Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 花組

天真みちる

こんにちは、カリーナです。

10月14日から、元花組男役の天真みちるさんの爆笑エッセイ『こう見えて元タカラジェンヌです』の連載がスタートしました!

舞台上でも独特の存在感を放っていた天真みちるさんですが、文章能力も素晴らしい~。笑いを誘いつつも、宝塚とは何たるかをしっかり解説なさっていて、とても興味深い内容でした。




こう見えて元タカラジェンヌ!天真みちるとは

まず笑ってしまったのが、連載の名前。『こう見えて元タカラジェンヌです』。
エッセイでの自己紹介はこんな感じ。
「見たくなくてもあなたの瞳にダイビング。元宝塚歌劇団花組の視線ドロボウ、現在は歌って踊れるサラリーマンをしております」天真みちるです。愛称はたそです。よろしければたそって呼んでください。

花組本で見た時も、この自己紹介に笑ってしまったんです(* ´艸`)

舞台上でどうやっても目立ってしまう、タカラジェンヌらしからぬ個性的な容姿。見たくても見たくなくても、観客の視界にダイビングしてくる凄いお方でした。

主役の吸血鬼に血を吸われめちゃめちゃ狂う不動産仲介人を演じたり、裏で麻薬を密売している医者を演じたり、女装する医者を演じたり(医者多いな)、モヒカンの用心棒、角刈りの車引き、邪馬台国のみずら結いの人、常に半目(薄目)状態の右大臣等々

トップスターやスターを目指す方々からはだいぶかけ離れた「情報量の多いおじさん」を演じることを極めていた。

研2の時点で、すでに“おじさん街道まっしぐら”だったという天真みちるさん。

「情報量の多いおじさん」という表現に笑ってしまいました。でも私が初めて見たたそさんはエリザベートのツェップスだったので、まだ真面目な役だったと思います(その後に牛五郎とか、強烈なのもやったけど)。



宝塚の男役についての的確な解説♡

天真みちるさんのエッセイで、滅茶苦茶ウンウン頷きながら読んでしまったのはココ!

タカラヅカの男役とは、世の女子たちの「究極の理想の男」。

(中略)

とにかく、様々な時代や国の男の物語を「究極の完成形」で表現する、

実際の人生では決して、けっっっっっっっっっっして出会えない、容姿端麗且つ、キザ且つ、歌ウマ且つ、ダンス最高且つ、マジで容姿端麗で最高 of 最高な理想の男、スターなのである。

しかも、1人じゃない。

1公演につき男役は35名くらい出演していて、さらに花・月・雪・星・宙の5組と、「人生を極めた」専科さんで構成されているので、「生涯追い続けたい男役」の候補は選びたい放題、しかも未来のイケメン候補生は毎年入団してくる。

ありがたい。本当にありがたい。


宝塚ファンの気持ちを的確にまとめてくださったたそ様……感謝いたします!!

宝塚が好きな人でも、「なぜ自分は宝塚に惹かれるのだろう?」と、明確な理由がわからないままでいる人っていると思うんです。でも、答えをシンプルにまとめるなら、きっとコレ。

実際の人生では絶対に出会えない(←ココ大事)最高すぎる理想の男性がいる&しかも毎年イケメン候補が入団してくるっていうのが、真理であるように思います。

男性ファンの方には、あまり当てはまらないかもしれませんが……(-_-;)



エッセイの更新が待ち遠しい!

今回は自己紹介や、宝塚歌劇団の解説がメインでしたが、次回から本格的に天真みちるさんのジェンヌ人生について語っていくようです。

天真みちるさんのエッセイのページはこちら↓
『こう見えて元タカラジェンヌです』


次回、第2話「リベンジを誓ったたそが、まずしたことは……なんと巫女さんのバイト!?」


なんだこれ。読みたい。

でも基本的にこのサイトは有料なので、次回からは有料かもしれないですね。今回は初回なので、無料で読めますが。

気になる方は、次回の更新まで待ってみましょう~。

↓関連記事↓




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


あれんとうま

こんにちは、カリーナです。

最近、元タカラジェンヌのYouTuberが色々な話を動画でしていて、プチ炎上中みたいです。

その内容がツッコミどころ満載なだけでなく、思わぬ悪影響があちこちに。

お触り禁止案件なんだろうなーとは思いつつ、元タカラジェンヌのYouTuberについて、自分の意見を書いてみようと思います。





宝塚OGは一方的に言いたい放題

元宝塚のYouTuberの発言で、一番被害をこうむっているのは、現役のタカラジェンヌだと思います。

宝塚OGのYouTuberは、現役のタカラジェンヌの名前を出して好き勝手に発言できるけど、それに対して現役のジェンヌは、反論できる場を持っていません

だから、宝塚OGが自分の思い込みだけで一方的に誰かの悪口(?)を言ったとしても、「それは違うよ!」と言い返すことができない。一方的に言われっぱなしです。

何を言い出すか分からないようなYouTuberもいますから、内心ヒヤヒヤしている現役のジェンヌさんもいるかもしれません。

上級生に失礼極まりない発言

誰とは言いませんが(棒)、あるYouTuberが上級生について超失礼な発言をぶちかましておりました。
要約すると、「上級生は誰も頑張ってない、尊敬できない」
嗚呼、なんて失礼なんでしょう。

でもね、一見ヒマしてそうに見える上級生の皆さんにも、芸事を学ぶために上級生のお世話でドタバタ大忙しだった時代があるんですよ

確かに下級生は、やることが多くて大変でしょう。でも、大変な時代を乗り越えた人だけが、今でも上級生として劇団に残っていられるのです。最初からヒマしてたわけではないのです。


もっと言ってしまえば、一見ヒマそうにしてる上級生の皆さんは、実は超忙しいです。そんなのは私が説明するまでもないことですが、それが劇団内にいたのに分からなかったっていうのは、ちょっと驚きです……。



あと、上級生の皆さんって、何かしらの得意分野・見習うべき部分・素直にスゴイと思える部分があると思うんですよ。
歌、踊り、顔やスタイルなどの容姿、身のこなし、メイク技術、リーダーシップ、ファンクラブの人数、人柄、トークの上手さ、などなど……。何か一つくらい絶対ありますよ。

それなのに「尊敬できなかった」っていうのは、一体何なのでしょう。芸事を学ぶ気が無かったのか。それとも、“自分のほうが全て優れている”と思い込んでいたのか。
そうだとしたら、かなり傲慢だし、勘違いもいいところです。

↓関連記事↓




宝塚への愛が感じられない

誰とは言いませんが(棒)、あるYouTuberの動画からは、宝塚に対する愛をまったく感じません

色々言いたいことはあるんですが……というかさっき長文書いてしまったんですが、イライラしすぎて変な文章になったので、全消ししました。

お願いだから動画で変なこと暴露しないでください……。多くの宝塚ファンが不愉快な思いをしています。

日本のことを、ちょっと小バカにしているようにも聞こえます。日本は舞台関係の後進国だから、そうですね、宝塚でガマンするしかなかったんでしょうね。

これだけ言わせて。
Let's go to America!!



宝塚OGが出演しているDVDを観るのが辛い

うっかり某YouTuberの動画を見てしまってから、某組の過去のDVDを観るのが辛くなってしまいました。

微妙に路線だった人なので、目立つ役をもらっていて、あちこちに出てくるんですよ。
なのでどのDVDを見ていても、某YouTuberのタカラジェンヌ時代の芸名が出てくる。

それを見るたびに、「これを演じていた時も、宝塚を愛する気持ちはなかったのかな」とか、「共演している上級生から、何かを学ぼうという気は起こらなかったのかな」と思ってしまいます。

私から見れば、共演している上級生は、いずれも何かしら突出した才能を持っている人気ジェンヌばかり。あんなに恵まれた環境にいたのに、「日本の劇団は低レベル」と心の中では思っていたんでしょうか?

過去の作品を観る時の、宝塚ファンのハートを絶妙に抉ってくるんです。
できればその人の出演シーンだけ、モザイクかけたい気分。

これからの宝塚OGには要注意

宝塚OGの暴露話や自由な言動は今に始まったことではないですが、他人の目で見て編集してあるテレビ番組と違って、YouTubeはどんな言動もカットされないままネット上にアップされてしまいます。

テレビ番組では、やばすぎる暴露話はカットされているかもしれませんが、個人制作の動画は言いたい放題です。今後、どんな暴露話が出てくるか、心配です。

今後、似たようなことを始める宝塚OGが、他に出てくるかもしれません。(現在すでに複数の元タカラジェンヌYouTuberがいます)
好き勝手に暴露話をして、観客の夢を壊す……。そんな未来は誰も望んでいません。

「宝塚ってこんな所です」くらいの話なら別にかまいませんが、ネガティブな話題や、現役の生徒さんに迷惑をかけるような内容は絶対にNGだと思います。

とりあえず、やばい動画は見ないのが一番です。自衛しましょう!

↓関連記事↓






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


華優希


こんにちは、カリーナです。

華優希さんへのバッシング内容を見ていると、たまに「これはちょっと分かる」というものがあります。

私が思うに、華優希さんには清潔感、衛生観念が微妙なところがあります。

過去にちょっとビックリな写真を見たことがあったものですから、それについて語ります。





華優希へのバッシング内容に共通すること

華優希さんへのバッシングについては「華優希アンチが見ようとしない、華優希がトップ娘役にふさわしい理由」という記事でも触れました。
そこでもバッシングの内容をまとめたんですが、今回はもっと具体的に。

最近よく見かけるようになったのは、以下のような内容です。

・ウィッグがボサボサ。手入れがなってない

・爪の手入れがきちんとされていない(爪の長さが適当、ネイル放置など)

・その他細かなところ(舞台上で肌にスパンコール?大量につけたまま等)


基本的に華優希さんのトップ娘役就任には賛成派な私ですが、このへんはちょっと分かるんです。叩かれても仕方ないかもなぁって。

特に、ウィッグボサボサ。爪は私はそこまで気にして見てませんのでノーコメント。
スパンコールは、場面にもよるかなぁ。




華優希の気になった写真


華優希さんが花組本に載せていた写真で、とても気になるものがありました。

それは上級生からもらったポーチとハンカチ。

いいですか、ハンカチです。

それを撮影している場所が、どう見ても床の上。フローリングだったんです。

普通、ハンカチを撮影するなら、机の上とかにしませんか? だって、床の上って、汚いでしょう。

でも華優希さんは、上級生からもらったという大切なハンカチを、フローリングの上に広げて撮影していたんです。「この人の衛生観念はどうなっているんだ?」とビックリしました。


しかもそれを毎日持ち歩いてるんですって。

ポーチとセットの写真&コメントですから、ポーチは毎日持ち歩いて、ハンカチは洗濯して1日おきに…とかだと思うんですけど。でも、これから洗濯する予定の使用済みハンカチを、床に広げるっていうのも……ちょっと……。

トップ娘役には清潔感が欲しい

歌がどうの、芝居がどうのというバッシングに関しては「ちょっと言い過ぎでは?」とか「イチャモンつけたいだけじゃないの」というものも多いです。

でも、一部のこういったバッシングに関しては「トップ娘役なら、もうちょっとキレイにして!」という観客の願いがこもっているように思い、同意してしまいます。

今の時点では、最低限の“キレイ”も身についていないようです。

トップ娘役とかそれ以前に、「舞台に立つ人なら、もうちょっと“キレイ”にしてほしいな」と思います。……これってそんなにハードル高くないお願いですよね?

最低限のことができていないなら、彼女へのバッシングがやむことはないでしょう。
歌や踊りなどの芸のことでも色々言われるんですから、とりあえずまずは見た目のキレイさだけでも気を付けてほしいです。






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


仙名彩世


こんにちは、カリーナです。

花組の元トップ娘役・仙名彩世さんが、帝劇ミュージカル『ミス・サイゴン』に出演するそうですよ!

これは期待するしかない!





仙名彩世が『ミス・サイゴン』に出演決定



仙名彩世さんは、エレン役で交互出演とのことです。

ミュージカルということは、歌がうまいことが必須条件。
でも、ゆきちゃんの歌唱力があれば、オーディション突破というのは大いに納得♡

あの歌を活かさない手はない!!


仙名彩世には退団後も沢山活躍してほしい!


退団後に芸能活動をやめてしまわれるOGさんもいますが、特別な才能がある方には是非ずっと活躍してほしいですよね~。

仙名彩世さんには、この調子でどんどんミュージカル界で活躍してほしいです!

いつか絶対にやってほしい大役があるんですが、そのうち機会が……あるかなぁ?
仙名彩世さんの今後から、目が離せません。






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


3fcde0d5bdfe2a50b4fe6e3a1228840b_s


こんにちは、カリーナです。

花組公演 『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』のチケットが、某所に余ってたんですよ。
でも結局、観に行くのはやめました。





それは一昨日のこと、私の地元にある小さな旅行会社のチラシを見ていましたら、『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』のツアー情報が載ってるじゃありませんか。

それ見た時の最初の感想は「こんな田舎にチケットばら撒くから、友の会の抽選で当たる確率が低くなってるんじゃないの(怒)」だったんですけど。
あのチラシ見た人の半分以上が、すごく複雑な気分になったのではないかと思うんですけど。

田舎だと、こういうことって結構あるのかしら?

少なくとも私は、今までその旅行会社が宝塚のツアーをやっているのは見たことがありませんでした。みりお退団だから色々特別なのかしら。。。有名な会社なら、しょっちゅうバスツアーやってますけどね。


で、その会社に「まだ席余ってます?」って訊いたら、「もう結構埋まってるけど、まだ15席残ってますよ」って。

エッ、15席も余ってるの!?

「もう結構埋まってる」という言い方からして、チケットはそこそこの枚数持っている模様。
40席くらいはそこの会社が持ってる感じなんでしょーか。



普通、15席も余ってれば、その電話で即座にツアーに申し込みそうじゃないですか?

でも今回の公演、「明日海りおさんの退団公演」という部分に価値は感じるけど、それ以外は個人的にいまいち盛り上がらなくて。

ツアーなのですっごいお金かかるし、田舎から出発なので時間もかかる。でも、そこまで苦労して観に行く気が、もはや無かった。

今回の公演、あんまり良い噂を聞かないんです。特にお芝居のほう。

私のような人が申し込んでも、本当に行きたい人に失礼ですからね。
チラシを見た勢いで詳細を電話で問い合わせたはいいものの、結局申し込みませんでした。

b930922c08535e97cba899ac9c7fe6be_s


今回のことで超モヤったのは、こんな入手困難なチケットが、ほとんどの人が見過ごしてしまいそうな超マイナーなチラシに載ってたっていうところなんですよ。しかも超小さい扱い。

それなら友の会とかでもっと当たるようにしてよー(´;ω;`)
友の会で当たって、何の評判も聞かずに観に行ってたら、「素敵な退団公演だったわね」で終わったかもしれないのに。


なんだか「すっぱいぶどう」の話を思い出してしまいました。「どうせ、あのぶどうは酸っぱいんでしょ」というやつ。
でも、目の前に“今この電話で申し込みさえすれば、絶対に手に入るチケット”があるのに、それに手を出す気になれなかったっていうのは、それが私の本心なんだろうなぁと。


なのでとりあえず、2回目行きたがってた知人とか、チケット取れなかった友人(先日サギられそうになった友人)に教えておきました。
私の代わりに観てきてね。


ライビュはまだちょっと悩んでます。






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


このページのトップヘ