Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:宝塚OG

明日海りお

こんにちは、カリーナです。

女優として活動を開始したばかりの、明日海りおさん。
最近、ちらほらとメディアに露出してくるようになりましたが、本日28日発売の雑誌『with』にも登場ですっ!

メンズライクな姿から、ドレッシーでレディライクな姿へ…♡
写真の一部が、ネットで見れます!







内容は、こんな感じらしいです。
明日海のメタモルフォーゼ真っ最中の今しか見ることのできない麗しい姿を、2014年に宝塚歌劇団百周年記念作品『エリザベート』『ロミオとジュリエット』『ベルサイユのばら』の総合ビジュアルを担当したフォトグラファー下村一喜氏が撮りおろした。
 
(中略)

世界的ラグジュアリーブランド、 GUCCIの衣装をまとい、スーツスタイルのマニッシュな姿からドレッシーなレディライクな姿へ転身する様子は必見。「元宝塚男役トップスター」らしい華やかさは残しつつ、 新しいステージで輝く「女優、 明日海りお」ならではの魅力、 その双方が味わえる内容になっている。

また、本誌では明日海の今後についての展望や、宝塚トップスター時代のお話などもしっかりとインタビューで追っている。


マニッシュなスーツスタイルの写真は、こちらの記事で確認することができます。

雑誌の方では、ドレッシーでレディライクな姿も見られるとな!?


Twitterで、ファンによるネタバレを見たところ、本当にドレス姿で間違いないようです。
そのネタバレには、どんなデザインのドレスなのかも詳しく書いてありましたが、ここでは伏せておきます。実物を見ることをお勧めします。
(発売日前にネタバレを書く人は、自重してください。たまたま見てしまって、最悪な気分になりました


そのネタバレを見たあとで、写真家の下村一喜氏の公式インスタでも、写真を見ました。
明日海りおさんのドレス姿の写真がアップされたのは、昨日でした。
雑誌に載ったものと同じショットかどうかは分かりませんが…。


私は、こういうのは「雑誌で見たい派」なので、SNSで地雷を踏むのは嫌ですね。
どうして発売日当日まで待ってくれないんだろ?
宣伝のためかな?


写真家本人とかならまだしも、ファンによるネタバレは絶対に許さないから
迷惑です。







with (ウィズ) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:699円
(2020/3/26 23:44時点)
感想(1件)




平野紫耀さんの影響か、この雑誌の予約開始直後、すぐに予約分が終了してしまったんですよ!
平野紫耀さん、人気がスゴイですね。

今はもう、ネットでも普通に買えるようになっているみたいです。

そんな背景があって、すぐに売り切れてしまうかもしれないので、本屋で買う方はお早めに。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村







banner_kokoronokakehashi02



明日海りお

こんにちは、カリーナです。

本日3月21日発売の「MAQUIA」(マキア)5月号に、明日海りおさんが載りますよ!

女優としての明日海りおさんが、ファッション誌に登場するのは、これが多分初めて?





雑誌の内容の詳細は、以下のページからどうぞ。





「スペシャルインタビュー
会いたかった! 新しい、明日海りお」


そりゃあそうでしょうね!
ファンは、首を長くして待っていたはず


まぁ昨日、『ムーラン』実写映画の吹き替えのニュースが飛び込んできたばかりですが




インタビューでは、退団後の色んな話が聞けそう。
おこげ様の最近の様子とか(笑)

楽しみですね






MAQUIA (マキア) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:699円
(2020/3/16 03:30時点)
感想(0件)



↑化粧水の付録が欲しい方は、上の商品をポチっとな。


付録なし版 MAQUIA (マキア) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:530円
(2020/3/16 03:31時点)
感想(0件)



↑「化粧品の付録なんていりません」という人は、お安い方をどうぞ。


私は、化粧水の付録がメッチャ欲しいです(アラサー感)



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





fortune02

masakichi1


明日海りお

こんにちは、カリーナです。

元花組トップスター・明日海りおさんが、声優に初挑戦!
しかも、ディズニーの実写映画『ムーラン』の主人公役です!!

公式の予告動画を視聴しましたが、男役時代よりも声が少し高くなっていました。
でも、美声だし、役柄的に“元男役”が演じるのにピッタリ♡

映画を観に行きたくなりました!




もう、あちこちで話題沸騰ですよ。


少し髪が伸びて、以前よりも女性っぽい服装になってきましたね。
綺麗なのは相変わらず



ディズニーの公式で動画を見たんですが、おそらく台詞は2つ…でしょうか。
まったく違和感なく馴染んでいる感じでした。
下手な人が演じると、棒読み感がすごかったりしますけど、そんなことは当然なく。

元々声が綺麗なので、声優でも全然いけますね~♡
今後は容姿を活かして、舞台やドラマなどにも出演すると思いますけど、“とりあえず最初は声で”という感じなのかな。
(声だけの演技というのも、とても大変ですけどね)




『ムーラン』は、男装して従軍する女性・ムーランのお話。
そのムーラン役を、宝塚の元男役・明日海りおさんが演じるなんて、超ピッタリ!


ディズニーの実写映画を映画館で観たことはないんですが、『ムーラン』は観に行くかもしれません。
今後も、新しい動画が続々アップされるかもしれないので、楽しみですね!


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ








banner_kokoronokakehashi2


明日海りおファンクラブ

こんにちは、カリーナです。

「明日海りおオフィシャルファンクラブ」が、3月16日に開設されます!

また、会員限定のコンテンツ配信もあるとのことです♡




やっと公式アカウントに動きがありました…!


ファンクラブサイトで、メイキング&コメントムービー配信ですって!
もちろん会員限定ですが。

明日海りおさんの今後をガンガン応援していきたい方は、入会するしかないでしょ

公式サイトはこちらです。↓






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ




banner_kokoronokakehashi02


宝塚夢組

こんにちは、カリーナです。

以前、小川理事長が発言して話題になった、“宝塚OGを集めた「夢組」”のお話。
当時私は「何かの冗談よね?」と思っていました。

ところが本日、宝塚音楽学校の卒業式で、“宝塚OGを集めた「夢組」を組織化する”という発言が。
えっ、本当にやっちゃうの!?

そんなことしたら、宝塚歌劇団の価値が下がると思うんですけど。
“終わりがあるから美しい”、それが宝塚の魅力なのに…。



宝塚歌劇団「夢組」を本当に作るらしい

新聞から引用です。
タカラジェンヌを育成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で2日、106期生39人の卒業式が行われた。
(中略)OG組織化という明るい話題を提供した角理事長。宝塚卒業生を「夢組」として、舞台やイベントなどに出演する案は、今年1月の懇親会で、宝塚歌劇団の小川友次理事長が語っていた。角理事長はこの夢組プランについて「まだ正式には発表できないが」と前置きしたうえで「大学を卒業すると、大学院がある。宝塚を卒業後も、舞台に情熱を持った方を、きちんとした形で組織化したい」と踏み込んだ。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00000049-dal-ent

OG組織化!
明るい話題っていうか、ヘンテコな話題にしか思えないのは私だけでしょうか…?



宝塚は“退団”があるから価値がある!

57a8c2a8875c37633f1d3439969b9894_s


宝塚の場合は、いずれ来る「退団」というイベントがあるから、これまでずっと人気を保ってきたのだと思います。

美しいジェンヌが退団するのは寂しい。
実力派のジェンヌが退団するのも残念。
贔屓の退団は、もっと悲しい。

でも、最後に美しく散るから…“限りがある”から、宝塚は美しいんです。

男役をやれるのは、宝塚歌劇団にいる間だけ。
退団の日までリミットがあるから、それまでに男役の姿をめいっぱい拝んでおきたい!
そう思って劇場に足を運ぶファンは、少なくないはずです。


それなのに、退団した人たちがもう一回宝塚に集まって、「夢組」として活動を開始してしまったら、おかしくないですか?

美しく散り、見送ったはずの元ジェンヌたち。
彼女達をまた宝塚に集めて、また儲けようとするだなんて、愚の骨頂です。

宝塚歌劇団の価値など、色んな大切なものを失うことにもなりかねません。



「夢組」で喜ぶ人も一部にいる?

まぁでもね、いくら「終わりがあるから美しい」とは言っても、一部にはひっそりと喜んでいる方もいるのではないかと思うんですよね。
やっぱり、「贔屓の男役の姿をもう一度!」という人は、少なからずいるはずなんです。

私は普段から「贔屓の退団後も応援するわ。女優になっても」と言ってますけど、ぶっちゃけ男役の姿が見れるなら、そっちのほうがいいと思う時だってある。


退団というセレモニーがあって、散ってゆくジェンヌたち。
それは確かに美しい。心底そう思う。


でもやっぱり、男役の姿が最高。


何だろうなぁ、この複雑に絡み合う感情は。
自分でも、自分の気持ちがよく分かりません。

冗談で終わらせてほしい「夢組」

色々言いましたけど、基本的には「夢組」計画には反対です。
退団後の元ジェンヌを使って、儲けたいだけでしょう。


また新聞からの引用ですけど、
さらに昨年退団した元花組トップスターの明日海りおに冗談で「夢組」プランを語ると、「ぜひ行きます!」と返答があったことも明かしていた。


まぁ、明日海りおさんの場合は、「夢組」計画に参加しないような気がします。
彼女の場合は、引き際と考えているというか、“終わりがあるからこそ美しい男役”というのを意識していそうなので。

そして、「終わりがあるから美しい~♪」と歌った張本人…(これは関係ないか)

元ジェンヌの中には、外部での仕事で苦戦している人だっていると思います。
だからといって、卒業した宝塚の「夢組」に戻ろうという人はあまりいないと思いますよ。
やっぱり変だもん。


でも、今の調子だと、本当に作るつもりなんでしょうね。
どうなることやら?



新聞記事の全文はこちらから。↓





↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






このページのトップヘ