角理事長。宝塚卒業生を「夢組」として、舞台やイベントなどに出演する案は、今年1月の懇親会で、宝塚歌劇団の小川友次理事長が語っていた。角理事長はこの夢組プランについて「まだ正式には発表できないが」と前置きしたうえで「大学を卒業すると、大学院がある。宝塚を卒業後も、舞台に情熱を持った方を、きちんとした形で組織化したい」と踏み込んだ。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00000049-dal-ent

OG組織化!
明るい話題っていうか、ヘンテコな話題にしか思えないのは私だけでしょうか…?



宝塚は“退団”があるから価値がある!

57a8c2a8875c37633f1d3439969b9894_s


宝塚の場合は、いずれ来る「退団」というイベントがあるから、これまでずっと人気を保ってきたのだと思います。

美しいジェンヌが退団するのは寂しい。
実力派のジェンヌが退団するのも残念。
贔屓の退団は、もっと悲しい。

でも、最後に美しく散るから…“限りがある”から、宝塚は美しいんです。

男役をやれるのは、宝塚歌劇団にいる間だけ。
退団の日までリミットがあるから、それまでに男役の姿をめいっぱい拝んでおきたい!
そう思って劇場に足を運ぶファンは、少なくないはずです。


それなのに、退団した人たちがもう一回宝塚に集まって、「夢組」として活動を開始してしまったら、おかしくないですか?

美しく散り、見送ったはずの元ジェンヌたち。
彼女達をまた宝塚に集めて、また儲けようとするだなんて、愚の骨頂です。

宝塚歌劇団の価値など、色んな大切なものを失うことにもなりかねません。



「夢組」で喜ぶ人も一部にいる?

まぁでもね、いくら「終わりがあるから美しい」とは言っても、一部にはひっそりと喜んでいる方もいるのではないかと思うんですよね。
やっぱり、「贔屓の男役の姿をもう一度!」という人は、少なからずいるはずなんです。

私は普段から「贔屓の退団後も応援するわ。女優になっても」と言ってますけど、ぶっちゃけ男役の姿が見れるなら、そっちのほうがいいと思う時だってある。


退団というセレモニーがあって、散ってゆくジェンヌたち。
それは確かに美しい。心底そう思う。


でもやっぱり、男役の姿が最高。


何だろうなぁ、この複雑に絡み合う感情は。
自分でも、自分の気持ちがよく分かりません。

冗談で終わらせてほしい「夢組」

色々言いましたけど、基本的には「夢組」計画には反対です。
退団後の元ジェンヌを使って、儲けたいだけでしょう。


また新聞からの引用ですけど、
さらに昨年退団した元花組トップスターの明日海りおに冗談で「夢組」プランを語ると、「ぜひ行きます!」と返答があったことも明かしていた。


まぁ、明日海りおさんの場合は、「夢組」計画に参加しないような気がします。
彼女の場合は、引き際と考えているというか、“終わりがあるからこそ美しい男役”というのを意識していそうなので。

そして、「終わりがあるから美しい~♪」と歌った張本人…(これは関係ないか)

元ジェンヌの中には、外部での仕事で苦戦している人だっていると思います。
だからといって、卒業した宝塚の「夢組」に戻ろうという人はあまりいないと思いますよ。
やっぱり変だもん。


でも、今の調子だと、本当に作るつもりなんでしょうね。
どうなることやら?



新聞記事の全文はこちらから。↓





↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






花野じゅりあ

こんにちは、カリーナです。

元花組娘役で副組長だった花野じゅりあさんが、現在、メイクの専門学校に通われているとのことです。
本格的にメイクの道に進まれたのですね♡

もともとオシャレで、娘役のメイクや髪型の指導をしてきたことで有名なじゅりあさん。
そのうち、「宝塚のフォトブック等のメイクアップアーティストとして起用される」なんていう未来が無きにしもあらず…!?



詳細は、朝日新聞の記事でどうぞ。





花野じゅりあさんはメイクだけでなく、ファッションにこだわりがあったり、アクセサリー作りが好きだったりと、女子力が超高いイメージがありました。

メイクの道に進まれると聞いて、とっても納得!
あの技術を活かさない手はない!!

花乃まりあさんも、『金色の砂漠』の舞台メイクの相談を、花野じゅりあさんにしたと言っていましたね。


花野じゅりあさんの、今後の活躍を楽しみにしています


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






このページのトップヘ