Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:花組 > 永久輝せあ

永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

一昨日?くらいに、永久輝せあさんのVISAメッセージが更新されたようです。

最近読んだ本に『サロメ』が挙げられていましたが…。
違う、私が以前読んだサロメはそっちじゃない。。。(残念、作家違い)

その他には、趣味についてや、歌のレッスンなどについて語っていました!





詳しくはコチラをどうぞ!




(今月の写真、誰かに似てる気がするんです…。他のジェンヌさん。誰かに似てませんか???)


もうそろそろ、高屋敷要について語るネタが尽きてきそうですが
来月はどうするんだろう?



メッセージ内で永久輝せあさんがおすすめしていた、原田マハさんの『サロメ』はこちら。
永久輝せあさんは、原田マハさんがお好きらしいです。
サロメ (文春文庫)
原田 マハ
文藝春秋
2020-05-08


これ、ワイルドの戯曲じゃなくて、小説なんですよね。
ちょっと読んでみたいかも。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


伊丹市にあるボディメイクサロン



tabata_1

ichigen_1


永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

VISAメッセージが更新されました。
今月は、ダンスの話題が多めです。

そこで気づいたんですが…永久輝せあさん、“憧れの男役”が多すぎない!?
組替え前は、別のジェンヌさんのことも沢山話していたような。
色んな先輩に興味を持つタイプなのかしら?

とにかく、ダンスの勉強を熱心にやっているのは伝わってきました。




永久輝せあさんによるVISAメッセージは、こちらから読めます。



「憧れの人は沢山いるけど、特に尊敬しているのは大浦みずきさん」(要約)。
憧れの先輩の名前がなかなか出ないジェンヌさんもいますが、永久輝せあさんは本当に大勢いるんですね。

“ダンスの花組”に組替えしてきたので、その勉強を特に熱心にやっているということかもしれません。


6月16日時点でのメッセージらしいんですけど、この頃からもう少人数でのレッスンは始まっていたようです。
今は入出がないから、こういうメッセージからしか様子を知ることができない


『はいからさんが通る』はフィナーレ(特に群舞)が大きな見所だと思うので、楽しみにしています



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





B9B28041-BC79-4E17-88D4-A3E53A4DB453


宝塚プルミエール

こんにちは、カリーナです。

昨日放送された、宝塚プルミエール『新トップスター柚香光・花組特集』。
その番組名の通り、柚香光さんにクローズアップしてくれるものと期待しておりましたが…。

実際に放送された内容は、「永久輝せあ特集」状態。
永久輝せあさんのロングインタビューが半分以上を占めており、柚香光さんの特集感が薄まっていました。

私がただの花組ファンだったら「へー」で済むようなことかもしれませんが、残念ながら私は柚香光さんのファン。
「なんで私の贔屓(現トップ)のほうが出番が少ないの!?」「ひとこだけ特別扱い?」と、ちょっとイラッときてしまいました。

VISA(スポンサー)の力関係でそうなったのか、何なのか…?
もう少しうまくやらないと、他のジェンヌのファンに反感を持たれてしまいますよ。



「はいからさんが通る」公演延期にともない番組内容を変更?

宝塚プルミエール『新トップスター柚香光・花組特集』は、番組の内容が予定とは違うものになったみたいです。

公式ページ↓を見ると、番組内容が若干変更になったというのがうかがえます。




「はいからさんが通る」の公演が通常通りに始まっていれば、別の(おそらく、ちゃんと柚香光さんがメインの)番組内容になっていたのでしょう。

舞台の映像たっぷりで放送する予定だったのが、無理になったので、急きょ他の映像に差し替えた感じ…ですかね。

そのせいか、実際の放送では、柚香光さんがメインの番組内容ではなくなっていました。
もちろん、柚香光さんも目立っていましたが(トップスターだし…)。

「この番組のためにWOWOWに契約したのに!話が違う!」と言っているファンもいました…とてもショックだったと思います。


永久輝せあのインタビューが長すぎて違和感

今回の宝塚プルミエール『新トップスター柚香光・花組特集』は、この番組名からして、柚香光さんのファンが多く視聴していたようです。

しかし、放送後にTwitterを見ていたら、私と同じように困惑している人が大勢いらっしゃいました。

「この番組内容はナニ?」
「ひとこちゃん特集になってる」
「永久輝せあ祭だ!」

永久輝せあさんのファンは、単純に大喜びしていました。(そりゃそうか)

しかし、“柚香光さんの特集”と銘打っているのに、実際はそうではなかったわけです。
そのため、柚香光さんのファンは、困惑している(&怒っている)方が多かったようです。
私はもちろん困惑組です。

いや、永久輝せあさんのことが嫌なわけではないよ?
コナンのアニメ観てるのは私もだし、剛力彩芽さんの件は「そうかな?」とか思って、内容は面白かった。
ただね、この長い尺と、番組名に合わないロングインタビューがね…。違和感しかないです。

「柚香光」だけでなく「花組特集」となってますから、大きくズレてはいないんだけど。
でもそれなら、他の組子のインタビューがあってもいいんじゃない?

他のスターのインタビューもあったなら、反感も持たれず、“永久輝せあ特集”なんて言われずに済んだと思います。




永久輝せあがVISAガールであることが影響している?

これは私の想像でしかありませんが、永久輝せあさんがVISAガールであることも若干影響しているのかなーと思います。

現トップよりも、VISAガールのお披露目の方が大事。
そういうことです。

ただの私の妄想ならいいんですけどね。



番組名さえ違ってれば、違和感ありませんよ。
「花組スター特集」とかさ。

本当にスポンサーの意向なら、番組名に「VISA」ってはっきり書いちゃえば?

番組内容変更とはいっても、もうちょっと上手にやって


今回は“番組内容の変更”というイレギュラーがありました。
そのため、今回のロングインタビューを慌てて撮ったのかもしれません。

でも、今回は“柚香光特集”というところに期待していた視聴者が、とても多かったはず。
そこに、こんなに長い永久輝せあさんのインタビューを流したら、柚香光さんのファンが「ちょっと待って!」と困惑するのは当然のことだと思います。


永久輝せあさん本人には恨みも何もありませんが、贔屓の出番がVISAパワーで削られるとなると、かなりモヤる。
せっかくの贔屓メインの特集が…

他のジェンヌのファンも、「花組特集で、急きょ他の映像が必要だというなら、私の贔屓も映してよ」と思うことでしょう。
永久輝せあさんだけを、特別扱いしているのが悪いんです。

番組内容の変更は、大変だと思います。
でも、変更のやり方には気を付けないと、ファンの不満が溜まってしまいます。すごく反感を持たれますよ。

“ひとこ爆上げ”については以前から当ブログで話題にしていましたけど、ここまで露骨にされると、モヤるどころかモヤモヤモヤ~~~です。


過去のVISAガールも、急に変な目立たせ方をして、一時期すごく叩かれていたと思います。
変なやり方は避けてほしいですね。すべてのファンのためにも。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







banner_ungaiikarana


永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

永久輝せあさんのVISAメッセージが更新されました。
公演が延期になった『はいからさんが通る』についての話題です。

あらためて“『はいからさんが通る』は、高屋敷要が描いた世界。”ときくと、「永久輝せあ、爆上げきたな~」と思います。
語り部ポジションだから、すごく目立つと思います。
まだちょっと早い気がするのは、私だけでしょうか?





永久輝せあさんのメッセージはこちらから↓


(ページのデザインが全体的に変わった?)


3月18日時点でのメッセージになっているので、内容がちょい古いかも。
まだ今ほど、世界の状況が酷くなかった時なので、、、


で、やっぱり気になるのは、「この公演で、永久輝せあ爆上げが来るのね」っていうところ。
花組大劇場バージョンでは、『はいからさんが通る』という作品は高屋敷が書いた、という設定になっています。大正時代にこの物語を書く高屋敷とはどういう人物なのか、高屋敷から見た伊集院さん、紅緒さんとは……。そして、親友が一番大切にしている紅緒さんに対して、自分はどうあるべきなのか。作家としても親友としても、全体を通して捉える必要があるのかなと感じています。

前から分かっていたことではありますが、やっぱりVISAガールは強い。
「語り部」ポジションなので、下手をすると水美舞斗さんよりも目立つのでは?
(主役の伊集院少尉よりも目立つような気すらしてくる…。冬星さんよりは目立たないと思うけど)


個人的には、分かりやすい爆上げは、もうちょっと経ってからにしたほうがいいような気もしますが…。
でもスポンサーのことを考えたら、早急に、めちゃくちゃ目立たせないとダメなのかもしれません。


私がイマイチ『はいからさんが通る』再演を好きになれないのは、こういうところもあるんですよ。
それ以外にも理由は山ほどあるけど(過去記事参照)、目立ち度のバランスが変っていうか。

超分かりやすく言うと、トップスターの柚香光さんが全然目立たないっていうか!
(これが一番気になるかな……。せっかくのお披露目なのにな)


ヒロインと、脇役に出番を取られる。
伊集院少尉は、途中で記憶喪失になる役だから、原作選びの時点でアウトなんですけど。
(ジェンヌは誰も悪くないのよ)




まぁ、今さらグチグチ言っても仕方ない
そもそも「今後、公演はいつからできるの?」という非常時ですので。
柚香光さん主演の公演が無事に幕を開けるなら、もう何でもいいや。




あ、誤解しないでほしいんですけど、私は永久輝せあさんの活躍自体には期待していますよ(過去記事を読んでね)。

もう飽きるほど観た“はいからさん”で、新鮮な要素といったら、組替えで来たばかりの永久輝せあさんに注目することくらいですよ。
(来たばかりとはいっても、公演ができる頃には組替え1年後とかになってるかもしれない? 時が経つのは早い)
永久輝せあさんの、しなやかなダンスが好みなので、フィナーレはとても見てみたいです。


ただ、配役や目立ち度や、スポンサー関連のあれこれが気になるだけです。
でも、永久輝せあさんが出演してる所はしっかり見たいんです。(複雑なファン心理…)



若干モヤモヤした気持ちはずーっとありますが、今はとりあえず、『はいからさんが通る』が無事に上演できる日を待つばかりです。
細かいワガママを言っている場合ではないのだ。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






banner_otome


永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

VISAメッセージが更新されてました。
本当は更新当日に感想を書きたかったんだけど、あんまりにも仕事が忙しくて

花組のみんなが、永久輝せあさんにメッチャ褒められてて嬉しかったです!!!




永久輝せあさんのVISAメッセージは、以下のページで読めます。




『はいからさんが通る』の公演が中止(延期?)になったので、今読むとちょっと切ないものがありますが…。
でも読みました、読みましたよ。

全体的に、花組メンバーが褒め殺しにされています。

柚香さんは、本当にかっこいいです。柚香さんを拝見していると、入団前に大好きで観ていた花組の男役さん像を感じて、宝塚ファンだったころに戻ったかのように、胸がときめきます! 情熱的でスマート、そしてスタイリッシュで……。入団後もよく花組公演を観に行かせていただいていましたが、その時から素敵な方だなと憧れておりました。
 私が下級生のころからスターさんでしたので、柚香さん率いる花組に組替えすることとなり、ドキドキしていました。でも実際にお話させていただくと、とても気さくで明るい方。すごく繊細で丁寧に人と接する素敵なお人柄で、周囲への気配りも細やか。温かく迎えてくださり、とてもうれしいです。


私の贔屓のこと、もっと褒めてもいいのよ♡
……いえいえ、これもかなり褒めすぎなほうですよね。
「とにかく褒めておこうキャンペーン」でも実施してたのだろうか。VISAの方向性で(?)


そういえば、『歌劇』に、もともと2人は知り合いだった的な話が載ってましたね。
今度、それについて記事にします。(時間があれば)

banner_kokoronokakehashi02

その他にも、瀬戸かずやさん、水美舞斗さん、聖乃あすかさんについても触れています。

瀬戸かずやさんは、昨年末の『タカラヅカスペシャル』出演の際、とてもお優しく、いろいろな事を教えていただきました。今回やっと『はいからさんが通る』でお芝居をご一緒させていただけますので、とても楽しみです。
 水美さんは、『DANCE OLYMPIA』でもとてもお世話になりました。踊りが本当に素晴らしくて、かっこいい。あんな風に踊りたいと思うのですが、水美さんにしかできない表現で「すごい!」以外の言葉が浮かばない……。振付を覚えるのもすごく早くて、ついていくのに必死でした。
 ほのかちゃん(聖乃あすか)は、ふんわりしたイメージでしたが、とてもしっかりしています。ガッツがありますし、前作のサロメの場面でも私の提案にしっかり応えようとしてくれる丁寧さもあり、信頼できる下級生。お稽古期間中、一番長い時間を過ごしましたが、いろいろと教えてくれて助かりましたし、一緒にいて楽しかったです。

 ほかの花組の皆さんも温かい人ばかり。同期や一期違いの上級生や下級生にもとてもお世話になっています。そんな近い学年の方とはクリスマスを一緒に過ごしたりして、楽しみました。ホッとできる存在が近くにいてくれることが、本当にありがたいです。


『DANCE OLYMPIA』の稽古は、組替え直後で死ぬほど大変だったと思いますが、どうやら聖乃あすかさんがいろいろ教えてくれていたみたいです。
(あと、同期の春妃うららさんもダンオリ組にいたので、一緒に助けてくれたのでしょうね)



今、花組の公演はやっていません。
でも、最近の花組内の様子がちょっとだけ見えたような気がして、嬉しい内容でした。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






masakichi1


このページのトップヘ