Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:一之瀬航季

PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-

こんにちは、カリーナです。

花組公演 『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』の配役が発表になりましたね。

貴族だらけだし、名前が似てるのばっかりだし、配役を見ても「???」という人も多いのではないでしょうか?

おまけに、歴史上のアレコレの事情で、ヒロイン不在です。
その理由は後述します。

この記事では、簡単に「この役はこんな人!」という解説をしたいと思います。
…とは言っても、私は歴史の専門家ではないので、あくまで参考程度にお願いします




花組『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』配役決定

聖乃あすか主演『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』のキャストは、こちらから確認できます。




まさかのヒロイン不在!?

確かに登場人物を見ると、聖乃あすかさん演じるヘンリー・テューダーの、奥さんの名前がありません。
この奥さんとは、ラブロマンス的な経緯が特になく、政略結婚だったようです。
そのため、ヒロイン不在で、本格的な歴史モノになるのかも!

2番手は、グロスター公(優波慧)でしょうか?

ただでさえよく分からない配役一覧なのに、さらによく分からなくなってきたぞ。


薔薇戦争について超ザックリ解説してみる

『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』は、15世紀イングランドで起こった、王冠の取り合い戦争である“薔薇戦争”を描いた作品になるようです。

ランカスター家が赤薔薇、ヨーク家が白薔薇を紋章にしていたので、薔薇戦争と呼ばれています。
王座の取り合いなので、王様がコロコロ変わります!!

ランカスター家とヨーク家の争いですが、それ以外の貴族たちも大勢登場。

同姓同名が多いし、名字がバラバラで分かりにくいけど、予習していけば多分慣れる…!




登場人物についてザックリ解説!メインから脇役まで

配役一覧を見て、「何だこれ!?」となってしまった人向けの、超ザックリとした解説です。
登場人物について、簡単に説明をつけてみました。

※この時代は、父子で同姓同名だったりするので、もし間違ってたらゴメンね!


◆ヘンリー・テューダー(聖乃あすか)
リッチモンド伯ヘンリー・テューダー。
創作物とかでは若干マイナーだけど、今作の主役。
ランカスター家の血を引き、薔薇戦争で最終的に勝利し、テューダー朝を開いた人。
のちのヘンリー7世。


◆グロスター公(優波慧)
いわゆる“リチャード3世”、グロスター公リチャード。
おそらく薔薇戦争の創作物などでは、一番くらいに有名。
史実では「せむし」というハンデがあったが、宝塚では設定変更されそう。
一度は王になるが、リッチモンド伯ヘンリー・テューダー(聖乃)との闘いで戦死する。


◆ヘンリー・スタッフォード(希波らいと)
バッキンガム公。
ヘンリーさんが多いので、「バッキンガムさん」と覚えたほうがいい人。
グロスター公の腹心。
グロスター公を王にするために暗躍しまくった。


◆ケイツビー(峰果とわ)
グロスター公の腹心。
ヘイスティングス卿の部下っぽい立ち位置の時もあったらしい。


◆エドワード4世(羽立光来)
グロスター公の兄。
当時の王であるヘンリー6世を捕らえ、自分が王になったが、若くして急死する。
とにかく女好きで、王妃エリザベス・ウッドヴィルとの結婚前に、別の女性とも勝手に婚約していた。
その言動が災いして、彼の死後に大きな動きがあり、グロスター公が王となった(詳しくは後述)。


◆ヘイスティングス卿(冴月瑠那)
グロスター公の兄、エドワード4世(羽立光来)の腹心っぽい人。
邪魔者のウッドウィル家の排除に成功したものの、グロスター公に見限られて処刑されてしまった。
おそらくイケオジ系。


◆マーガレット・オブ・アンジュー(万里柚美)
ヘンリー6世の王妃。
難病持ちのヘンリー6世の代わりに、政治の実権を握っていた。
ヘンリー6世がロンドン塔に幽閉された後、祖国フランスに送還されて死去した。


◆アン・ネヴィル(美羽愛)
ヘンリー6世の息子(ランカスター家)と結婚したが未亡人となり、その後グロスター公(ヨーク家)と結婚することになった、かなり大変な人。
グロスター公とは、幼いころから親交があった。
最終的に王妃になったが、結核で亡くなった。


◆クラレンス公(愛乃一真)
クラレンス公ジョージ・プランタジネット。
エドワード4世の弟で、グロスター公の兄。
色々あって死ぬ。


◆イザベル(星空美咲)
アン・ネヴィルの姉(妹説も)であり、クラレンス公の妻、イザベル・ネヴィルのことか?
もしかしたら、この作品オリジナルのイザベルさんかもしれない。
「ネヴィル」という名字がついてないのが謎。


◆マーガレット・ボーフォート(春妃うらら)
ヘンリー・テューダー(聖乃)の母親。
13歳の時にヘンリー・テューダーを産んだ。
4回結婚しており、初婚はなんと7歳の時!
4人目の夫はトマス・スタンリー。


◆トマス・スタンリー(一之瀬航季)
◆ウィリアム・スタンリー(芹尚英)
ヘンリー・テューダー(聖乃)の親族。
日和見主義で、ランカスター派とヨーク派の両方と繋がりを持っていた。
この2人は兄弟で、トマスが兄、ウィリアムが弟。

トマス・スタンリーは、ヘンリー・テューダーの母親が再婚したため、ヘンリーの継父にあたる。



◆セシリー・ネヴィル(真鳳つぐみ)
エドワード4世と、クラレンス公、グロスター公(リチャード3世)の母親。
この3人は兄弟なのだ!





キーパーソン!?スゴツヨ王妃エリザベス・ウッドウィルとその周囲


エリザベス・ウッドウィルは、エドワード4世の王妃です。
この人の周囲が、色々と凄いので、見出しを分けちゃいました!


◆エリザベス・ウッドヴィル(華雅りりか)
超したたかな、エドワード4世の王妃。スゴツヨ。

はじめはランカスター派のジョン・グレイと結婚し、2人の子供をもうけた。
しかしジョン・グレイの戦死後、色々あってエドワード4世に近づいたところ、なんと気に入られてしまい、未亡人からヨーク家の王妃に!そいつ、旦那を殺した家の男やで

結婚後に子供を10人産むだけでなく、自分の親族をどんどん王宮に呼び寄せ、権力を持つ。

しかしエドワード4世が、前述のとおり他の女とも婚約していたため、重婚扱い(=結婚は無効)となり、王妃ではなくなってしまう。
(そのため、王子たちは庶子扱いになり、グロスター公が王となった)

波乱万丈すぎて全部は書ききれないけど、ピンチに陥ると、寺院や僧院に引きこもりがち。

また、エドワード4世との間に生まれた娘エリザベス・オブ・ヨークは、ヘンリー・テューダー(聖乃)の妻になる。
これは、マーガレット・ボーフォート(春妃うらら)との契約で決まっていた結婚だった!

そのためラブロマンス要素は皆無→ヒロイン不在ということ…みたい。


◆トマス・グレイ(海叶あさひ)
◆リチャード・グレイ(翼杏寿)

エリザベス・ウッドウィルと、最初の夫ジョン・グレイとの間に生まれた子供。
色々あって、たぶんグロスター公に殺される。

貴族だらけで結構面白そう

ザックリ解説とはいえ、頭がこんがらがってしまいそうですよね!

でも、「主役から見て、彼と彼はこんな関係」「グロスター公から見て、彼はこんな人」というように覚えれば、結構覚えられると思います。
歴史が苦手な私でも、ある程度は覚えられたので大丈夫!

なんだか華やかな、素敵な舞台になりそうです!
貴族たちの衣裳が豪華そうですね♡

配信観れたら観たいと思います!


****



聖乃あすかさんのバウのあらすじ・登場人物のことが、漫画で学べます♡
くわしくはコチラの記事をご覧ください↓




★Play.House~好きな音楽を一つにまとめて~




一之瀬航季

こんにちは、カリーナです。

昨日、花組の公演再開という嬉しいニュースが飛び込んできました!

しかしそれと同時に、新人公演を、当面の間見合わせるという残念なニュースも…。
宝塚大劇場・東京宝塚劇場の両方で、新人公演をしばらくやらないとのことです


「はいからさんが通る」で主演の予定だった一之瀬航季さんは、今回がラストチャンス。
ようやく新人公演の主演が決まったのに、何度も延期になった上、今回はとうとう“新人公演実施を当面見合わせる”という最悪の事態に…。


このままだと、「はいからさんが通る」の新人公演は1回もやらずに終わることになってしまいます。


新人公演を中止にする理由は、練習に問題があるからだと思います。
それにしたって、救済措置は一切ないのでしょうか?




当面の間、新人公演の実施は見合わせ!

花組再開は嬉しかったんですが、昨日出たお知らせの中に、とても残念なニュースが。
感染予防のための更なる取り組み強化について

(中略)

○公演の運営における感染予防策の強化
公演の運営においても、出演者の減員や演出の一部変更、オーケストラの録音演奏などの対策を講じてまいりましたが、更なる感染リスクの低減のため、当面の間、宝塚大劇場・東京宝塚劇場ともに新人公演の実施を見合わせることといたします。あわせて、宝塚友の会会員様限定特別イベント「ステージトーク」「トークスペシャル」につきましても、当面の間、開催を見合わせます。
新人公演を楽しみにしていただいているお客様には心よりお詫び申し上げます。


新人公演をやらないなんて!

「当面の間」という曖昧な表記が気になりますが、少なくとも、年内に公演が終わる予定の「はいからさんが通る」の新人公演はやらない、という意味に受け取れます。

というか、今決まってる新人公演は全部中止とか、そんな感じ。
月組公演『ピガール狂騒曲』の新人公演も…なのかな?配役が消えていますよね…。

新人公演の練習は、感染リスクが高い?

本公演がOKで、新人公演だけが中止になる理由は、新人公演の練習をすることで、感染リスクが高まるからでしょう。
(だからこそ、「感染予防のための更なる取り組み強化について」に、新人公演の件が書いてあるわけなんだけど)

「舞台上で、本公演をやるのは良くて、新人公演がダメなのは何故!?」

そんな疑問がTwitter等に沢山ありましたが、その理由を見つけるには、両者の違う部分を見ればいいのです。

どちらも、舞台上で演じるのは同じ。
違うと言えば、練習の時です。

本公演の練習は、複数の稽古場+舞台を使い、いくつかのグループに分かれているそうです。
新人公演の詳しい練習方法は分かりませんが、もしかすると、新人公演はグループ分けができないとか?

せっかく本公演の練習でグループ分けしても、新人公演の練習で合流してしまうと、それは確かにリスクが高まりますね。

これは、個人的な想像の域をこえませんが…。




新人公演がなくなるとデメリットばかり!

一之瀬航季さんは、今回が初の新人公演主演。
ファンも大勢いますから、皆さん楽しみにしていたことでしょう。

もちろん一之瀬航季さん以外のジェンヌさん&ファンも、新人公演を楽しみに待っていたはずです。

個人的には、水美舞斗さんのお手伝いをしている翼杏寿さんが鬼島森吾役というのが非常にエモいので、映像でいいから見たかったんですけど。。。


新人公演で、評価が爆上がりする下級生もいます。
新人公演で目立つ役が付けば、顔を売るチャンスです。
その新人公演で主演となれば、それ以上の大きなメリットがね、色々とあるわけですよ。


しかし新人公演がしばらくできないとなると…
下級生はモチベーションが保てないだろうし、顔を売るチャンスもなくなって、今後の人気に影響が出るかもしれません。

ファンだって、楽しみにしていたものが見れないのは辛いし。
デメリットだらけなんですよね…。

一之瀬航季たち花組生の救済はあるのか?

さて、昨日から話題になっているのが、「救済はあるのか?」ということです。

たとえば、別の劇場(バウホールとか)で新人公演をやるとか。
無観客で、映像だけ撮るとか。
とにかく、“新人公演をやった”という形にしてあげるということですね。

でも今のところ、そのようなお知らせは何も出ていません。
ただ、新人公演を実施しないということだけが分かっています。
なんて残酷な…。

今は花組生が一番の問題ですが、「当面の間」とのことですから、今後は他組の新人公演にも影響が出てくるでしょう。
どういう対応をするのかは、今決めているところかもしれません。

公演は何もやらずに、「新人公演主演をしたということで、カウントだけしておきます」なんていう事態もありうるわけです。
はなこ少尉を見ることすらできないなんて…、そんなの絶対嫌なんですけど!

一番ヤバイのは、「新人公演主演の話は、無かったことに」というケース。
いや、それはさすがにないと信じたい。
せめてカウントはしてあげて!

今後のことは劇団からのお知らせを待ちましょう

ここで私が妄想を垂れ流したところで、決めるのは結局劇団なので…。
(たとえただの妄想や想像であっても、記事を書かずにはいられなかったのだけれど)

本当に、どうするつもりなのか…。
誰にも想像できないような何かをしてくれるのか。
最悪の結果になるのか。


今後のことは、続報を待つしかなさそうです。







SpinSpinSpin_3


宝塚歌劇特集号

こんにちは、カリーナです。

スポニチの「宝塚歌劇特集号」が、7月31日に発売されました。
私は通販だったので、昨日届きましたよ。

トップスターの大きな写真や、インタビューは必見。
その他にも、2番手や3番手の人気スターの記事もあります

舞台写真が沢山掲載されています。
また、タカラジェンヌ全員の名簿は、とても見やすくて使えそうだなと思いました。


「宝塚歌劇特集号」の感想を書いていきます♪




トップスターの大きな写真&インタビューがメイン

メインの企画は、各組トップスターのインタビューです。

特に柚香光さん、礼真琴さんのお披露目特集は必見
表紙が柚香光さん、裏面が礼真琴さんの写真になっています。


一応「インタビュー」とはなっていますけど、目新しい情報はあまりない???
柚香光さんのインタビュー内容は『はいからさんが通る』初日のカーテンコールの挨拶でしたし、珠城りょうさんは退団会見の時に話した内容が書かれていました。
他のトップスターのインタビューは、過去に新聞(スポニチ)の取材を受けた時のインタビュー内容を、切り貼りしたみたいです。

最新のインタビューでないのは、少し残念ですね。
確かにインタビューなんだけどさ。

トップスターの写真は、どアップで良いと思います。
あんまり綺麗に修正されてないけど、、、新聞だからそんなものか。

直近の舞台写真が満載!

各組の直近の舞台の写真が、沢山載っています。

花組:『DANCE OLYMPIA』『はいからさんが通る』

月組:『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』『赤と黒』

雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA

星組『眩耀の谷 ~舞い降りた新星~『Ray -星の光線-

宙組:『El Japón -イスパニアのサムライ-』『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』~生命の水~

もちろんフルカラーなので、誌面がとても華やかです



2番手や3番手、新人公演主演の若手も載ってます

トップスター以外のファンも大丈夫。
2番手や3番手、新人公演主演をはたした若手スターもしっかり載ってます!

花組:瀬戸かずやさん、一之瀬航季さん

月組:鳳月杏さん、英かおとさん

雪組:彩風咲奈さん、諏訪さきさん

星組:瀬央ゆりあさん、碧海さりおさん

宙組:桜木みなとさん、風色日向さん

2番手&3番手は、最近別箱で主演をはたした(もしくは主演予定の)ジェンヌが選ばれているようです。
写真やプロフィール、最近の活躍、過去のインタビュー内容などがまとめられた記事になっています。

「タカラジェンヌ名簿一覧」が見やすくて便利

タカラジェンヌの名前・読み仮名・愛称・入団年が一目でわかる「タカラジェンヌ名簿一覧」がすごい!
見開きで全員分のデータが見られるので、とても便利です

ただし愛称は1種類しか載っていないので、そこはちょっと不便?
たとえば水美舞斗さんの一般的な愛称は「マイティー」だけど、この一覧では「みなみ」になっています。
メジャーでない方が載ってると、違和感ある。

あと、入団年ではなく、〇期表記がよかったな。

でも、サッと見る分にはこれで十分です。
壁とかに貼っておきたい。

写真を飾って楽しむこともできるのでオススメ♡

「宝塚歌劇特集号」のおすすめポイントは、ほどほどの大きさ(縦406mm×横272mm)で、写真がドーンと映っているところ!

好きなスターの写真を壁に飾れば、まるでポスター♡
インタビュー等の記事を読み終えたら、壁に飾るのもアリだと思います。
私は実際に飾ってみましたけど、ハデハデな写真で、中々いい感じ



↑Amazonではもう在庫無いみたいですが…在庫復活とかするのかな…???
キャトルレーヴ店頭なら、まだあるかもしれません。

ファンなら買って損はしないと思うので、がんばって在庫を見つけてゲットしてください!


仕事&転職の悩み聞きます。将来のためのタロット占い



wedding-dresses-1486005_640b


宝塚GRAPH


こんにちは、カリーナです。

現在、宝塚の生徒たちは、自宅で待機しているそうです。
でもそれだと、「宝塚GRAPH(グラフ)」「歌劇」の記事が作成できません。

ポートレートの撮影ができない。
公演が中止になったので、公演の写真や公演評が載せられない。
「えと文」や「楽屋日記」のネタもない。
内容スッカスカです。

下手をすると、しばらく休刊になってしまうかもしれませんね…。



『宝塚GRAPH』は何とか刊行できるかも?

『宝塚GRAPH』は、写真がメインの雑誌です。
ギリギリ撮影が済んでいるのなら、あと2~3ヶ月くらいは何とかできるかもしれません。

ただ、5月号(4月20日発売)に掲載予定だった花組公演『はいからさんが通る』の舞台写真は、おそらく掲載できません。
ル・サンクのように、「舞台稽古の写真オンリーで載せる」ということは可能です。
でも、公演をやってないのに載せるわけがないですよね。色々ネタバレだし。

(私は定期購読なので、そろそろ届く頃です。後日、中身を確認してみます。)

『歌劇』は休刊するしかないかも…


『歌劇』は、写真もありますが、読み物が中心の雑誌です。
座談会、インタビュー、楽屋取材、公演評。
そしてジェンヌが原稿を書いている「えと文」「楽屋日記」など。

これらの記事を用意するためには、お稽古をしたり、舞台を上演したりしなければなりません。

舞台稽古だけを見て、公演評を書くわけにはいきません。
公演が中止になると、「楽屋日記」は書けません。
そして「えと文」のネタは、組子たちがワイワイやってないと出てこないと思います…。




『歌劇』5月号(5月2日発売予定)には、『はいからさんが通る』(新人公演含む)、『壮麗帝』、『FRYING SAPA―フライング・サパ―』の舞台写真が掲載予定となっております。
でもこれらの公演は、すべて中止になってしまいました


読み物記事が書けない&舞台写真が全く掲載できないとなると、『歌劇』の薄さがハンパなくなります。
こちらは休刊になるかもしれないですよ、本気で。


過去記事を掲載&合併号にして乗り越えるという手も!

こうなったら、過去の懐かし記事でも再掲載して、お茶を濁すというのも手だと思います。
スカステだって再放送ばかりなんだから、雑誌でもやりそう(偏見)

「バックナンバー、全て揃えておりますの」というファンにとっては嬉しくないかもしれませんが、「この記事は読んだことない!」と喜ぶ人もいると思います。
大昔のはさすがにアレなので、ここ数年のやつとか。
今の人気スター(上級生)がまだ下級生だった時に担当してた記事とか、ポートレートとか…なんかそういうやつ!

もしくは、合併号にするとか。
そうすれば、今掲載できる記事×数ヶ月分で、1冊の雑誌になる!


いずれも、苦肉の策ですけどね。

休刊しても大丈夫なように心の準備を

公演が全て中止になっている今、供給をくれるのはスカステか雑誌(+SNS)くらい。
その貴重な雑誌が休刊になるのは嫌ですが、そもそも“掲載できる記事がない”となれば、仕方がないですね。

いつ休刊になってもいいように、心の準備をしておきます。







suisyou


柚香光

こんにちは、カリーナです。

柚香光さんのトップお披露目でもあった、花組公演『はいからさんが通る』公演中止のニュース。
それを聞いた直後は、頭の中が真っ白になってしまい、本当にショックでした。

「初日だけはやるのではないか」と思っていたのですが、実際は19日まで中止になりました。
その後ももしかしたら、中止になるかもしれません。

それについて、柚香光さんのファンである私個人の、正直な思いを書かせていただきたいと思います。

とりあえずオリンピック、お前だけは絶対に許さない。
宝塚等の娯楽はNGで、オリンピック関連の行事はOKだなんて、おかしくないですか?
そこにムカッとするし、モヤモヤします。



ほかの組の公演は、千秋楽はやれなかったりしましたけど、初日以降の日程はほとんど無事に公演できたじゃないですか。

でも、『はいからさんが通る』だけは、初日から中止。
柚香光さんのお披露目が…中止…。
贔屓の大事なお披露目が!中止ですよ!!!


なんか、もう、無気力です。
初日を、ファンの皆様と一緒に応援したかった…。



あと、めっちゃ自己中なこと言いますけど、
私がチケットとった日だけは、公演やっててほしい。
それくらい言わせて。


フィナーレの男役群舞&ブライダルデュエダンと、柚香光さんのトップスターの羽根と、永久輝せあさんの語り部が観たかったので…。(意外と見所ある…)

私の中で、急に『はいからさんが通る』への関心が強まったところだったので、「期待値上げといて、そりゃないよ」という気持ちです。

でも、もしここで強行したら「こんな時にお披露目をした花組のトップスター」として、悪い意味で有名になってしまっていたかもしれません。
それを考えたら、やはり公演中止は妥当でしょう。
とても複雑な気持ちです…。




なんかもう、言葉がありません。
ショックが大きいと、意外と語れなくなるものなんですね。

柚香光さん率いる花組が、「本当に公演できるのか?」と不安になりながらも頑張ってお稽古しているのが、あらゆる雑誌などからヒシヒシと伝わってきていましたから。
ファンだってショックだし、組子だってショックだと思います。


新人公演も、面白い配役だったので楽しみにしてましたが、やれるかどうかわかりません。
せっかく一之瀬航季さんが主役なのに…。



劇団は何も悪くない。むしろ、中止した方が正しい。
でもそれなら、この悲しみと怒りは、一体どこに向けたらいいのでしょう。

あ、これだけは言えるかも。
オリンピック関連行事だけは、強行してやるんでしょ。
それなら絶対に許さないから
※20日に、聖火が到着するので、この日だけは中止にできないというお国の都合


庶民の個人的な娯楽→禁じます
国の威信がかかったオリンピック→何が何でもやります

…私にとっては、オリンピックの方こそ、どうでもいいイベントです。
「20日に予定していた聖火のイベントも延期」とかなら納得なのですが、そっちは予定通りやるっていうんですから、ムカついてしょうがない!
娯楽を中止せよと言うなら、すべて平等に中止すべきです。
せめて延期くらいはできるでしょう?


早く安全な世の中になって、当たり前のように公演ができる状態に戻ってほしいです。
演劇だけでなく、ありとあらゆる娯楽を、人々は奪われています。
楽しいことを、当然のように楽しめる毎日が、戻ってきますように。

*******

あと、「宝塚よ、同調圧力に負けずに再開して!」と、馬鹿げたことを言っている人たちがいます。
頭の中が、お花畑すぎませんか?
それについて意見を書いたので、こちらの記事もお読みください。
私は、公演自粛は当然のことだと思っています!





※記事のタイトルが、文字数の関係で「ファンの本音と怒り」となっておりますが、当然ながら「ファンのひとりであるカリーナの本音と怒り」でございます。
いちいち突っかかってくる人がいるので、一応書いておきます。





このページのトップヘ