Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:ミュージカル

宝塚再開

こんにちは、カリーナです。

宝塚が再開するということで喜んでいたのですが、不安になるニュースが飛び込んできました。

劇場がやはり安全ではない、と思わせるようなニュースが、なんと3つも!

ムラはどうだかわかりませんが、東京宝塚劇場のほうはピンチ度高め?

本当に宝塚は、無事に再開できるのでしょうか?
無理に再開したとしても、またバッシングされる可能性もありそうです。



①舞台出演者&観客のニュース

舞台出演者&観劇した女性に関するニュース。


まぁ、劇場なんて日本中に山ほどあるので、こういうこともあるでしょう。

でも、“劇場で起こった”というところにスポットを当てられて、宝塚も叩かれそうな気がする。
それが心配です。

②WHOの報告

こちらのニュースも気になります。


これが本当なら、劇場(室内)に観客が集まるのは大丈夫なんでしょうか…?




③東京の人数が…

このニュースも結構ショック。
一旦減ったんですけどね。

東京宝塚劇場は大丈夫なのでしょうか…。
はいからさん、観に行きたいのに~。

劇場に行くのが怖くなってくる

数日前、当ブログのコメント欄に、病気のプロフェッショナル気取りの方が来て「あなたは無知すぎる。無知を晒すだけだからこういう記事を書くな」(要約)とコメントして去っていきました。

でも私、医者でも学者でも何でもないけど、新聞で分かる程度のことは理解できます。
他の一般人だって、新聞を見て、自分の今後の行動を判断するわけでしょ。
普通の人が知ってることくらいは私だって知ってるし、それを元にして記事を書くし、行動します。

劇団も新聞などで情報を見て、今後どうするか(再開する・中断する)を決めていると思うのです。
まぁ、他の情報源もあるかもしれないけどね。

少なくともこの3つのニュースを見たら、「劇場が怖いな」って思いますよ。
私のこの感覚は間違っているのでしょうか?
私、そんなに無知で理解能力ナシでしょうか?
自分では、そうは思いませんけど…。

プロフェッショナル級の方なら、怖くないのかもね。
そういう人は、自分の知識を信じて、劇場に行けばいいと思います。
その知識が本当に正しくて、最新なのかは不明だけど。

もうライブ配信やライビュが決定してしまったので、おそらく劇団は上演するでしょう。
その後どうなるかは、誰も知らない…。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




336×280


ミュージカル休刊

こんにちは、カリーナです。

予想していたことではありますが、舞台・ミュージカル関係の雑誌が、とうとう休刊することになってしまったようです。
肝心の舞台が中止になってしまったのだから、当然のことだと思います。

劇団だけでなく、出版社も大変ですね。。。

今後しばらくは、休刊する雑誌がどんどん増えていきそうです。




今回休刊することになったのは「ミュージカル」という雑誌。
(ほかの舞台関係の雑誌も、休刊しているかもしれません)





取材ができなければ、こうなりますよね。
ほとんどの舞台が中止ですから…。

宝塚は、過去の舞台写真や映像をフルに活用すれば、なんとかなります。
でも、外部の出版社の雑誌だと、そうはいきません


先日から言ってますが、『歌劇』はどうなるんでしょう!?
「えと文」の担当ジェンヌには、“自宅で過ごしていた時の個人的なエピソード”でも書いてもらうしかなさそう。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




banner_tamra2


あれんとうま

こんにちは、カリーナです。

最近、元タカラジェンヌのYouTuberが色々な話を動画でしていて、プチ炎上中みたいです。

その内容がツッコミどころ満載なだけでなく、思わぬ悪影響があちこちに。

お触り禁止案件なんだろうなーとは思いつつ、元タカラジェンヌのYouTuberについて、自分の意見を書いてみようと思います。





宝塚OGは一方的に言いたい放題

元宝塚のYouTuberの発言で、一番被害をこうむっているのは、現役のタカラジェンヌだと思います。

宝塚OGのYouTuberは、現役のタカラジェンヌの名前を出して好き勝手に発言できるけど、それに対して現役のジェンヌは、反論できる場を持っていません

だから、宝塚OGが自分の思い込みだけで一方的に誰かの悪口(?)を言ったとしても、「それは違うよ!」と言い返すことができない。一方的に言われっぱなしです。

何を言い出すか分からないようなYouTuberもいますから、内心ヒヤヒヤしている現役のジェンヌさんもいるかもしれません。

上級生に失礼極まりない発言

誰とは言いませんが(棒)、あるYouTuberが上級生について超失礼な発言をぶちかましておりました。
要約すると、「上級生は誰も頑張ってない、尊敬できない」
嗚呼、なんて失礼なんでしょう。

でもね、一見ヒマしてそうに見える上級生の皆さんにも、芸事を学ぶために上級生のお世話でドタバタ大忙しだった時代があるんですよ

確かに下級生は、やることが多くて大変でしょう。でも、大変な時代を乗り越えた人だけが、今でも上級生として劇団に残っていられるのです。最初からヒマしてたわけではないのです。


もっと言ってしまえば、一見ヒマそうにしてる上級生の皆さんは、実は超忙しいです。そんなのは私が説明するまでもないことですが、それが劇団内にいたのに分からなかったっていうのは、ちょっと驚きです……。



あと、上級生の皆さんって、何かしらの得意分野・見習うべき部分・素直にスゴイと思える部分があると思うんですよ。
歌、踊り、顔やスタイルなどの容姿、身のこなし、メイク技術、リーダーシップ、ファンクラブの人数、人柄、トークの上手さ、などなど……。何か一つくらい絶対ありますよ。

それなのに「尊敬できなかった」っていうのは、一体何なのでしょう。芸事を学ぶ気が無かったのか。それとも、“自分のほうが全て優れている”と思い込んでいたのか。
そうだとしたら、かなり傲慢だし、勘違いもいいところです。

↓関連記事↓




宝塚への愛が感じられない

誰とは言いませんが(棒)、あるYouTuberの動画からは、宝塚に対する愛をまったく感じません

色々言いたいことはあるんですが……というかさっき長文書いてしまったんですが、イライラしすぎて変な文章になったので、全消ししました。

お願いだから動画で変なこと暴露しないでください……。多くの宝塚ファンが不愉快な思いをしています。

日本のことを、ちょっと小バカにしているようにも聞こえます。日本は舞台関係の後進国だから、そうですね、宝塚でガマンするしかなかったんでしょうね。

これだけ言わせて。
Let's go to America!!



宝塚OGが出演しているDVDを観るのが辛い

うっかり某YouTuberの動画を見てしまってから、某組の過去のDVDを観るのが辛くなってしまいました。

微妙に路線だった人なので、目立つ役をもらっていて、あちこちに出てくるんですよ。
なのでどのDVDを見ていても、某YouTuberのタカラジェンヌ時代の芸名が出てくる。

それを見るたびに、「これを演じていた時も、宝塚を愛する気持ちはなかったのかな」とか、「共演している上級生から、何かを学ぼうという気は起こらなかったのかな」と思ってしまいます。

私から見れば、共演している上級生は、いずれも何かしら突出した才能を持っている人気ジェンヌばかり。あんなに恵まれた環境にいたのに、「日本の劇団は低レベル」と心の中では思っていたんでしょうか?

過去の作品を観る時の、宝塚ファンのハートを絶妙に抉ってくるんです。
できればその人の出演シーンだけ、モザイクかけたい気分。

これからの宝塚OGには要注意

宝塚OGの暴露話や自由な言動は今に始まったことではないですが、他人の目で見て編集してあるテレビ番組と違って、YouTubeはどんな言動もカットされないままネット上にアップされてしまいます。

テレビ番組では、やばすぎる暴露話はカットされているかもしれませんが、個人制作の動画は言いたい放題です。今後、どんな暴露話が出てくるか、心配です。

今後、似たようなことを始める宝塚OGが、他に出てくるかもしれません。(現在すでに複数の元タカラジェンヌYouTuberがいます)
好き勝手に暴露話をして、観客の夢を壊す……。そんな未来は誰も望んでいません。

「宝塚ってこんな所です」くらいの話なら別にかまいませんが、ネガティブな話題や、現役の生徒さんに迷惑をかけるような内容は絶対にNGだと思います。

とりあえず、やばい動画は見ないのが一番です。自衛しましょう!

↓関連記事↓






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


仙名彩世


こんにちは、カリーナです。

花組の元トップ娘役・仙名彩世さんが、帝劇ミュージカル『ミス・サイゴン』に出演するそうですよ!

これは期待するしかない!





仙名彩世が『ミス・サイゴン』に出演決定



仙名彩世さんは、エレン役で交互出演とのことです。

ミュージカルということは、歌がうまいことが必須条件。
でも、ゆきちゃんの歌唱力があれば、オーディション突破というのは大いに納得♡

あの歌を活かさない手はない!!


仙名彩世には退団後も沢山活躍してほしい!


退団後に芸能活動をやめてしまわれるOGさんもいますが、特別な才能がある方には是非ずっと活躍してほしいですよね~。

仙名彩世さんには、この調子でどんどんミュージカル界で活躍してほしいです!

いつか絶対にやってほしい大役があるんですが、そのうち機会が……あるかなぁ?
仙名彩世さんの今後から、目が離せません。






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


ハウステンボス歌劇団

こんにちは、カリーナです。

先日Twitterで見かけた、宝塚歌劇団の写真。
しかし、よく見ると「ハウステンボス歌劇団」なる説明書きが。

えっ。これ、宝塚じゃないの!?
こんな劇団があるなんて、全然知りませんでした。

そこで今日は、宝塚の影響を受けまくりの「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」についてご紹介します。






「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」とは

「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」は、長崎県にあるテーマパーク・ハウステンボスに所属する歌劇団です。団員は女性のみで、少女歌劇の形態をとっています。

元タカラジェンヌの研ルイスさんをはじめとした宝塚歌劇団出身者や、OSK日本歌劇団出身者を中心に、2013年に結成されました。

舞台メイクも宝塚によく似ています。
「男役」「娘役」に分かれているのも、宝塚っぽいですね。

2013年結成で、まだ歴史が浅いので、あんまり知られてないのかな。私は全く知りませんでした。

なお、宝塚が「すみれ」なら、ハウステンボスは「青いバラ」。こんなところまでしっかり設定してあって、よけいに宝塚っぽい。

チーム名がどことなく宝塚っぽい

女性が男性役を演じるのと、舞台メイクが濃いことについては「まぁ宝塚以外でもあるよね」というくらいの感想しか出ないのですが、ちょっと笑ったのがチーム名。

「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」も、宝塚の花組、雪組…というようにメンバーが分けられているんですけど、その名前が「チーム華」とかなんですよ。
チーム華……花組を連想させるネーミング。

チーム華(フラワー)、チーム心(ハート)、チーム光(シャイン)、チーム翔(ウィング)。
チームウィングは、正直ちょっとカッコイイ。

それぞれに男役のトップスターがいて、娘役トップはいない場合もあるようです。

このほかに「ブルーローズ」というチーム(?)もあるんですが、これはいわゆる専科みたいなものかしら???





まるで宝塚音楽学校?「ハウステンボス歌劇学院」

なんとこの歌劇団、「ハウステンボス歌劇学院」という学校まであるんです。音高じゃん!?

宝塚音楽学校と同じ2年制で、ダンスや日舞、声楽、演劇、楽器の演奏などを学びます。

ちゃんと制服があります。
紫色のお揃いの袴もあって、それで初舞台を踏む……の?(公式サイトの写真から推測)

なんと、寮も完備です。すみれ寮みたい。

チケット代が超安い!SS席が500円

驚いたのが、チケット代の安さです。

この歌劇団が公演を行っているのはハウステンボス内ですから、ハウステンボスのパスポートを持っている方は無料で公演を観ることができます。

ハウステンボス散策チケットの場合は、1公演500円。

「もっと良い席で観たい!」という場合は、プラスでいくらかお金を払えば、もっと良い席で観ることもできます。
SS席は、なんとプラス500円。5,000円ではなくて、500円ですよ。メッチャ安い。
さらに上のプレミアム席は、プラス1,000円です。それでも安く感じます。

ハウステンボスでミュージカルやレビューを楽しもう

ハウステンボスのYouTube公式チャンネルで、「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」の動画を視聴することができます。たまたま訪れたテーマパークで本格的なミュージカルやショーが観れたら、お得感すごそうですね!(特に年間パスで無料の人)

公演後には出演者と写真撮影ができる(!!)そうなので、こちらはこちらで別の魅力がありますね♪

ハウステンボスに行く予定のある方で、「良い席で観てみたい!」という方は、ネットで前売り券を買っておくのをオススメします。
公演によっては売切れ?のようですけど。。。


「歌劇 ザ・レビュー ハウステンボス」の公式サイトはコチラをクリック


yu-ya01_2





↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


このページのトップヘ