Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:優波慧

ナイスワーク


こんにちは、カリーナです。

花組の別箱とDSの、出演者(振り分け)が決定しました!


・柚香光主演『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』
・聖乃あすか主演『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』
・水美舞斗ディナーショー『Aqua Bella !!』


個人的には「うーん…」です。

私は全部の舞台を観られるわけじゃないから、好きなジェンヌさんが見事にバラけてしまうと困る
配信見るしかないかな…



『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の出演者について

詳しくはこちらを。




個人的に特に好きな(贔屓以外の)ジェンヌさんが、ほぼ出てない…
あくまで個人的にですが、ちょっと残念です。


あと、柚香光さんのお手伝いの子たちがいなーい!
あまりそういう所って配慮ナシなのかな?


何気に歌ウマさんが多い気がします。
歌が多いらしいので、そのせいかも?

『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』の出演者について

詳細はコチラ。




私の好きな娘役さんがほとんどコチラに…。
個人的に(強調)これはつらい…


専科からは万里柚美さんが出演されます!


はいからさんでは休演中の愛乃一真さん、三空凜花さんは無事に復帰できるようですね。 


2番手は誰になるのでしょう?
私は優波慧さんだと予想しておきます。




水美舞斗ディナーショー『Aqua Bella !!』の出演者について

詳しくは公式を。



これは1日だけの配信アリのやつじゃなくて、いつも通りのDS?
配信あるかなぁと思い、少し期待していたのに。

主役+男役2人+娘役2人という、ナイスなバランスです。

何だかんだで楽しみです

まだ配役が発表になっていませんが、振り分けが出ただけでもワクワク!
配信どうしようかなー、配信あるかなー?

今後の情報にも注目です!




sunscreen 2


花より男子宝塚


こんにちは、カリーナです。

今さらですが、花組公演『花より男子』の感想です

主演が贔屓の柚香光さんだというのに、「原作が苦手」「ビジュアルが好みじゃない」という理由で、今まで一切観てこなかったんです。
円盤も持ってないし、スカステでもスルーを決め込んでいました。(コチラの記事も参照)

しかし先日、「カリーナさんは花男が苦手なんでしたっけ」と言われて、「苦手は苦手だけど…。でも、劇場での公演はしばらく中止になったし、飢餓状態の今なら観れるかもと思って、勇気を出して観てみました。


そしたら、、、

あれ?
『花より男子』、結構面白かったですよ。ツッコミ所が多くて

ということで、柚香光さんだけでなく、他のキャストについても色々語っていこうと思います!
今回は「その①」ということで、ツッコミ感想の前半でございます。
どうぞお付き合いください。



思ったよりも面白い!テンポのいいミュージカル

おのれスカステ~!
我が家はスカステの映りがすごく悪くて、かなりノイズが入るんですが、オープニングが全部ノイズで潰れてしまいました!
辛うじて、原作イラストの下部にドアがあって、そこから出てくるのは確認できましたが、歌に関しては雑音で一切聴こえませんでした!
なので今は評価できません…次の放映日にまた録画しますね。


その後はほとんどノイズなしで観れましたが、歌が多くて全体的にノリノリ!!
“TAKARAZUKA MUSICAL ROMANCE”というだけあって、かなりミュージカル感があります。
気分がアガる感じですね♪

一本物なので、途中でダレるかな~と思ったんですが、テンポがいいので全然ダレない!
色んなイベントが立て続けに起こり、どんどん話が進みます。
原作未読の私は途中で「え?今の何?」となることもあったんですが、そこまで気になりませんでした。

良くも悪くも“昔の少女マンガ”で、定番&お決まりのシーンがすごく多いんです。
でも結局観客って、ああいうのが好きなんだと思う。


いじめシーンはちょっとキツい

『花より男子』といったら、壮絶ないじめのシーンですよ。
これをカットすると、お話が進まなくなるのです。

私は子供のころに『花より男子』のアニメを観ていたんですが、いじめを無視する教師のシーンがすごく怖くて、それ以来トラウマに

しかし宝塚版の『花より男子』は、いじめシーンを歌&踊りのTHE・ミュージカルに変えてしまいました!
「あっ、これなら私でも観れるわ」と歓喜し、私は視聴を続けることに。


しかし。
やはり、元々いじめ&嫌がらせのシーンが多すぎるので、連続で観ているとちょっとキツい。
どうしてこれを宝塚でやろうと思ったのか…と思う程度にはキツい。
しかも、「いつの時代のいじめだよ!」と思うような典型的なやつ。
原作がちょっと古いから、仕方ないと思いますが。。。


ミュージカルっぽさで誤魔化してはいますが、やっぱりいじめ、よくない。

道明寺以外の脇役にもムカついたし、結構不愉快でした。

城妃美伶さん演じるつくしが、鋼のメンタルの持ち主なので、それで何とか観れた…という感じです。
しろきみちゃん自体が、すごく気が強そうなイメージなので、「このくらいのいじめ、どうってことなさそう」と思いながら観てました。※褒めてます




花沢類のキスシーン多すぎ問題。キスシーンのバーゲンセールか!?

めちゃくちゃ突っ込みたいんですが、花沢類のキスシーン、超多くないですか!?

F4(エフ・フォー)のメンバーは、以下の4人。

道明寺司:柚香 光
美作あきら:優波 慧
花沢類 :聖乃 あすか
西門総二郎:希波 らいと


この中でメインでつくしに関わってくるのは、主役の道明寺司と、花沢類。
美作あきらと西門総二郎は、F4ではありますがチョイチョイ出てくる程度です。

花沢類は、つくしによく関わってくるんですが、とにかくキスシーンが多い!


つくしのおでこにキス…は、いかにも少女マンガっぽいんですが、そもそも花沢類は藤堂静(幼馴染で初恋の女性)のことが好きなんですよ。
で、その愛する静さんを追いかけて外国に行く直前に、つくしのおでこにキスするの。
え? 今の若い人は、誰にでもそんな気軽にキスするんです???

それ以外にもあっちこっちでつくしに熱烈なキスをするし、終盤では結局静さんにガチキスするし。
「聖乃あすかさんのキスシーン練習用演目なんだろうか」と思ってしまいました

これって原作通りなんですか?
原作通りだとしても、もうちょっと削ってくれてもよかったなぁ。
花沢類だけ、キスシーンが多すぎます。




ちょっと記事が長くなりそうなので、続きは明日更新予定です。
次回も怒涛のツッコミ祭りです。
乞うご期待。



【4/15日追記】
感想の続き記事をアップしました。↓














yu-ya01_2



ココナラ用小


永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

『DANCE OLYMPIA』の公演プログラム…。
きっと一部の方は、“永久輝せあさんの掲載順”が気になっていたと思います。

私が耳にしていた一部の方々の予想は、永久輝せあ→水美舞斗という順番。
個人的には、「いやいや、そんな露骨な上げ方しないでしょ」ってことで、水美舞斗→永久輝せあの順で並ぶのかなぁと思っていました。
水美舞斗さんのすぐ次が、永久輝せあさんのイメージ。

でも、公演プログラムを開いてビックリ!
永久輝せあさん、順番的に言うと、すっごい後ろのほうなんだけど…!?


とりあえず公演プログラムの話だけ、最初にしておきます!



ほぼ学年順にきれいに掲載

今回の公演プログラムは、綺麗に学年&成績順!という感じです。

いや、いつもだって基本はそうだけど、「永久輝せあさんは、もうちょい掲載順が早そう」と勝手に思っていたので、余計にそう感じるだけかもしれません。
予想よりも、上げ方がゆっくりですね。

あと、組長も副組長もいないし、今回はあきらもいない!別格ポジの人もいない。
あきら→マイティー→さおたさん→くみさん、みたいな感じの並びは、今回はないです。

普通に水美舞斗さんが2番手の位置で、その下は学年&成績順です。
水美舞斗さんのすぐ次は、航琉ひびきさんでした。

□公演プログラムの掲載順
柚香光

華優希

水美舞斗

航琉ひびき

美花梨乃

舞月なぎさ

華雅りりか

優波慧

更紗那知

千幸あき

永久輝せあ

春妃うらら

聖乃あすか

一部の超路線以外の下級生たちは、小さい使い回し写真です。


ブルーの衣装で、みなさんが手で「2020年」を表しています。
ピースサイン&手で丸をつくってキメ顔してるので、ちょっとシュール。

花組のお馴染みの面々はみんな笑顔で写ってるんだけど、永久輝せあさんだけクールめな表情です
この写真、とてもカッコいいから、みんな見て。→TCAスチール写真一覧に飛びます




配役を見て。優波慧<永久輝せあなのは確定?

配役を見ると、優波慧さんよりは明らかに扱いが良いと思います。

永久輝せあさんは3番手扱い?のような感じで、役名も「スミス」というように個人名が与えられているし、見れば分かるけど普通に目立つ役。
第2幕には、永久輝せあさん1人だけの見せ場もあります。(組替えで来たから、というのもあるかもしれませんが)

一方の優波慧さんは、同じ場面で、「コロス(男)A」だったり、「オリンピアのダンサーA(男)」だったり。

明確に差を付けられているように感じました。

先日の特番観てても、永久輝せあさんは椅子で、優波慧さんはうしろで立ってましたね。
あと、宝塚GRAPH1月号の写真の立ち位置もそんな感じでした。
優波慧さんのほうが先輩ですが、ここはあっさりと抜いちゃう感じ…なんですかね。

公演プログラムというよりは「柚香光パンフレット」

ちょっと話題寄り道。

『DANCE OLYMPIA』公演プログラムですが、とにかく「薄-い」!!
プログラムっていうか、もはやパンフレットです。
ホチキスで製本してあるもん。

柚香光さんの写真がいっぱい載ってるので、ちょっとした写真集のような…。
ダンオリを観に行かない人も、とりあえず買っておけば幸せになれるかも。

歌の練習してる柚香光さんの写真もあるよ。
笑顔が可愛くて、しねる。

永久輝せあの腕の長さ&花組の顔面偏差値に驚く♡

公演プログラムの最後に、お稽古の時の写真が掲載されています。

同じポーズをとっている柚香光さんと永久輝せあさんの写真があるんですが、静止画でまじまじと見比べてみると、「永久輝せあさんは腕が長いのね」ということに気が付きました。

あとね、、、
柚香光&水美舞斗&永久輝せあ&聖乃あすか、4人組のショット。
顔面偏差値高すぎじゃね???
花組なんなの…。
美の女神アフロディーテの祝福受けすぎでしょ……。


花組がさらにビジュアル特化組に超進化していくのをヒシヒシと感じました。

歌の女神ミューズがいたら完璧すぎて逆に魅力がなくなるかもしれないので、このままでいいです

公演プログラムだけで色々なことがわかる

まとめ。

・水美舞斗さんは普通に2番手扱い
・優波慧さん<永久輝せあさんはほぼ確定?(それとも今回だけ?)
・花組、顔面偏差値高すぎ問題


公演プログラムは超薄いけど、色んなことが分かります。あと、写真は普通にいっぱい。
公演を観る予定のある方はもちろんのこと、観る予定のない方も、ぜひ見てみてくださいね。




当ブログでのレポ&感想記事のアップは、とりあえず今週中にやれればいいなと思っています。
もしかしたら2~3記事に分けるかも?
書きたいことがいっぱいあるので、情報整理しておきます。

あと、しばらく多忙のため、コメント返信遅れます。すみません。



↓関連記事↓







このページのトップヘ