Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 星組

礼真琴

こんにちは、カリーナです。

星組トップスター・礼真琴さんのアルバムリリースが決定しました。

アルバム名は「Applause REI Makoto」。直訳すると「称賛 礼真琴」……。アルバム名に負けないくらいの名曲揃いなようですよっ!




CD「Applause REI Makoto」の収録曲

こちらのCDには、ライブ音源の楽曲が収録されるようです。

「マダム・ギロチン MADAME GUILLOTINE」、「阿弖流為テーマ」、「今日、お日柄も良く、冥途旅」など19曲。すべて礼真琴さん本人がセレクトした名曲揃い。


私は「マダム・ギロチン」を1曲だけもう買っちゃってますけど、熱狂的なファンの皆さんなら、このCDに入っている曲を全部持っている方もいそうですね。

しかしこのCD、曲を全部持っている人にも嬉しい特典があるのです!

撮り下ろし写真満載のブックレット付き!

なんと、撮り下ろし写真がいっぱいのブックレットが付いてるんですって。
これまでに歌ったナンバーから礼真琴自らがセレクトした曲をライブ音源で、撮りおろしの写真をふんだんに盛り込んだ歌詞付きブックレットと共にお届けします。


要は、超豪華な歌詞カードってこと?

撮り下ろし写真があると買っちゃうよね~。




これ、ファンなら絶対欲しいやつ

ブックレットはずるくないですか……。CDだけでも買う人はいるでしょうけど、撮り下ろし写真系はずるい。買っちゃう。(撮り下ろし大好きな人)

劇団は、ファンの需要をよく分かっているんだけど、お金をどんどん搾り取られていっているような気がするのは……気のせいじゃないですね。喜んで搾り取られに行きませう。


礼真琴「Applause REI Makoto」(CD)

価格:3,300円
(2019/12/14 02:13時点)


↑宝塚アンでも予約できます!




もしかして、柚香光さんのCDも出ますか?




※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




紅ゆずる

こんにちは、カリーナです。

清水寺で毎年発表される「今年の漢字」ですが、今年は「令」になったみたいです。新しい元号が令和ということで、こちらは想定の範囲内。

そちらよりも私が気になったのは、日刊スポーツの「今年の字」日刊スポーツ読者の「今年の字」が、「紅」に決定しただってー!?

今年は、紅ゆずるさんが退団されました。明日海りおさんも退団されましたが、漢字1文字といえばやっぱり「紅」?





「今年の字」に「紅」が選ばれた理由

日刊スポーツの記事によれば、「紅」が金賞に輝いた理由はコチラ。

2019年の字-1GPは67の字・単語の中で最も支持された「紅(くれない)」が選ばれました。宝塚歌劇団のスター・紅ゆずるの退団を惜しんだファンから推す声が多く届きました。


やっぱり、紅ゆずるファンの仕業だった。あ、仕業とか言っちゃってごめんなさい。褒めてます。

紅ゆずる退団のことを知らない読者から見たら、「なんで紅?ああ~、おめでたい色だから?」という感じかもしれません。




紅ゆずるへの愛が詰まったメッセージがアツい

「今年の字」の記事には、紅ゆずるさんのファンからの長文メッセージがいくつか掲載されていましたが、どれも愛が深い……!!

先日『ANOTHER WORLD』の映像を観ていたんですけど、紅ゆずるさんって、やっぱり独特のパワーがあるんですよね。個性が強くて苦手だという声も聞くけど、個性が強い人ほど熱狂的なファンがつくものです。

今回、「今年の字」が「紅」に決まったのは、必然だったのかも……。

個人的に今年の字は「光」

最後に個人的な話を。

当ブログの「今年の字」は、「令」ならぬ「光(れい)」です。
来年も再来年も、多分そう(^^;)

明日海りお退団もでっかい出来事でしたが、1文字を切り取るとなると難しい……。

あなたの「今年の字」は、何ですか?



※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




舞空瞳

こんにちは、カリーナです。

先日『ロックオペラモーツァルト』のナウオンを見たのですが、舞空瞳さんと礼真琴さんの距離が近すぎてびっくりしました。

舞空瞳さん、お慕い芸のしすぎで、違和感あります……。





お慕い芸
……それは娘役に必須なモノ。「あなたをお慕いしております感」を出したり、男役が引き立つようにしたり。男役のほうがより身長が高いように見せるワザの数々を見ていると、「娘役ってすごい」と思います。

で、最近、舞空瞳さんのお慕い芸がすごいのです。

一番気になったのは、礼真琴さんとの距離感。「普通、こんなに近距離で話す?」と、首を傾げちゃいます。

ほかのナウオンでも、トップ娘役さんの言動を色々見ていますけど、ここまでトップスターに顔を近づけているトップ娘役は、ちょっと記憶にありません。

まぁ、仲が悪い感じよりは、距離感が近い方がまだマシ……なのかもしれませんが。でも、ある程度の距離感って必要ですね。あまりベタベタされると、落ち着いて見ていられませんから。


最近、距離感のことばかり気にしているような……。スミマセン。


トップスターとトップ娘役の距離感、大事。



※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




龍の宮物語

こんにちは、カリーナです。

本日9日が千秋楽となる、瀬央ゆりあ主演『龍の宮物語』。ストーリー、演出、演者すべてにおいて素晴らしいと評判で、「東上して!」「DVD出して!」という声をよく見かけます。

私もその内の一人なのですが、今のところ東上の予定はありません。また、DVDが出る予定もないそうです。

とてもガッカリしていたところ、“公演プログラムが完売”という情報が。そして急遽、プログラムの増刷が決定!!

こんなに話題になってるなら、円盤出すとか東上とかして欲しいんですけど……!ちょっとは期待してもいいんでしょうか?





『龍の宮物語』Blu-rayやDVDの発売予定なし

今のところ『龍の宮物語』については、Blu-rayやDVDの発売予定は無しとのことです(12/9現在)。TCAに直接問い合わせたらそう言われたので、ガッカリ。

『龍の宮物語』は、「感動した」「切ない」「素晴らしい」とネットで話題沸騰中の作品。緻密に描かれる人間関係、ヴァイオリンの音色、雨音……。実際に観劇された人たちの感想を見ているだけで、「これは凄いやつでは」と思えます。
色々な方の考察を見ていたら、「あーーー観たい!」とジタバタしてしまいました。でもDVD出ないのね……。

私が最近見た演目(どれとは言わない)が、どれもそこまで奥深いストーリーではなかったので、考察できる系の作品は嬉しいです。考察というと、『金色の砂漠』あたりはすごくそういうのが楽しかったので、他の方もよく言っているように、指田先生はウエクミ先生系の鬼才なのかも。

実際の舞台が無理なら、DVDでもいいから欲しい……。



『龍の宮物語』公演プログラムが完売→増刷決定!

チケ難&評判の良さが影響したのか、『龍の宮物語』のプログラムが完売になったそうです!

8日時点でのTwitter情報によれば、キャトルでの取り扱い中止、店舗によっては完売らしく、バウホール改札内で1人1冊しか買えないようにしたみたいです。しかも、8日の時点で全在庫が約10冊という情報も見かけました。

「せめてプログラムだけでも」と思った人も多かったんでしょうね……。ということは、千秋楽だけを見に来る人は、公演プログラム無しで観るハメになるのか?

そして本日9日、プログラム増刷決定の情報がッ!!
張り紙によれば「完売しておりました『龍の宮物語』の公演プログラムについて、追加生産が決定いたしました。※再発売日等詳細は追ってHP等でご案内致します。」
……とのこと。やっぱ完売してたのね!

劇団さん……ファンの声が聞こえていますか……。これだけ需要があるってことですよ……。


【12/10追記】
公式より。「12月18日(水)再入荷予定です。キャトルレーヴ各店舗においても同日再入荷予定です。」
……ですってよ!買わなきゃ!!

『龍の宮物語』円盤発売も夢じゃない!?

『龍の宮物語』は、個人的に今気になっている瀬央ゆりあさんがたまたま主演ですけど、ストーリーその他にも大変興味があって、すごく観てみたいんです。映像でもいいから!

そのうちスカステで放送されるかもしれませんけど、うちの場合メッチャ電波悪いから、ノイズまみれになるという心配が。だからお願い、円盤で出してっ!

……というか、もう千秋楽だというのに「後日プログラム増刷するよ」っていうことは……再演もしくは円盤の可能性が少し出てきた……!?

期 待 し て ま す 。


↓関連記事↓



※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




龍の宮物語

こんにちは、カリーナです。

星組の瀬央ゆりあ主演『龍の宮物語』ですが、「すごく素敵な作品だった!」という感想をTwitterでよく目にします。

最近、瀬央ゆりあさんに大注目している管理人は、「そんなにいい作品なら観に行きたかった!」と、今更後悔しております……。





『龍の宮物語』のあらすじ

この演目が発表になった当時、まだ瀬央ゆりあさんにそこまで関心がなかったので完全スルーだったんですが(ゴメンネ)、今見てみるとナニコレ超面白そう。
遠い昔、夜叉ケ池という池で干ばつが続いた。村の長者は自らの娘を生贄として池に棲む龍神に捧げ、村には再び雨が降るようになったという……。
明治中期、実業家島村家の書生・伊予部清彦は、仲間達との百物語で、夜叉ケ池の怪談話を知る。度胸試しに一人池へ向かった清彦は山賊に襲われている娘に遭遇する。清彦が娘を助けると、娘はお礼に清彦を池の奥底にある龍神の城・龍の宮(たつのみや)へ連れて行く。清彦が助けたのは、龍神の姫・玉姫であった。清彦は姫を救った恩人として丁重にもてなされ、宮殿での豪華な生活に浸りながら、姫の怪しい美しさに惹かれていった。やがて数日が過ぎ、友人達や島村家の令嬢百合子のことが恋しくなった清彦は、玉姫に地上へ帰りたいと告げるのだが……。
夜叉ケ池伝説と105年前にも宝塚で上演されたお伽話『浦島太郎』、青年と龍神の姫の愛憎織り成す異郷訪問譚。

私は“夜叉ケ池伝説”というのを全然知らなかったので、最初に演目名とあらすじを見た時の感想は「めっちゃ浦島太郎」でした。

でも、浦島太郎のようにいじめられている亀は出てこないみたいだし、新聞社から出ている写真を見ても、「あ、これ絶対シリアスなやつ」ってわかる。

先日スカステで見た稽古風景だけだと、そこまでシリアスな作品だとは思わなかったんだけど、実際は悲恋モノ?っぽいそうで。いいな~悲恋モノ。



演出家・指田珠子の宝塚バウホールデビュー作!

この作品は、演出家・指田珠子先生の宝塚バウホールデビュー作です。デビュー作というと、良い方に転ぶか悪い方に転ぶか…という感じがしますが、『龍の宮物語』は良い方に転んだようです。

とはいっても、私、実際の舞台を観ておりませんので(;´Д`)私の感想はナシで。。。

ファンの贔屓目?とかもあるかもしれませんけど、色んな方が「超よかった…」「再演希望…」と仰ってるので、きっと素晴らしいデビュー作だったのでしょう。

ビジュアルがいいのは写真からでも分かりますよ!? 瀬央ゆりあさんは書生さんの服装がよく似合っているし、玉姫役の有沙瞳さんも綺麗で素敵!
膝枕はいいぞ。

再演もしくは円盤を希望

普段あんなにニコニコなせおっちが、2幕らへんから狂気じみてくると聞いて、「チケットくれ(真顔)」状態になりました。でももう今からじゃ絶対無理。他の人と同じ意見になるけど、再演してくれないかな。

円盤って出るんですかね? まだ公式からは、何の発表もないみたいですが……。

円盤、出てくれるといいなぁ。もしくはスカステで放送!絶対録画する~(*´Д`)

↓関連記事↓
瀬央ゆりあフォトブック感想。せおっちの本気見せます!


※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




このページのトップヘ