Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:宝塚OG(現役時代の記事含む) > 乙羽映見<OG>

乙羽映見

こんにちは、カリーナです。

2019年に退団した、元花組娘役の乙羽映見さん。
抜群の歌唱力が高く評価されていて、今でも退団を惜しむ声が聞かれます。

私は「あんなに歌が上手いのだから、外部の舞台ですぐに活躍なさるのだろう」と思っていました。

でもその後、外部の舞台に出たという情報は見かけません。
また、SNSを開設したという話も聞かないのです。

乙羽映見さんの今後について、とっても気になっております。




乙羽映見は実力派の娘役だった

乙羽映見さんは96期生で、入団時の成績は5番。
成績の数字が全てではないと思いますが、実際に乙羽映見さんは、歌もダンスも得意でした。

キビキビ踊れるタイプで、魅せ方も上手。
特に歌唱力に定評があり、『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』では、プロローグから神がかった歌声を披露してくれました。
それだけでなく、お芝居の時の、娘役らしい仕草が綺麗だったのを覚えています。
ですので、成績上位なのも納得の実力の持ち主だったのです。

身長は165cmで、娘役にしては少し高身長。
しかしその分スタイル抜群で、容姿も整っていたと思います。

乙羽映見の退団後の情報が全くない!

乙羽映見さんは、明日海りお退団公演である『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』で退団しました。

同時に退団した娘役は、芽吹幸奈さん、白姫あかりさん、城妃美伶さん。
この3人はSNSアカウントを開設しており、近況を知ることができます。
皆さん、ちょくちょくお仕事もされていて、退団後の活躍を知ることができているのです。


しかし乙羽映見さんは、私が調べた限りでは、SNSのアカウントが開設されていません。
また、外部の舞台に出たという話も聞きません。


せっかくの歌声やダンス能力を、そのまま眠らせておくのは、とてももったいないと思いますが…。
もしかしたら、今後は芸能活動をしないのかもしれませんね。




乙羽映見の今後については情報を待つしかない

私は「あれだけ色々できるのだから、舞台などで活躍なさるに違いない」と勝手に思っていました。
でも、退団後に芸能活動を一切やらない人もいるし、そのまま家庭に入る人だっています。
舞台に戻ってくるかどうかは、誰にも分からないんですよね。。。

まぁ、まだ退団して1年も経っておりませんから。
そのうち、新たな情報が入ってくるかもしれません。
その日を待ちたいと思います。





↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ



仕事&転職の悩み聞きます。将来のためのタロット占い




Schoess1029_2



33389dcf13ef49a60f25cf3dbb7bc453_s


こんにちは、カリーナです。

乙羽映見さんの退団が発表になりました。


96期といえば、娘役が大豊作だと言われた年です。
皆様ご存知の通り、96期から、何人ものトップ娘役が生まれました。
そんな中で、彼女はそこまでスポットライトの当たる娘役ではなかったかもしれません。

でも、サスペンス・コメディ『メランコリック・ジゴロ』では、眼鏡の似合う上司・イレーネ役を演じていて、面白演技で笑いを取っていました。眼鏡が似合う子だな~、お姉さん系キャラなのかなと思って見ていました。
また、『EXCITER!!2018』では長時間頑張って歌い続けていた姿が印象的でしたし、ダンスがキレッキレで「こんなに踊れる人なんだ!」と驚いたものです。

良く通る声で舞台向きだと思いましたし、スタイルの良い娘役さんでした。
これからどうなっていくのか、ちゃんと見ていきたいなと思っていました。



また、カレーちゃん(柚香光)ファンの間では、カレーちゃんとよくお喋りしている娘役としても有名だったのではないでしょうか。
ファーストフォトブックのメイキングDVDの中で、メイクの時に席が隣なことや、本番前などによくお喋りをしているということを話されていたのです。
きっと、カレーちゃんもショックだと思います。誰の退団でも寂しい気持ちはあると思いますが、長いこと身近にいた下級生って、特別な思いがあると思うんですよね。


もうちょっと劇団に残って、そのうち“脇を固める実力者”ポジションに行くのだろうと思っていたので、退団と聞いて正直驚きました。
本人が決めたことなら仕方のないことですが……。


今まで、お疲れ様でした。
今後の活躍に期待しています。



↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

このページのトップヘ