Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 花組

永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

先日千秋楽を迎えた、柚香光さんのプレお披露目『DANCE OLYMPIA』。
観劇数回&ライビュともなれば、贔屓以外のジェンヌさんにも目が行くようになります。

注目すべき人気ジェンヌは何人もいましたが、私の目が釘付けになったのは、雪組から組替えしてきたばかりの永久輝せあさんでした。

「花組に来たばかりで新鮮味がある」というのも理由ですが、雪組にいたときには感じられなかった魅力や輝きがあるように思えたのです。

もともとダンサータイプなので、ダンスが売りの花組にいたほうが本領発揮できるのかもしれません。



雪組時代は埋もれていた永久輝せあ

depth-of-field-photography-of-ice-shards-1130692

去年の雪組全ツではじめて永久輝せあさんを見た時は、「ど、どこにいるの……?」というのが正直な感想でした。
(そのため当時の観劇感想記事では、ほぼ感想が書けませんでした)

綾凰華さんと何となく立ち姿が似ていて、オペラグラスで追っていても顔の見分けがつかず。
正直、「こんなに目立たない人が、次のVISAガールか…」と思ってしまいました。

その後スカステで、永久輝せあさんが出ているお芝居やショーをいくつか観ました。
その時の感想も、「どこにいるのか分からない」でした。

どちらかというと薄い顔立ちなので、ヅカメイクだと見分けがつきにくいというのもあるかもしれませんが、少なくとも雪組にいた時は“完全に埋もれている”という印象しかなかったのです。



『DANCE OLYMPIA』で永久輝せあが本領発揮!

monument-2011140_640

花組の『DANCE OLYMPIA』では、永久輝せあさんに見せ場が沢山用意されました。

第1幕では、水美舞斗さん・聖乃あすかさんという人気スターに混じって、3人組で行動しています。
“誰が見たって、嫌でも目立つ”…そんな立ち位置になったのです。

なので、目立つのは当然……なのですが、そのような立ち位置を用意されたって、目立てない人は目立てません。
ソロの歌があっても、オーラがなければ「誰あれ?」で終わるだろうし、真ん中で踊り狂っていても、魅力が何もなければスルーされるでしょう。

でも、永久輝せあさんは、用意されたポジションでしっかり輝いていました。
スポットライトを浴びせられているからではなく、見せ場を沢山もらったからではなく、“永久輝せあ”という存在がとても目立って見えました。

雪組にいた時は「全然目立ってないなぁ」と思っていたのに、この変化は一体なんでしょう?
私は、“ダンス”が、存在感の変化の理由だと思います。


永久輝せあに必要だったのは“ダンスの見せ場”

895cc158f4d3433d3900bb8df85ef3c2_s

永久輝せあさんに必要だったのは、「ダンスの見せ場」だと思います。

雪組のショーをいくつか観ましたが、雪組のショーは、花組ほど激しいダンスをしないような気がします。
もちろん皆さん頑張って踊っていますけど、バリバリのダンサー向けのシーンが少ない!


全ツのときに、永久輝せあさんの見せ場だというシーンを見ました。
でも、花組のショーを見慣れている私は、「期待したほどではなかった…」と感じてしまいました。

でもそれは、永久輝せあさんにとって、その振付が役不足だったからなのではないかと思うんです。
永久輝せあさんは、本来もっと踊れるはずなのに、雪組のショーでは実力を発揮しきれなかった。
だから、魅力が半減していた。

雪組のショーに文句をつける気はありません。
雪組のショーは、歌唱シーンも大変重要だと思いますので、ダンスの比重が花組とは違うのでしょう。

でも、永久輝せあさんの個性を引き出すには、向いていないような気がしました。



永久輝せあは“ダンスの花組”でもっと輝く!

『DANCE OLYMPIA』をご覧になった方はわかると思いますが、上級生から下級生までが、とにかく爆踊りします。

永久輝せあさんも、ストリートダンスからフラメンコまで、どんなダンスも踊りこなしていました。
また、細身で手足が長いので、踊った時の見栄えがとても良いです。

とても難易度の高いダンスが多いので、『DANCE OLYMPIA』を観た人は、「花組ってすごい!」という感想を持ったことでしょう。
このような感想は、主演の柚香光さんだけでなく、まわりのジェンヌたちへの賛辞でもあります。
つまり、永久輝せあさんへの賛辞でもあるわけです。

私がTwitterで見た限りでは、永久輝せあさんのサロメを絶賛するツイートが多かったように思います。
私もこのブログで、サロメその他について絶賛する記事を書きました。↓



今後も花組は、ハイレベルなダンスショーをやっていくはずです。
永久輝せあさんがバリバリに踊れるのは、『DANCE OLYMPIA』で証明されました。
今後、難易度の高いダンスのシーンで踊りまくれば、そのたびにファンを増やせそうな気がします。

これからの花組なら、得意分野を思う存分活かせるんですから、最高ですよね。

今後の永久輝せあに注目したい

私は、「永久輝せあの魅力を引き出せない雪組って駄目ね」ということが言いたいわけではありません(以前、そういう勘違いをされた方がいたので、一応言っておきます)。

雪組で学べたことも沢山あるのでしょうけど、永久輝せあさんはダンサータイプですし、なおかつ今“ダンスの花組”が復活していますから、このタイミングでの組替えは、本当に運が良かったと思います。

すでに花組には柚香光さんや水美舞斗さんといったバリバリのダンサーがいますが、その2人ともまた違う踊り方なので、“ダンスの花組”に新たな魅力をプラスしてくれることでしょう。

今後、花組でどんな活躍をしてくれるのか、花組ファンとして楽しみにしています。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

今日は、花組『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)の千秋楽!

ケガの心配、体力の心配、喉の心配……。
心配だらけの公演でしたが、無事にこの日を迎えられたのはとても嬉しいです。

とりあえず出演者の皆様には、早急に休息をとってもらいたい…。
そして、本日付で退団となる千幸あきさん、今までお疲れ様でした!


先日ライビュも観てきたことですし、最後に感想をまとめておこうと思います。





『DANCE OLYMPIA』は、生の舞台&ライビュと、個人的にはなかなかアクティブに頑張って観に行けました。

普段は基本的に生の舞台かライビュのどちらか片方に行くんですが、今回は柚香光さんのプレお披露目だし、喉の心配がありましたからね…。
今回は、ライビュもわざわざ観に行って正解でした


『DANCE OLYMPIA』は、ダンサーだらけのため、「誰か一人だけが突出して目立つ!」というのが難しい舞台ではありました。
でも、それぞれ個性がありますので、誰も埋もれることがなかったのはよかったと思います。


◆柚香光さん
フラメンコで命を削っていました。ダンスは普段通りステキ。
でも私が一番好きなのはタンゴのデュエダンだから、そろそろがっつりタンゴが見たい。
喉がまだちょっと心配。
トップスターの貫禄が出てくるのは、これから!

◆華優希さん
頑張っていたけど、全体的に実力不足。
Twitterやブログのコメ欄では「せめて、もうちょい痩せて」という意見が散見されました。
ライビュで見た時は、リフトが少しマシになっていたような?

◆水美舞斗さん
ずっと踊ってる&歌ってる印象でした(特に第1幕)。
女装の筋肉が忘れられない。

◆永久輝せあさん
ダンスはとても上手くて完成されていて、私の好みの踊り方だと思いました。
手足が長くて、身長が高く見えました。
サロメが最高だった!
お芝居の中で、花組の空気に馴染むのは、まだまだこれから。

◆聖乃あすかさん
意外と踊れる!!(失礼)
これからの“ダンスの花組”で、活躍してくれそうです。
ひとこ&ほのかコンビで売り出されそうな感じがしました。

◆春妃うららさん
メインヒロインとかではなかったけど言わせて…!
オペラで追ってたら、ずーっと視線が合ってたような気がしました!!(おそらく気のせい)
くるくるリフトも綺麗でした♡



あと、今日は偶然にも「カレーの日」だそうです。


ゆずカレー食べてお祝いした方がいい?




↑噂には聞いていたけど、実在するゆずカレー。


とにかく皆さん、本当にお疲れ様でした!



次は『はいからさんが通る』だ
配役もうちょいで出ますよね、楽しみです。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

93期の元花組娘役・花奈澪さんのブログが大変面白いです!

『DANCE OLYMPIA』の観劇感想なんですが、柚香光さん&水美舞斗さんの下級生時代がよーく分かる、貴重な内容でした!

楽屋での話とかもあって、泣けるやら笑えるやら
ファンは読んだら、多分尊すぎてしぬ。




花奈澪さんのブログ記事は↓からご覧ください。
私が何か言うより、読んでいただいた方が早いので!



これを読んだ私の感想


「先輩が買ってきた差し入れのグミを、マイティーに押し付ける柚香光」が最高にツボでした。
(一応フォローしておくと、柚香光さんはお菓子の類を全然食べないそうです)
このくらいメンタル図太くないと、トップなんてやっていけないんだな…多分…。

もしくは、「2人への差し入れ」だと思ったとか?
それで、マイティーに渡しただけとか。
状況が分からないので何とも言えない



2人の下級生時代をよく知る、先輩からの絶賛の言葉たち…♡
読んでいて幸せな気分になりました



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






柚香光

こんにちは、カリーナです。

1月20日は、『宝塚GRAPH』2月号の発売日!
柚香光さんのスペシャルポートレイトが楽しみだったんですが、シャボン玉で遊ぶ姿が超可愛かったです

また今月号は、「スター通信2020」に柚香光さんが登場!
本当にトップスターになったんですね、柚香光さん……♡



やんちゃで可愛い♡柚香光のポートレート

今月号の柚香光さんのスペシャルポートレイトは、“シャボン玉を吹く柚香光”!

最近、いかにも男役らしくキメている写真を多めに見ていたせいか、やんちゃ系の写真を見て「あ~可愛い♡」と思いました!!


しかも、シャボン玉を吹く時のストローみたいなやつ(名称不明)が、ハート形や星型♡☆
可愛い全開アイテムじゃないですか…!


特に、ライビュの直後ですからね。
あんなにカッコイイ姿を見た翌日に、シャボン玉で遊ぶ柚香光……

ギャップ萌え最高でしょ……

「スター通信」に柚香光が初登場!

私の記憶が正しければ、「スター通信」に柚香光さんが初登場です!

今回のスター通信のテーマは、“お互いにキャッチフレーズをつけよう!”

柚香さんだけ、なぜかキャッチコピーすべてにトップスターさんの名前を入れてます。
しかも、さん付け。
真面目かっ!
(同期の礼真琴さんだけは、変化球でしたけど)


望海風斗さん→柚香光さんのキャッチコピーが「ゆずかトムボーイ」だったんですが、どういう意味なんでしょう?元ネタでもあるの?
そのキャッチコピーの理由が“だいもんの言いたい放題”で、笑ってしまいました!
元花組の大先輩ですからね、容赦ない…!
「細い頭」という表現が、いかにもだいもんっぽいなと思いました。
(「小顔」じゃなくて「細い頭」なんだ…)

柚香光さんのやんちゃな時代をずっと見てきたからこその、だいもんの愛を感じました♡




GRAPHの雫~柚香光&彩風咲奈のツーショットも!

ちょっと珍しい???
「GRAPHの雫」に柚香光さんと、彩風咲奈さんとのツーショットもありました!

脚が長すぎることで有名な彩風咲奈さん…
柚香光さんも短いほうではないはずですが、彩風咲奈さんは本当に長い!

ちなみに彩風咲奈さんは、柚香光さんのことが好きらしいです。
2人とも笑顔で楽しそう♪

柚香光ファン必見の宝塚グラフ2月号

柚香光さんの登場ページは少なめかな?と思っていましたが、思ったよりも萌えの濃度と文字数があって、満足できる内容でした♡

柚香光さんのファンは、ぜひ読んでみてください!


宝塚 GRAPH (グラフ) 2020年 02月号 [雑誌]

価格:750円
(2020/1/20 13:44時点)
感想(0件)


↑楽天ブックスは送料無料です。


Amazonだと数日遅れで届いてたんですけど、楽天ブックスさんは発売日当日に届けてくれるんですよね。
ありがたい…



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






鳳月杏

こんにちは、カリーナです。

元花組男役・天真みちるさんのエッセイ『こう見えて元タカラジェンヌです』が更新されました。

今回は運動会のお話なのですが、月組男役・鳳月杏さんの運動会でのエピソードがすごかったんですよ!

ちなつといえば、明日海りおさんから「態度が大きい下級生」だと思われていたとか、「誰からも慕われている」だとか、「物静かでマイペース」だとか…色んな評価をされている謎めいたお方。

今回のエッセイを読んだら、「さすが、ちなつ……!」という、よく分からない感想を抱いてしまいました。
ちなつは昔から大物だったのだ……。



『こう見えて元タカラジェンヌです』
10年に一度の宝塚大運動会~奇跡のイス取りゲーム~

↑こちらをお読みいただいた方が早いと思うんですけど。
(公開初日だけ、無料で全文読めるらしいです)


ざっくり内容を解説しますと。。。(ネタバレあり)

天真みちるさん&鳳月杏さんは、宝塚音楽学校の予科生。
その年に開催された「90周年記念運動会」に、2人も参加できることになりました。
下級生は、“勝つか負けるか”の運動会でも、上級生に気を遣ってしまうもの。
最下級生の予科性が、勝って目立つなんていうのはほぼ無理……。

それなのに、何と鳳月杏さんが「椅子取りゲームが得意なので、優勝しちゃってもいいかな」と宣言!!
本当に優勝してしまいそうになったけど、「さすがに勝ってしまうと周りが気まずくなるので、やめておいた」と言って、わざと負けて帰ってきた……とのこと!!


おおお、ちなつ、おそろしい子!

大変マイペースなのは、『FOCUS ON 鳳月杏』あたりを読んでもわかるんですけど、昔からこんなに大物感あふれる人だったんですね。

ここまで太々しい(褒めてる)と、性格に裏表もなさそう。
みりおも、ちなつのそんな所が気に入っているのかもしれませんね!


ちなつファンの皆様、天真みちるさんのエッセイをぜひ読んでみてください。


【中古】芸能雑誌 FOCUS ON 鳳月杏

価格:1,210円
(2020/1/20 15:06時点)
感想(0件)


↑大勢のジェンヌさんがゲストで出演♡
ちなつの人物像が丸分かりの1冊です。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






このページのトップヘ