華優希

こんにちは、カリーナです。

柚香光さんの「はじまりの時」が放送されましたね。
そのため、今の私のTLは、「れい華が仲良しで嬉しい♡」「れいちゃんは本当にはなちゃんが大好きなんだね♡」という内容のハッピーな呟きであふれています。

でも私は、最近の柚香光&華優希コンビを見ていると、なんとなく冷めてしまうところがあります。

・そもそも、仲が悪そうに振る舞うわけがない
・それにしたってベタベタしすぎ(コンビ仲アピールしすぎ)
・ビジネスな面が大きいのでは…

こんな風に思えてしまって。
私が冷めた目で見過ぎなのでしょうか?

『DANCE OLYMPIA』での華優希さんを見ていると、技術不足が相当目立ったので、「本当に“れい華”コンビでよかったのか?」と思い始めてしまいました…。



れい華コンビが好きな人が一定数いるのは分かるし、れい華が好きな人を否定する気は微塵もありません。
トップコンビ萌えは昔からありますからね。


でも、何ていうんでしょうか…
最近の柚香光さんは、コンビ仲アピールをしすぎな気がするんです。


舞台上で、柚香光さんが娘役を見つめる時のあの甘やかな視線は、観客をうっとりさせる力を持っています。
舞台上でなら、どれだけ顔を近づけたっていいし、どれだけ熱っぽく娘役を見つめたっていいと思います。


でも、舞台を降りたら、“ほどほどの距離感”は保ってほしいんです。
普段からベタベタのイチャイチャ…だと、ちょっと個人的には引いてしまう。


コンビ売りのためには、過剰にベタベタしたほうが分かりやすいのかもしれません。
れい華の熱狂的なファンの方の心には、グサッと刺さるものがあるのかもしれません。

でも、花組のファンすべてが「れい華好き」というわけではない!




↑この記事を書いた時点では、私は“れい華推進派”でした。
あと、このお正月番組の時点では、まだ“わかる範囲内”だったんです。

でも、ことあるごとに柚香光さんが「こんなに仲が良いんです」アピールをするものだから、ちょっと胸やけしてしまったというか。。。


劇団側から「トップコンビのラブラブっぷりを見せつけとけ!」とか言われてるんでしょうか?
それならお仕事だなぁ…(夢のないことを言う)
宝塚は夢を売るところだから、ある意味間違いではないのかもしれないけど…。
仲の悪いトップコンビじゃ、夢見れませんし。


でも、適切な距離感って大事ですよね。
(距離感の話、前から何回もしてますけど、本当に距離感は大事です…)



先日、『DANCE OLYMPIA』の件で華優希さんに厳しい評価をしましたけど、そのあたりから、私の中でれい華コンビに対する疑問が出てきたのかもしれません。

「本当にこのコンビで良かったのかな?」って。
ビジュアルはお似合いだし、華優希さんのヒロイン感はいいんですが、どうしても華優希さんは実力が足りなくて…。

前からネット上では「トップ娘役としては実力不足だ」というのは散々言われていたことですが、『DANCE OLYMPIA』では、華優希さんの実力不足が浮き彫りになってしまったと感じています。




↑この記事のコメント欄もご覧ください。



このまま“れい華”で売り込むつもりなんでしょうか。
でも限度があると思うので、「ラブラブアピールはほどほどにしてほしい」というのが正直なところです。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村