Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:ヴァンサンカン

月城かなと

こんにちは、カリーナです。

『25ans(ヴァンサンカン)』4月号に、月城かなとさんのインタビューが掲載されています。

なかなかインパクトのある服をお召しで、「これ、美形が着ないと事故るやつ」感がハンパなかったです。
れいこレベルの美貌でないと、服の個性とインパクトに負ける…!




『ヴァンサンカン』って、ジェンヌさんの紹介文が秀逸じゃないですか?
他の雑誌もなかなかですけど、今月のヴァンサンカンもかなりイイ感じ。
月城かなとさんの魅力を、素敵な文章で語ってくれています♡


私が気になったのは、衣装のデザインの奇抜さ!
なんかこう…スーツに大きな付箋をベタベタ貼ったような(語彙力)(しかも失礼)

私はオシャレにそこまで詳しくないもので、ああいうセンスの服の良さはあまり理解できません。
ただ、月城かなとさんの顔面レベルがすさまじいので、事故らずに着こなしていました。

ああいう服を着こなすには、超絶美人でないといけないんですね。
「さすが、れいこ」という感想をまず持ちました。

banner_kokoronokakehashi02

インタビューでは、今までに演じた役の話や、初舞台生についての話をされていました。
報われない恋愛…確かにそうかも。
そして、「初舞台性がまぶしい」って!

そしてそして…初舞台生の中に、れいこに憧れている子がいる…???
一体誰なんでしょー。




25ans (ヴァンサンカン ) 2020 年 04月号 [雑誌]

価格:799円
(2020/3/9 13:30時点)
感想(0件)




2月28日発売なので、まだ本屋でも売ってると思います。
めっちゃ重たい本なので、持って帰れそうになかったら、ネットでどうぞ。



あ、もう一種類衣装ありました!
襟元にキラキラストーンがついた茶色っぽい服。
そちらはシックな雰囲気で、超絶美麗

目元のメイク濃い目&若干伏し目がちな感じで、大変な“美の暴力”でございました。
ファンは要チェックです!




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






瀬央ゆりあ

こんにちは、カリーナです。

最近すっかり瀬央ゆりあさんがお気に入りになってしまい、ちょっと遅いですが25ans(ヴァンサンカン)2019年1月号を買ってまいりました。

ズッコケ系エピソードが多めの瀬央ゆりあさん。そして、笑顔が似合う瀬央ゆりあさん。
しかしヴァンサンカンの瀬央ゆりあは……セクシー&クールにキメた、最高にカッコイイ男役でした。

また、95期の仲の良さがうかがえるインタビューも、とても興味深く、貴重な内容でしたよ!




25ans(ヴァンサンカン)の瀬央ゆりあはセクシー&クール♡

ヴァンサンカンに登場した瀬央ゆりあさんは、普段の屈託のない笑顔を封印し、セクシー&クールモード。
少し挑発的な笑みさえ浮かべていて、「これが瀬央ゆりあ…?」と思ってしまうほどのキメっぷりです。

写真の背景は濃いグレーで、衣装はモノトーン。
派手さは一切ない写真なのですが、本人の顔立ちがド派手なので、とても印象的な写真に仕上がっています。

ファーストフォトブックの表紙も「なんてセクシーなの♡」と思ったんですが、ヴァンサンカンの写真は“静かな色気”という感じで、見ていてウットリします。

「赤鬼赤太郎」を演じた人と同一人物だなんて、信じられない!(笑)


インタビューで95期について語る

瀬央ゆりあさんのインタビューも載っているのですが、そこで95期に関するエピソードが出ていました。
おそらく、他のジェンヌさんが今までに語ったことはないであろうエピソードです。

だって瀬央さん本人が、95期のエピソードについて語ったあと、こう言っていますもの。

「(中略)初めて聞きましたか? たぶん、みんな言わないと思います。(中略)でも95期がすごいと言っていただけるとしたら、これがその秘密かもしれません」
引用元:25ans(ヴァンサンカン)2019年1月号 p328

95期のエピソードというのがどんな内容だったのかは、ここには書けません!
詳しくは、ヴァンサンカン1月号をお読みください。

瀬央ゆりあファンは見なきゃ損!

当然ながら写真はここに掲載できないんですが、瀬央ゆりあファンの方には絶対に見てほしいほど綺麗な写真ばかりです。
これ、引き伸ばしてポスターにして飾りたい~!


25ans (ヴァンサンカン) 2020年 01月号 [雑誌]

価格:799円
(2019/12/17 01:45時点)


↑こちらで買えます。楽天ブックスは送料無料です、ありがたや~


同期の礼真琴さんがトップになったことについても語っていらしたので、それについては後日また感想を書こうと思います。



↓関連記事↓




※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




このページのトップヘ