Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 星組

東京宝塚劇場再開

こんにちは、カリーナです。

東京宝塚劇場の再開が決定しました!
よかった~♡♡♡

7月31日から、星組公演『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~』が上演されます。
A日程&B日程に分かれて、人数調整するようです。

とりあえず、東京も再開できることになってよかったです!




詳しいことは、公式のお知らせをどうぞ。










東京宝塚劇場も、録音演奏なんですね。
しばらくは仕方ないか~。


A日程&B日程があるので、お目当ての生徒さんがいる場合は、チケットを取る日にご注意ください。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






1C790C23-4088-47B6-9686-ACA223890358_2


舞空瞳

こんにちは、カリーナです。

今朝記事にしたように、今日の冴月瑠那さんの色紙メッセージで100人目でした。

次からは、トップ娘役のターン!
これまでトップ娘役が1人も出てこなかったので、多くの方が「トップ娘役はラストかな」と予想していたことでしょう。
そして多分、一番最後は轟悠さんで〆る。

ということで、トップ娘役のトップバッターは舞空瞳さんです





冴月瑠那さん。
るなさんはトライリンガルなので、外国語で何か言ってくれるかな~と思ってたんだけど、まさかの「大 劇 場」でした。漢字オンリ―だったね…。



舞空瞳さん。
背景が変わったぞ!




明日は、花組の華優希さんです。
今後の順番は、華優希→星風まどか→美園さくら→真彩希帆→理事と予想しておきます。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






1C790C23-4088-47B6-9686-ACA223890358_2


すみれ屋敷の罪人

こんにちは、カリーナです。

『歌劇』6月号で、ジェンヌたちが、それぞれ自分のオススメの本などを紹介していました。

その中で個人的に気になった本を、実際に買って読んでみました。
そうしたら、本当に面白かった~!
ぜひ、宝塚ファンの皆様にも読んでもらいたいっ!!

というわけで、私の感想もまじえて、おうち時間にぴったりな本をご紹介します♪



瀬央ゆりあオススメ!「すみれ屋敷の罪人」

瀬央ゆりあさんがおすすめしていたのは、降田天著『すみれ屋敷の罪人』というミステリー小説です。
ところどころに、宝塚ファンのハートをくすぐるネタが入っています。


昭和初期に、すみれの花に囲まれた、豪華なお屋敷がありました。
そこに住んでいたのは、屋敷の主人と、3人の美人姉妹たち。
――時代は平成になり、廃墟となった屋敷の敷地内から、3人分の白骨死体が発見されます。
この白骨死体が一体誰のものなのか調べるため、とある青年が、かつて屋敷で働いていた人々の証言を集めることになります。

しかし、彼らの証言には、真実と嘘が混ざっています。
全ての証言が揃った時、その屋敷で起こった悲しい真実が明らかになるのです。


宝塚の男役スターのような、美しい長女。
宝塚などの、少女歌劇が好きな女中さん。
物語の序盤は、宝塚ファンがドキッとするような要素があります。
結末に、宝塚が直接関係してくるわけではないんですけどね。
ただし、すみれの花は、重要なキーワードです!

これは、優しい嘘をつき続けた人々のお話。
瀬央ゆりあさんも、最後は涙が止まらなくなったと言っています。
感想や考察を、せおっちと語り合いたい…!



作者の降田天さんは、第13回『このミステリーがすごい!』大賞の、大賞を受賞した実力派!
文章もとても読みやすいので、めちゃくちゃオススメです。





朝美絢オススメ!「夢のつかみ方、挑戦し続ける力 元宝塚トップスターが伝える」

朝美絢さんは、元雪組トップ・早霧せいなさんの「夢のつかみ方、挑戦し続ける力 元宝塚トップスターが伝える」をオススメしていました。

これについては、別の記事に感想を書いているので、こちらをご覧ください。




朝美絢さんは、同じ舞台人として、刺激を受けるところがあったようです。
もちろん舞台人でなくとも、ちぎさんの葛藤と苦悩を見ていると、とても勉強になる部分があります。




番外編:原田マハの小説がジェンヌ達に大人気

複数のジェンヌがオススメしていて気になったのは、原田マハさんの本です。
名前だけは知っているんですが(直木賞候補なんですね)、まだ読んだことはなくて。
機会があれば、こちらも買って読んでみようと思います!

彩風咲奈さんのオススメ『たゆたえども沈まず』



永久輝せあさんのオススメ『あなたは、誰かの大切な人』



原田マハさんは、『サロメ』という小説(有名な戯曲とは別物)も書いているみたい。
「DANCE OLYMPIA」でサロメに扮したことのある永久輝せあさんですが、もしかしてそれ繋がりで原田マハさんファンになったのかしら?






芹香斗亜さんは具体的な作品名を挙げていませんでしたが、複数の作品を読んでいるみたいです。
タカラジェンヌに大人気の原田マハさん…気になります!

ジェンヌおすすめの本を読んでみよう♡

今月の『歌劇』では、大勢のジェンヌたちが、それぞれオススメの本や映画などを紹介していました。
今回は、私も大好きな“本”について、記事にまとめてみました。

贔屓や、好きなジェンヌが気に入っている本を読むのって、なんだか特別な気分になりますね。
同じ感動を共有できるっていうか…


そろそろ梅雨に入り、あまり外出できない期間が続きます。
こんな時は、ジェンヌおすすめの本を読んで、おうち時間を有意義に過ごしてみてください。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







95期

こんにちは、カリーナです。

昨日のスポーツ報知の記事に、「黄金の95期」のことが取り上げられていました!

宝塚の95期生が、昔から“どんぐりの背比べ”と言われてきたというのは有名な話です。
でも今は人気スター揃いで、まさに黄金期といった感じですよね。

昨日、新聞を買い逃した方は、公式Twitterの記事だけでも見てください。
各スターの紹介文が面白いんです♡



前日の予告ツイート。


そしてこちらが、当日のツイート!
記事の一部が読めます。


現役生の紹介文が、ちょっと面白い!

礼真琴:首席入団は3拍子◎
瀬央ゆりあ:容姿端麗&男くささ
柚香光:妖艶美&俊敏ダンス
水美舞斗:踊り力強く芝居繊細
月城かなと:美麗で日本物も得意
桜木みなと:貴公子風も悪役も魅力
朝美絢:個性放つ魔性の目力


個人的には、せおっちの「男くささ」にフフッとなって、柚香光さんの「妖艶美」に「そうでしょ~」ってなりました!
「俊敏ダンス」のリズム感もツボです。
朝美絢さんの「個性放つ魔性の目力」は、もうそのままキャッチコピーで使っちゃえばいいんでない?


今の95期の人気っぷりを見てると、「実力と人気は比例しないんだな」と思ったりします。
昔は「どんぐりの背比べ」だったかもしれないけど、小さなどんぐりだって、大きな木に成長できます!
そして、実力に若干難ありだったとしても、人気は出ちゃうんです。

あと、忘れちゃいけないんだけど、95期は圧倒的に 顔 が 良 い 。
全体的に小柄だけど、顔面偏差値高すぎ!!


やっぱり、ビジュアルは大事ですね~。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


TOEIC270点UPの人も!

yu-ya01_2



ACEBDD9F-6255-42D4-8FBF-82CD965FCA6A


綺城ひか理

こんにちは、カリーナです。

今日の色紙メッセージの更新は、綺城ひか理さん→飛龍つかささん。
水美舞斗さんと合わせると、『Dream On!』の真ん中の出演者がそろいましたね。

綺城ひか理さんの動画は、今までのものとは一味、いや二味くらい違います!
・先輩とヤバいブツを交換…?
・飛龍つかさの家の前に来て電話…?
・あれ? 結構出歩いてるってこと???

ツッコミ所が多くて、10回くらい見てしまいました




綺城ひか理さん。



あかちゃん、メッチャ内容濃い!!

先輩って誰でしょう?
ていうか、パンとカレーの渡し方が「売人と危ない人がアレを交換する時」にしか見えなさそう

夜中にウォーキングというのは、外出だけど、人が少ないから別にいいのかな。
そして飛龍つかささんに電話→出なかったから指名!?
指名理由が面白い

一応、本当に指名してるのかなー。
でも、ドリームオンのメンバーで揃ってるあたりが、劇団が決めた感あるんだよなぁ。



飛龍つかささん。


電話に対するアンサーではありませんでした。
ちゃんとあとで、先輩に電話してあげてね…。





次は、紫門ゆりやさんです。
上級生きた!

その次は、また娘役が来るかな~?
予想が難しいですね。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


TOEIC270点UPの人も!




336×280px


このページのトップヘ