Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:花組 > 水美舞斗

城妃美伶

こんにちは、カリーナです。

昨日公開した記事「城妃美伶がイヤな感じ!トップ娘役になれなかった理由は、強気で傲慢な性格にアリ」に、とても沢山の反応がありました!

城妃美伶さんのインタビュー記事が、プチ炎上したという内容の記事です。
皆さんも、あのインタビュー記事にモヤモヤしたものを感じていたんですね。


一番問題視されているのは、水美舞斗さんに対する「なれそうでなれない」という発言。
上級生に対して、とても失礼な失言でした。


城妃美伶さんは人気のある娘役でしたが、トップ娘役になれそうでなれないまま、惜しまれつつ退団しました。
退団後のしろきみちゃんは、仕事が次々に決まり、根強いファンがいて応援しているようでしたし、私もその一人でした。

しかし今回のインタビュー記事がプチ炎上。
数々の上から目線発言&失言のせいで、しろきみちゃんの株はかなり下がったようです…。




「なれそうでなれない」!各方面に失礼なパワーワード爆誕

城妃美伶さんのインタビュー記事で、多くの人が「んっ?」と引っかかったのは、“なれそうでなれない”という言葉だったようです。
「水美さんは主演になれそうでなれない時が続いて、その新人公演で待望の主演に抜擢されたんです。そのことはみんな知っていて。決まった時に水美さんへ『よかったね』と周りが号泣していたんです。水美さんがみんなに愛されて、おめでとうって言われている光景を見た時に、絶対にいい公演しなきゃいけないと思ったと同時に、『水美さんを引き立てて輝かせて、自分も輝きたい』と思ったんです」


この「なれそうでなれない」という言葉が、先輩に対する言葉としては不適切だとして、問題視されています。
結構、失礼な感じですよね…。
上級生が言うなら、なにも違和感はないのですが。


水美舞斗さんだけでなく、“なれそうでなれなかった”時に、実際に主演をはたした男役にも失礼です。
その人達は歓迎されてなかったのに…的な意味にとられる可能性もあります。
(当時の主演というと、芹香斗亜さん、柚香光さんあたりでしょうか)


Twitterで、柚香光さんのファンの皆さんが悲しんでいました…。


「私は舞台で声を潰したことがない」…柚香光のカレー事件は保留

私は昨日の記事の中で、『「私は舞台で声を潰したことがない」発言は、柚香光さんへのイヤミではないか』と書きました。

柚香光さんが喉を潰してしまったのは、しろきみちゃんも知っているはずなのに、こんなことを言うんですもの。
最初に読んだ時は「ええ…???」と思いましたし、ちょっとイラッと来ました。

また、しろきみちゃんが柚香光さんにカレーをふるまった(そして柚香光さんにフラれた?)エピソードを思い出したので、長々と記事を書きましたが、個人的にはそこまで重要視しているわけではありません。
少なくとも今は。


この通り、キノコカレーの件は萌え案件なので…。

「私は舞台で声を潰したことがない」発言がイヤミがどうかについては、ただの考えすぎかもしれません。
私が個人的にちょっとモヤッとしただけだし、多くの人は、この発言にはそこまで注目していないみたいです。

ということで、この件は保留。



反感を持たれてしまったのは大きな痛手

城妃美伶さんのインタビュー記事は、一部のファンからは「強い生き方で好き!」と好感を持たれています。
しかし、水美舞斗さんや柚香光さんのファンからは、反感を持たれてしまいました。
プチ炎上状態です。

贔屓に対して「なれそうでなれない」なんて言われたら、不愉快になるに決まっていますよね。
言霊というものがありますが、今後も「なれそうでなれない」ままになりそうな、不吉な感じがする言葉です。縁起でもない!


Twitterを見ていても、城妃美伶さんのインタビュー記事の感想は、マイナスな意見がチラホラと。
「余計なことを言わないでほしかった」
「水美舞斗さんの名前を出さないでほしかった」
「読んでいて辛くなる」
といった苦言が見受けられました。


城妃美伶さんは、今後炎上しないように、もう少し控えめな発言を心がけるようにした方がいいと思います…。
もともとは、トップ娘役になってほしいと言われる程度の人気はあったのですから。
(それこそ、なれそうでなれない感スゴかったけど)


今後の人気に、これ以上大きな影響が出ないといいですね。





皆様、いつも拍手をありがとうございます。



005b


20201016_1

こんにちは、カリーナです。

『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』(ナイスワーク)の出演者情報が、思わぬところから漏れちゃった!?

写真家の下村一喜先生のインスタに、出演者情報ともとれる情報が載っていました!

ナイスワークの先行画像の全体写真についての投稿だったのですが、、、
そこに付けられたジェンヌ名のハッシュタグの中に、水美舞斗さんの名前がなかったのです!

柚香光、華優希、瀬戸かずや…そしてその次は永久輝せあ
アレ?やっぱりマイティーが飛ばされてる!

やはり水美舞斗さんはDSがあるのでしょうか?
それとも無関係?




話題の投稿はこちら。

この投稿をInstagramで見る

天才演出家#原田諒  さんがお贈りします#宝塚 の新しい舞台。 NICE WORK IF YOU CAN GET IT が、来年1月9日から #東京国際フォーラムホールc そして、2月2日から #梅田芸術劇場メインホール にて公演されます。 トップスターを迎えての素晴らしい作品です。 是非、ご覧になってくださいませ。 💚💚まだ先なのですが、これから発表される、ポスタービジュアルは、とてもブッ飛んでて素晴らしいですよ💚💚💚💚💚💚💚💚💚💚 #柚香光 #華優希 #瀬戸かずや #永久輝せあ #宝塚花組 #宝塚#宝塚歌劇団 #takarazuka #broadwaymusical 撮影#下村一喜 #kazuyoshishimomura #photographer #写真家

写真家 下村一喜(@kazuyoshi_shimomura)がシェアした投稿 -




水美舞斗さんの名前がね…ないんですよ!

前々から同時期にDSとは言われていた(というかコロナがなければその予定だった)ので、何もおかしくはないのですが。

でも、今のところDSの日程は発表になっていないし。
かといって、聖乃あすかさんのバウに出るとは思えないし。


はて、これは一体、何を意味しているのやら…。



というかコレ、少なくとも、今回ハッシュタグになっている4人は出るっていうことでいいんですよね?

思わぬところで重大なネタバレ。
劇団さん、これ、大丈夫な投稿ですか…?

ほとんど予想していたメンバーではあるけど、事前バレはよろしくない。






sunscreen 2


れいまい

こんにちは、カリーナです。

昨日のタカニュで、花組トップコンビ&組長の稽古場情報(トーク映像)が放送されました。

柚香光さんのやる気は十分!充電満タン!!
「やったるぞ!」と元気に一言。
目がキラキラしていて、トップスター&男役スイッチがしっかりONになっている感じでした!

また、ワークショップでの話になると、突然のれいまいネタが。
同期ってやっぱり仲いいのね。





トークは、柚香光さん&華優希さん&高翔みず希さんの3人で行われました。
ソーシャルディスタンスを意識して、椅子がメッチャ離されていました。

「充電期間が沢山あったので…」という話になって、思わず苦笑してしまう皆さん。
充電期間には長すぎるほどでしたね!



さて、『はいからさんが通る』のお芝居のお稽古とは別に、ワークショップがあったそうです。
自身の役柄になりきって、アドリブで会話をするという内容でした。
柚香光さん、高翔みず希さん、水美舞斗さんが同じグループだったらしい。
(華優希さん、永久輝せあさんは別グループだったそう)

そこでのエピソードが、超れいまい。
柚香光さんには、本来組む予定だった相手役の人がいたそうなんです。
しかし柚香光さんの強い希望で、相手役を水美舞斗さんにチェンジ

どーしてもね、水美舞斗さんを相手に会話したかったみたいなんですよ。
「同期って本当に仲いいのね~」って思って、ニヤニヤしてしまいました
“だって、みなみと組みたかったんだもん!”みたいなこと言ってましたけど、トップスターらしからぬ可愛いワガママ

本来組む予定だった人は誰なのだろう?



昨日放送されたのがpart1だったので、今日はpart2でしょうか?
そちらも楽しみです。









ko_1


翼杏寿

こんにちは、カリーナです。

水美舞斗さんのお手伝いをしており、個性的な男役としても注目されている翼杏寿(つばさ あんじゅ)さん。

101期生で割と下級生なので、舞台での出番はまだ少なめです。
しかし『はいからさんが通る』の新人公演では、鬼島森吾役(本役・水美舞斗)を演じることが決まっています。大抜擢~!
※コロナの影響で、新人公演は中止になりました。残念…


しかし、私が注目したいのはソコじゃない!

翼杏寿さんは、水美舞斗さんのガチファンとしても有名です。

翼杏寿さんの言動を見ていると、水美舞斗さんのことが大好きなのがわかって、ホンワカします♡
どんな部分が注目ポイントなのか、ご紹介していきます♪




水美舞斗のブリドリにペアルックで参加!

スカステの番組『Brilliant Dreams#139「水美舞斗」~personal~』に、翼杏寿さんもゲストとして出演していました。

この時の服が、どう見てもペアルック!
ブルーの透け感のあるパーカーで、水美舞斗さんいわく「偶然にもお洋服が一緒だったんです」とのこと。
示し合わせて同じ服を着てきたわけじゃないんですね!?

ペアルックの写真はスカステのサイトでも確認できますよ。

この時のペアルックについては、水美舞斗さんが『宝塚GRAPH』2020年2月号でコメントしています。
写真も載ってましたが、やっぱり同じ服だ~!
水美舞斗さんが翼杏寿さんにプレゼントした服を、あんじゅがあえて着てきた説…?




あと、
・ゲーム中にマイティのことばっかり見てる
・トークの時は完全に“ただのファン目線”
…なんかもうスゴイ。


まだこの番組を見ていない方&マイティばかりに注目していた方は、次に見る時は翼杏寿さんに注目してみてください!!



『DANCE OLYMPIA』稽古場映像では水美舞斗を見てニコニコ!

『DANCE OLYMPIA』の円盤には、特典として稽古場映像がついてきます。
その稽古場映像に映りこむ翼杏寿さんにも大注目です!

水美舞斗さんのお手伝い(お付き)をしているので、常に水美舞斗さんの近くに座っています。

音楽に合わせてリズムをとるクセがあるのか、柚香光さんなどが踊っている時は、それを見ながら体を揺らしたり、頭を動かしたりしていました。

しかし、水美舞斗さんが踊る場面になると…!?

なんというニッコニコ具合…!
満面の!笑み!!です!!!
もともといつもニコッとしてる感じの顔なんですけど、この時はお目目もキラキラ

“ただのファン”が稽古場に紛れ込んでるみたいになってて、なんかスゴイし可愛い。
Blu-rayを持っている方は、稽古場映像の後ろ側もしっかり見てみてください!



好きだった役は「Senhor CRUZEIRO! 」(セニョールクルゼイロ)の全て!!!

あと個人的にビックリしたのは、宝塚公式のプロフィールページを見た時に発見したコレ。

好きだった役の欄に、“「Senhor CRUZEIRO! 」の全て!!!”って書いてあります。
(※2020年6月現在)



『Senhor CRUZEIRO! 』は、皆様ご存知の通り、水美舞斗さんが主演の舞台です。

そうか…、そんなにマイティーのことが好きか。
下級生だと、だいたい「今迄いただいた役全て」とか書いてありますけど、こんな部分にも水美舞斗さんへの愛が溢れております。




水美舞斗のファーストフォトブックにもしっかり登場♡

水美舞斗さんのファーストフォトブックにも、翼杏寿さんがしっかり登場しております。

最初にフォトブックを見た時は「この下級生は誰だろう?」と思ったんですが、のちにマイティーのファンの子なんだと知りました。

本の後半にある、海の写真にご注目。
やっぱりここでも満面の笑み!です!!








翼杏寿の「水美舞斗ラブ」な言動に今後もご注目

タカラジェンヌといえば、歌やダンスなどの技術に注目がいきがち。
もちろんそれも大切なのですが、タカラジェンヌの言動などの中身に注目するのも、楽しみ方のひとつですよね。
また、タカラジェンヌ同士の仲良しエピソードを聞くのも楽しいものです。


翼杏寿さんは、“水美舞斗さんのファン”として、かなりイイ味出してます。
しかもファンっぷりが本気すぎて、見てるとホンワカしますよ♡

これからも、翼杏寿さんの「ガチファンっぽい言動」に注目していきたいと思います♪






1C790C23-4088-47B6-9686-ACA223890358_2


水美舞斗

こんにちは、カリーナです。

毎日チェックしている色紙メッセージ。
花組ファンとしては「水美舞斗さんはまだかいな」という感じだったんですが、今日ようやく水美舞斗さんが指名されました!

紫藤りゅうさん→水美舞斗さん→さてその次は…!
何となく予想していた、あの人が登場です



紫藤りゅうさん。



水美舞斗さん。




ダンオリの直後はげっそり痩せていたような印象だったんですが、少し頬がふっくらしたような?
お休み期間に健康的になったような気がします。
痩せすぎの時よりも、今の顔のほうが好きだな

明日は、花組から星組に組替えになった、綺城ひか理さんです!
その次は、また娘役のターンかな?






ACEBDD9F-6255-42D4-8FBF-82CD965FCA6A


このページのトップヘ