Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:花組 > 華優希


はいからさんが通る


こんばんは、カリーナです。

花組トップコンビのお披露目公演が『はいからさんが通る』に決定しました。
ネット上を見ていると、「またはいからさん?」「せっかくのお披露目なのにガッカリ」というように、ネガティブな反応をしている方が多いようです。

私も「どうせなら他の演目がよかった~!」とショックを受けましたが、決定してしまったものは仕方がありません。

そこで前向きに考えて、『はいからさんが通る』を再演するにあたって、見どころになりそうな部分を考えてみました。初演とは、また違った楽しみ方ができるはず!

「もう観た作品だから、何も期待できない」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください♪






はいからさん注目ポイント①新しい配役&役替わりもアリ?

まず注目したいのが、「新しい配役はどうなるの?」という部分です。

『はいからさんが通る』の初演は2017年ですから、もう退団なさっている方も多く出演されていました。牛五郎役の天真みちるさん、吉次役の桜咲彩花さん、印念中佐役の矢吹世奈さん等…もうオリジナルのキャストで再演するのは不可能です。

また、明日海りおさんと同時退団される芽吹幸奈さん、城妃美伶さんも、もう出演できません。月組に組替えになった鳳月杏さんも、出演は難しいでしょう。

それを残念に思う人はとても多いと思いますが、逆に考えれば、新しい配役で、新しい『はいからさん』が楽しめるということでもあります。

クセの強い登場人物が多く、初演の配役がピッタリすぎたため、違和感を覚えることもあるかと思います。でも、「○○さんの牛五郎、結構似合ってる!」とか、「○○ちゃんの環も綺麗!」といった楽しみ方ができるのは、再演ならでは。

また、初演時にいた人が、全く同じ役を演じるとも限りません。
鬼島軍曹役だった水美舞斗さんが、今回は編集長を演じるかもしれないし、ラリサ役だった華雅りりかさんが吉次さんを演じる可能性だってあります。妄想がひろがりんぐ(*´Д`)



そしてこの『はいからさんが通る』ですが、役が少ないというのが若干ネック。もしかしたら役替わりなんていうこともあり得るので、そのあたりも期待してもいいかもしれません。
編集長を、瀬戸かずやさんと水美舞斗さんで役替わりとか…アリだと思います!


はいからさん注目ポイント②人数が増えてより華やかに

『はいからさんが通る』初演時は、組子さんの人数が少なめでした。また、大劇場での公演ではなかったので、舞台セットが簡素でした。

しかし今回は宝塚大劇場での上演。舞台セットが豪華になる!
そして、組子さんが勢ぞろいで舞台に立ちますから、舞台上が賑やかでより華やかに!!

初演では下級生のみなさんが少人数で演じていた舞踏会のシーン等も、人数が増えればもっとゴージャスになるはずです。これでもか! というくらいに舞台上にゾロゾロと組子さんたちが出てきて、それはもう素晴らしく見栄えのいい舞台になることでしょう。


はいからさん注目ポイント③美しいビジュアルにまた会える

『はいからさんが通る』で一番話題になったのは、おそらく柚香光さん演じる伊集院少尉のビジュアルの美しさではないでしょうか。

個人的に柚香光さんは金髪が一番似合うと思っているんですが、あの最高に美しい伊集院少尉のビジュアルを再び見ることが叶うというのは、嬉しいポイントだと思います。

もちろん華優希さん演じる紅緒も大正ロマンあふれる衣装で可愛かったですし、華雅りりかさん演じるロシア貴族のラリサも美しく、その他の登場人物も素晴らしい完成度。
「原作まんまじゃん!」というビジュアル再現度がとにかく話題になりました。


同じ組ですぐに再演ということで、衣装の使い回し感があって「省エネなお披露目だな」という気持ちは正直あるんですけど、衣装は原作のイメージそのままでとても綺麗でしたから、そこまで悲観することはないのかなと思いました。






はいからさん注目ポイント④ハズレのない脚本&さらにパワーアップも?

2017年の上演で好評を博した『はいからさんが通る』。キャストが素晴らしかったのはもちろんなのですが、脚本が綺麗にまとまっていたのも人気のポイントだと思うのです。

原作は結構ダラダラしている部分があるんですが、舞台用の脚本ではスッキリとまとまっていて、でもしっかりと見所は残してあって。長い原作のいいとこどりで、素晴らしいストーリーでした。
絶対にハズレのない脚本であるというのは断言していいと思います

お披露目公演のお話が駄作では、いくら力の入ったオリジナル脚本であろうとガッカリしてしまうものですが、すでに一定の評価を得ている原作&脚本ですから、安心感がありますね。

そして、脚本が初演そのままということはないと思うので、見所が増えるかも!というのも楽しみの一つです。
初演の時は、聖乃あすかさん演じる蘭丸の出番が大変少ないように感じたので、再演するなら蘭丸の出番を増やしてほしいなと思います。また、環と鬼島軍曹のロマンスが大幅カットされていたので、そのへんもボリュームアップしてほしいです。


はいからさん注目ポイント⑤歌ヘタを気にせずに観れる

皆様ご存知の通り、柚香光さんと華優希さんは、歌があまりお上手ではありません。トップの両方が歌ヘタとなると、ちょっとキツいものがありますね(今さらですが)。

しかしこの『はいからさんが通る』は、歌が苦手なトップコンビのために、歌ヘタが目立たないようになっているのです。

・トップの2人は極力歌わない
・他の誰かが代わりに歌いまくる
・歌ヘタな2人でもなんとか歌えるメロディーの曲が用意されている
・曲そのものは名曲揃い


柚香光&華優希コンビで歌う場面は、とても少ないです。でも、曲自体はすごく綺麗なので、聴いて損はないです。そして非常に歌いやすいメロディー&音域になっているようです。

お披露目公演で「うわ~歌下手だな~」なんて思いながら観劇したくないと思うので、そういう意味では『はいからさんが通る』はナイスな選択なのかもしれません。

はいからさん注目ポイント⑥以前チケットがとれなかった人にチャンス再来

舞台そのものの注目ポイントではないんですけど、初演のは超チケット難でしたから、「観たかったのに、チケットが取れなかった!」と悔しい思いをした人は大勢いるはずです。Blu-rayは誰でも買えますが、結局は画面の中。生の舞台には勝てません。

でも、初演と同じく柚香光&華優希コンビでの再演ですから、当時悔しい思いをした人にとっては朗報でしかないでしょう。「またあの2人で再演~?」と嫌がる人もいれば、「またあの2人で再演してくれる♡」と喜んでいる人もいるというわけです。

トップコンビが全く同じというのは私個人はモニョるんですけど、喜んでいる人も多いみたいなので、それはそれでいい部分かなぁと思います。


はいからさん注目ポイント⑦フィナーレ


宝塚歌劇団公式HPを見ると、こう書いてあります。
新生花組の魅力を盛り込んだフィナーレナンバーも新たにお届け致します。

そうです、初演にはなかったフィナーレがあるんですよ!
まぁ、フィナーレに興味のない方もいると思うので、人によっては全くプラス要素ではないかもしれないですが(^^;)

ただ、柚香光さんはダンスが持ち味のお方。ダンスには定評がありますので、柚香光さんのダンスが好きな方は期待してもいいのではないでしょうか。私は、フィナーレだけでも観る価値あるかなと思ってます。

大正ロマン感あふれるロケットとか…見れたりするんですかね? 色々と楽しみですね。

ちょっとは期待できそうな『はいからさん』再演

お披露目公演が『はいからさんが通る』の再演ということで、ガッカリしている人がとても多いという印象を受けました。しかし、せっかくの新生花組のお披露目公演です。できるなら前向きに考えたいですよね。

もちろん『はいからさん』再演には色々と問題点もありますが、期待できる部分も沢山あります。これからまた新しい情報が公開されていくと思うので、続報を待ちましょう!


↓関連記事↓








↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



はいからさんが通る


こんにちは、カリーナです。

柚香光さん&華優希さんのお披露目公演の演目が、『はいからさんが通る』に決定しました。

私はそれを聞いて、「は? ふざけてんの?」と怒り心頭。

どうしてお披露目に『はいからさんが通る』が選ばれたのか、そして『はいからさんが通る』再演の問題点について、怒りのままに書いてみようと思います。





なぜ『はいからさんが通る』の再演になったのか

『はいからさんが通る』の初演は2017年。シアター・ドラマシティと日本青年館で上演されました。
歌ヘタコンビでも歌える絶妙な歌と、歌うシーン少な目という配慮のお陰で、『はいからさんが通る』はとても評価の高い舞台となりました。

柚香光さん演じる伊集院少尉はビジュアルが完璧で、とても評判がよかったのを覚えています。また、華優希さん演じる紅緒も可愛らしくて、「お似合いの2人ね!」という印象を決定づけた作品でもありました。

柚香光&華優希コンビが最高に輝いた作品だったのは確かです。そして、歌が下手なトップコンビでも大丈夫な構成になっているのです。
おそらくはそのへんが理由で、お披露目公演が『はいからさんが通る』に決定したのでしょう。

なんとも安直な、と思いますが……。


脇役が最高だったからこそ成功した『はいからさんが通る』

確かに『はいからさんが通る』は素敵な舞台でした。曲も綺麗だったし、誰もがハマり役。

柚香光さんと華優希さんの相性も良く、脇を固める組子さんたちも実力者揃いで、完成度が高かったのは認めます。

でも、あの舞台が成功したのは、脇役の配役も最高だったから。決して、柚香光さんと華優希さんだけの実力だけで評価されたわけではありません

『はいからさんが通る』には、月組に組替えになった鳳月杏さんや、今年中に退団する城妃美伶さんといった実力派が揃っていました。彼女達の力添えがあったからこそ、『はいからさんが通る』は成功したのです。

鳳月杏さん演じる青江冬星(編集長)は、漫画のビジュアルがそのまま飛び出してきたかのようでした。手足の長い鳳月杏さんは、あの衣装が凄く似合っていましたよね。下手をするとモッサリするあのウィッグも、とても似合っていました。

また、城妃美伶さん演じる北小路環も、本当にピッタリな役でした。環は、女性差別が根強く残る大正時代において、自分の意思を貫き通す強い女性です。城妃美伶さん自身がしっかり者だからか、とても似合っていて魅力的でした。

でももう、この2人はいないんです。それに、当時の神キャスト(脇役含む)の完全再現は絶対に不可能。
劣化版焼き増しになるのは目に見えています。



鳳月杏や城妃美伶の穴は誰が埋める?

もし水美舞斗さんが2番手になるのだと仮定したら、水美舞斗さんが青江冬星を演じることになるのでしょうか。2番手が瀬戸かずやさんになる可能性もありますが、どちらにしても編集長のイメージには合わないと思います。
鳳月杏さんが演じたばかりの役ですから、観客の中では、そっちのイメージが強く残っています。水美さん・瀬戸さんが実力不足と言いたいわけではないんですが、“何かが違う”のです。

環も同じです。第2幕の最初で環が歌いますが、城妃美伶さんレベルで歌えて踊れる娘役でないと駄目です。といっても花組は今、深刻な娘役不足。音くり寿さんは歌もお芝居も上手ですが、可愛い系なので、派手な美人の環のイメージとはちょっと違うかなぁと思います。

他の演目なら、初演のキャスティングは気にせず、「あなたはあなたらしく演じて」という気持ちになるものです。でも、2017年にやったばっかりの演目と言うのがネック! どうしたって比べちゃいます。

水美舞斗さん、もしかしてまた鬼島軍曹やるんですか? えええ…それはそれで…「また!?」という感じ。そんなに出番多くないし、衣装ボロボロ系だし。それとも出番を増やす? ええ~、マイティーの扱いがまた酷くなりそう

「2.5次元の花組です」宣言か?

私、漫画やゲームの宝塚化には賛成派です。いつか花組でやってほしい作品もあります。

でも、この間観たばかりの作品なんて望んでなかったし、もうお腹いっぱい。Blu-rayでも山ほど観ましたよ? それをまたお披露目でやるんですか? 意味が分からない。

これはもう、劇団からの「これからの花組は2.5次元でいきます宣言」といってもいいんじゃないでしょうか。
たまにやるくらいなら大歓迎なんですが、毎回2.5次元だと、さすがに飽き飽きしてしまいますよ。

お披露目公演をどうしても漫画原作でやりたかったのなら、せめて別の作品にしてほしかったです。それなら頑張ってチケット取ろうとしたと思います。

↓関連記事↓
宝塚で上演してほしい少女漫画10選!名作からマニアック作品まで♪



新鮮味のないお披露目公演にガッカリ!

トップコンビが全く違う人での再演ならよくあることですが、トップコンビがまったく同じで、しかもつい最近やったばかりの『はいからさんが通る』がお披露目。誰がこんなの見たいんでしょう? 同じ役をやるんでしょ?

私は、これから新しく花組を引っ張っていくトップコンビのお披露目には、もっとフレッシュな演目が良かったと思います。完全オリジナルが難しいなら、再演を続けている『エリザベート』や『スカーレット・ピンパーネル』でも別によかった。だって、この2人での上演はまだですものね

でも、『はいからさんが通る』は、もう観たんですよ! 全く新鮮味がないんですよ!!!(怒)

あまりにも安直で、やる気がなくて、歌ヘタコンビのために新しい演目を用意する気もないようで、本当にガッカリしました。しょっぱなから逃げの姿勢でどうするんですか。確かに数年前にやったばかりの役なら、無難に演じることができると思いますが、そんなの誰も望んでない!


これからの花組には、もう何も望んではいけないのかもしれません。
崩壊の始まり。

演目選びを思いっきり間違えましたね。


↓関連記事↓









↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



華優希

こんにちは、カリーナです。

まだ花組次期トップが分かっていませんが、柚香光&華優希のコンビになる説が濃厚なので、それを前提に話します。(もちろん、明日海りお退団公演にも関わってきます)
今、花組で一番問題視しなければならないのは、華優希さんの歌唱力です。



華優希の音程が迷子

柚香光さんの話が出ると、まず絶対に「お歌がアウト」という話が出ます。ファンですらちょっと思うところはあるので、歌唱力重視の方から見たらなおさらでしょう。
しかしこのコンビの場合、危機感を持たなければならないのは華優希さんの歌の方だと思います。

『はいからさんが通る』のBlu-rayを、久しぶりに見返していました。
カレーちゃんは、意外と歌えていました。よく「カレー比で」なんて言われるけど、シーンによってはほぼ音を外さずに歌っています。これくらいなら、歴代の歌が微妙なトップスターと比較しても、そこまで目立たないでしょう。
=問題視するほどではない。


なのに、ハモりが不協和音

ああ、これは……

華優希さんが音を外しまくってるんだ!

(;´Д`)は、はなちゃん……

カレーちゃんが上手いとは決して言わないけれど、それ以上にはなちゃんがヤバイ。私は確信しました。

しばらくは歌下手コンビ確定?

私は、はなちゃんがトップ娘役でも別にいいんです。
そのうちカレーちゃんが、お嫁さんを変える可能性だってあるわけだし。
次のお嫁さんが、もうちょっとハイスペックなら、また違った魅力が楽しめるし。
だから別に、最初の相手役がはなちゃんでも全く問題ない。


でも、しばらくは相手役ははなちゃんでしょ。

ただでさえ歌が心配な男役トップ。
そして、それよりもさらに歌が下手な娘役トップ。

ふ、不安だ……(+_+)

トップスターの足を引っ張る華優希

「華優希さんの歌唱力について語るなんて、何を今さら!」という感じかもしれませんが、『はいからさんが通る』でのハモりの不協和音の原因に気づいた時、「はなちゃん!お歌、お歌!!」ってなって、結構ショックでした。
せっかくあの柚香光さんが上手く歌えていた時でも、華優希さんが音を外してしまったら、綺麗にハモれないんですもの。


トップスターの魅力を台無しにするトップ娘役は、ちょっと困りますね。
トップスターを支えるどころか、足を引っ張ってしまいます。


まだ“踊りがキレキレ!”とかなら、カレーちゃんのダンスの相手として考えればOKなんだけど、はなちゃんはそういうタイプでもないので……。

明日海りお退団公演はどうなる?

恋スルARENAでは、ファンが絶句するほどの歌声を披露したらしいはなちゃんですが、、、
今後、歌声が改善される見込みはあるのでしょうか?

柚香光&華優希コンビになったら、さすがにその頃には、少しは上達しているかもしれません。
また、最初は駄目でも、徐々に上手くなっていくという可能性はあります。

でも、練習期間を考えると、明日海りお退団公演までに歌声を矯正するのは、すごく難しいでしょう。
うまいこと誤魔化せればいいのですが……。

トップ娘役の歌唱力は大事

そう思うと、しろきみちゃんはトップスターをうまく支えてくれそうな娘役さんでした。
もう退団が決定してしまったから、こんな話をしても仕方ないんだけど。

華優希さんの歌声が細いのは、もう諦めますので、せめて音痴は直してください。
娘役がうまく歌えなければ、トップスターの歌声も台無しになってしまうので!

……音痴の方が、直すの難しいって聞きますけどね(ノД`)・゜・。




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


華優希


こんにちは、カリーナです。


はなちゃん(華優希)がトップ娘役になってから、はなちゃんへのバッシングがとても強くなりました。

まぁこのブログでも、先日「喋り方をどうにかせい」と言ったばかりなのですが(笑)
ただ私は、はなちゃんトップ娘役について歓迎派なので、愛ある毒舌として受け取ってくださいませ。




さて、はなちゃんへのバッシングの内容は、おおむね以下の通り。
・可愛くない
・歌が下手
・踊りも下手
・スタイルが悪い
本人の実力に関係ないことなので自主規制。お察しください


『はいからさんが通る』の紅緒役、『ポーの一族』の時のメリーベル役の時は大絶賛されていたような印象だったはなちゃんも、トップ娘役になったらこの通り。
私は両作品とも好きなので、トップ娘役になったと聞いてもすんなり納得してしまったのだけれど、「トップ娘役となれば、また話は違う」ということなのでしょうか。




まず、「可愛くない」という意見について。
はなちゃんは、元の顔立ちがシンプルなので、とても化粧映えすると思うんです。
ものすごい美人とかではないけど、薄い顔だからこそ、メイクでどうにでもなるというか。
メリーベルは本当に西洋のお人形さんみたいだったし、紅緒はちゃんと日本人に見えた。
化粧が下手な娘役の人も結構いますから、メイク技術がそこそこあるのであれば問題ないのではないでしょうか?
ちなみに私は、はなちゃんはそこそこ可愛いと思ってる派です。そこまでブサイクとは思えないです。
次期トップ候補のカレーちゃんとも、相性バッチリだし。
ただ顔の美醜については、人によって感じ方が全く違うので、他の人から見たら本当にブサイクなのかもしれない。私の知り合いのヅカファン女性は「可愛くない」とバッサリでした。


次に、「歌が下手」という意見について。
確かに声が細く、音痴で、『はいからさんが通る』の時にはあの歌ヘタなカレーちゃん(柚香光)にも負けていました。でも逆に、歌ヘタ同士でうまくハモってました(笑)。いや、これは笑ったら駄目なのか……でも相性はいいんじゃないでしょうかね、色んな意味で。
『ポーの一族』のフィナーレであきら(瀬戸かずや)と大階段から降りてくる時も、はなちゃんの声がかき消えていました。あきらの声が大きいんじゃなくて、はなちゃんの声が小さくて細すぎるんです。
歌ウマのゆきちゃん(仙名彩世)の後に、歌ヘタのはなちゃんって、落差が凄くて余計に目立つのかも。ゆきちゃんならシーラの時みたいに歌いまくれるけど、はなちゃんだとソロで歌うのは絶対に無理そう。


「踊りも下手」という意見については、私はまだはなちゃんの踊りらしい踊りを見ていないので、何とも。。。
『EXCITER!!2018』の時は特別ドジをふんでる様子はなかったんですが、下手なのかな?
わりとシンプルな振り付けのものばかりだったので、判断材料にならず……。
これから見ていこうと思います。


「スタイルが悪い」という意見については、「はい、そうですね」と同意します。
『ザ・タカラヅカⅦ 花組特集』で全身写真を見た時に、ふくらはぎがすっごく太くて驚いたんです。
メリーベルや紅緒はスカート丈が長かったから、脚の太さはあまり目立ちませんでした。
しかし『メランコリック・ジゴロ』『EXCITER!!2018』の衣装は、スタイルがハッキリ見えるものだったので、「ああ、脚が太いだけじゃなくて、胴長短足なんだなぁ」と思いました。
あと、割と太ってますよね
『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』ではみりおとのデュエダンがあるはずですが、今のか細いみりおにはなちゃんをリフトすることができるのか?
そして、次期トップと思われるカレーちゃんは「リフトしまくりたい!」といつだか言ってましたが、あの重たそうなはなちゃんをリフトしまくれるのか!?
娘役の見た目というよりも、そっちの意味で心配です。
男役の腰が耐えられるのか!?!?

※私は真面目です。





色々文句を垂れましたが、それでも私は華優希トップ娘役歓迎派です。

じゃあね、反対してる人は、
一体誰がよかったの?????

と思ってしまうんですよ。
よく候補に挙がっていたひっとん(舞空瞳)は今さら言っても仕方ないにしても、はなちゃん以外にトップ娘役によさそうな娘役がいたのか?という話。

ちなみにひっとんは背が高すぎるので、花組のトップ&次期トップ候補には似合わなかったと思います。



じゃあ他に誰かいましたか?
はなちゃんよりも適任だと思う娘役。


私は、いないと思いました。
だから、消去法ではなちゃんになった。


これについては、私が花組娘役に抱えている大きな不満が関係してくるので、
「花組トップ娘役は、誰が適任だったのか?②」の記事に続きを書きたいと思います。
 




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

このページのトップヘ