Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

カテゴリ:星組 > 瀬央ゆりあ

瀬央ゆりあ

こんにちは、カリーナです。

瀬央ゆりあさんが、10月27日発売の雑誌に掲載されています。
「BEST STAGE(ベストステージ)」と、「STAGE navi(ステージナビ)の2冊です。

一気に2冊って…何かあったのでしょうか。
今後のことに何か関係が?別に何もないか。


コロナ禍の前までは、ジェンヌが外部の雑誌にバンバン出てましたよね。
その頃に戻りつつあるようです。


もうゲットされた方も多いようですが、まだ読んでいない方は是非チェックしてみてください!




「BEST STAGE(ベストステージ)」と、「STAGE navi(ステージナビ)」は、Amazonでも買えます。
キャトルレーヴでも売っているようですが、店舗に行けない方は、通販をご利用くださいませ。



各ページに飛ぶと、雑誌の内容が細かく記載されています。
そこに燦然と輝くのは…“瀬央ゆりあ”の文字!!
ファンは供給過多ですね~


***

まだコロナ禍でなかったころ、私は沢山の雑誌を買っていました。
あの時はまだ公演が普通に行われていたので、ジェンヌが外部の雑誌によく掲載されていたんですよね。


最近は公演自体がストップしていたので、ほとんど買っていなかったんですが、こういうニュースを見ると「少しは以前のような感じに戻ってきたのかな」と思い、安心してきます

まぁ、雑誌掲載が増えると、出費も増えるんですけど




mupan


ロミジュリ

こんにちは、カリーナです。

星組公演『ロミオとジュリエット』の配役が発表されました。
役替わりがすごいことになってる!

パッと見た時に「瀬央ゆりあ強くね?」って思ったんですけど…皆さんはどう思います?




詳しい役替わりと先行画像は、公式ページをどうぞ。





役替わりが複雑すぎますね。
公演日程が気になる。



私は星組だと、特に瀬央ゆりあさん愛月ひかるさんが好きです。
(花組にはない高身長だからかな…)

なのでこの2人の配役をみるのが楽しみだったんですが、「愛さんの死!?やばい!」「愛さんが愛じゃないんかい」と勝手に盛り上がって。

そしてやっぱり気になるのが、ティボルト役替わり!
愛さんとせおっちの役替わりなんて…


ベンヴォーリオは、瀬央ゆりあさんと、綺城ひか理さんで役替わり。
あれ?あかさんもほどほど強い感じだけど、せおっち強くない???


愛さんとせおっちの役替わりのそれぞれの役の重さ(?)的なのを総合すると、2番手ではないせおっちのほうが重いような…?
何か意味があるのでしょうか?
(愛さんが死、というのがちょっと意外ともいえる)



私は前から「ロミジュリあんまり好きじゃない」ってハッキリ言ってるんですが、ある時「好きなジェンヌが出てれば、観る気になるんじゃない?」って言われたんですよ。
はい、その通りです。
この役替わりを見たら、ロミジュリ観たくなってきた…!



でもこれ、チケ難間違いなしですよね。
演目もそうだし、ここまで役替わりされちゃうと、、、


円盤を待った方がいいのかな。
とにかく、期待できそうな配役だなと思いました!




wedding-dresses-1486005_640b


すみれ屋敷の罪人

こんにちは、カリーナです。

『歌劇』6月号で、ジェンヌたちが、それぞれ自分のオススメの本などを紹介していました。

その中で個人的に気になった本を、実際に買って読んでみました。
そうしたら、本当に面白かった~!
ぜひ、宝塚ファンの皆様にも読んでもらいたいっ!!

というわけで、私の感想もまじえて、おうち時間にぴったりな本をご紹介します♪



瀬央ゆりあオススメ!「すみれ屋敷の罪人」

瀬央ゆりあさんがおすすめしていたのは、降田天著『すみれ屋敷の罪人』というミステリー小説です。
ところどころに、宝塚ファンのハートをくすぐるネタが入っています。


昭和初期に、すみれの花に囲まれた、豪華なお屋敷がありました。
そこに住んでいたのは、屋敷の主人と、3人の美人姉妹たち。
――時代は平成になり、廃墟となった屋敷の敷地内から、3人分の白骨死体が発見されます。
この白骨死体が一体誰のものなのか調べるため、とある青年が、かつて屋敷で働いていた人々の証言を集めることになります。

しかし、彼らの証言には、真実と嘘が混ざっています。
全ての証言が揃った時、その屋敷で起こった悲しい真実が明らかになるのです。


宝塚の男役スターのような、美しい長女。
宝塚などの、少女歌劇が好きな女中さん。
物語の序盤は、宝塚ファンがドキッとするような要素があります。
結末に、宝塚が直接関係してくるわけではないんですけどね。
ただし、すみれの花は、重要なキーワードです!

これは、優しい嘘をつき続けた人々のお話。
瀬央ゆりあさんも、最後は涙が止まらなくなったと言っています。
感想や考察を、せおっちと語り合いたい…!



作者の降田天さんは、第13回『このミステリーがすごい!』大賞の、大賞を受賞した実力派!
文章もとても読みやすいので、めちゃくちゃオススメです。





朝美絢オススメ!「夢のつかみ方、挑戦し続ける力 元宝塚トップスターが伝える」

朝美絢さんは、元雪組トップ・早霧せいなさんの「夢のつかみ方、挑戦し続ける力 元宝塚トップスターが伝える」をオススメしていました。

これについては、別の記事に感想を書いているので、こちらをご覧ください。




朝美絢さんは、同じ舞台人として、刺激を受けるところがあったようです。
もちろん舞台人でなくとも、ちぎさんの葛藤と苦悩を見ていると、とても勉強になる部分があります。




番外編:原田マハの小説がジェンヌ達に大人気

複数のジェンヌがオススメしていて気になったのは、原田マハさんの本です。
名前だけは知っているんですが(直木賞候補なんですね)、まだ読んだことはなくて。
機会があれば、こちらも買って読んでみようと思います!

彩風咲奈さんのオススメ『たゆたえども沈まず』



永久輝せあさんのオススメ『あなたは、誰かの大切な人』



原田マハさんは、『サロメ』という小説(有名な戯曲とは別物)も書いているみたい。
「DANCE OLYMPIA」でサロメに扮したことのある永久輝せあさんですが、もしかしてそれ繋がりで原田マハさんファンになったのかしら?






芹香斗亜さんは具体的な作品名を挙げていませんでしたが、複数の作品を読んでいるみたいです。
タカラジェンヌに大人気の原田マハさん…気になります!

ジェンヌおすすめの本を読んでみよう♡

今月の『歌劇』では、大勢のジェンヌたちが、それぞれオススメの本や映画などを紹介していました。
今回は、私も大好きな“本”について、記事にまとめてみました。

贔屓や、好きなジェンヌが気に入っている本を読むのって、なんだか特別な気分になりますね。
同じ感動を共有できるっていうか…


そろそろ梅雨に入り、あまり外出できない期間が続きます。
こんな時は、ジェンヌおすすめの本を読んで、おうち時間を有意義に過ごしてみてください。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







龍の宮物語

こんにちは、カリーナです。

昨日、スカステで『龍の宮(たつのみや)物語』が初めて放送されました。
私は劇場に観に行っていないし、DVDなどの円盤にもなっていないので、今回初めて映像で見ることができました。

ということで、『龍の宮物語』のザックリとした感想です。

・音楽がとても綺麗
・みんなの演技力がすごい
・伏線張りがしっかりしているので、考察がはかどる!
・劇場で観た方が面白そう

それでは、行ってみましょ~。




美しい音に酔いしれる“音楽奇譚”

この作品は“音楽奇譚”と銘打たれておりますが、まさにそんな感じ!
音楽がとても美しいんです。

プロローグでは、美しくも悲しいような、どこか不気味なような… 『龍の宮物語』の世界観をそのまま表しているかのような音楽が鳴り響きます。
そこに現れる異形の者たち。
まるで百鬼夜行のよう。

そして、所々で流れる、百合子のバイオリンの音色。
流れてくるタイミング、バッチリですね。
計算されてます。

そして、玉姫と会った時に聞こえる雨の音。
この音が聞こえるたびに、清彦は玉姫のことを思い出す…。

音に気をつけて、何度も見てみたい作品です。



キャストの演技力が光る“本格的なお芝居”

『龍の宮物語』は、派手さがない分、演技力が試される演目だなぁと思いました。
THE・芝居で、とても本格的な感じ。
(難しい歌が多いようだったので、歌唱力も必須!)


主演で清彦役の瀬央ゆりあさんは、力はないけどまっすぐな性格の書生さんの役がよく似合っていました。
色んな方が「はまり役」と感じたのではないでしょうか?

玉姫役の有沙瞳さんは、じっとりとした雰囲気が凄かったです。
明るい役の時はカラッと明るいのに、玉姫は“怨念の塊”感が出てました。
本当にそこに、玉姫という可哀想な女の人がいるようで…。
あんな人に誘われたら、龍の宮に行っちゃうわ。

龍神 火照役の天寿光希さんも、 いかにも竜神という感じで貫禄が凄い!
あと、衣装が超好みでした♡
衣装も役柄も、とても似合っていました。


他の方もすごかったんだけど…全員は書ききれないのでこのへんで!

伏線が多いので考察がはかどる

バウで上演されてから、「これはすごい作品が来た」と話題になった『龍の宮物語』。
それは、伏線の張り方が絶妙なのも理由だと思います。

実際、上演が終わってからも、Twitter等でファンの方が考察をしているのをよく見かけました。
あちこちに散りばめられた伏線をまとめている方もいました。

山彦の正体とか…玉手箱とか…サクラタデとか…。
サクラタデと玉姫の笑顔、、、最後のほうで泣いた。
指田先生は、アイテムを効果的に使うのが得意なのかな?



私はまだ1度しか観れていないので、深い考察はまだできていません
でも、1度見ただけでも「ああ、あれはここに繋がるのね! ナルホド!」と思いながら観ることができて、とても楽しめました。

意外と、伏線張りがしっかりしている作品って少ないような気がします。
というか、伏線回収せずに終わるような駄作が、直近でありましたからね…(どの演目とは言わない)
舞台に限らず、伏線張り&回収が完璧な作品は、良作と呼べるでしょう。

伏線ほったらかしの作品は大嫌いです、個人的に

劇場で観たら何倍も感動すると思う

バウホールで上演したのを実際に観た方々は、「生の舞台で、バウホールでないと、あの感じは出せない」と口をそろえて言っていました。

映像でみていると、かなりスモークが焚かれているのがわかります。
そしてそこに、雨の音。

狭いバウホールの中で、あれだけスモークを焚いたら、雨のような湿っぽいにおいがしそうです。
また、“池の底にある龍の宮”を表現するのには、大きな劇場ではなく、バウホールのような小さな(狭い)劇場の方が向いているのでしょう。


劇場で生で観られたなら、もっとあの世界観に引き込まれていたと思います。
もう映像でしか観られないのが残念です。



『龍の宮物語』は間違いなく名作

大袈裟なキャラクター造形がどことなくアニメ&漫画っぽいので、「凡作だわ」「評判ほどではなかったわ」と言う人はいると思います。

確かに、合う・合わないはあると思います。
私はアニメやゲームも好きなオタクなので、普通に受け入れてしまったけど。
人によっては、「コスプレ感強め」と感じてしまうかもしれません。

でも、曲がとても綺麗だし、舞台の背景などのセットも良かったと思います。
お話の内容は、考察のしがいのある奥行きが感じられました。
キャストも素晴らしかったです。

『龍の宮物語』は、名作と呼んでもいいのではないでしょうか。
上演中に、あれだけ話題になりましたからね。
「これはスゴイ!」とハマってしまう人が続出したなら、それはきっと名作です。


時間があったら、また見返してみようと思います。

今回見逃した方は、次の放送を待ちましょう。
いつになるか分かりませんが、見て損はないですよ。

***

↓以下は私の考察…というか、疑問

玉姫は、1000年くらい前からあの血筋を祟っていたらしいですが…そんなに長い時間をかけても、清彦の家の血が絶えなかったのは何故なのでしょう?
7代くらい祟ったら、あっさり血なんて絶えてしまいそうなのに。
何だかんだで、自分を裏切った青年の血筋の人に謝ってほしくて、あえて殺さなかった人とかがいたんだろうか。
それとも、本気で根絶やしにするつもりはなかったのか???
このへんは、突っ込んだらヤボなんですかね。





PCレンタルバナー_336x280


瀬央ゆりあ

こんにちは、カリーナです。

昨日、彩風咲奈さんと瀬央ゆりあさんの色紙メッセージ動画がアップされました。
超ハイペース!
毎日更新なのかな?


瀬央ゆりあさんの次が鳳月杏さんということで、「意外だなー」と思いました。
ほとんど接点なさそうだもん。

でもこの2人、実は遊園地に一緒に行ったことあるんですよね!
そんなことを思い出してしまいました。




前日の予告通り、彩風咲奈さん。
めちゃくちゃハイテンション~




瀬央ゆりあさん。




次は、まさかの鳳月杏さんを指名!
(まぁ、おそらく、劇団のほうで順番を決めてるんだとは思いますが)


「全く接点のない2人では?」と一瞬思ったけど、そういえばこの2人、USJに一緒に遊びに行ったことがあるんですよ!!

瀬央ゆりあさんのカフェブレ?か何かで聞いた話なんですが、芹香斗亜さんと瀬央ゆりあさんでUSJに行くという話になって、そこに鳳月杏さんも来たらしい。
ちなつとキキ、プライベートでも仲良いですもんね!

ハリポタの杖を3人で持って、張り切ってアトラクションに乗ろうとしたら、実は杖などを持って乗るのが禁止で残念だった~的なエピソードが


さて、次回はそんな(?)意外な接点のあった、鳳月杏さんの動画ですよ!
また今日2人分来るのかなー?
楽しみに待ってます


TOEIC270点UPの人も!



336×280px


このページのトップヘ