Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:ダンスオリンピア

ヨカナーン

こんにちは、カリーナです。

花組公演『DANCE OLYMPIA』には、サロメ(永久輝せあ)とヨカナーン(聖乃あすか)のダンスがあります。

私、“サロメとヨカナーン”というモチーフについては、有名だから知っていましたよ。
ヨカナーンの生首に口づける女性の絵画。
上手に踊れたご褒美に、ヨカナーンの首を求めたというエピソード。
それくらいは、何となく知ってはいました。

私はこのシーンが大好きで何度も見返しているんですが、「そういえば、具体的にはどういう話が元ネタなんだ?」と興味を持ったので、詳しく調べてみました。


結論からいうと、
・「サロメとヨカナーン」の話には数パターンある
聖書のサロメはヨカナーンにキスしない
・『DANCE OLYMPIA』は、戯曲のストーリーを採用した模様

な、なるほど…!?



聖書のサロメはヨカナーンにキスしない!

blue-eyes-237438_640

サロメは大昔に実在した女性の名前で、聖書などに登場します。
複雑な生い立ちの女性ですが、色々あった末に、最終的には王女になります。
(サロメの生い立ちはとても複雑なので、暇な方は調べてみてください)


新約聖書によれば、サロメとヨカナーンのお話はこんな感じ。

預言者ヨカナーンは、サロメの両親の再婚について批判したため、サロメの義父に牢屋に繋がれてしまっていた。

サロメが義父の前で、素晴らしい踊りを踊ってみせた。
義父は褒美に、『何でも欲しい物を言え』と言った。
サロメは、母親に何を頼めばいいか聞きに行った。
母親はヨカナーンのことを恨んでいたので、『ヨカナーンの首が欲しい』と言った。
サロメはそれをそのまま義父に伝えた。
ヨカナーンは首を切られ、その首はお盆にのせられ、サロメに渡された。
サロメはヨカナーンの首を、母親に渡した。

…あら? 聖書バージョンでは、サロメは何も悪いことはしていないのね。
ヨカナーンの首を欲したのは、サロメではなく、サロメの母親です。

サロメのヤンデレ感が、あまりありませんね。
そもそも、ヨカナーンの生首にキスしていませんし…。



戯曲『サロメ』ではヨカナーンにキスをする

woman-1281830_640

そして、そんな聖書のエピソードをもとにして書かれたのが、戯曲『サロメ』。
こちらはオスカー・ワイルドによって、かなり脚色が加えられています。

お話を要約すると、こんな感じ。

サロメの母親が再婚した。
義父がサロメのことをいやらしい目で見るので、サロメは宴から抜け出し、預言者ヨカナーンが閉じ込められている井戸に向かう。
ヨカナーンは、サロメの母親から嫌われている。
サロメはヨカナーンに一目惚れするが、ヨカナーンはサロメの生い立ちを非難し、サロメの愛を受け入れようとしない。
サロメは、「ヨカナーンにキスをする」と誓う。

義父は、サロメに「踊ってくれたら褒美をやる」としつこく要求する。
サロメは妖艶な踊りを踊り、「ヨカナーンの首が欲しい」と要求した。
ヨカナーンは首を切られ、その生首は銀の皿にのせられてサロメに渡された。
サロメは、ヨカナーンの生首にキスをする。
義父は(サロメの狂気を恐れ)、衛兵にサロメを殺させた。

出た、ヤンデレ美少女!!

欲しい物(ヨカナーンの首)のためなら、なんでもやっちゃう…。

戯曲『サロメ』のほうでは、ヨカナーンの首を要求したのは明らかにサロメ本人です。
そしてしっかり、ヨカナーンの生首にキスしています。

狂気でしかないですね。




『DANCE OLYMPIA』は戯曲のエピソードを採用した模様

聖書版と戯曲版を簡単に比べてみましたが、『DANCE OLYMPIA』のダンスは、明らかに戯曲『サロメ』を元にしたものですね。
(というか、宗教無関係な芸術作品だと、たいていは戯曲の方が元ネタなのかな?)


預言者ヨカナーン(洗礼者ヨハネ)は、イエス・キリストに洗礼をほどこした人物のため、クリスチャンからは“スゴい預言者の死にまつわるエピソード”として重要視されているようです。
でも私はクリスチャンじゃないから、聖書版だけを読んだら、あまり何も思いません
誰が見てもインパクトがあるのは、やはり戯曲『サロメ』のストーリーのほうではないでしょうか?

特に詳しい知識がなくても楽しめる『DANCE OLYMPIA』ですが、こういう知識が頭の隅にあると、さらに楽しめると思います。
ぜひ、もう一度「Salome」のシーンを円盤でご覧ください。





サロメ&ヨカナーンのシーンの、美花梨乃さんの語り部が、何度聴いても素晴らしい
そしてメインの、永久輝せあ&聖乃あすかコンビの妖艶な踊り!
曲もすごく綺麗で、何度リピートしても最高です

ちなみに、あのシーンの曲名は「赤い月」
どうやら戯曲『サロメ』に、月に関する記述が沢山あるようで。
美花梨乃さんの語り部の内容は、戯曲『サロメ』にかなり忠実なようです。

最初は黄色だった月が、徐々に赤く染まっていくところにも注目です!




↑この商品ページで、序盤が試し読みできます。
「なるほど!」と思えるはず。







banner_otome


ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

花組トップスター・柚香光さんのプレお披露目である『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)のBlu-rayが、4月16日に発売になります!

円盤、待ってましたっ!!
首を長くして超待ってましたっ

柚香光ファンの皆様、早めに予約しておきましょう。
私はもうしちゃいました!



柚香光さんの声が出なくなるというトラブルもあった『DANCE OLYMPIA』ですが、Blu-rayの撮影日(ライビュの日)は、大変調子が良さそうでした!
歌だけでなく、皆さんの踊りもバッチリ♡



あの日の歌や踊りが、家でいくらでも観られるようになるんですね~♡
しかもブルーレイだから、画質も最高!
文句なし!!!


光の速さで予約してしまいましたよ。




発売日は4月16日なのでまだまだ先ですが、今から大変楽しみです。
それまでは、ルサンクを見ながら耐えようと思います。





(そういえば今日はバレンタインデーなんですよ…忘れかけていたけど)



Blu-rayが届いたら、擦り切れるほど観ると思います。
早く届け~!





ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

『DANCE OLYMPIA』のカポエイラの振り付けをした森陽子先生が、またインスタグラムを更新しました。

内容は、これまでと同じく“先生だけが知っているウラ話”的なもので、ファンにとっては面白い内容だったかもしれません。

でも、ジェンヌの年齢を書いてしまっているのは、すみれコード的に完全にアウトだと思いました。




問題の投稿はこちら↓

★森陽子先生のインスタグラムに飛びます★


はっきりと実年齢を書いているわけではないものの、先生がこういうことをSNSに書いてしまうのは、ちょっとアウトではないでしょうか?
宝塚のファンが大勢見に来るのは、わかっていることですよね。


私の場合は、某ジェンヌさんの実年齢をうっかり知ってしまった時に「えっ!」となって、結構ショックを受けました。
「自分よりも年上のお姉さんだと思ってたのに…」とか、そんな感じです。
なので、だいたいの年齢もシークレットにしておいてほしい派です。


前から思っていたのですが、森陽子先生はちょっと喋りすぎです。
ファンにとっては嬉しい情報もありますが、「そこまで書いてもいいのかな?」と思うことがしばしばありました。


先日の私のモヤモヤも、そもそもは森陽子先生が余計なことをSNSに書いたからでした。
劇団に出入りしている立場の方なら、もう少し発言に気を付けてほしいと思います。




あと、悪気はないのだと思いますが
ハッシュタグの永久輝せあさんの名前、しょっちゅう間違ってます…






永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

先日千秋楽を迎えた、柚香光さんのプレお披露目『DANCE OLYMPIA』。
観劇数回&ライビュともなれば、贔屓以外のジェンヌさんにも目が行くようになります。

注目すべき人気ジェンヌは何人もいましたが、私の目が釘付けになったのは、雪組から組替えしてきたばかりの永久輝せあさんでした。

「花組に来たばかりで新鮮味がある」というのも理由ですが、雪組にいたときには感じられなかった魅力や輝きがあるように思えたのです。

もともとダンサータイプなので、ダンスが売りの花組にいたほうが本領発揮できるのかもしれません。



雪組時代は埋もれていた永久輝せあ

depth-of-field-photography-of-ice-shards-1130692

去年の雪組全ツではじめて永久輝せあさんを見た時は、「ど、どこにいるの……?」というのが正直な感想でした。
(そのため当時の観劇感想記事では、ほぼ感想が書けませんでした)

綾凰華さんと何となく立ち姿が似ていて、オペラグラスで追っていても顔の見分けがつかず。
正直、「こんなに目立たない人が、次のVISAガールか…」と思ってしまいました。

その後スカステで、永久輝せあさんが出ているお芝居やショーをいくつか観ました。
その時の感想も、「どこにいるのか分からない」でした。

どちらかというと薄い顔立ちなので、ヅカメイクだと見分けがつきにくいというのもあるかもしれませんが、少なくとも雪組にいた時は“完全に埋もれている”という印象しかなかったのです。



『DANCE OLYMPIA』で永久輝せあが本領発揮!

monument-2011140_640

花組の『DANCE OLYMPIA』では、永久輝せあさんに見せ場が沢山用意されました。

第1幕では、水美舞斗さん・聖乃あすかさんという人気スターに混じって、3人組で行動しています。
“誰が見たって、嫌でも目立つ”…そんな立ち位置になったのです。

なので、目立つのは当然……なのですが、そのような立ち位置を用意されたって、目立てない人は目立てません。
ソロの歌があっても、オーラがなければ「誰あれ?」で終わるだろうし、真ん中で踊り狂っていても、魅力が何もなければスルーされるでしょう。

でも、永久輝せあさんは、用意されたポジションでしっかり輝いていました。
スポットライトを浴びせられているからではなく、見せ場を沢山もらったからではなく、“永久輝せあ”という存在がとても目立って見えました。

雪組にいた時は「全然目立ってないなぁ」と思っていたのに、この変化は一体なんでしょう?
私は、“ダンス”が、存在感の変化の理由だと思います。


永久輝せあに必要だったのは“ダンスの見せ場”

895cc158f4d3433d3900bb8df85ef3c2_s

永久輝せあさんに必要だったのは、「ダンスの見せ場」だと思います。

雪組のショーをいくつか観ましたが、雪組のショーは、花組ほど激しいダンスをしないような気がします。
もちろん皆さん頑張って踊っていますけど、バリバリのダンサー向けのシーンが少ない!


全ツのときに、永久輝せあさんの見せ場だというシーンを見ました。
でも、花組のショーを見慣れている私は、「期待したほどではなかった…」と感じてしまいました。

でもそれは、永久輝せあさんにとって、その振付が役不足だったからなのではないかと思うんです。
永久輝せあさんは、本来もっと踊れるはずなのに、雪組のショーでは実力を発揮しきれなかった。
だから、魅力が半減していた。

雪組のショーに文句をつける気はありません。
雪組のショーは、歌唱シーンも大変重要だと思いますので、ダンスの比重が花組とは違うのでしょう。

でも、永久輝せあさんの個性を引き出すには、向いていないような気がしました。



永久輝せあは“ダンスの花組”でもっと輝く!

『DANCE OLYMPIA』をご覧になった方はわかると思いますが、上級生から下級生までが、とにかく爆踊りします。

永久輝せあさんも、ストリートダンスからフラメンコまで、どんなダンスも踊りこなしていました。
また、細身で手足が長いので、踊った時の見栄えがとても良いです。

とても難易度の高いダンスが多いので、『DANCE OLYMPIA』を観た人は、「花組ってすごい!」という感想を持ったことでしょう。
このような感想は、主演の柚香光さんだけでなく、まわりのジェンヌたちへの賛辞でもあります。
つまり、永久輝せあさんへの賛辞でもあるわけです。

私がTwitterで見た限りでは、永久輝せあさんのサロメを絶賛するツイートが多かったように思います。
私もこのブログで、サロメその他について絶賛する記事を書きました。↓



今後も花組は、ハイレベルなダンスショーをやっていくはずです。
永久輝せあさんがバリバリに踊れるのは、『DANCE OLYMPIA』で証明されました。
今後、難易度の高いダンスのシーンで踊りまくれば、そのたびにファンを増やせそうな気がします。

これからの花組なら、得意分野を思う存分活かせるんですから、最高ですよね。

今後の永久輝せあに注目したい

私は、「永久輝せあの魅力を引き出せない雪組って駄目ね」ということが言いたいわけではありません(以前、そういう勘違いをされた方がいたので、一応言っておきます)。

雪組で学べたことも沢山あるのでしょうけど、永久輝せあさんはダンサータイプですし、なおかつ今“ダンスの花組”が復活していますから、このタイミングでの組替えは、本当に運が良かったと思います。

すでに花組には柚香光さんや水美舞斗さんといったバリバリのダンサーがいますが、その2人ともまた違う踊り方なので、“ダンスの花組”に新たな魅力をプラスしてくれることでしょう。

今後、花組でどんな活躍をしてくれるのか、花組ファンとして楽しみにしています。





ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

今日は、花組『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)の千秋楽!

ケガの心配、体力の心配、喉の心配……。
心配だらけの公演でしたが、無事にこの日を迎えられたのはとても嬉しいです。

とりあえず出演者の皆様には、早急に休息をとってもらいたい…。
そして、本日付で退団となる千幸あきさん、今までお疲れ様でした!


先日ライビュも観てきたことですし、最後に感想をまとめておこうと思います。





『DANCE OLYMPIA』は、生の舞台&ライビュと、個人的にはなかなかアクティブに頑張って観に行けました。

普段は基本的に生の舞台かライビュのどちらか片方に行くんですが、今回は柚香光さんのプレお披露目だし、喉の心配がありましたからね…。
今回は、ライビュもわざわざ観に行って正解でした


『DANCE OLYMPIA』は、ダンサーだらけのため、「誰か一人だけが突出して目立つ!」というのが難しい舞台ではありました。
でも、それぞれ個性がありますので、誰も埋もれることがなかったのはよかったと思います。


◆柚香光さん
フラメンコで命を削っていました。ダンスは普段通りステキ。
でも私が一番好きなのはタンゴのデュエダンだから、そろそろがっつりタンゴが見たい。
喉がまだちょっと心配。
トップスターの貫禄が出てくるのは、これから!

◆華優希さん
頑張っていたけど、全体的に実力不足。
Twitterやブログのコメ欄では「せめて、もうちょい痩せて」という意見が散見されました。
ライビュで見た時は、リフトが少しマシになっていたような?

◆水美舞斗さん
ずっと踊ってる&歌ってる印象でした(特に第1幕)。
女装の筋肉が忘れられない。

◆永久輝せあさん
ダンスはとても上手くて完成されていて、私の好みの踊り方だと思いました。
手足が長くて、身長が高く見えました。
サロメが最高だった!
お芝居の中で、花組の空気に馴染むのは、まだまだこれから。

◆聖乃あすかさん
意外と踊れる!!(失礼)
これからの“ダンスの花組”で、活躍してくれそうです。
ひとこ&ほのかコンビで売り出されそうな感じがしました。

◆春妃うららさん
メインヒロインとかではなかったけど言わせて…!
オペラで追ってたら、ずーっと視線が合ってたような気がしました!!(おそらく気のせい)
くるくるリフトも綺麗でした♡



あと、今日は偶然にも「カレーの日」だそうです。


ゆずカレー食べてお祝いした方がいい?




↑噂には聞いていたけど、実在するゆずカレー。


とにかく皆さん、本当にお疲れ様でした!



次は『はいからさんが通る』だ
配役もうちょいで出ますよね、楽しみです。






このページのトップヘ