Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:花組 > 水美舞斗

水美舞斗

こんにちは、カリーナです。

『宝塚1stフォトブック2019 水美舞斗(DVD付) 』を読んだので、つらつらと感想を書きます。

見ていて楽しいオフショット、足のアザ、ヤンさんとの対談……見所がいっぱいです!




水美舞斗のクール&妖艶な写真がいっぱい!

フォトブ紹介の動画を見た時は、プールということで「ちょいハジけ気味な写真が多かったりする?」と思ったんですが、全体的にクールで妖艶な写真が多いと感じました。
プールのは普通にカッコよかった&しろきみちゃんが綺麗すぎた♡

でも当然、明るい雰囲気の写真もあります♪
同期の真鳳つぐみさんや、次期副組長の冴月瑠那さん達と一緒に海で遊んでいる写真が、個人的にお気に入り!下級生から上級生までが一緒にワチャワチャしてて、とても楽しそうです(*´ω`*)みんなカワイイ!

聖乃あすかさんとのツーショットを見た時は、ちょっと驚いて一回パタンと本を閉じました。そうよね、顔面偏差値高めの方には、顔面偏差値の高いジェンヌを相手役にしなきゃって、誰でも考えるよね……。聖乃あすかさんのこういう化粧は、初めて見たかもしれません。

水美舞斗にもホクロはある(重要)&足のアザに注目

マイティーの顔を見ていて「ホクロ全然ないな、人形みたいな肌だな」って思っていたんですが、とあるショットにマイティーのホクロが!写ってました!!

ちなみに私はホクロスキーなので、ホクロを見つけるとテンション上がる派。

↓関連記事↓


あと、大書道の写真では、足元にご注目。ダンサーによくある足のアザが、修正なしで写ってます!

バレリーナなんかも、踊りのせいで足にアザができるそうです。あんなに踊りにくそうな靴を履いて、激しいダンスをするんですもの。このアザはまさに男役の勲章!!

それにしても大きなアザで、痛そうに見えましたが、そういうのを表情に一切出さずに踊り続けるのはやっぱりスゴい!
男役さんは、みんなアザがあるのかな~? それともダンサータイプの人だけ?




オフショットの中身がとても濃い♡

フォトブ恒例のオフショットですが、見やすくて、すごく色々な写真があるなぁという印象です。

たとえば柚香光さんのフォトブは、正直見にくい写真が多めでした。「カレーちゃん、どこに写ってるの?」的な集合写真とか(本人が豆粒)、「一緒に写ってるの誰?」とか、ピンボケとか。。。
朝美絢さんのフォトブは、音高時代の写真が結構多めだと思います。

それと比較すると、水美舞斗さんのオフショットは「誰と映っているか」「どれが本人か」が分かりやすい鮮明な写真が多くて、ストレスがないです。顔アップも多め。シチュエーションもバリエ豊富で、見ていて楽しいです!

95期と一緒に写っている写真が結構多くて、嬉しくなりました♡

すっごく気になったのが冴月瑠那さんとのツーショットなんですが……あのワンちゃんの謎の笑顔?に「フフッ」てなりました。るなさんの愛犬かしら?良い表情してるわ~。

水美舞斗はまだまだ発展途上?

ヤンさん(安寿ミラ)との対談がとても楽しみだったんですけど、相変わらずのズバズバ発言で、色んなことを暴露されてしまったマイティー(;´Д`)
詳しくは、フォトブを買ってご覧ください。




ヤンさんが色々と言いたい放題だったけど、一番気になったのは「まだ発展途上」というヤンさんからの評価。これって一見すると悪口みたいだけど、逆に言うと「まだまだ伸びしろアリ!!」という評価をされているってことでは?

伸びしろが無い、と言われるのが一番キツイと思います。ヤンさんなら言いかねない。

水美舞斗の魅力が詰まったフォトブック


100の質問のコーナーでは、マイティーの趣味嗜好や生活について徹底解剖!わりと謎に包まれていた部分が、一気に明かされるかも?

でも、マイティーおすすめの美容法は、一般人には試せないなと思いました。それ、もともと肌が綺麗な人だけが試せるやつやで。(ていうか毎朝その方法で、入りの時にあの肌なのかしら!?なかなか凄い)

色んな驚きと魅力が詰まったフォトブック。おすすめです。



※素朴な疑問※
フォトブの自己紹介のところ、愛称が「みなみ、マイティ」になってるんですが、宝塚公式のプロフィールだと「マイティー」になってるんですよ。どっちが正解なんでしょ?



※コメント欄は承認制です。


↓ブログ更新の励みになりますので、「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




0d6a2ceaed115e9756df145501d0081a_s

こんにちは、カリーナです。

昨日アップした記事を、本日の夕方ごろに非公開にいたします。





今後の記事執筆の参考にしたいので、ご意見を募るための記事でしたが、予想以上に様々なご意見をいただけました。本当にありがとうございます。

急に記事を削除すると、まるで証拠隠滅(?)のようなので、とりあえず予告だけしておきます。

一応コメントに返信もさせていただきましたので、コメントされた方で、まだ返信を確認されていない方はご覧になってください。



一応結論としましては「言葉のチョイスに気を付けつつ、ほぼ今まで通りに更新する」に落ち着きました。まぁ、どの程度気をつけられるかは分からないし、人の数だけ地雷があるので、完全に安心安全な言葉なんてないんだなぁ、と。


とりあえず言っておきたいのは、特定のジェンヌさんを見下しているつもりは、私には一切ないということです。



このブログの運営方針は初めから変わらず、“わりと直球ストレート”なので、そのへんを楽しみにしてくださる方は、今後もブログを見に来てください。

どうぞよろしくお願いいたします。


【追記】
思わぬ励ましのメッセージもいくつかいただいてしまいました。ありがとうございます。



↓ブログ更新の励みになりますので、「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




水美舞斗

こんにちは、カリーナです。

今さら宝塚GRAPH9月号の話なんですけど、水美舞斗さんのことでずっと引っかかっている部分があって。

もしかして水美舞斗さん、あんまり体調がよくなかったりするんでしょうか?




水美舞斗は意外と繊細?

気になったのは、「ふらっと」の記事の、瀬戸かずやさんと水美舞斗さんのお話の内容です。

「お互いへ…」という見出しの部分で、瀬戸さんがこんなことを言い出します。

瀬戸 (中略)私は…体を心配しています。意外と繊細なんだよね。

水美 こう見えて(笑)。

瀬戸 キン肉マンでいつも元気200パーセント!みたいなイメージがあるのに。
引用元:「宝塚GRAPH」9月号 p22


何てことのなさそうな会話ですけど、「体が心配」って、わざわざ誌面で言うことかな?って思って。

舞台人って、体が強くないとやっていけないみたいな部分があるじゃないですか。体が心配だとわざわざ言うってことは、それだけ深刻ってこと?

しかもそれって、水美舞斗さんの、ある意味では弱みですよね。
普通はそういうのは隠すと思うんですけど、なぜわざわざ言わなきゃいけなかったんだろうなぁって。

その後、水美舞斗さんはすぐに別の話題に移ってしまっているし。話題逸らしにも見える。


かといって、瀬戸かずやさんが意地悪で言ったようには思えないんですよね。
水美舞斗さんにとっては弱み?で、あんまり言ってほしくなかったことなのかもしれないけど、それでもあえて言った感があるような……気が……。

何も心配はいらない…と思いたい

「実は繊細」系のジェンヌは結構いると思うんですけど、繊細の度合いによっては結構やばい気がします。メンタルに来やすいタイプならなおさらです。

なんだかうまく言えないけど、モヤモヤした気分になりました。

わざわざ言うくらいなんだから、それだけ繊細度がヤバくなってきてるのかな、とか。
瀬戸かずやさんの言い方だと、「元気のない日が結構ある」というふうに聞こえるんです。私だけでしょうか。

水美舞斗さんはただでさえ今後どうなるか分からないポジションだし、先日のカレンダーの件もあります。

何もないといいんですけど……。

↓関連記事↓
実は繊細…次期トップ柚香光の本当の姿と舞台への想い【インタビュー記事】






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


水美舞斗

こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇団2020年版カレンダーの続報がありました。各ジェンヌたちの掲載月が明らかに!

ちょっと気になる月のジェンヌがいたので、書いていこうと思います。





宝塚2020年版カレンダーの詳細

カレンダーの掲載月などの詳細が、公式より発表になりました。

株式会社宝塚クリエイティブアーツでは、宝塚歌劇のスターが勢揃いする、恒例の「宝塚スターカレンダー」「宝塚スター卓上カレンダー」「宝塚卓上カレンダー」「宝塚ステージカレンダー」「宝塚パーソナルカレンダー」「宝塚パーソナル卓上カレンダー」「宝塚ポスターカレンダー」を今年も発売いたします。詳細は下記の通りです。  
 

(1)宝塚スターカレンダー
◎発売日 11月15日(金)
◎規格 B2判/13枚(表紙とも)
◎価格 1,650円(税込)
◎掲載メンバー(計16名) ■下線は今回初登場者
[表紙]華優希舞空瞳
[1月]真風涼帆
[2月]礼真琴
[3月]真彩希帆
[4月]柚香光
[5月]愛月ひかる※・美園さくら
[6月]轟悠
[7月]瀬戸かずや・星風まどか
[8月]望海風斗
[9月]月城かなと
[10月]芹香斗亜
[11月]彩風咲奈
[12月]珠城りょう

(2)宝塚スター卓上カレンダー
◎発売日 11月15日(金)
◎規格 A5判/13枚(表紙とも、片面仕様)
◎価格 1,300円(税込)
◎掲載メンバー 宝塚スターカレンダーと同一です。
※宝塚スターカレンダーと同写真・同月の掲載となります。

(3)宝塚卓上カレンダー
◎発売日 11月15日(金)
◎規格 A5判/13枚(表紙とも、両面仕様)
◎価格 900円(税込)
◎掲載メンバー(計24名) ■下線は今回初登場者
[表紙]コラボレーション
[1月]桜木みなと
[2月]優波慧・夢奈瑠音・紫藤りゅう※
[3月]朝美絢
[4月]瀬央ゆりあ
[5月]綾凰華・天華えま・帆純まひろ・風間柚乃
[6月]瑠風輝
[7月]暁千星
[8月]綺城ひか理※・蓮つかさ・留依蒔世・飛龍つかさ
[9月]永久輝せあ※
[10月]和希そら
[11月]聖乃あすか・極美慎・縣千・鷹翔千空・彩海せら
[12月]水美舞斗

(4)宝塚ステージカレンダー
◎発売日 11月15日(金)
◎規格 A2判/13枚(表紙とも、リング式・両面仕様)
◎価格 1,650円(税込)
◎掲載メンバー(計28名) ■下線は今回初登場者
※[掲載頁]A面/B面
[表紙]永久輝せあ※・華優希瑠風輝舞空瞳
[1月]望海風斗/芹香斗亜
[2月]珠城りょう/愛月ひかる※
[3月]凪七瑠海/彩風咲奈
[4月]礼真琴/轟悠
[5月]真彩希帆/柚香光
[6月]鳳月杏/星風まどか
[7月]美園さくら/彩凪翔
[8月]瀬央ゆりあ/桜木みなと
[9月]華形ひかる/朝美絢
[10月]真風涼帆/瀬戸かずや
[11月]月城かなと/和希そら
[12月]暁千星/水美舞斗

(5)宝塚パーソナルカレンダー(全11種類)
◎発売日 11月22日(金)
◎規格 B4判/8枚(表紙とも)
◎価格 700円(税込)
◎発売メンバー ■下線は今回初登場者
[専科]轟悠・愛月ひかる
[花組]柚香光・瀬戸かずや
[月組]珠城りょう・月城かなと
[雪組]望海風斗・彩風咲奈
[星組]礼真琴
[宙組]真風涼帆・芹香斗亜

(6)宝塚パーソナル卓上カレンダー(全6種類)
◎発売日 11月22日(金)
◎規格 15cm×15cm/13枚(表紙とも)
◎価格 700円(税込)
◎発売メンバー ■下線は今回初登場者
[専科]轟悠
[花組]柚香光
[月組]珠城りょう
[雪組]望海風斗
[星組]礼真琴
[宙組]真風涼帆

(7)宝塚ポスターカレンダー(全6種類)
◎発売日 11月22日(金)
(本商品はキャトルレーヴ各店および通信販売での限定販売商品となります。)
◎規格 A3判/1枚(両面仕様)
◎価格 500円(税込)
◎発売メンバー 
[専科]華形ひかる・凪七瑠海
[月組]紫門ゆりや・鳳月杏
[雪組]彩凪翔
[星組]天寿光希

※専科の愛月ひかるは星組へ(2019年11月1日付)、花組の綺城ひか理は星組へ(同11月25日付)、雪組の永久輝せあは花組へ(同11月11日付)、星組の紫藤りゅうは宙組へ(同12月23日付)、それぞれ組替えいたします。

(発売日等は変更となる場合がございます。)





水美舞斗が2種類のカレンダーで12月の理由って?

Twitterでファンの声を見ていたら、水美舞斗さんが12月なのが気になるという方ががチラホラ。

水美舞斗さんは「宝塚卓上カレンダー 」「宝塚ステージカレンダー」の両方で12月なんです。

トップで〇月掲載とかだと、なんとなく任期が分かってしまいますよね。

でも水美舞斗さんは、まだ番手が付いていないしトップでもないので、「2020年で退団?」「もしかして餞別?」と心配したり、勘ぐったりする必要はないと思います。

でも確かに、2つとも12月というのは気になります。何かあるんでしょうか???

珠城りょうと真風涼帆はいつまでトップ?

“トップで〇月掲載とかだと、なんとなく任期が分かってしまいます”と言いましたが、分かりやすい例が月組トップの珠城りょうさん。12月です。

あくまで目安でしかありませんが、これだけでいくと、2020年以内に辞めることはなさそうです。

また、宙組トップの真風涼帆さんも10月なので、2020年以内はまだ退団しないのかも。

↓関連記事↓
真風涼帆のプロフィール&エピソード!本名、愛称、出身地、誕生日、身長、性格、成績などをご紹介【ジェンヌ名鑑】

個人的に怖いカレンダーの話

好きなジェンヌが出てるカレンダー全部買うと、すごい金額になるプルプル(((;゚д゚;)))プルプル

買います……買いますけど……。出てくれるだけ有り難いというか、こんなに出してくれてありがとう状態ですけど。

仕事机に贔屓の写真を置くと仕事が手につかなくなるので、今は置いてないんですが、今年はトップ就任記念にとうとう仕事机用の卓上カレンダーも買っちゃおうかしら。
仕事しながら死にそうですけど。

カレンダーはあくまで目安

カレンダーの掲載月だけでスターの今後が明確になるなんてことはありません、あくまで目安です。でも、その目安が半分くらいは当たってしまうのが宝塚カレンダー。

各スターの今後が気になります。

↓関連記事↓






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


水美舞斗

こんにちは、カリーナです。

最近、水美舞斗さんのファンの間で「マイティーを引き立て役にしないで」とか「サポート役にさせないで」という意見をよく聞きます。

確かに、今後の水美舞斗さんの花組内での立ち位置や使われ方は、とても気になるところです。

そこで、水美舞斗さんの今後について、ちょっと考えてみようと思います。




まず今回の記事の前提ですけど、「水美舞斗さんが花組に残る」ということで進めていきますね。

水美舞斗さんの今後については、まだ何も分かっていない状況です。2番手になる説もありますし、組替え説もまだまだ飛び交っています。公式でまだ何も言われていないので、全て憶測ですが……。

ただ私自身が、水美舞斗さんの組替え反対派なのと、できれば柚香光さんとのコンビで活躍してほしいな感があったりするので、「水美舞斗さんは花組に残る」という前提で押し通します。

↓関連記事↓

今後は柚香光のサポート役になる可能性が高い

私の知人が水美舞斗さんのファンなのですが、しきりに「マイティーはトップスターにはなれないのかな」とか、「ずっと誰かのサポートばかりするのかな」と言っていました。
確かに現状では、水美舞斗さんは“サポート役”という印象が強いです。

分かりやすいのが『EXCITER!!2018』で、一応2番手扱いでしたが、どう見ても柚香光さんのサポート役でした。歌が苦手な柚香光さんのサポートですね。
和海しょうさんやその他先輩たちもサポート役にまわっている印象でしたが、同期かつ2番手扱いで出番も多めだった水美舞斗さんは、余計にそのイメージが強めでした。

次期トップスターが柚香光さんに決まった今、あの『EXCITER!!2018』が、そのまま花組の未来の姿になったとしても何もおかしくありません

そして仮に2番手や3番手ならば、歌が苦手なトップスターを支えるようになるのは仕方のないことですが、水美舞斗さんファンから見れば「マイティーをいいように使わないで!」と言いたくもなるような状況でしょう。

水美舞斗と柚香光には同等感が欲しい

さて、先ほど「できれば柚香光さんとのコンビで活躍してほしい」と書いたんですけど、これはそれ以上でもそれ以下でもないそのまんまの意味です。

トップスターとか2番手とかはあんまり関係なく、“同期コンビ萌え”とか、あるじゃないですか。
わざわざ『メランコリック・ジゴロ』を2人にやらせたのは、ヤンミキ人気の時のように、この2人もコンビで人気を出したいっていう劇団側の思惑が透けて見える気がします。

しかしこの同期コンビ萌えって、片方をサポート役にしてしまうと、コンビ感が崩れるんですよね。サポートの役割が実際はあるにしても、いかにもなサポート感を出されてしまうとコレジャナイ感が出る。

スターシステムである以上は、トップスターと同等になることは無理なのですが、せめて表向きだけでも同等になるというのが理想です。つまり、水美舞斗さんをいいように使っている感を出さない、ということですね。

(一番いいのは、水美舞斗さんを便利なように使うの自体を止めるっていうことなんですけど…)

水美舞斗を引き立て役にしても誰も得しない

さて、再び私の知人の話です。
その知人は「サポート役」以外にも、「引き立て役」という言葉も使っていました。
知人の意見ですが、『マイティーはダンスが上手だけど、ダンスの名手というわけではない。だからカレーと並ぶと、カレーの引き立て役のように見えてしまう』とのこと。

そもそも柚香光さんと水美舞斗さんのダンスは、個性が全然違います。
柚香光さんは、基本をすっ飛ばして、自分のセンスだけでノリノリで踊る“魅せるダンス”
そして水美舞斗さんは、基本がしっかりとしていて、きっちりと踊る“優等生ダンス”

同じ振り付けでも、この2人が並んでいると、踊り方がまったく違うのがよく分かります。

水美舞斗さんのダンスは、悪い言い方をすると「普通のダンス」。知人いわく、その踊り方の個性のために、水美舞斗さんが「派手ダンス」の柚香光さんの引き立て役に見えてしまうとのこと。(あくまで個人の感想なので、人によると思いますが…)

もしそれが劇団側の思惑なのだとしたら、「それ、誰も得しないんですけど!」と、カレーちゃんファンの私は思います。柚香光さんファンにしてみたら、「誰かと比べなくても、踊りはそれぞれ魅力的だ」と思うし、水美舞斗さんファンにしてみたら、「マイティーがいいように使われている」としか思えない状況なのですから。

ファンによるただの思い込みなら仕方がないですけど、ファンにそのように思わせてしまった時点でダメだと思います。

「水美舞斗」として輝けるような未来を希望

柚香光さんのお披露目に、水美舞斗さんが出演するか否かで、ファンは複雑な思いを抱いているようです。

出演するとなったら、またいいように使われるだけなのではないか。
でも、出演しなかったらしなかったで、それも嫌。

私はできれば出演してほしいなと思いますけど、サポート役に徹するのは目に見えているので、悩ましいところです。

“水美舞斗”が“水美舞斗”個人として輝けるような舞台が、今後用意されることを期待しています…!

↓関連記事↓
花組『DANCE OLYMPIA』出演者決定…水美と永久輝は分けないの?




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

このページのトップヘ