Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:宝塚歌劇団

宝塚歌劇団

こんにちは、カリーナです。

ここのところ、「宝塚歌劇団の公演中止&再開」に関する新聞記事が、沢山配信されていますよね。
それを読んで、新聞記事&その記事を書いた記者をバカにする宝塚ファンが、一部にいるようです。

「こんな下らない記事を書くなんて。宝塚記事の担当から外れてしまえ!」

「この新聞記者はこんな戯言を言ったけど、劇団はもっと素晴らしい案を出してきた!」

「宝塚は最高!こんな新聞記事を書いた記者は、宝塚の考えの深さが理解できてないんだ」

……まぁ、こんな具合でございます。

正直言って、痛いです。
「宝塚教」の信者の妄信がひどすぎて、見ていられません。
本当に宗教みたいで、怖いです…。

宝塚サマが崇高すぎて超考えが深くて最高っ、なのは分かりました。
でも、新聞記者に罵声を浴びせるなんて、ヅカファンなのにお行儀が悪いですよ。




新聞記者は無難な記事を書くのが仕事

私は普段、フリーランスでライターの仕事をしています。
芸能系の記事を書くことも、たまにあります。

そういう時には必ずガイドラインみたいなものがあって、それに沿って書かねばなりません。
日刊ス〇ーツとかの新聞も、そうだと思います。

個人の考察ブログではないので、「誰が読んでも無難な記事」を書かないといけないんです。

だから、劇団をバカみたいに褒め称えもしないし、「再開は時期尚早だったか?」みたいな内容になっちゃうわけです。
個人の意見を披露する場ではありませんからね。


それに、新聞などの記者は、すごいスピードで記事を書かねばなりません。
それも、色々な話題の記事を。
「宝塚の記事」はあくまで仕事の一部なのであって、専門ではないのだから、“それなりの記事”になってしまうのは仕方がありません。

fortune02

新聞記事の内容にかみつく「宝塚教」の信者が痛い&怖い

最近は例の問題のせいで、宝塚の公演の中止や再開に関する新聞記事が多いですよね。
そういう記事は、だいたいネットでも読めます。

それを読んだ一部の宝塚ファンが、新聞記者をボロクソに叩いているのを見ると、呆れてしまいます。

特に気になるツイートがいくつかありましたが、引用したら怒られそうなのでしません。
だいたいの傾向としては、

・「宝塚の公演再開は早すぎたか?」という記事に対して「宝塚にとって、あの日は大事な日だったんだ! そんなことも理解できないなら、記者をやめろ」と罵倒。

・ガイドラインに沿った無難な記事を仕事で書いた記者に対して、「この記者の考えは浅はかだ! 宝塚は、スカステで生放送という素晴らしい案を出してきた。こんな意味のない記事を書くなんて」と罵倒。

・ちょっとでも気に入らない新聞記事があると、記者を名指しで罵倒。


……酷いですね。
でも、本当にそういうことを言っている人が、一部にいるのです。
そして、その意見に賛同し、いいね&リツイートしている人の多いこと!

呆れます。




根底にあるのは「宝塚歌劇団への愛と妄信」

どうしてこんな言動を繰り返すのだろう…と思ったのですが、その根底にあるのは「宝塚歌劇団への、深すぎる愛」、悪い言い換えをすれば「妄信」です。

もはや宗教じみた執念。執着。劇団への盲目的なまでの信頼と愛。

それがあるから、あらゆる新聞記事にかみついては「この記事は最低! 宝塚歌劇団は最高!」という結論に持って行きたがるのでしょう。


先日、宝塚の公演再開が発表された時も、「劇団は、素晴らしい決断をしてくださった!感謝!」と、劇団を崇め奉るようなツイートをしている人をちらほらと見かけました。
私は正直、「とんでもない決断をしたものだな」と思ってしまいましたけど……。




まぁ昨日、公演中止の延期が決まったわけなんですけど。↓




もっと冷静になって読めばいいのに

私は、問題視されていた記事を、いくつか読みました。

そのうちの1つは、記者の推測が混じっていて、「ちょっと取材不足かな」とは思いました。
でも、その部分ではなく、「どんな問題があろうが、あの日だけは公演して正解だったんだよ!」と言い放つ信者を見た時は、「オイオイ」と呆れました。
いや、つっこみ所はそこじゃないだろ。

しかし、その他の記事は、“ガイドラインに沿って、記者が仕事で書いた、優等生な記事”でした。
宝塚GRAPHなどに載せる記事ではないのだから、あんなものでしょう。


逆に、「宝塚はきっと今後、対策として〇〇してくるでしょうね!」なんて書いてあったら、記者の私情が入りすぎていて、おかしな記事になります。
そういう“宝塚age”な記事が読みたいなら、宝塚GRAPHなどのメディアや、宝塚ファンの考察記事でも読めばいいんです。


みっともないので、新聞記者を罵ったり、叩いたりするのはやめましょう。
宝塚ファンのモラルが問われます。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






masakichi1


美園さくら

こんにちは、カリーナです。

月組トップ娘役・美園さくらさんの退団が発表されました。

個人的には、「この2人は添い遂げしないだろうな」と思っていたので、意外です。。。



公式のお知らせはコチラ。



月組トップ娘役・美園さくらが、2021年2月14日の東京宝塚劇場公演 ロマン・トラジック『桜嵐記(おうらんき)』、スーパー・ファンタジー『Dream Chaser』の千秋楽をもって退団することとなり、2020年3月24日(火)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせいたします。   


先日、月組トップの珠城りょうさんの退団が発表になりましたよね。
同時退団です。
つまりは「添い遂げ」ということになりますが、珠城りょうさんと美園さくらさんは、スカステとか見ててもあんまり仲がいいイメージがなくて


だから「絶対に添い遂げではないだろうな」と思ってて、次の相手役のことを考えていたんですが、まさかの退団!
個人的には結構ビックリなんですが、、、他のファンの皆さんはどんな感じだったんでしょう。



とりあえず、珠城りょうさんと美園さくらさんが退団になったら、月組トップコンビが丸っと変わるわけですよ。
凄い変化ですよね。


この後、人事の大シャッフルがありそうな気がしてなりません。



次のトップ娘役も気になります。
いつでもなれそうな娘役さんは何人かいますけど、その中の誰かかな?




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


fortune02








宝塚公演中止

こんにちは、カリーナです。

私の贔屓のお披露目公演の初日が、中止になりました。
しかし私は、結構平気です。
むしろ、テンション高めで、幸せホルモンがいっぱい出ている気がします。

私は、宝塚の公演が中止になって嬉しいです!


もし無理に公演を強行して、贔屓の健康が損なわれたりしたら…。
私はきっと宝塚歌劇団と、「公演を再開せよ」と叫んだ宝塚ファンを恨んだと思います。


公演を中止したことで、喜んでいる人は確かにいるのです。



贔屓の健康を守ることができて嬉しい!

公演が中止になったこと自体は、すっごく残念です。
でも、中止にしてくれたほうが、贔屓の健康面への心配をしなくて済む!

……と思ってたら、私以外にも似たような方がいらっしゃいました。
コメント欄から一部を引用します。


F様のご意見
宝塚が大好きだと言う想いはみんな持っています。
だからこそ
だからこそ
今自粛する事が大事!!
長い目で見たらあの時自粛しておいて良かったと
わかる日が必ず来ます。

もし今無理をして再会したら
1日2500人規模の大集会で
1人も感染者が出ないと誰が保証してくれるでしょうか?
ましてや、それが大好きなご贔屓様に
感染してしまわないと誰が
言いきれますでしょうか?

私は毎日のように入り出待ちを
するほど宝塚ファンです。
だけど今は喜んで自粛しています。
何故ならそれが宝塚歌劇団を
大好きなご贔屓を守る事につながるから。

公演を楽しみにしていない
宝塚ファンなんていません。

だからこそ宝塚歌劇団の
ご贔屓様の未来を守りたいんです。

自分の見たいと言う欲望のために
ご贔屓様を感染者にしてしまう危険から
守りたい。そう思いました。


全文同意です。

masakichi1



健康第一!公演を中止することで贔屓を守ろう


一部の自己中心的な方は、「私が贔屓をナマで見たいので、舞台を再開しろ」と言うかもしれません。

趣味が観劇しかない人は、「私の娯楽を奪うな!」と言うかもしれません。

でも、ニュースで世界の状況を見てみましょう。
今は、劇場封鎖をするのが一番です。
あと、変な反論コメントが来る前に書いておきますけど、サーモグラフィ設置は無意味ですからね(過去記事参照)。


観劇を我慢することで、贔屓の健康を守れるなら、こんなに嬉しいことはありません。
ですから劇団は、無理して公演をしようだなんて思わないでください。

今は、辛抱の時です。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ








汐音

こんにちは、カリーナです。

現在Twitterで、『文化、芸術を必要としない日本。』と題されたブログ記事が人気のようです。
それはほぼ、「演劇を中止せよ」という意見を言う人への、反論のような記事でした。
つまり、私みたいな人への反論ってことです。

私はそれを読んで、「知識不足だな」「視野が狭いな」「偏った考え方だな」と感じました。

その文章を書いた方は、「公演中止派の人は、視野が狭い、物事を深く考えない」と主張していらっしゃるんだけど、私から見たら“どっちもどっち”!

私だって、全部正しいことは書けないけど、だからといって自分の意見がおかしいとは思わない。
「公演自粛」を叫ぶのは、何も悪いことではない!



舞台関係者にとっては死活問題なのだろうけど、ジェンヌや観客の健康が損なわれてからでは遅いのだ。
そこを、全然わかっていない記事だと思いました。
ツッコミ所だらけです。



電車通勤を止めるのは無理。劇場封鎖の方がよっぽどマシ

引用して意見するのは、こういうブログ記事執筆をする上ではルール上OKなので、ドドンと引用させていただきます。


宝塚歌劇団の自粛に対して、満員電車での通勤との感染リスクについて呟いたものがTwitterで1万5000RT、3万4000ほどイイねをいただいた。
劇場封鎖についてだが、エンターテイメントや芸術のホール開催は危険だが満員電車での通勤を容認しているこの国の矛盾に「本気でウィルスを封じ込める気はあるのか?」っと私はおもう。しかし、通勤スタイルもいろいろで住む場所や環境によって東京の通勤電車を想像できない人もいるのかもしれない。もしかしたら働いてすらいない方には、劇場での観劇より明かに満員電車が危険だなんてこと比較することが難しいのかもしれない。

そして、こう言うのだ。

エンターテイメントや芸術は生きるのに必要ないからいらないけど、生活をするための経済活動に必要な仕事に行かないわけにはいかない。

私も前の記事で、「宝塚などの娯楽はNGで、オリンピック行事はOKなのはおかしい」という意見を書きました。



なぜオリンピックを引き合いに出したのかというと、20日にオリンピックの聖火が届くから。
その日を意識して、「19日まではエンタメを自粛せよ」などと国が言うものだから、「宝塚が駄目なら、オリンピックも中止か延期しろよ」と思ったのです。


だから、『エンターテイメントや芸術のホール開催は危険だが満員電車での通勤を容認しているこの国の矛盾』という部分については、この方と意見が一致します。
私も、言いたいことは同じです。

ただ、電車を止めて、全部の仕事を在宅でやるなんていうのは、現実的には無理です。
それを可能にする方法があるなら、この方はその案も出さねばならない。
(「鉄道の全停止」が、対策案なのかしら?)

でも結局、“電車での通勤をゼロにするのは不可”だし、“満員電車を急にガラガラにするのも無理”。
世の中には様々な店・サービスがあります。
それらの仕事を止めることも、できません。経済への打撃度、生活を送る上での問題度は、劇場封鎖よりもよっぽど大きなものになります。

私は数年前まで、都内の満員電車に乗って通勤していました。
政治家が「満員電車を改善します」と言ってから何年たっても、満員電車の満員っぷりは全く変化ナシでした。

仕事内容的に、在宅ワーク・テレワークが不可能な業種もあるんです。
だから、そこに文句を言っても仕方がありません!

『エンターテイメントや芸術は生きるのに必要ないからいらないけど、生活をするための経済活動に必要な仕事に行かないわけにはいかない。』

こういう意見は、一見“考えが浅い”ように見えるかもしれません。
でも、仕事を全てストップすることはできないのだから、この意見だって大間違いではないのです。

「公演をしてほしい派」の方に、非難される謂れはないでしょう。





「同調圧力」とは、ただの妄想である

最近Twitterで、「宝塚は同調圧力に負けた」というような意見を見かけます。

「宝塚は素晴らしい、ヅカファンのマナーも素晴らしい、だから本当は再開できるんだ!
対策だってバッチリだ!
それなのに、国からの要請に負けた!
負けないで、宝塚歌劇団!!」

宝塚の宗教じみた一部の方々は、このように酔いしれていらっしゃって、このようなツイートをしつこく投稿なさいます。



今回気になったこちらのブログでも、同調圧力について書かれていました。
一体何のためにこの自粛をしているのだろうか?

小さな1人1人の声が積み重なって、大きな同調圧力となり、それは政府をうごかし、自粛期間は延長になり、あらゆるものが中止になり

そこで何を守っているのだろうか?

私には、同調圧力なんてものが、どこにあるのか分からないのです。

熱心な“宝塚教”の信者だけには、その存在が確認できるのでしょうか?

危険性があるなら、公演中止は妥当です。
国からの要請がなくたって、自主的に休演してもいいくらいですよ!

そもそもの前提が大間違い。劇場で感染するリスクは高い!

73334761fa7a960c452c7c9796c6f3ab_s


あとここ、読んでいてビックリしました!
政府有識者の見解として、

座席に座り、マスクを着用して、大人しく正面を向いて鑑賞する演劇やコンサートは感染リスクは低いとのこと。

それを踏まえて、宝塚歌劇団は万全の体制を整え、劇場入り口にサーモグラフィーを設置、消毒、換気を徹底して公演にふみきった。

非難される覚えはない。

まず、このブログ記事は、この前提から間違っている。

私のブログには、「クラスター(集団)が心配だ」という、医療関係者の方からのご意見がいくつも届いています。
今、医療現場は、とても大変な状況にあると。

基本的に私は、政府の有識者(笑)のことを信用していません!
3.11の時に、「原発が爆発しても安全です」とテレビで言っていた専門家たちのことを、思い出してみてください。
その意見を鵜呑みにしていた人は、一部にいたようですが…


今回、「座席に座り、マスクを着用して、大人しく正面を向いて鑑賞する演劇やコンサートは感染リスクは低い」などとのたまった専門家の意見なんか、まったく根拠になりません。
実際、「劇場は危ない」という意見も多いのです。


また、サーモグラフィー検査は全く効果がないというのは、最近では常識のことです。
なぜなら、発熱していない陽性患者がいるから。
ドヤ顔で「サーモグラフィー設置したで!」とか言ってるのは、ちょっと恥ずかしい。


この筆者は「非難される覚えはない。」と自信満々に仰っているけど、そもそもの知識が大間違いです。
もっと色々なメディアを見て、色んな専門家の意見を見るべきです。


banner_kokoronokakehashi02


「自粛せよ」と発言しても罪にならないし、ある意味正論

そして、こちらにも突っ込みます。
そしてそれを閉鎖に再び追い込んだ「自粛」を唱える方々、あなたの発言は消えない。あなたの発言1つが何を引き越しているか自覚を持っていただきたい。経済損失の損害賠償を請求されかねないって、まさかお分かりじゃない?ってのはいささか大袈裟かもしれないが、もっと具体的に言えば

劇場閉鎖が他人事のあなた、めぐりめぐってこの事態があなたの来月のお給料から5万円マイナスになるかもしれない。連鎖倒産で就業先がなくなる事もあり得る。そんなことは容易に想像がつくことだ。

「公演を自粛せよ」

「公演を自粛せよ」

私は言います、何度でも。
この発言は消えなくていい。むしろ残しておいてほしい。
魚拓でも何でもとってください。

確かにエンタメ関係者は大変です。
今回のことは、死活問題。お給料がゼロになったら、路頭に迷う人が出るかもしれない。
私が今やっている仕事にも、支障が出るかもしれない!

でも、「だから、公演を再開すべき」というのは、間違った意見だと思います。

別に国はね、エンタメを殺したいわけではないの。
できることなら普通にやっていてほしいはずです。
その方が経済が回るのなんて、素人ブロガーに言われなくても、わかりきったことなんだから。


でも、サーモグラフィーをあっさり通過した人が、劇場にやばいものをばら撒いたら?

タカラジェンヌに、それが感染したら?

同じ日の同じ時に、同時に観客数十人が、一気に感染したとわかってしまったら?

『宝塚歌劇団』という劇団の名前に、大きな傷がつきます。

目先の利益や、「贔屓に会いたい」というファンの気持ちを優先して、無理に公演をするとどうなるのか…。
そこまでは考えが及んでいないようですね。

長い目で見れば、公演を中止にした方がいいんです。



「自粛を叫ぶ人々は間違っている」と決めつけるな!!

最後に。

何度でも言うが、健康を脅かされる恐怖は誰もが抱えている。ここまで感染が拡大していれば、完全にそれを防ぐには1人きりでどこかに閉じこもる以外に方法がない。

私は在宅ワーカーなので、今はまさにその状態。
たまたま在宅でできる業種だからです。

でも、多くの人はそうはいかない。

エンタメに限らず、演劇に限らず。
今回の件で、巡り巡って、収入が減る人なんか山ほどいるはずなんです。
そして、外に出て仕事をしなきゃ、仕事ができない業種の人もいる。
その人たちが働いているから、私は今こうやって、ネットに繋いで、ブログ記事を書くことができているのかもしれない。


*****************

・「宝塚が駄目なら、他の〇〇も自粛しろ」という意見には、私も賛成
・鉄道全停止は出来ないし、全部テレワークにもできない。それなら劇場封鎖の方が経済的にはまだマシ
・「マスクしてれば劇場は安全」「サーモグラフィーで対策バッチリ」は嘘情報
・“同調圧力”は、一部のファンの妄想
・「自粛せよ」発言は、間違いではないので、どんどん言えばいい
・タカラジェンヌの健康のことも考えなさい!



私の意見は以上です。
短時間でまとめたので意味ワカンネな部分があるかもしれませんけど、「自粛を叫ぶ人々は間違っている」と決めつけること自体が間違っている。

結局、それが言いたかったのです。
それでは。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







宝塚公演再開

こんにちは、カリーナです。

昨日9日から、宝塚歌劇団の公演が再開されました。
しかし、このブログのコメント欄等では「本当に再開していいの?」「再開には反対!」という意見が寄せられています。

私は、「再開自体は嬉しい」のですが、「不安な気持ち」はもちろんあります。

ジャニーズはまだまだ公演を中止するそうなのですが、宝塚の場合はいざという時の“言い訳の用意”ができているようです。




対策はバッチリ!宝塚の公演再開

先日、宝塚歌劇団は「これだけの対策をするから、公演を再開します」というお知らせをHPに掲載しました。

詳しくは、以下の記事をどうぞ。




公演中止中に、がっつり準備してたみたいです。

宝塚の公演再開に反対する人のご意見

今回の宝塚歌劇団の「公演の再開」という決断については、当ブログにも様々な意見が寄せられました。
一部を引用させていただきます。

R様のご意見
公演中止に踏み切った時には悲しいけどベストな判断だと思いました。でも再開については賛成出来ません。クラスター出るのは目に見えてますから。医療現場は戦々恐々、感染のリスクを恐れながらも皆んな頑張っています。今、再開したらジェンヌさんも危ないです。それこそマスクして舞台して欲しいくらい心配ですね。観劇に行く方たちも勿論心配ですが、ジェンヌさんはどうやって守るの?もし感染者が出たらそれこそ危機管理全く出来ない劇団って評価されてしまいます。チケット中々取れない人気組の公演。体調悪くても、解熱剤飲んででも観劇行く方いると思います。今は時期尚早ですね。


H様のご意見
うーん、嬉しい!と、心から喜べない状況が何とも苦しいです。頑張って稽古してきた生徒、宝塚の舞台にたてる時間に限りがある生徒さんには、再開は嬉しくて堪らないでしょう。これから、観劇予定のファンも。
日毎、感染者が増え、これからPCRやると更に感染者は確実に増える状況下でも、公演をやるのね宝塚。
御披露目公演の損害には代えられない、苦渋の決断でしょうか?無症状陽性の感染者(自分でも気付いていないと思われる)も、観劇する中にいると思って覚悟して行って来て下さい。としか言い様がありません。


こういう意見を目にすると、不安が大きくなっていきます。
本当に大丈夫なのかな、宝塚。。。





宝塚歌劇団は何があっても言い訳する

もし公演を再開したことで、問題が起こったとしても、劇団はバッチリな言い訳をしてくると思います。

「ここまで対策したのだから、劇団に責任はない」と。

確かに対策の内容は凄いです。
赤外線サーモグラフィの設置なんて、トドメみたいなものです。インパクトすごいもん。

でも、これこそが“言い訳のための道具”。
赤外線サーモグラフィがおいくら万円か知りませんけど、それを買って観客を来させた方が、利益が出るのでしょう。
そして、「ここまでやったのに感染者が出た? そんなのウチは知らないよ」と、言い訳もできる。

つまり、観劇するのは自己責任。
少なくとも劇団は、まったく責任をとってくれないでしょう。

観劇したいけど怖い…というのが本音

私も、嬉しい気持ちはあります。だって、チケットはとれたし、観劇予定があるんですから。
しかも、贔屓のお披露目!!

でも、めちゃくちゃ不安ですよ。
私、ものすごく心配性ですから。

行きたい…。
でも怖い…。

そう思っているのは、私だけではないと思います。



私は、公演中止の時に「本当に中止まですべきだったのか」という記事を書きました。
でも今は、中止は正しかったように思うのです。
先日、例の船の特番を見ていたら、「やっぱり劇場に閉じ込められるのは怖いわ」と思ったし、「サーモグラフィって、まったく意味ないんだ」とわかったので。


公演再開は、本当に正しかったのでしょうか…。
もう誰にもわかりませんね、今後のことは。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




banner_kokoronokakehashi02


このページのトップヘ