宝塚イズム42"

こんにちは、カリーナです。

ちょっと分厚い例の本、『宝塚イズム42』が、2021年1月8日に発売されます!

今回の『宝塚イズム』は、各組トップスターの特集です
コロナ禍で大変だった、2020年の宝塚を振り返ります。

2020年の公演評もあるので、トップスター以外の人気スターについても書かれており、宝塚ファンならきっと楽しめるでしょう!

また、明日海りおさん主演の『ポーの一族』(2021年)についての小特集もあります。

読み応えバッチリだと思うので、ぜひチェックしてみてください!



『宝塚イズム42』の内容はこんな感じ。
特集では、新型コロナウイルスによってあらゆる対応に緊張を強いられるなかで、休演を乗り越えてお披露目公演で「再開」を背負った柚香光&礼真琴、外箱公演に臨んだ真風涼帆、退団が延期になった望海風斗と珠城りょう、各組の2番手動向などを取り上げて、激動の2020年を振り返る。

小特集では、2021年1月に明日海りお主演、小池修一郎脚本・演出で再演が決定した『ポーの一族』への期待を語り、『エリザベート』『1789』『るろうに剣心』など、宝塚と外部作品が接近している現状も読み解く。

スケジュール変更が相次ぎ、限られた客席数で上演された作品の貴重な公演評、OG公演を取り上げる連載、OGロングインタビューなど、2020年の総まとめの一冊。

目次
●特集 柚香・珠城・望海・礼・真風、激動の2020年!
●小特集 『ポーの一族』再演と宝塚×演劇の新世界
●公演評
花組『はいからさんが通る』
星組『眩耀の谷――舞い降りた新星』『Ray――星の光線』
雪組『NOW! ZOOM ME!!』
月組『WELCOME TO TAKARAZUKA――雪と月と花と』『ピガール狂騒曲』
宙組『アナスタシア』
外箱対談 
引用元:https://books.rakuten.co.jp/rb/16534291/


『宝塚イズム40』は明日海りおサヨナラ、『宝塚イズム41』は望海風斗&真彩希帆サヨナラがメインの内容でした。
今回は、各組トップスターをまんべんなくとり上げてくれるようです。

また他に気になるのは、外部の『ポーの一族』の小特集!
きっと、初演の宝塚版についても触れられますよね…!
「柚香アランの話が出るのではないか?」とワクワクしています



『宝塚イズム42』は、各ネット書店で予約を受け付けています。

◆Amazon




◆楽天

宝塚イズム42 特集 柚香・珠城・望海・礼・真風、激動の2020年! [ 薮下 哲司 ]

価格:1,760円
(2020/11/21 15:38時点)




いつも結構分厚いので、今回もめちゃくちゃ読みごたえがありそう!
楽しみにしています





005b