Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:すみれコード

ビューティフルガーデン


こんにちは、カリーナです。

雪組の『はばたけ黄金の翼よ』が、すみれコードギリギリかもしれないということで話題です。

私は先日コチラの記事で「すみれコードの件は平気、大丈夫」って書いたんですが、私のまわりに意見を聞いてみると「私はセクシーなシーンが苦手!」という人が多かったのですよ。

あと、「残酷なシーンが苦手だから、鞭打ちシーンは勘弁して」という人も。


はて、私はそこまで何とも思わないのだけれど、一般的にはセクシーシーンや過激なシーンは嫌がられるのでしょうか?





『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』の例のシーン

『BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−』の、闘牛士マノレテの場面。

ある人はDVDでそれを観て、明日海りおさんと仙名彩世さんが服を脱ぎだしたあたりで「こんなのダメよ!」と顔を赤くしながら言いました。

別の人は、その後、仙名彩世さんと明日海りおさんがエロティックにくっつく振り付けのところで「すみれコードどこいった!?」と怒りました。

私は何も思いませんでした。私が鈍感なだけですか?

生酵素

『はばたけ黄金の翼よ』のあれとかこれとかのシーン

『はだたけ黄金の翼よ』は、私は以前知人にビデオを借りて観た時は、ベッドのシーンはあまり何とも思わず、その他のシーンも普通にスルーで最後まで観てしまいました。

しかし今回、この演目が再演されるということで、私の周りの人たちがあらすじをネットで調べたみたいなんですが、、、

ある人は「ベッドのシーンなんていらないでしょ、台本を書き換えてよ」と不満そう。

またある人は、「残酷なシーンがあるような演目を、全ツでやらないでよ」とご立腹。

私はそれらのシーンがむしろ楽しみなので、ワクワクしています。
私が鈍感でおかしい……というわけではないですよね?

望海風斗さんがボロボロにされそうな演目ですが、ボロボロにする側の役ってメチャクチャ美味しいし、魅力的じゃないですか!? 朝美絢さんが鞭持ってくれるの、楽しみに待っているんですけど。





「激情」の例のシーン

すみれコードぶっちぎりといえば、「激情」の例の振り付け。

私は「なんか妖艶なダンスね、激しいわね」くらいにしか思わなかったのですが、私の周囲は「あれはやりすぎよ!」「舞台上で過激なことはしないでほしいわ」と、やっぱり少々お怒りの様子。

同じものを観ていても、感じ方は人それぞれ。
でも一般的にはこのシーンは「なんかえろい」と言われているし、すみれコードぶっちぎりで有名なので、かなり過激なほうなのでしょうね。

それを観て「ふーん」で終わる私のような人もいれば、拒否反応でまくりな人もいる。
それは仕方がないでしょうね。


すみれコードは建前だけ?

感じ方は人それぞれ……ではありますが、明らかに狙ったような過激なシーンがあるのは確かです。

宝塚は誰が見ても大丈夫なもの!という意識が強い人や、過激なのが苦手な人にしてみれば、これらのシーンは「いかがなものか」案件なようです。

確かに、すみれコードすみれコードとうるさいわりに、舞台上では堂々とエロティックなことをやる。ここに違和感を覚えている人は少なくないのでしょうね。

スカステ等の番組では、ジェンヌが食べ物を口に入れる瞬間を綺麗にカットしているけれど、その人たちが舞台上で食事どころじゃないシーンを演じているんですから、「すみれコードって一体なんなのよ」と思うのも分かります。

宝塚の客層は、女性が多めです。過激なシーンが苦手な人は、男性よりも多いような気がします。
すみれコードをただの建前にせず、舞台の演出などにも反映させてほしい……と思っている人が、結構多いのではないかと思いました。

私は平気ですけどね。むしろどんと来い。←こういう客がいるから、需要に応えてるってことなのかしら?


【追記】
コメントをいただいて思い出しましたが、「金色の砂漠」の例のシーンだけは駄目でした。ダンスの振り付けが露骨すぎるからかもしれません。


↓関連記事↓






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


礼真琴



こんにちは、カリーナです。


※この記事は独り言です。







宝塚は、知れば知るほど楽しい世界。

でも、知れば知るほど嫌な世界。

最近思うのは、「すみれコードって本当に大事なんだな」ということ。


ジェンヌはフェアリーではなくて、生身の人間。だからきっと、私が見ている彼女達は、本当の彼女達ではない。
でも、そんなのはファンも承知の上で、ファンをやっている。
アイドルだってタレントだって、キャラ付けに必死。それらが嘘だと知ってても、そのキャラを好きになるのがファンというもの。






宝塚を、お菓子に例える人は多い。
田辺聖子先生は、『夢の菓子をたべて―わが愛の宝塚 』という本を書いた。
私は宝塚を「嘘で固めた砂糖菓子」とか「甘い嘘でできたフェイクスイーツ」と呼んでいる。


宝塚の裏側がドロドロなのは、OG達の退団後のトークから窺い知ることができる。
でも表向きは、キラキラした美しい世界。ダイヤモンドみたいな大粒の砂糖をまぶした、綺麗な舞台。

なめたらきっと甘いのだろうけど、嘘ほど甘いものだと思ってる。たぶんチェリータルトとカスタードと、パイナップル、七面鳥ローストと、トフィーと、バターつきパンを混ぜたような味。(不思議の国のアリスのアレ)


嘘だとは分かっている。でも、それ自体に不満はない。
苦い真実と甘い嘘なら、甘い嘘のままでいてくれたほうが幸せだから。


宝塚は、夢を見に行くところ
だから、すみれコードで綺麗な世界を維持してほしいし、せめて在団中くらいはファンに夢を見せたままにしておいてほしい。




今回色々あったけれど、傷ついたのは、特定のジェンヌのファンだけではない。

他のジェンヌのファンだって、「ああ、やっぱり宝塚は、嘘で固めたフェイクスイーツだ」と再認識させられてしまった。

熱烈なファンはもちろん深く傷ついただろうけど、私だって結構傷ついていた。

嘘で固めた砂糖菓子、そんなのは分かっていたけど。
ファンを現実に引き戻すような写真は、おそらくどんなジェンヌにも心当たりがあるもので。
きっと今、内心ヒヤヒヤしているジェンヌは、0人ではない。

彼女達も人間だし、色んな人とのお付き合いがあるので、心配な写真が0枚なんて人はそうそういないと思う。これはジェンヌへの侮辱とかではない。
別の記事にも書いたけど、古いアルバムに変な写真が残っているかもしれないし、音楽学校入学以前に誰かにマズイ写真を撮られたことのある人がいるかもしれない。(マズイ写真が具体的にどんなものなのかまでは、特に想像しない)


そう思ったら、「私が気になっている下級生の子は、大丈夫かしら?」と不安になる。
ジェンヌ本人の今後のこともだけど、自分のことも心配になった。


私は夢を見ていたいのに、何かの間違いで、現実に引き戻されるようなことが今後起こってしまったら?


その先のことはもう、考えたくない。


902ac96e637d8136bc984d0215c887e0_s


最近あった諸々のことで、多くの宝塚ファンが心にダメージを負ったと思う。
傷の種類や深さは、人によって違うだろうけど。

今回はたまたま、とあるジェンヌの甘い砂糖が削ぎ落されてしまっただけで、今後もそういうことが起こらないとは限らない。


自分の贔屓がそうなる?
これから人気の出そうな下級生がそうなる?
誰の砂糖が削ぎ落されたって、ショックなのは同じだ。


「自分の贔屓じゃなくてよかった~♪」なんて、安心してはいられない。少なくとも私は、そんな気持ちにはなれない。

宝塚のキラキラの魔法は、ある日突然とけてしまう。
そんな前例を見てしまうと、まったく安心なんてできない。



この不安感は、今後もきっと消えない。
SNSやカメラなんてものが、この世から綺麗さっぱり無くならない限りは。
いばら姫のいた国では、糸車を全部燃やしてしまったけれど、結局魔女の呪いは現実になってしまった。きっとカメラを燃やしたところで、別の何かできっと呪いは現実になる。


宝塚は、甘い嘘でかためたフェイクスイーツだと知っている。
それでも私は、夢見ていたいのです。



だからどうか、すみれコードはしっかり守ってください。
嘘を嘘のままで隠しておいてくれるなら、魔法は解けないから。




「OK」っていうのは、個人的に心の傷が浅くて済むという意味。
すみれコード破り云々は、また別の問題。




私だってショックなんですよ、本当に。一部のファンの方から、私の贔屓のことや、お気に入りのジェンヌのことを色々言われたけど。「ジェンヌ個人を叩くな」とか言われたけど。

私は面白半分で、あれらの記事を書いたわけではない。
本当にショックだったから、今後そんなことが起こってほしくなくて、書いたのです。


私の不安はどうやったらおさまるのか、しばらくはそればかり考えてしまいそう。
今回の出来事は、とても色々な傷を、あちこちに残したと思います。


どんなジェンヌも、魔法が解けるきっかけになる爆弾をかかえている。
そう思い知らされたあの日から、私の心の中は不安でいっぱいです。


↓関連記事↓
ネット社会と相性最悪の「すみれコード」~ジェンヌの本名はOKな時代が来た?






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


宝塚年齢

こんにちは、カリーナです。

今日は、タカラジェンヌの実年齢や誕生年月日を公開している一部の悪質なサイトについて、語ってみようと思います。




タカラジェンヌの実年齢はすみれコード

皆さまよくご存じのとおり、宝塚には「すみれコード」なるものが存在しています。特に年齢は極秘事項で、宝塚歌劇団にいる間は、実年齢や生まれ年が公表されることはありません。(誕生日は公開されてます。6/26とか。)

しかし、秘密にされると知りたくなるというのが人の性。検索しちゃうんでしょうねぇ、需要があるんでしょうねぇ。

インターネットでジェンヌのプロフィールを調べていると、『○○さんの本名や実家は? 年齢や誕生日も!』みたいな記事がわらわら出てくると思います。
食べ物の好みや趣味など、本人がインタビューで語っていたことを紹介するだけならまだしも、“年齢”って!? すみれコードぶっちぎりじゃないですか。

宝塚にそこそこ詳しい人なら「あ~、こんな記事書いて!(怒)」と思ってしまうかもしれませんが、宝塚の初心者ファン(最近だと、FNS歌謡祭で話題になった朝美絢さんファンの方など)が検索すると、そういう記事を読むと思うんです。そして、その中身をそっくり信じてしまうんですね。
これはとても危険なことだと思います。

だいたい間違っている、推測の実年齢

すみれコードで守られているはずのジェンヌの実年齢や誕生年月日ですが、一部のサイトでは推測でそれらを公開しています。

私が嫌なのは、“たぶん○年生まれの○歳”という、非常に適当な情報をばらまかれているという現状

もちろん「正確な年齢ならオッケーだよ☆」という意味ではありません。そもそも年齢を載せようという魂胆が気に入らないのですが、さらにその推測年齢が間違っているというのが、なんとも悪質な感じなのです。

たとえば、「○○さんは高校に行っています。仮に高卒だとすると、19○○年生まれの○歳です」というような書かれ方をしています。

しかしその人のファンから見れば、その生まれ年は絶対にありえないモノ。本人のインタビューや受験時のエピソードを聞けば、中卒なのか高卒なのか、高校出身ではあるが中退なのかくらいはおおよそ見当がついてしまいます。

しかしこういう記事を書いているライターは、仕事で書かされているだけなので、そこらへんのリサーチを全くしていません。そのため、高校出身者は全部高卒扱いにして実年齢を算出しますし、誕生年月日もそれを元に計算します。すると、大間違いだらけのジェンヌのプロフィール表が出来上がります

その年齢が正解なのか間違っているのか、確認する術はありません。なので、そのまま記事公開へ。そして、間違った情報が世界中に発信されるということに…。



コピペの繰り返しで量産される間違い記事

さらに面倒なのが、誰かが適当に算出したその年齢や誕生年月日データを、コピペしてしまうライターがいるという点です。

『○○さんの本名や実家は? 年齢や誕生日も!』という似たような記事が複数出てくると思うんですが、それらのほとんどは、よそのサイトからのコピペです。

あるサイトのライターが、間違った誕生年月日でプロフィール記事公開→別のサイトのライターが、それを元にコピペ記事執筆→さらに別のサイトのライターが、それを元にコピペ記事執筆……。ヤバイですよね。

最初は間違い記事でも、数が増えれば真実になる。
「どのサイトにも○歳って書いてあるから、きっと間違いないな」と多くの人は思ってしまうでしょう。それが合っている根拠なんて、どこにもないのに…。

「仮に○○だとすると~」という書き方をしている記事は、まだマシなほうです。中には「○○さんは○歳です」と断定している記事もありますから。

ネットの情報はほぼ間違いだと思え

ジェンヌ本人が雑誌のインタビュー等で語っていたことなら、ほぼ真実に違いないでしょう。しかしネット上の記事は、実は宝塚にあまり興味がない、雇われライターが書いたものが大半です。そして情報源も適当ですから、その記事内容の正確性はお察しです。

あの手の記事の内容はかなり適当ですから、鵜呑みにしないようにしましょう。

特に先日のFNS歌謡祭で、宝塚に興味を持ったばかりの方! タカラジェンヌの実年齢はすみれコードなので、「○○さんと私、同い年だ♪」なんて喜ばないように(;´Д`)たぶん違います。

↓関連記事↓
FNS歌謡祭、宝塚雪組の感想〜期待以上の部分と肩透かしの部分

間違い記事の公開は続く

本物のファンが個人的に書いた「○○さんの魅力♡」的な記事ならいくらあってもいいと思うんですが、コピペライターが適当に書いたプロフィールまとめ記事は、なくなってほしいです。でも誰がどう言ったところで消えてくれそうにないですから、こうして注意喚起するしかないんでしょうね。

ジェンヌについての真実が知りたければ、ジェンヌ本人の口から出た言葉以外は信じないことです。無料で手に入る情報には誤りが多い。そんなものです。

宝塚の公式本や、スカステの番組など、ちょっとお金はかかりますが…本当に色々知りたければ、そこから情報収集するのが一番ですね♪






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



このページのトップヘ