Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:せおっち

龍の宮物語

こんにちは、カリーナです。

昨日、スカステで『龍の宮(たつのみや)物語』が初めて放送されました。
私は劇場に観に行っていないので、今回初めて映像で見ることができました。

ということで、『龍の宮物語』のザックリとした感想です。

・音楽がとても綺麗
・みんなの演技力がすごい
・伏線張りがしっかりしているので、考察がはかどる!
・劇場で観た方が面白そう

それでは、行ってみましょ~。




美しい音に酔いしれる“音楽奇譚”

この作品は“音楽奇譚”と銘打たれておりますが、まさにそんな感じ!
音楽がとても美しいんです。

プロローグでは、美しくも悲しいような、どこか不気味なような… 『龍の宮物語』の世界観をそのまま表しているかのような音楽が鳴り響きます。
そこに現れる異形の者たち。
まるで百鬼夜行のよう。

そして、所々で流れる、百合子のバイオリンの音色。
流れてくるタイミング、バッチリですね。
計算されてます。

そして、玉姫と会った時に聞こえる雨の音。
この音が聞こえるたびに、清彦は玉姫のことを思い出す…。

音に気をつけて、何度も見てみたい作品です。



キャストの演技力が光る“本格的なお芝居”

『龍の宮物語』は、派手さがない分、演技力が試される演目だなぁと思いました。
THE・芝居で、とても本格的な感じ。
(難しい歌が多いようだったので、歌唱力も必須!)


主演で清彦役の瀬央ゆりあさんは、力はないけどまっすぐな性格の書生さんの役がよく似合っていました。
色んな方が「はまり役」と感じたのではないでしょうか?

玉姫役の有沙瞳さんは、じっとりとした雰囲気が凄かったです。
明るい役の時はカラッと明るいのに、玉姫は“怨念の塊”感が出てました。
本当にそこに、玉姫という可哀想な女の人がいるようで…。
あんな人に誘われたら、龍の宮に行っちゃうわ。

龍神 火照役の天寿光希さんも、 いかにも竜神という感じで貫禄が凄い!
あと、衣装が超好みでした♡
衣装も役柄も、とても似合っていました。


他の方もすごかったんだけど…全員は書ききれないのでこのへんで!

伏線が多いので考察がはかどる

バウで上演されてから、「これはすごい作品が来た」と話題になった『龍の宮物語』。
それは、伏線の張り方が絶妙なのも理由だと思います。

実際、上演が終わってからも、Twitter等でファンの方が考察をしているのをよく見かけました。
あちこちに散りばめられた伏線をまとめている方もいました。

山彦の正体とか…玉手箱とか…サクラタデとか…。
サクラタデと玉姫の笑顔、、、最後のほうで泣いた。
指田先生は、アイテムを効果的に使うのが得意なのかな?



私はまだ1度しか観れていないので、深い考察はまだできていません
でも、1度見ただけでも「ああ、あれはここに繋がるのね! ナルホド!」と思いながら観ることができて、とても楽しめました。

意外と、伏線張りがしっかりしている作品って少ないような気がします。
というか、伏線回収せずに終わるような駄作が、直近でありましたからね…(どの演目とは言わない)
舞台に限らず、伏線張り&回収が完璧な作品は、良作と呼べるでしょう。

伏線ほったらかしの作品は大嫌いです、個人的に

劇場で観たら何倍も感動すると思う

バウホールで上演したのを実際に観た方々は、「生の舞台で、バウホールでないと、あの感じは出せない」と口をそろえて言っていました。

映像でみていると、かなりスモークが焚かれているのがわかります。
そしてそこに、雨の音。

狭いバウホールの中で、あれだけスモークを焚いたら、雨のような湿っぽいにおいがしそうです。
また、“池の底にある龍の宮”を表現するのには、大きな劇場ではなく、バウホールのような小さな(狭い)劇場の方が向いているのでしょう。


劇場で生で観られたなら、もっとあの世界観に引き込まれていたと思います。
もう映像でしか観られないのが残念です。



『龍の宮物語』は間違いなく名作

大袈裟なキャラクター造形がどことなくアニメ&漫画っぽいので、「凡作だわ」「評判ほどではなかったわ」と言う人はいると思います。

確かに、合う・合わないはあると思います。
私はアニメやゲームも好きなオタクなので、普通に受け入れてしまったけど。
人によっては、「コスプレ感強め」と感じてしまうかもしれません。

でも、曲がとても綺麗だし、舞台の背景などのセットも良かったと思います。
お話の内容は、考察のしがいのある奥行きが感じられました。
キャストも素晴らしかったです。

『龍の宮物語』は、名作と呼んでもいいのではないでしょうか。
上演中に、あれだけ話題になりましたからね。
「これはスゴイ!」とハマってしまう人が続出したなら、それはきっと名作です。


時間があったら、また見返してみようと思います。

今回見逃した方は、次の放送を待ちましょう。
いつになるか分かりませんが、見て損はないですよ。

***

↓以下は私の考察…というか、疑問

玉姫は、1000年くらい前からあの血筋を祟っていたらしいですが…そんなに長い時間をかけても、清彦の家の血が絶えなかったのは何故なのでしょう?
7代くらい祟ったら、あっさり血なんて絶えてしまいそうなのに。
何だかんだで、自分を裏切った青年の血筋の人に謝ってほしくて、あえて殺さなかった人とかがいたんだろうか。
それとも、本気で根絶やしにするつもりはなかったのか???
このへんは、突っ込んだらヤボなんですかね。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




PCレンタルバナー_336x280


龍の宮物語

こんにちは、カリーナです。

星組の瀬央ゆりあ主演『龍の宮物語』ですが、「すごく素敵な作品だった!」という感想をTwitterでよく目にします。

最近、瀬央ゆりあさんに大注目している管理人は、「そんなにいい作品なら観に行きたかった!」と、今更後悔しております……。





『龍の宮物語』のあらすじ

この演目が発表になった当時、まだ瀬央ゆりあさんにそこまで関心がなかったので完全スルーだったんですが(ゴメンネ)、今見てみるとナニコレ超面白そう。
遠い昔、夜叉ケ池という池で干ばつが続いた。村の長者は自らの娘を生贄として池に棲む龍神に捧げ、村には再び雨が降るようになったという……。
明治中期、実業家島村家の書生・伊予部清彦は、仲間達との百物語で、夜叉ケ池の怪談話を知る。度胸試しに一人池へ向かった清彦は山賊に襲われている娘に遭遇する。清彦が娘を助けると、娘はお礼に清彦を池の奥底にある龍神の城・龍の宮(たつのみや)へ連れて行く。清彦が助けたのは、龍神の姫・玉姫であった。清彦は姫を救った恩人として丁重にもてなされ、宮殿での豪華な生活に浸りながら、姫の怪しい美しさに惹かれていった。やがて数日が過ぎ、友人達や島村家の令嬢百合子のことが恋しくなった清彦は、玉姫に地上へ帰りたいと告げるのだが……。
夜叉ケ池伝説と105年前にも宝塚で上演されたお伽話『浦島太郎』、青年と龍神の姫の愛憎織り成す異郷訪問譚。

私は“夜叉ケ池伝説”というのを全然知らなかったので、最初に演目名とあらすじを見た時の感想は「めっちゃ浦島太郎」でした。

でも、浦島太郎のようにいじめられている亀は出てこないみたいだし、新聞社から出ている写真を見ても、「あ、これ絶対シリアスなやつ」ってわかる。

先日スカステで見た稽古風景だけだと、そこまでシリアスな作品だとは思わなかったんだけど、実際は悲恋モノ?っぽいそうで。いいな~悲恋モノ。



演出家・指田珠子の宝塚バウホールデビュー作!

この作品は、演出家・指田珠子先生の宝塚バウホールデビュー作です。デビュー作というと、良い方に転ぶか悪い方に転ぶか…という感じがしますが、『龍の宮物語』は良い方に転んだようです。

とはいっても、私、実際の舞台を観ておりませんので(;´Д`)私の感想はナシで。。。

ファンの贔屓目?とかもあるかもしれませんけど、色んな方が「超よかった…」「再演希望…」と仰ってるので、きっと素晴らしいデビュー作だったのでしょう。

ビジュアルがいいのは写真からでも分かりますよ!? 瀬央ゆりあさんは書生さんの服装がよく似合っているし、玉姫役の有沙瞳さんも綺麗で素敵!
膝枕はいいぞ。

再演もしくは円盤を希望

普段あんなにニコニコなせおっちが、2幕らへんから狂気じみてくると聞いて、「チケットくれ(真顔)」状態になりました。でももう今からじゃ絶対無理。他の人と同じ意見になるけど、再演してくれないかな。

円盤って出るんですかね? まだ公式からは、何の発表もないみたいですが……。

円盤、出てくれるといいなぁ。もしくはスカステで放送!絶対録画する~(*´Д`)

↓関連記事↓
瀬央ゆりあフォトブック感想。せおっちの本気見せます!


※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




瀬央ゆりあ

こんにちは、カリーナです。

11月29日に「宝塚1stフォトブック2019 瀬央ゆりあ」(DVD付)が発売になりました。

先日記事にした通り、妖艶な雰囲気の表紙にメロメロ状態になってしまったので、当然購入いたしました♡

とても素敵で楽しいフォトブックだったので、見所と内容を簡単にご紹介します!
ちょっとだけネタバレあり。





ほぼスッピン&ベッドにごろんな瀬央ゆりあがヤバい♡

スカステの『ファーストフォトブックLABO#10「瀬央ゆりあ」』で瀬央ゆりあさんが言ってましたけど、寝起き風の写真は、ほぼスッピン!

おそらくファンデーションくらいは塗ってると思うんですけど、アイラインなし、口紅なし、アイシャドウもなしで本当にほぼスッピン。
しかし元からハッキリした顔立ちなので、全然違和感がない~。天然モノのガチ美人でございます。(天然な性格で天然美人なの…最強でしょ…)

これはせおっち、自分の顔に相当自信があるな!?
まぁ、あれだけ顔が整っていたら、スッピンを見せたくもなるでしょうねぇ。

あとこの寝起き風のところ、歯ブラシや眼鏡などの小物にも注目。
リアルにせおっちの朝を覗き見しているような気分になります(*´Д`)
実際に撮影したのが朝の時間帯だったそうなので、日差しなんかが超リアルなの!



瀬央ゆりあが設定した細かすぎる設定にツッコミ

これまた瀬央ゆりあさんがスカステで(付録のDVDでも)言ってましたが、設定が超細かい。
「こんな男性の1日!」というのを完璧に演じているような、ストーリー性のあるフォトブックになっております。

秋をイメージした……ということなんですが、撮影時期は夏。真夏にコートで暑そう(;´Д`)セミが鳴く中での撮影。。。

当然、背景の木々も青く、THE・夏。紅葉なんてどこにもない。しかしこの写真は秋設定なのである。

でも、そんなことを気にする瀬央ゆりあではない。彼女が秋と言ったら秋なのだ。
そして、カッコよさが満点なら、設定が若干変でも気にしてはいけない。せおっちの若干ズレてるところを楽しむまでがセット。

瀬央ゆりあに100の質問!聖夜に煌めくLOVE MOONを瀬央と

いつもの100の質問コーナーがありますが、「フィフティ・フィフティ」という答えが多すぎです(^^;)いい意味で適当な性格なのかな~?


スイーツを作ってトークする番組『Cafe ふぉるだ』でも語っていたことだと思うんですが、最近ペーパードライバー講習を受けたらしくて、ドライブを楽しんでいるそうです!
そのことが答えにも書いてありました。

あと、「料理は全然しない!」と開き直って(笑)いましたが、確かにスイーツを作る時の手つきがヤバかったなぁ~と。
ケーキを作ったことが一度もない感じでしたからね。(クリームを絞るのは意外と上手かったかも?)


余談ですが、この番組内で愛月ひかるさんと作った「聖夜に煌めくLOVE MOONを瀬央と」というスゴイ名前のクリスマスケーキ……。
何とこのままの名前でお店で提供されているようで、しかもかなり人気があるそうです(Twitter情報)。
注文する時大変だわ……名前長い……。




瀬央ゆりあの子供時代の写真がいっぱい♪

オフショットは、子供時代の写真の枚数がとても多いです!昔から目が大きかったんですね。

まだ粉ミルクを飲んでたような頃の写真から、音高時代のものまで色々。
幼稚園~小学校低学年くらいの写真が多め。最近の写真は少なめでした。

瀬央ゆりあのファンなら買うべし


夢乃聖夏さんとの対談など、読み物系も色々あるんですが、写真だけでも満足度高めの内容です

ストーリー仕立ての写真が終わると、笑顔が可愛い瀬央ゆりあ→クールな視線で読者を射止める瀬央ゆりあ。このギャップよ……。

あと、「せおっちサミット!!」は、スカステでやってくれたのをノーカットで放送とかしてくれた方がいいかも。面白さが全然違う。
DVDや誌面だけだと、全ては伝わらないと思う!

そういえば、フォトブにありがちな奇抜メイク写真が、このフォトブにはありませんでした。
ないならないで、ちょっと寂しい気も。

あ、裏表紙も超かっこいいので、ぜひ実物をご覧くださいませ!


↓関連記事↓



※コメント欄は承認制です。


↓ブログ更新の励みになりますので、「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




このページのトップヘ