Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:彩風咲奈

宝塚トンチキ

こんにちは、カリーナです。

宝塚といえば、たまに出てくるトンチキ作品を語らないわけにはいかない!

「これは駄作…?」と思えるようなトンデモ演出やストーリーの演目だと、トンチキ認定されるようです。(迷作、珍作とも言う)

ぶっ飛んでいて笑えるトンチキ作品は、宝塚らしいとは言いがたいかもしれませんが、一部の人のツボにはグサッと刺さります。

と言うことで、個人的にとても気に入っている演目や、あまりにも有名な宝塚のトンチキ作品を、それぞれご紹介します




宝塚のトンチキ作品①『蘭陵王—美しすぎる武将—』

凪七瑠海さん主演『蘭陵王—美しすぎる武将—』 は、私が一番好きなトンチキ作品です。

トンチキと言えば、木村信司先生!
『蘭陵王』はキムシン渾身の、面白トンチキの傑作だと思います。

印象的なキャッチコピーである『美しかったが、悪いか』が、そのまま劇中の台詞になってるのもトンチキ。

もはや第二のヒロインといってもいいのが、絵にかいたようなオカマちゃん皇太子・高緯(瀬戸かずや)。
とにかく見てくれ、存在そのものがトンチキの一言だ!(語彙力)
キムシン特有の面白い歌詞、無駄に覚えやすいメロディの迷曲ぞろいでクセになります。
ざっぱーん、ぶくぶくぶく~。


どういう反応をすればいいのか未だにわからないのが、セルフロデオ(※馬は動かないので人の方が動く)。
「蘭陵王!蘭陵王!」という謎称賛コールも、凄いタイミングでぶっこんできます。

あとは、超シリアスなシーンで突然オネエ言葉になるあの人とか…。
ツッコミ不在でそのまま死ぬのもスゴイ。

「光るヌンチャク」は伝説。


衣装がほぼ新調で豪華絢爛。
個性的でインパクトある登場人物も素晴らしい作品です!!!




あまりにも好きすぎて、真面目な考察記事まで書いてしまった。
コメント欄も必見。↓




宝塚のトンチキ作品②『CAPTAIN NEMO』(キャプテン ネモ)

彩風咲奈さん主演『CAPTAIN NEMO』(キャプテン ネモ)は、宝塚を代表するトンチキ作品といっても過言ではありません。
トンチキ系の話題になると、必ず名前が上がるほどのトンチキ作品。

この演目を見ると、「マトカ」と言う単語が頭から離れなくなります。
※マトカ…島の名前。登場人物たちがここに流れ着く。

各シーンごとに「これはどういうことだ…」「えっ!?!?」ってなります。

ネモ船長や周囲の人々が、一体何をどうしたいのか、全く理解できません。
宇宙から変な電波を受信してるような気持ちになります…。

ポスターの彩風咲奈さんはとても綺麗で、ポスカ買っちゃうくらいだったんですが。
内容は見事なトンチキです。



宝塚のトンチキを愛せよ

トンチキ作品って、正統派の名作とかではないので、「駄作だ!」「珍作すぎてついていけない」と言われることもしばしば。

しかし、
駄作=トンチキ、ではないのです。

人によって感じ方は違うと思いますが、一見すると駄作臭がするのに、見ていると思わずフフッと笑ってしまうのが、トンチキ作品だと思います。
(おそらく正確な定義はない)

宝塚のトンチキは、今後も生まれ続けるでしょう。
面白いトンチキ作品が、今後も生まれることを、ちょっぴり期待しております。

(できれば、分かりやすい名作の方がいいですけどね!)








彩風咲奈

こんにちは、カリーナです。

雪組の彩風咲奈さんは、現在「f f f-フォルティッシッシモ-』 ~歓喜に歌え!~ 」に出演中です。

しかし、「彩風咲奈さんの喉の調子が悪い」という噂を聞いてしまいました。
歌も台詞も、とても辛そうだと言います。

次期トップはとても重圧がかかるらしいので、原因はストレスかもしれません。




彩風咲奈の喉の調子がすごく悪い?

現在、彩風咲奈さんの喉の調子が、すごく悪いそうです。

Twitterで、彩風咲奈さんのファンの方が、何人もツイートしていました。
アンチっぽくはなかったので、おそらく本当の話なのだと思います。

・台詞が言いづらそう
・歌が歌いにくそう

私は実際の様子を見ていないので何とも言えませんが、少なくともこのような感じみたいです。

彩風咲奈の喉の調子が悪い原因はストレス?

推測でしかありませんが、彩風咲奈さんの喉の調子が悪いのは、ストレスも原因の内のひとつなのではないでしょうか。

トップ就任の前後は、ものすごく仕事が忙しくなって、疲労が溜まるそうです。
それだけでなく、メンタルにかかる負荷、重圧もすごいでしょう。


私も昔、社畜で死ぬほど忙しかった時、過度のストレスで声が出にくくなったことがあったんです!
普通に喋るのもつらくて、大声なんて当然出ない状態。

「ストレスがかかると声が出なくなる」って、マジやで。
経験者は語る。




贔屓のつらそうな姿は見たくありません

正確な原因が何かは分かりませんが、彩風咲奈さんの声が出にくい状態であることは事実のようです。

ファンから見れば、贔屓が辛い思いをしているのは明白。
「もう喉を休ませてあげて」というような声も見かけました。

私も、『DANCE OLYMPIA』で柚香光さんの喉がやられた時、すっごくショックだったので、気持ちはわかります!
贔屓の辛そうな姿なんてね、見たくないんですよ。

ファンではない人から見たら、「そこまで心配することか?」「ただ声が出なくなっただけじゃん!」という感想しか出ないのかもしれません。(実際に言われたことある)

そういう軽~い感想はね、思い入れも何もないから出るんですよ
思い入れが深ければ深いほど、見ている側はショックを受けるし、観劇後に悲しくなるんです。


ストレスが原因なら、そんなにすぐに調子が良くなるとは思えませんが、ムラ~東京の間に少しはお休みがありますよね(少なくとも公演はない)。
その間に、少しは改善されるといいなと思います。






望海風斗メモリアルブック

こんにちは、カリーナです。

望海風斗メモリアルブック」が、2月1日に発売されます!
(1月1日に、公式でもお知らせあったけど…)

私は明日海りおさんのメモリアルブックを持っていますが、結構あれ分厚いんですよね…!
ファン必見&必携の1冊になりそうです!




年末にキャトルレーヴからお知らせが出ていました。



メモリアルブックの中身はこんな感じです。↓
 巻頭ポートレートは、望海風斗写真集「Voyage」を撮影した柴田謙司氏が新たに撮り下ろし、耽美なショットやダンディな姿、開演前の貴重なウォーミングアップ姿などを披露。音楽学校など宝塚の思い出の地にも足を運びました。 ポートレートには雪組の彩凪翔、彩風咲奈、朝美絢、真彩希帆も登場。様々な気持ちを込めたラストショットをぜひお楽しみください。
引用元:https://shop.tca-pictures.net/tcaonlineshop/shop/goods/index.html?ggcd=655355


雪組の人気スターたちも登場


とりあえず、ファンは買い!ですね!!






otonari


シティーハンター宝塚

こんにちは、カリーナです。

雪組の宝塚大劇場&東京宝塚劇場の演目が、ミュージカル 『CITY HUNTER』-盗まれたXYZ-に決定しました。

「まさかの漫画原作!」ではなく、「まさかの漫画が原作!」という気持ち。
漫画原作なのは驚かないけど、なぜシティーハンターなのだろう?


ショーの『Fire Fever!』は、かなりエネルギッシュな感じになりそうです!





演目についてのお知らせはコチラから。



彩風咲奈&朝月希和コンビで、シティーハンターか!

そもそも私、シティーハンターを読んだことがないのです。
たまにテレビで、アニメのワンシーンを見るくらい。

古い少女漫画ならよく知っているんだけど、少年漫画は管轄外
現在アラサーくらいの女性ファンには、あまり馴染みがなさそうですが…!?


でも有名な漫画だし、ハードボイルド系ということなので、お客さんはそれなりに入りそう。





劇場版が2019年に作られているから、オワコンってわけではなくて、まだまだ根強いファンがいるのね~。


どんな風になるのか、あまり想像できませんが、咲さんにはラブラブ少女漫画よりは少年漫画の方が絶対似合う!
素敵な舞台になるといいですね



ilka - 炎上しない優しいSNSアプリ iphone / android



wedding-dresses-1486005_640b


歌劇12月号

こんにちは、カリーナです。

『歌劇』12月号の表紙が誰なのか、11月号の予告には載っていませんでした。
しかし、ひょんなことから表紙が判明!

Amazonに『歌劇』を予約しに行ったら、表紙が誰なのか書いてありましたよ~!

2020年12月号の表紙は、各組トップスター&轟悠さんです!





表紙が誰なのか書いてあったのは、Amazonのページ↓

宝塚クリエイティブアーツ
2020-12-04

表紙&巻頭ポートレート:轟悠・柚香光・珠城りょう・望海風斗・礼真琴・真風涼帆
引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B08N3GGR8L/


つまり、レビュー本の表紙っぽいデザインになるってこと!?


あとこの表記の仕方だと、この6人の巻頭ポートレートもある…?
11月号の予告には、書いてませんでしたけどね。



『歌劇』12月号は、トップスターの他にも、人気スターの記事が盛りだくさんです!

キミノトナリ:望海風斗、真風涼帆
Kira Kira :華優希
カラーポートレート:礼真琴、音波みのり、鳳月杏、彩風咲奈、朝美絢、風間柚乃
綴~つづる~:礼真琴
PLAYback:愛月ひかる
ありウォッチング:暁千星
初舞台生座談会

ぜひチェックしてみてください







このページのトップヘ