Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:愛月ひかる

柳生忍法帖


こんにちは、カリーナです。

先日、星組で『柳生忍法帖』が上演されることが決まりました。

この作品自体はとても人気があり、素晴らしい完成度の作品らしいです。

しかし問題は、残酷で、男性向けのエロティック&グロテスクな表現が多すぎるということ!

『柳生忍法帖』の原作を読んでみた星組ファンの方々が、「どうしてこんなものを上演するんだ!」とお怒りでした。

考え得るメリット:男性客も呼び込める
考え得るデメリット:女性客が嫌がる。宝塚のイメージも悪くなる!

ウーン、あまり歓迎はできないなぁ。



『柳生忍法帖』は男性向けシーンが多い!

『柳生忍法帖』は、女性向けではなく、男性向けのシーンが多い作品です。

漫画版は、青年漫画のカテゴリですね。
(少年漫画よりも、ターゲットの年齢層が高め)

私は実際には読んでいないのですが、かなり過激で、残酷な描写が多いようです。
詳しくはTwitterで検索してみてください。
実際に読んだ方々の感想が出てきます。

女性が被害に遭うシーンもあるそうで、不愉快に思った人もいたみたいです…
これを読まないといけないジェンヌも大変だ!!

宝塚で男性向け作品を上演するメリット:男性客も呼び込める

明らかに女性向けの宝塚歌劇団で、なぜ男性向け作品が原作の演目をやるのか!?

一番大きなメリットは、男性客を呼び込めるということでしょう。

今、宝塚は、空席が目立つ状況です。
今までと同じ客層ばかり狙っていたら、お客さんはそれ以上増えません。
減る一方になります。

そこで「そうだ!男性客も呼び込もう!」と考えたのではないでしょうか?
雪組のシティーハンターも、明らかに男性客を見込んでいますよね。

himawari_1

宝塚で男性向け作品を上演するデメリット①女性客が嫌がる

男性向けで残酷表現…。
この時点で「観に行きたくない」と感じた女性のヅカファンは、少なくないのでは?

単純に、嫌悪感が湧き上がってくるんですよね。
生理的なものかもしれません。


宝塚で男性向け作品を上演するデメリット②宝塚のイメージが悪くなる

『柳生忍法帖』は、実際に上演されるとなれば、かなり内容を書き換えるでしょう。
エロティック&グロテスクなシーンはほぼ削られ、そこまで変な内容にはならないはずです。

でもそれなら、似た感じのオリジナル演目でもいいんですよね…。
しかし演目のタイトルは『柳生忍法帖』のままです。


宝塚のポスターで『柳生忍法帖』と書かれていたら、それを見た人は「え~、宝塚ってああいうグロいのもやるんだ」と思うでしょうよ。
一般人は、ポスターだけで判断しますから。

「文句は見てから言って!プンプン」なんて怒ったって、どうしようもないのです。
実際の中身がどうであれ、「宝塚はすごくグロいのも上演する」というイメージが付いてしまうかもしれません。


宝塚に男性向け作品は合わないと思うよ

『柳生忍法帖』の原作に文句があるわけではありません。
“宝塚歌劇団で、『柳生忍法帖』を上演する”というところが問題なのです。

これがもし、東京グランギニョルで上演!とかだったら、何も驚きませんが。
(この例えは適切なのだろうか…)


雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の時も、「こんな残酷な原作のを上演するの~!?」と思ったんです。
当時の記事を置いておきますね。



いくら宝塚マジックでお砂糖をまぶしても、どうにもならない原作があるということを、宝塚は知った方がいい。

個人的には、ワンスは失敗だったと思います…



ms_1


柳生忍法帖

こんにちは、カリーナです。

星組の次の大劇場の演目が発表されました。
お芝居は『柳生忍法帖』。
ショーは『モアー・ダンディズム!』です。

『柳生忍法帖』は、原作小説があって、漫画版もあるんですね。

わりと硬派な(?)感じなんですが、女性ウケはどうなんだろう?
ファンの反応が気になります。



詳しくは公式をどうぞ。




調べてみたら、大元の原作は小説。
有名作品?らしいのですが、私は残念ながら存じ上げません


主人公(だよね?)、めっちゃガタイいいな!?
礼真琴さんのイメージには、イマイチ合いませんが…。



こっちはコミック版。

ヤングマガジンかー。
花組が少女漫画なら、星組は少年&青年漫画?
雪組は少年ジャンプが多いなぁ。



どんな舞台になるか全く想像がつきません。
星組ファンの方の反応はどうなんでしょう?

この作品、絵柄からしても女性ファンが多い感じではないので、星組ファンの方は「全然知らないやつ~!」っていう反応してそう。


今ちょっと忙しいのでアレなんですが、時間ができたらストーリーをチェックしてみようと思います!




ns04_b_2


愛月ひかる

こんにちは、カリーナです。

愛月ひかるさんの2度目の東上公演の情報が出ました!
演目は『マノン』です。

2番手だけど、絶妙に「本当にトップスターになるのかな?」という立ち位置の愛月ひかるさん。
ここにきて東上2回目って…何か深い意味がある!?





詳しくは宝塚公式のお知らせをどうぞ。



主演:愛月ひかる。
何度見ても東上だ…!

いずれトップになるための布石なのか?
月組次期とか…それはさすがにないか?

東上=トップへの切符ではないし。
最悪の場合は、いわゆる「餞別」です。

謎は深まるばかり
多分、考えても無駄。
待ってれば、そのうち答えは分かる…。




promotion1


歌劇2021年

こんにちは、カリーナです。

『歌劇』2021年2月号が、2月5日に発売です!
私はもうAmazonで予約済み


表紙&巻頭ポートレイトは、真彩希帆さん。
もうこれが最後ですね




もう2月号が発売なんですね!
まだお正月のポートレートを見たばかりなような気がしていたのに

2月号の目次はこんな感じ。
・カラーポートレート:真風涼帆、柚香光、愛月ひかる、聖乃あすか、潤花
・新コーナー:瀬戸かずや
・新コーナー:華優希
・ステージフォト:雪組大劇場公演、星組「シラノ・ド・ベルジュラック」

新コーナーって何だろう!?
他にも色々な新コーナーがあるようです




ご予約はコチラから↓


宝塚クリエイティブアーツ
2021-02-05


歌劇 2021年 2月号 / 歌劇編集部 【雑誌】

価格:750円
(2021/1/21 11:40時点)



今月の宝塚GRAPHも届いたし、読むのに忙しい毎日です
楽しいからいいけどね。



promotion1


TAKARAZUKA PRIME STAR PORTRAITS

こんにちは、カリーナです。

冬に出たレビュー本的なもの、『TAKARAZUKA PRIME STAR PORTRAITS』が届いたので、内容の感想を書きます。

一言で言うと…フォトブックです!
「人気スター勢ぞろいさせて1冊にしたよ!」という感じ。

コロナ禍が一旦おさまりかけた9月に、この本の制作が始まったそうです。
1人1人のこだわりが詰まったポートレートが楽しめる、素敵な本になっています


フルカラーだし、はみだしショット的なものや、驚きのエピソードも載っています。
めちゃくちゃオススメです!




私は柚香光さん目当てで買ったので、まずその感想を書きますが…。

私はお花になりたい。

柚香さんに抱かれた花束が…私には花娘にしか見えなくて!!!
カッコイイ男役さんに愛されるお花たち…

とっても美しい&どことなくセクシーなお写真ばかりです


***


あと気に入ったのは、華優希さんの写真。

裏表紙に載っている白系のプリンセス衣装だけでなく、意外や意外、真っ黒なお衣装もあったんですよ。

そちらはいわゆる“ゴスロリ系”って言えばいいんでしょうか?
一昔前の雑誌『ゴシック&ロリータバイブル』とか、『KERA!』あたりに載っていたゴスロリ写真っぽいです。
(15年くらい前に読者だった人なら絶対分かってくれる…!!)


KERA ! (ケラ) 2010年 11月号 [雑誌]
インデックス・コミュニケーションズ
2010-09-16



KERA! (ケラ) 2012年 10月号 [雑誌]
インデックス・コミュニケーションズ
2012-08-16


表紙じゃイマイチ伝わらないけど、伝われ。
とにかく可愛い衣装じゃった…。

ちなみに私は断然『KERAマニアックス』派でしたね~。
面白企画多めで好きでした。

(なお、当時の読者モデルだったカリーナさんと私は、全くの無関係である!ゴスファッションのカリーナさん可愛かったわ


***


他のジェンヌさんの写真は、ほぼ表紙&裏表紙のイメージと同じです。

個人的には、

・星風まどかさんの大人っぽい写真
・美園さくらさんの衣装のビックリエピソード
・愛月ひかるさんの驚きの白さ(白壁&ウエディングドレス)
・彩凪翔さんのサヨナラポートレート感
・朝美絢さんの♰漆黒の堕天使♰感

あたりが見所かなぁ~と思います。




『TAKARAZUKA PRIME STAR PORTRAITS』は、Amazon等では売ってないようなので、キャトルレーヴでお買い求めくださいませ!
絶対に損はしません!!


こういうの、毎年出してくれないかなぁ~







otonari


このページのトップヘ