Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 月組

106期

こんにちは、カリーナです。

本日25日は月組公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』の初日です!

106期生の初舞台となります。
コロナのせいで延期しまくってましたが、ようやく初舞台を踏めるんですね…!
とりあえず年内にやれてよかった!





初舞台生についての詳細はこちら。





プログラムも発売中です。



なんのトラブルもなく、無事に幕が上がりますように



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


伊丹市にあるボディメイクサロン



Schoess1029_2


宝塚再開

こんにちは、カリーナです。

今後の宝塚大劇場&東京宝塚劇場の公演スケジュールが決定しました!

・花組『はいからさんが通る』 (東京)
・月組『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』(ムラ&東京)
・宙組 三井住友カードミュージカル『アナスタシア』 (ムラ)

いずれも無事に公演できるようです。
楽しみですね!!




詳しくは公式のお知らせをどうぞ。




※赤字部分が、今回新しく発表されたスケジュールです。
宝塚大劇場公演

◆花組『はいからさんが通る』
7月17日(金)~9月5日(土)[新人公演:8月4日(火)]
>>花組宝塚大劇場公演『はいからさんが通る』の詳細についてはこちら
◆月組『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』
9月25日(金)~11月1日(日)
◆宙組 三井住友カードミュージカル『アナスタシア』
11月7日(土)~12月14日(月)

※月組、宙組公演の詳細につきましては、改めて当ホームページにてご案内いたします。
  

東京宝塚劇場公演

◆星組『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』
7月31日(金)~9月20日(日)[新人公演:8月20日(木)]
>>星組東京宝塚劇場公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』の詳細についてはこちら
◆花組『はいからさんが通る』
10月10日(土)~11月15日(日)
◆月組『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』
11月21日(土)~2021年1月3日(日)

※花組、月組公演の詳細につきましては、改めて当ホームページにてご案内いたします。
 



東京でも、はいからさんが通れる
東京は中止になるのではないかと心配していたから、とても嬉しいです。

月組と宙組のスケジュールも出て、やっと色々動き出したなぁという感じですね。
以前のサイクルで公演できるまではまだ時間がかかりそうですが、まずは少しでも動き出さないとね。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ



ko_1


柚香光

こんにちは、カリーナです。

月組公演『雨に唄えば』を、スカステで観ました。
先日、「蓮つかささんが出演しているオススメ演目を教えて!」と記事にしたところ、『雨に唄えば』を教えて頂いたので♡

『雨に唄えば』は歌が少なめで、ダンスシーンが沢山。

あれ、これ、今の花組トップコンビ向けの演目なのでは…?

映画の上演シーンもあるから、セリフは一部録音でもいいし。
柚香光さんの大好きなタップダンスもあります!

でも、トップ娘役(ヒロイン)が歌ウマでないと難しい演目ですね。
華優希さんには無理かも?ウーン、、、



宝塚の『雨に唄えば』はダンス多め、歌は少なめ!

来月放映予定の、安蘭けいさん主演の『雨に唄えば』はまだ観ていません。
大和悠河さん主演のも観ていません。
なので、玉城りょうさん主演バージョンを観た感想ですけど…。

・ダンスシーンが超多い。脇役も踊るし、主人公ももちろん踊る
・歌うシーンがわりと少なめ

今の花組トップコンビは、歌が苦手です。
柚香光さんは喉をつぶしてしまったし、華優希さんは声が細い。

でも、『DANCE OLYMPIA』がやれたんですから、ダンスは何とかできるはず!
特に柚香光さんは、思いっきりダンサータイプです。

土砂降りの中、傘をさしてタップダンス踊る有名なシーンもしっかり再現。
本当に水を、上から降らせているんですね。(大劇場だと無理そう)

柚香光さんはタップダンスが好きだそうなので、そういう意味でもピッタリなんじゃないかなーと思いました。

映画の上演シーンは台詞が録音でもOK。柚香光の喉を守れる!

『雨に唄えば』は、映像が多用されている演目です。

映画を上演するシーンは、台詞が録音でしたので、“柚香光さんの喉を守る”ことを重視するなら、こんな感じでやるしかない!

『DANCE OLYMPIA』でも、“心の声”の録音を流すという技を使っていました。
何の脈絡もなく録音を流すのはアウトだと思いますが、演出として成り立っているのであれば、録音でも問題ないですよね。




『雨に唄えば』のヒロインは歌ウマである必要がある!

microphone-2147197_640


『雨に唄えば』は、タップダンス好きな柚香光さんにはピッタリなので、ぜひやってほしい演目です。

しかし問題は、華優希さんのほう!
月組公演では、歌の才能にあふれたキャシー・セルダン役を、美園さくらさんが演じています。
美園さくらさんは歌が上手いので、歌ウマなヒロイン役を完璧に演じ切っていました。

しかし、華優希さんは、そこまで歌えません。
「ダンスが駄目なら、せめて歌を…」といくら願おうが、華優希さんには“突出して上手なもの”がないんです!

途中でトップコンビのリフトのシーンがありますが、リフト好きな柚香光さんが頑張れば、ダンサーではない華優希さんのことを、なんとか持ち上げることはできるでしょう。
『DANCE OLYMPIA』では、どうにか無理くりやっていましたし(ギリギリ感凄かったけど)。


だから最後の課題は歌唱力なんですが、今後、華優希さんの歌唱力が上がることはあるのか…!?
『雨に唄えば』のストーリーの都合上、ヒロインは何が何でも歌ウマでないといけないので、微妙な歌を聴かされた後に「君の歌は最高だ」的な台詞を言われたら、客席から失笑が漏れそうです。
それだけは何としても避けたい。


美園さくらさんは、上演当時、まだトップ娘役ではありませんでした。
ヒロイン役が、華優希さんではない他の娘役なら、問題ないかもしれません。

苦手なことから逃げてほしくないけど、喉を守るのが最優先

私は以前、別の記事で「花組トップコンビには実力不足なところもあるけど、だからといって逃げないでほしい」と書きました。
できれば録音はやめてほしいし、歌が苦手だからといって歌を減らすのもやめてほしいんです。
チャレンジしてほしいとずっと思っていました。

でも柚香光さんは、『DANCE OLYMPIA』で声が出なくなりました…。
だから、“トップスターの喉を守る”というのは、とても重要な条件になったのです。
「逃げる」のではなく「守る」のが目的なら、歌が少なめ&ダンス多めの演目でもいいのかなーと思い始めました。


『雨に唄えば』を見ていたら、柚香光さんにはピッタリだと思ったけど、華優希さんが何もできないので、やっぱり難しいかも…。
いつだったか、「華優希さんが足を引っ張る」的なことを書いたような気もするんですが、そろそろそれが現実味を帯びてきそうです。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







出島小宇宙戦争

こんにちは、カリーナです。

昨日スカステで、月組公演『出島小宇宙戦争』が放送されました。
鳳月杏さん主演だったので、楽しみにしてたんです!

内容がトンチキなのは想像の通りでした。
・予想よりシリアス寄り
・銀魂のネタが邪魔をする…
・話は…よく分からない…
・ちなつは終始カッコイイ
・フィナーレもカッコイイ

ざっくりですが感想を書いていきます。




「出島小宇宙戦争」はトンチキだけどシリアスなお話

「出島小宇宙戦争」は、他の方の感想やあらすじ解説を、ほとんど見ない状態で映像を見ました。

トンチキには違いないですが、意外とシリアス寄りで、コメディではありませんでした。
ナウオンでも、どなたかが言っていましたね。

間違っても、『銀魂』のようなノリではありませんでした。
当たり前だけど。


「出島小宇宙戦争」と『銀魂』の似ているところ

この演目の情報が解禁になった直後から、あちこちで「銀魂に似てる!」という声が聞かれました。
私も当時、「とうとう宝塚で銀魂やるの?」と思いました!

※『銀魂』とは…
少年ジャンプで連載していた漫画。宇宙人に占領された江戸の町が舞台。
江戸なのに、自動車やテレビ等が普通に存在するという世界観。
主人公は、着流しに銀髪の侍。


まだ1回しか観れてませんが、「出島小宇宙戦争」には『銀魂』に似ている点・共通する部分がいくつかあるように見受けられました。

・江戸の町に宇宙人がいる
・主人公が着流し&銀髪
・着物の変わった着こなし&丈が短い着物など、どことなく銀魂っぽい
・兎…傘…?あれ、夜兎…?ヒロインはカグヤならぬ神楽…?
・タキが拳銃撃とうとするシーンが、来島また子にしか見えない
・カゲヤスが持ってるアレが、銀さんがいつぞや持ってた小さい大砲みたいなやつにしか見えない
・ヘレーネ(メイドさん)で、さらに銀魂感が増す


挙げたらキリがないけど、世界観は結構似ていると思います。




「出島小宇宙戦争」のストーリーは微妙

「出島小宇宙戦争」は、世界観が(銀魂を知らない人にとっては)斬新であるという点以外は、あまり面白いとは思いませんでした。
駄作とまでは言いませんが、良作とも言い難く…私的にはつまらない。
演者でなんとか持ってる感じ。

第2幕の冒頭は、カゲヤスの夢の中。
ここでちょっと中だるみ。
重要なことがここで分かるんですが、それまでがちょっと長いかな。

地図のまわりに書かれたのがラブレターだったとか、最後に“まるで月のようになった”地図をあげるとかは、良かったと思います。
でも、本編を全体的に見ると、「一度見れば十分かな…」という感じでした。

鳳月杏さん演じるカゲヤスは、終始かっこいいので、熱狂的なちなつファンなら好きになれるかもしれません。
でも、演じる人(真ん中の人)が実力者でないと、一気に駄作になってたかも。



フィナーレは超かっこいい!

本編は意外とアッサリ終わったのですが、フィナーレは結構よかったと思います!

クレジットを見たら、振付のところにKAORIalive先生の名前が♡
「ポーの一族」の振り付けがステキだったので、それ以来大好きな先生です。



「出島小宇宙戦争」のフィナーレも、とても良かったですよ~!

どうしても「本編が好みじゃない」という人は、フィナーレだけでも観てみてください。
群舞も、鳳月杏さん&海乃美月さんのデュエダンも、本当に素敵なので

鳳月杏のファンなら、観て損は無し!

私が「出島小宇宙戦争」を観ようと思ったのは、鳳月杏さんが主演だったからです。
鳳月杏さんはとてもカッコイイ役でしたので、鳳月杏さんのファンなら、観て損はしないでしょう。

でも、お話に期待し過ぎるとダメかも。
あと、『銀魂』を読んだことがある人は、所々が似ているので、気になって仕方がないかもしれません。。。


次回の放送がいつになるか分かりませんが、今回見逃した方はぜひ見てみてください。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





336×280px


蓮つかさ

こんにちは、カリーナです。

実は数か月前から、とても気になっている月組の男役さんがいます。

それは…蓮つかささん!

完全に「顔が可愛い」という、ビジュアルから入ったタイプなので、実力は全然分かりません!
蓮つかささんの歌やダンスの実力を知るには、何の演目を観ればいいんでしょう?




蓮つかさのビジュアルに一目惚れ

先日、「贔屓の柚香光さんは、中身で好きになった」という話をしましたが、蓮つかささんは完全にビジュアルからです。
見た目、大事。
(自分の今の贔屓とは、方向性全然違う顔だけど、そこがいい)

どことなく、花組の冴月瑠那さんに似てるような…。
ほわっとした可愛さがあるような気がします。
男役なら「カッコイイ」と褒めた方がいいような気がするんですが、可愛いものは可愛いから仕方ないよね~。

すごーく身長が高いように見えるのは、手足が細いからでしょうか?
余裕で173cmくらいあるように見えるけど、171cmなんだな?
スタイルいいですよね。

スカステの番組が多めで嬉しかった数日間

ちょっと前の数日間、スカステを観ていたら、蓮つかささんが出演している番組が多いような気がしました!
たまたまだと思いますが。

美弥るりかさん&朝美絢さんと出ていたトークでは、いかにも下級生ぽくて可愛かった

叶ゆうりさんと出ていた『ゆるりふんわりふたり。』の話し方を見てると、さすがに先輩たちの前とは違う印象。
心理テストの時に書きだしたワードを見ていたら、見かけよりはホワホワしてなくて、自己肯定感が強い方なのかなと思いました。
※自己肯定感=ナルシスト、ではない。

まぁ、タカラジェンヌは、みんなそうだと思いますけどね。
あの厳しい受験や、音楽学校生活を潜り抜けてきた猛者ばかりだもの。




蓮つかさの実力が分かるオススメ演目は?

そんな蓮つかささんですが…普段あまり月組を観ないもので、ダンスや歌の実力がほとんど分からない

ネットで調べてみると、「三拍子そろった男役」というような、ありきたりな褒め言葉しか見つからず。
違う、私が知りたいのはそういうのじゃない。
もっとリアルなやつだ…!

ということで、蓮つかささんの出番が多い演目を観てみたいんですが、何がいいんでしょう?
うちに月組のここ数年の演目の録画がいくつかありますが、そこまで出番は多くなかったような。

『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』あたりだと、そこそこ出ていたのかな。
うーん、月組のことは全然わからない。

今後も蓮つかさに注目していきます

やっぱりね、宝塚はビジュアルが(も)大事です。
好みのビジュアルのジェンヌがいたら、「もっと色々知りたいな」と思います。
見た目だけで釣れるのはいいですよね…。私は簡単にホイホイされる。

今後は月組も観に行きたいですが、チケット取れますかね~?
ていうか遠征費が足りない。

…ぜひ、全ツで来てほしい。(ワガママ)


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


TOEIC270点UPの人も!



336×280px


このページのトップヘ