Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:花組 > 一之瀬航季

一之瀬航季

こんにちは、カリーナです。

昨日、花組の公演再開という嬉しいニュースが飛び込んできました!

しかしそれと同時に、新人公演を、当面の間見合わせるという残念なニュースも…。
宝塚大劇場・東京宝塚劇場の両方で、新人公演をしばらくやらないとのことです


「はいからさんが通る」で主演の予定だった一之瀬航季さんは、今回がラストチャンス。
ようやく新人公演の主演が決まったのに、何度も延期になった上、今回はとうとう“新人公演実施を当面見合わせる”という最悪の事態に…。


このままだと、「はいからさんが通る」の新人公演は1回もやらずに終わることになってしまいます。


新人公演を中止にする理由は、練習に問題があるからだと思います。
それにしたって、救済措置は一切ないのでしょうか?




当面の間、新人公演の実施は見合わせ!

花組再開は嬉しかったんですが、昨日出たお知らせの中に、とても残念なニュースが。
感染予防のための更なる取り組み強化について

(中略)

○公演の運営における感染予防策の強化
公演の運営においても、出演者の減員や演出の一部変更、オーケストラの録音演奏などの対策を講じてまいりましたが、更なる感染リスクの低減のため、当面の間、宝塚大劇場・東京宝塚劇場ともに新人公演の実施を見合わせることといたします。あわせて、宝塚友の会会員様限定特別イベント「ステージトーク」「トークスペシャル」につきましても、当面の間、開催を見合わせます。
新人公演を楽しみにしていただいているお客様には心よりお詫び申し上げます。


新人公演をやらないなんて!

「当面の間」という曖昧な表記が気になりますが、少なくとも、年内に公演が終わる予定の「はいからさんが通る」の新人公演はやらない、という意味に受け取れます。

というか、今決まってる新人公演は全部中止とか、そんな感じ。
月組公演『ピガール狂騒曲』の新人公演も…なのかな?配役が消えていますよね…。

新人公演の練習は、感染リスクが高い?

本公演がOKで、新人公演だけが中止になる理由は、新人公演の練習をすることで、感染リスクが高まるからでしょう。
(だからこそ、「感染予防のための更なる取り組み強化について」に、新人公演の件が書いてあるわけなんだけど)

「舞台上で、本公演をやるのは良くて、新人公演がダメなのは何故!?」

そんな疑問がTwitter等に沢山ありましたが、その理由を見つけるには、両者の違う部分を見ればいいのです。

どちらも、舞台上で演じるのは同じ。
違うと言えば、練習の時です。

本公演の練習は、複数の稽古場+舞台を使い、いくつかのグループに分かれているそうです。
新人公演の詳しい練習方法は分かりませんが、もしかすると、新人公演はグループ分けができないとか?

せっかく本公演の練習でグループ分けしても、新人公演の練習で合流してしまうと、それは確かにリスクが高まりますね。

これは、個人的な想像の域をこえませんが…。




新人公演がなくなるとデメリットばかり!

一之瀬航季さんは、今回が初の新人公演主演。
ファンも大勢いますから、皆さん楽しみにしていたことでしょう。

もちろん一之瀬航季さん以外のジェンヌさん&ファンも、新人公演を楽しみに待っていたはずです。

個人的には、水美舞斗さんのお手伝いをしている翼杏寿さんが鬼島森吾役というのが非常にエモいので、映像でいいから見たかったんですけど。。。


新人公演で、評価が爆上がりする下級生もいます。
新人公演で目立つ役が付けば、顔を売るチャンスです。
その新人公演で主演となれば、それ以上の大きなメリットがね、色々とあるわけですよ。


しかし新人公演がしばらくできないとなると…
下級生はモチベーションが保てないだろうし、顔を売るチャンスもなくなって、今後の人気に影響が出るかもしれません。

ファンだって、楽しみにしていたものが見れないのは辛いし。
デメリットだらけなんですよね…。

一之瀬航季たち花組生の救済はあるのか?

さて、昨日から話題になっているのが、「救済はあるのか?」ということです。

たとえば、別の劇場(バウホールとか)で新人公演をやるとか。
無観客で、映像だけ撮るとか。
とにかく、“新人公演をやった”という形にしてあげるということですね。

でも今のところ、そのようなお知らせは何も出ていません。
ただ、新人公演を実施しないということだけが分かっています。
なんて残酷な…。

今は花組生が一番の問題ですが、「当面の間」とのことですから、今後は他組の新人公演にも影響が出てくるでしょう。
どういう対応をするのかは、今決めているところかもしれません。

公演は何もやらずに、「新人公演主演をしたということで、カウントだけしておきます」なんていう事態もありうるわけです。
はなこ少尉を見ることすらできないなんて…、そんなの絶対嫌なんですけど!

一番ヤバイのは、「新人公演主演の話は、無かったことに」というケース。
いや、それはさすがにないと信じたい。
せめてカウントはしてあげて!

今後のことは劇団からのお知らせを待ちましょう

ここで私が妄想を垂れ流したところで、決めるのは結局劇団なので…。
(たとえただの妄想や想像であっても、記事を書かずにはいられなかったのだけれど)

本当に、どうするつもりなのか…。
誰にも想像できないような何かをしてくれるのか。
最悪の結果になるのか。


今後のことは、続報を待つしかなさそうです。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





SpinSpinSpin_3


一之瀬航季

こんにちは、カリーナです。

花組の新人公演『はいからさんが通る』で、主演をつとめることが決定した一之瀬航季さん。
そんな一之瀬航季さんの本音に迫る新聞記事がアップされています。

以前から「あんまり、自分からグイグイいくタイプではないのかな?」と思っていたのですが、どうやらその通りだったようで…。

でも、同期のみんなの活躍を見ていたら、闘争心に火がついたみたいですよ。





新聞記事はこちらから↓



花組の華優希に宙組・星風まどかのトップ娘役、男役でも聖乃あすか(花組)、風間柚乃(月組)、極美慎(星組)とスターひしめく100期生。同期が続々とスター街道を歩む中「焦りは常にありました。争いは嫌いだけれど、人に遠慮し過ぎていてはつかめないモノがあるんだな、というのは正直感じていたところですが…」。

タカラジェンヌは基本的に向上心が強く、かつ積極的な人が多いと思います。
その中では、一之瀬航季さんは少し遠慮がちな性格なのではないかなと思っていました。
あくまで、私の感じ方ですけれど。
(というか、記事内で本人がそう言ってもいるんだけど…。やっぱりそうだったんだ!)


確かに100期は、すでに活躍しまくっているジェンヌさんが何人もいます。
そんな同期たちを見ていたら、闘争心に火が付くのは当然のことかもしれません。

遠慮も大事だけど、多少ガツガツしないと、あの世界では生き残れないと思います。
もっとメラメラ燃えてもいいのよ?



あと、柚香光ファンとしては、ここに注目してしまう。
新トップスター・柚香光(ゆずか・れい)の大劇場お披露目公演として注目の作品で「絶対に妥協しない柚香さんに少しでも近づけるように。プラス自分らしさも出せたら」と力を込めた。

「絶対に妥協しない柚香さん」ですって!
嬉しいお言葉♡




新人公演初主演のお知らせが出てから、“隠れファン”の皆様がわらわら湧いてきていたのが印象的でした。
「実はずっと応援してたので、新人公演主演は嬉しいです」的なやつ。
私の知り合いなんかも「超路線というわけではないけど、ずっと応援してるよ」と言っていたので、ファンの皆様のあたたかい声援が本人にも届くといいな~。

これを機に、“微妙に路線?”から、“完全に路線!”になるといいですね。
新人公演、がんばってください



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






一之瀬航季

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』の新人公演の主演が、一之瀬航季さんに決定しました。
相手役は、美羽愛さんです。

ここで聖乃あすかさんが来ると、さすがに「また?」と思ってしまいますけど、このチャンスをものにした一之瀬航季さん…本当におめでとう!


一之瀬航季さんといえば、『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』のリノ(本役・柚香光)が印象に残っています。
今回も本役が柚香光さんですが、一体どんな少尉になるのでしょうか?




新人公演の配役(一部)はこちらから↓




『MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−』の新人公演は、映像で見ました。
柚香光さんよりも歌が上手いのは、まぁ当たり前…ではあるんですが。

私が驚いたのは、声が少し、柚香光さんに似ているということでした。

柚香光さんの声は結構ハスキーですけど、リノを演じている時の一之瀬航季さんも、少しハスキーなように感じられたのです。

他の公演ではあまり感じないのですが、新人公演は台詞も歌も全部同じなので、比較しやすいからそう聴こえたのでしょうか。
理由は分かりませんが、私には、2人の声がとても似ているように感じられました。


ということは、『はいからさんが通る』の新人公演も、声がちょっと似ている…可能性がある!?


私は新人公演は観に行けませんが、映像で見ることができるのを楽しみにしています!



あ、本公演の『はいからさんが通る』ですが、何事もなければ東京のほうで、割と早い日程で観られそうです。
何事もなければ、ですけど!






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






このページのトップヘ