出島小宇宙戦争

こんにちは、カリーナです。

昨日スカステで、月組公演『出島小宇宙戦争』が放送されました。
鳳月杏さん主演だったので、楽しみにしてたんです!
DVDなどの円盤にはならないっぽいので、映像だけでも満足♡

内容がトンチキなのは想像の通りでした。
・予想よりシリアス寄り
・銀魂のネタが邪魔をする…
・話は…よく分からない…
・ちなつは終始カッコイイ
・フィナーレもカッコイイ

ざっくりですが感想を書いていきます。




「出島小宇宙戦争」はトンチキだけどシリアスなお話

「出島小宇宙戦争」は、他の方の感想やあらすじ解説を、ほとんど見ない状態で映像を見ました。

トンチキには違いないですが、意外とシリアス寄りで、コメディではありませんでした。
ナウオンでも、どなたかが言っていましたね。

間違っても、『銀魂』のようなノリではありませんでした。
当たり前だけど。


「出島小宇宙戦争」と『銀魂』の似ているところ

この演目の情報が解禁になった直後から、あちこちで「銀魂に似てる!」という声が聞かれました。
私も当時、「とうとう宝塚で銀魂やるの?」と思いました!

※『銀魂』とは…
少年ジャンプで連載していた漫画。
宇宙人に占領された江戸の町が舞台。
江戸なのに、自動車やテレビ、ケータイ等が普通に存在するという世界観。
主人公は、着流しに銀髪の侍。


まだ1回しか観れてませんが、「出島小宇宙戦争」には『銀魂』に似ている点・共通する部分がいくつかあるように見受けられました。

・江戸の町に宇宙人がいる
・主人公が着流し&銀髪
・着物の変わった着こなし&丈が短い着物など、どことなく銀魂っぽい
・兎…傘…?あれ、夜兎…?ヒロインは神楽ならぬカグヤ…?
・タキが拳銃撃とうとするシーンが、来島また子にしか見えない
・カゲヤスが持ってるアレが、銀さんがいつぞや持ってた小さい大砲みたいなやつにしか見えない
・ヘレーネ(メイドさん)で、さらに銀魂感が増す


挙げたらキリがないけど、世界観は結構似ていると思います。




「出島小宇宙戦争」のストーリーは微妙

「出島小宇宙戦争」は、世界観が(銀魂を知らない人にとっては)斬新であるという点以外は、あまり面白いとは思いませんでした。
駄作とまでは言いませんが、良作とも言い難く…私的にはつまらない。
演者でなんとか持ってる感じ。

第2幕の冒頭は、カゲヤスの夢の中。
ここでちょっと中だるみ。
重要なことがここで分かるんですが、それまでがちょっと長いかな。

地図のまわりに書かれたのがラブレターだったとか、最後に“まるで月のようになった”地図をあげるとかは、良かったと思います。
でも、本編を全体的に見ると、「一度見れば十分かな…」という感じでした。

鳳月杏さん演じるカゲヤスは、終始かっこいいので、熱狂的なちなつファンなら好きになれるかもしれません。
でも、演じる人(真ん中の人)が実力者でないと、一気に駄作になってたかも。



フィナーレは超かっこいい!

本編は意外とアッサリ終わったのですが、フィナーレは結構よかったと思います!

クレジットを見たら、振付のところにKAORIalive先生の名前が♡
「ポーの一族」の振り付けがステキだったので、それ以来大好きな先生です。



「出島小宇宙戦争」のフィナーレも、とても良かったですよ~!

どうしても「本編が好みじゃない」という人は、フィナーレだけでも観てみてください。
群舞も、鳳月杏さん&海乃美月さんのデュエダンも、本当に素敵なので

鳳月杏のファンなら、観て損は無し!

私が「出島小宇宙戦争」を観ようと思ったのは、鳳月杏さんが主演だったからです。
鳳月杏さんはとてもカッコイイ役でしたので、鳳月杏さんのファンなら、観て損はしないでしょう。

でも、お話に期待し過ぎるとダメかも。
あと、『銀魂』を読んだことがある人は、所々が似ているので、気になって仕方がないかもしれません。。。


次回の放送がいつになるか分かりませんが、今回見逃した方はぜひ見てみてください。






336×280px