Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:宝塚

CASANOVA新人公演

こんにちは、カリーナです。

7月6日に、花組新人公演『CASANOVA』がスカステで放送されました。
主演は帆純まひろさん。

メモ程度に、感想を書き残しておきます。
キャスト別。



主演・カサノヴァ(帆純まひろ)

ビジュアル100点満点の、超美しいカサノヴァでした。

本役の明日海りおさんは当然美しかったけど、こちらはまた違った魅力があり、「これはモテ男だわ」という感じ。
やはりカサノヴァは、女性に愛される容姿でないといけないと思います!
説得力ありまくりのほってぃカサノヴァ~

しかし、本役が明日海りおさんというのもあり、歌唱力の違いが丸分かり…。
もともと私は、帆純まひろさんの声が苦手なんです。
どちらかというと悪声ですよね。

声はどうしようもない&好みがあるにしても、歌唱力は今後伸びるかも!?
あのビジュアルは何者にも代えがたいので、歌は頑張ってほしいです…!
あと、もうちょい声量が欲しい。

ベアトリーチェ(華優希)

本役の仙名彩世さんを見るたびに、「修道院から出たばかりという設定は無理がある」と思っていました。
なのでビジュアルだけなら、華優希さんのほうが雰囲気は似合っていたかな。

華優希さん、お芝居はそこまで嫌いじゃないんですが、キンキン声になるのがいつも気になります。
劇場で聞いてもキンキンするし、映像でもキンキン。

そして、マイクの音量が相当上げられているのか、雑音がとても気になりました。
マイクからガサゴソと音がするんです。

音程が低い所は、なんとか歌声が聞き取れました。
でも、歌で高音になると、歌声が消える…。
音くり寿さんと歌っている時は、華優希さんの歌が聞こえないから、全くハモれていませんでした。
マイクは最大音量くらいだと思うんですが、、、




コンデュルメル(聖乃あすか)

こちらもまた美人なコンデュルメル。
真ん中付近の男役、びっくりするほど顔面偏差値高い!
でも、超絶小顔な柚香光さんのコンデュルメルを見慣れているので、頭身バランスが微妙かなと思ってしまいました…。
まぁ、顔が美人だからいいんですけど。(顔は大事よ)

聖乃あすかさんは舞台化粧がいつも微妙なんですけど、コンデュルメルの時は結構化粧が綺麗でしたね。
本公演とどこが違ったのだろう?

聖乃あすかさんも声に難ありですが、本役の柚香光さんよりは、まだセリフが聞き取りやすい気がしました。

歌は…柚香光さんよりは若干マシ?
もうちょっと長い歌が聴きたかったんだけど、短くカットされてしまっていて残念。

コンデュルメル夫人(舞空瞳)

本役とのイメージが一番かけ離れていたのは、コンデュルメル夫人かもしれません。
鳳月杏さんは男役が演じる女役で、舞空瞳さんはそのまま娘役だし。

男役&経験豊富な鳳月杏さんと比較するのは酷ですが、ご夫人感は全く出ていませんでした。
でもそれって、当然ですよね。
舞空瞳さんはまだ下級生で、経験値が全く違いますから…。
でも、下級生なりにすごく頑張っているのは伝わってきました!

歌唱力は、真ん中付近の役の中では一番マシ…?
(超歌ウマの音くり寿さんを除く)

ビジュアルはとにかく凄かった新人公演

新人公演の『CASANOVA』の見所は、兎にも角にもキラキラのビジュアルです
歌がどうだろうが、芝居がどうだろうが、とにかく容姿が良すぎて、目くらましを食らってしまいました。(褒めてる)

1回目は「ほってぃ美人だな」「ほのか美人だな」「はなちゃん似合ってるな」という感想が大半を占めてしまったので、時間がある時にまた観てみようと思います。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





FA249D94-40E1-449A-94F7-8CB2D916F5EB


宝塚自粛


こんにちは、カリーナです。

先日Twitterを見ていたら、「劇場からはクラスターが発生していないのに、自粛させられるなんておかしい」という意見がありました。
いいねも沢山ついていて、舞台の自粛に対する不満がかなりあるようです。

でも、これって逆ですよね?
早めに自粛したから、劇場でクラスターが発生しなかったんです。
自粛したから防げたんですよ。

だから、舞台の自粛は正解だったと思います。




自粛に対して不満を言う人たち

今は世界中のありとあらゆる業種が、自粛せざるを得ない状況になっています。

あの有名なシルク・ドゥ・ソレイユも、破産申請する事態に。
また、ウィーン少年合唱団もやばいそうです。



舞台だけでなく学校などもそうなんですが、「どうしてクラスターが発生していないのに、休校にされないといけないの。楽しい学校行事を奪わないで」といった内容のツイートも以前からよく見かけていました。

観劇などの娯楽や、学校などでの楽しみを奪われた人々が、自粛への不満をためこんでいるようです。


舞台を自粛したからこそクラスター発生を防げた!


そのようなツイートを見るたびに、私は「いやいや、休校にしたおかげで、大ごとにならなかったんでしょ」って思ってました。

仮にそのまま授業を続けて、大勢が集まる学校行事もやってしまったら、おそらくクラスターは発生していたでしょう。
学校って全国に山ほどありますからね。
しかも卒業式に入学式…人が集まるイベントばかりです。

舞台もそれと同じではないでしょうか。
「舞台は安全」と言い張る方もいますけど、私はあまり信用していません。

劇場に大勢が毎日押し寄せていたら、今頃大ごとになって、宝塚はギッタギタに叩かれていたかもしれませんよ。




自粛はつらいけど対応としては正解

舞台観劇だけが生き甲斐!というレベルで観劇好きな人は、「どうして舞台が自粛しないといけないの」と思ってしまうかもしれません。
また、「あの業種は自粛していないのに、何故舞台は駄目なんだ」と、よそと比較してしまう人もいるようです。

でも、舞台が完璧に安全と言い切れない状況下では、自粛は正解だったのです。
そのおかげで、クラスターは発生していないようですから。
この結果が全てです。

今後再開した時にどうなるかは誰にもわかりませんが、少なくとも数か月間の自粛をしたのは間違いではないと思います。
大変なのは舞台だけじゃないし、よその業界と比較したってイライラするだけです。

舞台のことだけを見て、今後も応援していきましょう。


※追記
サムネの漢字が、誤って「大参事」になっておりましたので修正しました。
ご指摘いただきありがとうございます。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




336×280


トップスター監修グッズ

こんにちは、カリーナです。

7月7日に、各組トップスターの新グッズが発売されます!
トートバッグ、クリアファイルはそれぞれサイン入り風デザインで、普段使いしやすいのではないでしょうか♡

また、2019年の舞台写真セットも登場です!

1人のトップスター関連グッズを全て買うと、ちょうど5000円になるので送料無料ですよ!
完全に劇団側の思う壺なんですけど、これは全部買うしかない…か?




デザインはそれぞれこんな感じ。
※リンク先は全て柚香光さんのグッズです

トートバッグ




A5クリアファイル




PHOTO SELECTION BEST 10 -2019-
★キャトルレーヴオンライン先行販売




先日プログラムをポチったばかりなのに、、、
全部欲しくなっちゃいますねぇ…。

売切れ前に絶対に買いたい!という方は、7日にキャトルレーヴオンラインへGO



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




FA249D94-40E1-449A-94F7-8CB2D916F5EB


スカステ無料

こんにちは、カリーナです。

明日7月5日は、スカステが無料で視聴できる日です!

今月の新番組も見れちゃうので、見なきゃ損!
要チェックですよ



スカステを無料で観る方法

スカステを無料で観る方法は、こちらの記事を参考にしてください。





ノイズ対策方法はこちら。




ノイズの原因となる妨害電波をカットしてくれる、おすすめケーブル。
私も使ってます。

7月5日のおすすめ番組ピックアップ

今月も素敵なラインナップです

個人的におすすめの番組をいくつかご紹介します!


■スカイ・ステージ・トーク Dream Time#53 瀬戸かずや
1時間の長いトーク番組。
MCは帆純まひろさん、聖乃あすかさん。
ゲストの瀬戸かずやさんの、普段の様子が明らかに!?
(犬に話しかける話が最高に面白いから見て…)


■ワンにゃんパラダイス!!#36
彩風咲奈さんが飼っているフェレット・ジェラルド君が可愛い♡
フェレットを飼っていたことがあるという望海風斗さんが、ゲストで登場します!


■NOW ON STAGE #567 『壬生義士伝』『Music Revolution!』
雪組ファン必見のナウオンです


■Cafe ふぉるだ#11
ゲストはひろ香祐さん。
今回はスイーツ作りの代わりに、みんなで運動するよ!
ひろ香祐さんはご両親を亡くされているんですが、その時の同期とのエピソードに感動。
95期ファンは必見です。



雪組公演『壬生義士伝』は観れません

番組表を見ると、雪組公演『壬生義士伝』が21時から放送となっていますが、無料(未契約)の方は視聴できません!

ナウオンは観れますが、ナウオン後に容赦なく画面が真っ暗になります。

観たい方は、スカステに加入するのです…。


スカステ無料日を楽しもう

一部の番組は視聴できませんが、他の番組は視聴できるはず!
(今、TCA PRESSの番組表を参考にしてるので、もし急な番組内容変更があったらゴメンナサイ)

スカステ未契約の方は、無料日を活用して、思い切り楽しんじゃいましょう


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






FA249D94-40E1-449A-94F7-8CB2D916F5EB


男役

こんにちは、カリーナです。

先日、某ブロガーが書いた「歌下手ジェンヌが歌劇団のトップなのは駄目」という主旨の記事について、私は猛烈に批判しました。(記事はコチラ)

明らかに、歌が苦手な柚香光さんに対する嫌味でしかない記事でした。
珠城りょうさん、真風涼帆さんへの悪意も感じました。

「歌下手は歌劇団トップ失格」というような論法でいくなら、ビジュアル重視派の私的には「容姿がイマイチで低身長のジェンヌは、トップ(男役)失格」というような記事も書けてしまうんですよ。
私は、そのような記事は書きませんけど。
でも、あれを読んだ他のブロガーが、仕返しにそういう記事を書かないとは言い切れません。

多くのブロガーは、「歌の技術ならいくら叩いてもいいや!」とばかりに、歌唱力ばかり叩きます。
全てが完璧なジェンヌなんていないのに、歌唱力だけピンポイントで叩くのは何故なのでしょうか?


ジェンヌ叩きの時に叩かれやすい部分や、あまり叩かれない部分について、色々と考えてみました。



全てが完璧なジェンヌなんて存在しない!

当たり前の話をしますけど、容姿や技術、全てが完璧に揃ったジェンヌなんていません。

なんかね、「歌唱力は歌劇団に必須だ」とよく言われるんですが、それを言うなら素敵なビジュアルは男役に必須だし、ある程度の身長も男役に必須ですよ。
カッコ悪い男役なんて、わざわざ観に行きたいと思いませんから。

手足が長くて小顔で、スタイルが良ければなお良し。
顔の造形も素晴らしければパーフェクト!

しかし実際には、そんなジェンヌはいないのです。
ビジュアルが、男役としては恵まれていないトップスターが、今までだって何人もいました!

歌が上手ければ、身長などの他のどこかがダメだったりします。
容姿が完璧なら、歌やダンスが欠点だったりします。
誰にでも認められるような、完璧なジェンヌなんていません。断言します。




歌唱力叩きはOKで、容姿叩きはNG?

気になるのは、「歌唱力ならいくら叩いてもOK」というような風潮があることです。
歌劇団なんだから当然だろう」という声が聞こえてきそうですが、「宝塚らしいキラキラビジュアルだって同じくらい重要だ」と言い返してやりますよ。

ブログに限って言うと、容姿叩きはあまりされないようです。
人気ブログの管理人の贔屓が、容姿に恵まれていないので、あえてそういう記事を書かないだけかもしれません。
自分の贔屓が傷つくもんね。

逆に私は、贔屓がゴージャスな容姿をしているものだから、常に容姿を褒める記事ばっかり書いていますけど。

何が理由なのかはハッキリしませんが、大っぴらに容姿叩きをするブロガーはあまりいません。
「○○さんは低身長で顔も不美人だから、男役っぽくない!トップにふさわしくない!」なんて書いたら、大炎上するからでしょうか?
まぁ、炎上しますね。断言します。

歌も容姿もそうだけど、人によって評価基準は様々。
不美人か、歌が上手いか、そんなのも感じ方は色々!

「誰が見ても平均点以上の実力(容姿)が欲しい」と言ったところで、それを測る明確な基準なんてないんです。



容姿叩きが皆無なわけではない

宝塚歌劇団のジェンヌにとって、大事なものって何でしょう?

歌やダンス等の技術。
娘役なら、可愛らしい容姿。
男役なら、高身長でカッコイイ容姿。

どれも大事なんですが、重要視されがちなのは、やっぱり「歌やダンスなどの技術」の話。
歌が上手いジェンヌが人気スターになるとも限らないのに、やたらと歌ばかり重要視されています。
ビジュアル最強でチケット爆売れみたいなジェンヌがいても、多分この傾向は変わりません。

容姿は好みの部分も大きいし、叩くのはマナー違反っぽさがあるので、あまり叩かれないのかな?

しかしTwitterでは、容姿を叩いている人をたまに見かけます。
容姿叩きをする人は少ないけど、する人は確かにいるんです。

あと、私のブログのコメント欄で読んだのですが、某トップさんは容姿をかなり叩かれているそうです…。
そのトップさんのファンの方からのコメントだったので、おそらく真実なのでしょう。

私はビジュアル重視派だけど、そのトップさんを見て「不美人!」なんて思わないんですけど。
感じ方の違い、としか言いようがないのかもしれません。

私は「宝塚にビジュアルは必要無いという嘘」なんて言わない

問題となったブログ記事のタイトルが『宝塚に歌唱力は必要無いという嘘』だったので、ビジュアル重視派の私が記事を書くなら、記事タイトルは『宝塚にビジュアルは必要無いという嘘』になります。

不美人で、低身長で、スタイルの悪いジェンヌを叩く内容になりますね。
見た目が整ったジェンヌを褒めたたえ、ビジュアルに難のあるジェンヌを名指しレベルで叩く。
そして「宝塚の男役なら、美人で高身長でなければならない!」と決めつけます。


そんな記事を私が書かないのは、
・色んなニーズがあるので、容姿の欠点を部分的に叩いても意味がないから
・宝塚は容姿よりも歌を重視する人がアツい?から
・容姿叩きはお行儀が悪いと、個人的に思うから
です。




そして私は、基本的に、タカラジェンヌに超絶不細工はいないと思ってます。
目が小さくて鼻が低くても、透明感があったり、愛嬌があったり、顔に覚えやすい特徴があったり…。
それはそれでいいと思うんです。
スタイルに難アリでも、それに合った役をすればいいだけのこと。

ビジュアルを執拗に叩いている人を見ると、「そこまで叩くほど酷いかしら?」といつも思います。
私は多分、スタイルがよくて美しいジェンヌに惹かれはするけど、だからといってそれ以外のジェンヌに悪口を言う気は起こらないんですよ。

自分が好きなジェンヌのことを、ただひたすらに愛でてればいい。
わざわざ嫌味ったらしい記事を書いて、叩く必要なんてありません。


誰かを叩くとブーメランで返ってくるのでご注意を

これは誰にでも言えることなんですけど、誰かを叩くと、必ず自分に返ってきます。

あなたが叩いているその人は、あなた以外の誰かの贔屓。
その“誰かの贔屓”を叩けば、あなたの贔屓もブッ叩かれる。
やり返し、やり返されの繰り返しになります。嗚呼、むなしい。

技術について、真正面から評価・評論する記事ならばいいと思います。
そうでなければ、舞台の評論家という仕事がなくなってしまいますもの。

でも、いやらしい構成の文章で、特定のジェンヌを叩くのはいけません。
(今回の件でいえば、あえて柚香光さんの名前を出さずにネチネチ叩いているのがタチ悪い)


というか、柚香光さんを叩くことで、あの人の贔屓がどんな得をするというのだろう…?
ワカラン。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


あなたに最適な仕事って?適職をタロット占いで診断します



336×280


このページのトップヘ