Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ: 演目別感想

マスカレード・ホテル

こんにちは、カリーナです。

宝塚花組・瀬戸かずやさん主演『マスカレード・ホテル』をスカステで見たので、感想を書きます。

原作が有名なので、ストーリーの面白さは安定していました。
2番手ポジの飛龍つかささんは意外とコメディ系の演技が合っていて、登場するたびに思わず笑いが


ヒロインの朝月希和さんとのラブロマンス、音くり寿さんの怪演など、ストーリー以外も見所満載!
(組長・さおたさんのクレーマー役も評判通りスゴかった)


おかしな宿泊客がどんどんやって来る…!
盛りあがるシーンが多くて、非常に楽しめました

【犯人などのネタバレあり】




宝塚版「マスカレード・ホテル」、ストーリーは安定の面白さ

私は原作未読で、宝塚版の『マスカレード・ホテル』を見ました。
映画版は、テレビで放映していたものを、ほんの少しだけ観ました。

“殺人事件の捜査をホテルで行う”というストーリーですが、本編に殺人シーンはありません。
今までに既に殺された人が3人いて、4件目の殺人が「ホテル コルテシア東京」で起こる可能性が…という流れ。

場面はほぼ、「ホテル コルテシア東京」内です。
フロント、客室、街中、警察署の会議室くらいですね。

ぶっちゃけ舞台上で本格推理モノをやられても、頭に入ってこないんですが、「ザックリ何となくの流れが分かれば大丈夫!」という感じで、サクサクと物語が進みます。
トリックとかアリバイとかが初見では理解できなくても、あまり支障はありません。
(何故かというと、私自身があまりよく理解できなかったから…だ!)

瀬戸かずや&朝月希和はハマり役!

主演の瀬戸かずやさんは、さすが男役歴○年というか、キムタクが演じたあの役を“あきら版・新田浩介”として完全にモノにしていました。
キムタクの演技を参考にしたそうですが、完璧なコピーではないのがよかったです。

朝月希和さん演じる山岸尚美は、優秀な女性フロントクラーク。
“優秀な”というところが結構難しいと思うのですが、ひらめちゃんは元々キビキビしたイメージがあるので、役にぴったりハマっていたと思います!


主演や主演コンビが目立たない(出番が少ない)舞台がたまにありますが、『マスカレード・ホテル』は、主演の2人の出番がとても多いと感じました。
うん、こうあるべきよね。




飛龍つかさは出番少なめ&インパクトは大!

2番手ポジの飛龍つかささんは、新田の相棒・能勢刑事役
原作では中年らしいのですが、宝塚版は年下設定で、かなり若いぞ!

2番手のはずですが、意外と出番は少なめでした。
主人公をバディとして慕っていて、大事な場面にはきちんと出てきますが、「あんまり出てこないし、歌わないな…」という感じ。

フィナーレでは歌唱力を存分に発揮していましたが、本編ではほとんど歌わず!
せっかくの歌ウマさんなのに、もったいない

しかし、飛龍つかささんの役はセリフが多いし、思わずクスッと笑ってしまうようなシーンが多いんですよ!
能勢刑事が登場すると、観客席から思わず笑い声が
個人的には、ホテルの部屋にホワイトボードを用意させてたシーンが最高でした!!
出番は少なかったけど、意表を突くような言動が多めで、インパクトはとても大きい役でしたね。

難しい台詞が沢山ありましたけど、飛龍つかささんは滑舌がとてもいいので、全くハラハラしませんでした

音くり寿、狂気の怪演!歌唱力と演技力の融合

『マスカレード・ホテル』の公演期間中、すごく話題になっていたのが、音くり寿さんの怪演です。

ネタバレをしましょう。
事件の犯人は、音くりちゃんです!!
(まぁ、ほとんどの人が知ってるか、、、)

老婆役→犯人の女役の演じ分けが、まずスゴイ。
そして正体が分かり、山岸尚美(朝月希和)を殺そうとする時の歌が!!
狂気じみた台詞まじりで、とにかく大迫力でした…!!

マスカレの中でも、一番の見どころと言っても過言ではないでしょう。

宝塚初心者にもおすすめできる面白い演目でした

舞台は現代日本ですが、宝塚お得意のドレス+謎の仮面のシーンもあって、まさに“宝塚版マスカレ”。
音楽もとても印象的で良かったし、退屈しないストーリー展開で、かなり面白かったです!


ラストは、あきら&ひらめちゃんのラブロマンスっぽい感じで終わり♡
これは映画版でもそうでしたが、宝塚版は特に強調されていたと思います。

気になる方は、ぜひ観てみてください
スカステに入っていない方は、ぜひ円盤をどうぞ!





ilka - 炎上しない優しいSNSアプリ iphone / android




otonari


柚香光

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』、東京の観劇レポ&感想その⑤(レポ最後)です。

今回は、感想まとめ!
11月15日が千秋楽か…もう観劇してから結構たつのね

まだまだ、観劇したあの日の夢から覚めておりません。
できることなら、もう一度ナマ少尉を拝みたかった…!
追いチケできるなら、とっくにしてました!!

今までに書いた感想の他にも、こまごまと言いたいことがあるので、感想をザックリまとめます!!




追いチケするファン急増!チケット完売おめでとう

私がモタモタと観劇レポを書いている間に、チケットが完売したという情報が入ってきました。(もう結構前の話ですが)

追加でチケットを買うことを「追いチケ」と呼ぶそうです。
もともと舞台などでは「追いチケ」という言葉が使われていたみたいですが、最近は特に宝塚ファンが頻繁に使っているみたい。

もっと言うならば、『はいからさんが通る』は、追いチケした人がすごく多かった様子!!
だから公式もチケトレも、チケットが売れたんでしょうね。

『はいからさんが通る』はとても素敵だったので、“追いチケ”するファンが続出するのも納得
もう日数がないので、今から追いチケするのは難しそうだけど…


『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』への期待が高まった!

私は『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』について、東京で公演しない予定だったのもあり、まったく興味を持っていませんでした。

しかし『はいからさんが通る』を見たら、
『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』も観たい!!
と、メッチャ思いました!
東京でも上演が決まって、運がよかった~


ナマ少尉をもう一度観たい…のは山々ですが、この気持ちのままナイスワーク観に行けばいいんでない?
結局は演目ではなく、贔屓に会えれば何でもいいのねワタシ…

ナイスワークは公演期間がとても短いので、チケットとれるかどうかも不明ですが、できれば観に行こうと思います!

見事な心変わりを体験させてくれる柚香光パワー




普段は目立たない下級生が目立った!

東京公演は下級生が2つのチームに分かれていたので、その分、普段は出番の少ない下級生の出番が増えていました。
そのおかげで、いつもはなかなか見つけられない下級生も、バッチリ見つけることができました!

タカニュか何かで柚香光さんが「A日程とB日程に分かれるが、ひとりひとりの顔がよく見える舞台」的なことを言っていたのですが、まさにその通り。

コロナ禍の中で仕方なく…のチーム分けですが、デメリットばかりではありません。

もう一度観たい!素晴らしい舞台

正直言えば、『はいからさんが通る』は、もう一度観に行きたかったんです

私は前から、はいからさんの再演には反対しまくっていましたが、それでも今回は「是非もう一度」と思いました。
コロナ禍でなかなか贔屓に会えず、飢餓状態だったのも大いに影響していますが、素晴らしいと感じたのは確かです。


今からでも観に行けるなら行きたいですが、コロナだし、今後の遠征費用も貯めないといけないから、無理ですけど…。


まぁ、名残惜しいくらいがちょうどいい!…のかもしれない。
「観に行って損した」というのが一番アカンやつです。
はいからさんは、「ああ、見れるものならもう1度観れたらよかったわ…最高だったわ…」と、いつまでも余韻に浸り続けられるのです。


その余韻に浸ったまま、『はいからさんが通る』のBlu-rayを観ようと思います。



コロナで色々あったけど、結果的には最高のお披露目になったと思います

柚香光さん、花組トップスター就任、おめでとう~!!!









観劇レポをここまで読んでくださり、ありがとうございました。




mupan



柚香光

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』、東京の観劇レポ&感想の番外編!
レポ&感想⑤の更新よりも先に、番外編のほうを先にアップしちゃいます。
(というか、観劇してからかなり時間たっちゃった

今回は、日比谷シャンテで展示されていた衣裳&小道具の写真です!
とっても素敵でした~




日比谷シャンテに、柚香光さん&華優希さんの衣裳が展示されていました

こちらは去年のタカスペの衣裳。
12月にスカステで放送されますね~。

IMG_2162

キラキラまぶしかった!
超カッコいいですね


IMG_2163

いつも思うんですが、娘役さんの衣裳の時、もうちょいカワイイ感じのマネキンにできないのかな。
マネキンが男性にしか見えなくて



こちらは『DANCE OLYMPIA』の衣裳。

IMG_2170


すっごく細かい…!!

ダンオリ上演中に、この衣裳が明日海りおさんの衣裳の使い回し説があったんですが、細部がまったく違うので別物だと思います。多分…。



IMG_2169


娘役さんの衣装って、どれも細すぎません???
展示用に、本当のサイズよりも細くしているのか…?
ウエストが異常な細さだと思います…。



IMG_2173


こちらはちょっと離れたところに展示してあった、『シャルム!』の時のシャンシャン。
私は確認できなかったんですが、帆純まひろさんの名前が書いてあるそうです!
どの角度から見ればよかったんだろ…。




あまり長居しなかったので、写真の枚数少ないです。
とりあえず「こんな感じでしたよ」ということで。

次回はレポ&感想⑤です!







mupan

005b


蘭陵王

こんにちは、カリーナです。

私は、凪七瑠海主演『蘭陵王—美しすぎる武将—』が好きで、繰り返し見ています。

見ているととても面白いのですが、ちょっとした疑問が。
オカマちゃん皇太子の高緯(瀬戸かずや)が、本気で愛していた相手が誰だったのか、考察しつつ悩んでいます。

高緯が好きだったのは、結局蘭陵王だったのか、それとも逍遥君だったのか!?

高緯は男性で皇太子だけど、乙女なハートを持つオカマちゃん。
その恋人が逍遥君(男)なわけですけど、蘭陵王(男)のことも明らかに好きですよね?

本気で両方のことを愛していたのだろうか…?
その設定に、ちょっぴりモヤっています。



高緯と逍遥君:「逍遙君とは身も心も愛し合っていた」と明言

高緯は、美しいものが大好きなオカマ皇太子。

その恋人は、美丈夫の逍遥君(帆純まひろ)
とーっても美しい青年です。
しょっちゅう高緯とイチャイチャしてる。

逍遥君は、蘭陵王の美しさに嫉妬し、蘭陵王を毒殺しようとします。
蘭陵王が美しすぎて、高緯が心惹かれていたのを知っていたので、とても憎んでいたのです。
しかし蘭陵王は、逍遥君のたくらみに気づきます。
すべてがバレてしまった逍遥君は、毒をみずから飲んで死んでしまいました…。

逍遥君の死後、高緯は蘭陵王に「逍遙君とは、身も心も愛し合っていた」と明言します。
恋人の逍遥君の死を、本気で悲しんでいるようでした。


高緯と蘭陵王:蘭陵王に心惹かれていたのも多分本当

何度も言いますが、高緯は美しいものが大好き!
蘭陵王は“美しすぎる武将”といわれるほど美しかったので、当然高緯は蘭陵王のことが気になっています。

少なくとも、寝言で蘭陵王の名前を叫ぶ程度には。
(このせいで逍遥君は、蘭陵王への憎しみを募らせていくのですが…)

逍遥君の死後、久しぶりに会った高緯と蘭陵王。
この時点で、高緯はもう皇帝になっていました。

ずっと幽閉されていた蘭陵王の健康を心配し、「助けてあげようか?」とたずねる高緯。
しかしオカマな高緯さんは、蘭陵王に手を出そうとしてしまい、蘭陵王に拒絶されてしまいます。

高緯は自分の気持ちを受け入れてもらえなかったので、仕方なく、賜死(臣下に自殺させること。名誉の死)を命じるのです。

賜死を命じた後も、「救ってあげたかったのに!」とガチで嘆いているので、蘭陵王のことも本気で好きだったのかしら…?




「2人とも本気で愛してる」という設定がモヤる

おそらく高緯は、浮気心とかそんなのではなく、本気で2人のことを好きだったのだと思います。

でも、少女漫画チックな設定を好む私としてはね!
どちらか1人に絞ってほしかった!!!

両方に恋心を抱いていたからこそ、ストーリーが展開していくわけなので、仕方ないのかもしれないけど…。
(逍遥君が嫉妬して毒殺をたくらむというのは、高緯が2人を愛していないと成り立たないので)

でもね、やっぱり、どちらか1人だけを愛して欲しかったのよ
高緯がとても乙女チックな“第2のヒロイン”だったので、余計に…。

トンチキなので深く考えない方がいいのかも

身も蓋もないことを言いますと、この演目っていわゆるトンチキなんですよね。

見た方は分かると思いますが、真面目に見せかけて、どう考えても色々おかしい。
光るヌンチャクとか…高緯のソロ曲全般とか…。
印象的な曲が多く、衣装も煌びやかですごいのに、内容はトンチキの極みです。

だから、面白ければ何でもいいのであって、高緯の恋心の細かい設定はどうでもいい…のかもしれない…。
いや、高緯の乙女な恋心がないと、話が進まないんですけど。

あまり色々考えずに、気軽に見るのが一番かもしれません。






中華っぽい演目…もっと増えろ…!!




005b

os_1


20201023_3

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』、東京の観劇レポ&感想その④です。

今回は、観劇していて心配になったこと&不愉快になったことについて書いていきます。

観劇中に「うわー…」と感じたこと。
コロナ禍にもかかわらず、ロビーでお喋りをする観客にイライラしたこと!

全ヅカオタに読んでほしいです。
マナーをちゃんと守ってください!



①大震災の効果音が超うるさい!

これは誰に文句を言えばいいのか…?
『はいからさんが通る』の大震災のシーンの、効果音がうるさいです!

地震が起こった場面で、シャンデリアがガシャーン!!と落下する音がします。
正確にいうと「ガッッシャーン、パリパリパリ…パリン」みたいな。めっちゃ長い。

臨場感を出したいのは分かるのですが、とにかく音が大きくて!
Twitterでも「効果音がうるさい」という文句を見かけたので、他の観客も感じているようです。


普段の生オケも結構うるさいですよね。
耳の悪い観客が多いと思われてんの?なんなの?




②永久輝せあの声の調子が悪い?心配です

私が観に行った日は、永久輝せあさんの声がいつもと違いました。
少しガラガラ気味というか、明らかに本調子ではない感じで。

その後、とくに「声が変」みたいな噂は聞かないので、一時的なものだと思うのですが
当日聞いた時は、大丈夫かなぁと心配になりました。

季節の変わり目ですからねぇ、喉、乾燥しますよね。



③真面目なシーンでも笑いが起こる…そこは笑っちゃダメ!(怒)

本来は笑いが起こるシーンではないのに、なぜか観客が笑ってしまうシーンってありますよね。

何組の公演だったか忘れましたが、ほかの組の演目でも、「そこは笑っちゃ駄目だよ…笑うシーンじゃないよ」と、ファンが苦言を呈している演目がありました。

『はいからさんが通る』の場合は、蘭丸が震災で「紅緒さん、ごめんなさい、僕、反対方向に逃げて」と言うシーン。
ここは、蘭丸のおとぼけセリフではないのに、なぜか笑いが起こっているんです!

私は原作も読んでいますけど、何度読んでも、ここはシリアスなシーンです。
「蘭丸は真剣なんだよね?」と思いつつ、他の観客のクスクス笑いを聞いておりました…。

他の日に観劇した人も、「そこは笑っちゃ駄目なシーン!」と苦言を呈していました。
でも、ボケっぽい台詞に聞こえてしまうから、原作を知らない人は笑ってしまうのかな…?

④ロビーで観客がうるさい!幕間のおしゃべり酷すぎ問題・再び

一番の問題は、劇場ロビーでの、観客のおしゃべりが酷いこと!
客席はわりと静かなんですが、ロビーはすごく賑やかでした。

皆さま、今はコロナ禍なんですよ?
マスクをしていても、余計なおしゃべりは駄目ですよ!?

もちろん、「会話はお控えください」というアナウンスが流れていましたが、そんなの皆さん無視してました。
喋っている客が多すぎるからか、劇場のスタッフが注意する様子もありませんでした。


ほんの数か月前は、一部の宝塚ファンが『宝塚ファンは劇場でおしゃべりしない!さすが!』とドヤ顔で誇らしげに言っていたのに…。
マナーの良いヅカファンというのは、ただの妄想か幻想だったんじゃないかな。

私が行ったのは東京宝塚劇場でしたが、ほかの劇場(ムラ?別箱?)に行った観客も、「観客のおしゃべりが酷い」と言っていました。





「コロナ禍だ」という自覚をもって観劇してください!

『はいからさんが通る』の舞台は、おおむね満足なのですが、演出面での不満などが少しありました。
また、蘭丸のシーンは、今はどうなっているのでしょう…。
そのあたりが改善されていたら最高なんですけど。

一番の問題は、観客のおしゃべり!
こんな時なので客席ガラガラなのを覚悟していきましたが、ご新規さんやリピーターさんが行きやすくなったのもあるのか、ほぼ満員でした。
でもだからって、おしゃべり三昧なのはよくない

今はコロナ禍なんだっていうことを、よーーーく自覚して観劇してほしいです!



***

ということで、次は観劇&感想レポ⑤に続きます。
⑤は、感想のまとめになります!






過去のレポ記事はコチラから↓














zense_v2


このページのトップヘ