Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:明日海りお

宝塚泣ける

こんにちは、カリーナです。

皆さんは、観劇したときに“泣く派”ですか?
私はあまり泣かない派で、普段から驚くほど泣きません!(自慢じゃない)

そんな私でも、宝塚の舞台を観ていると、思わずウルッとくる時があります。
とても感動的な演目を観ると、泣けない体質でも、泣けるんですよね…!

ということで、普段めったに泣かない私が、さすがに泣けた宝塚の作品をご紹介します。
泣ける作品をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくだざい。



宝塚の泣ける作品①ファントム

泣ける作品というと、必ずと言っていいほど名前の挙がる『ファントム』。
『ファントム』は、銀橋での親子のシーンで泣けるという方が多いようです。

個人的にはエリックの両親の馴れ初め〜最後も感動しました。
どんなに醜くても、母親にだけは本当に愛されていたエリック…

そして、エリックの顔を見ても平気だと思ったクリスティーヌと、仮面をとったエリックの、その後の心の動きなど…。
見所がとても多いので、とてもオススメです。

個人的には2011年花組のも結構好きなんですが、歌唱力重視なら間違いなく2018年雪組を推します!




宝塚の泣ける作品②龍の宮物語

とても面白いということで評判のよかった、星組公演『龍の宮物語』。
私は映像で見ただけですが、それでも感動しました。

物語の冒頭で、“探し物”をしていた玉姫。
そこに現れた、子供時代の清彦(呪い殺したい血筋の人間)。
でもその場では殺せず、そこで玉姫はこんなことを言うんです。

「秋に桜? それじゃあその季節になったらば、わたくしに見せてちょうだいね」

秋に桜→サクラタデのこと。この花がラストで出てきた時、私は泣いた。
玉姫が本当に欲しかったものとは?
そこを深く考察すると、とても泣ける…。

このサクラタデの伏線も感動的ですが、百合子のバイオリンの音色や雨の音など、“音”による感動も襲い掛かってきます。
劇場で観たら、たぶん超泣いてた。







宝塚の泣ける作品③金色の砂漠

花組公演『金色の砂漠』は、個人的にはちょっと苦手な部分(すみれコード的な意味で)もあるんですが、それでも感動できた作品です。

わかりやすく「泣ける!」という感じではなく、魂が揺さぶられる感じ。
トップコンビ2人の恋愛模様もそうですが、登場人物たちそれぞれの心情がとても細かく描かれていて、見るたびに色んな人物に感情移入して見てしまうんです。

心に刺さるものが沢山あるので、気づいたらウルッときます。
伏線の張り方も素晴らしく、考察好きな人にもおすすめです。
繰り返し見るたびに、新たな発見がありますよ。








Amazon動画配信だと、お安く観れちゃいます。

宝塚の泣ける作品で心の洗濯を!

泣ける作品を観て思いきり泣くと、心の洗濯になるらしいですよ!
心がモヤモヤしたときは、ぜひ宝塚の泣ける作品を観てみてください。



よく「宝塚の泣ける作品といえばロミジュリ」という意見も見かけるんですが、私が個人的にロミジュリそんなに好きじゃないので…すみません。
でも一般的には、泣ける系なんじゃないでしょうか。

宝塚の舞台だけでなく、映画も、本でも感動したことがないんですよね。私には合わないのかもしれません。


~余談~
以前「柚香光さんは、ロミジュリやりたいんだって」と言ってる人を見かけたんですが、正確に言うと「ロミジュリのような作品」です。結構意味が違うので、お間違えのないように。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





1C790C23-4088-47B6-9686-ACA223890358_2


明日海りお

こんにちは、カリーナです。

ファッション誌『BAILA(バイラ)』の公式サイトで、明日海りおさんのインタビューが公開されました。

退団を決意した時のこと。
退団後の、プライベートのこと。
そして、“男役のスカート解禁事情”まで!


明日海りおさんのファンでなくとも、読む価値アリの内容です!




記事はこちらから読めます。



男役の退団後といえば、やっぱり気になるのはプライベートでのスカート解禁事情。

「3年後くらいまではかない!と思ってましたが、髪が伸びてくると全身男役の服が似合わなくなってしまって。カッコ悪くなるくらいならスカートもはいてしまおう、と決心しました(笑)。女性役の体型は鍛える場所も違いますし、スカートをはいて過ごすことで鍛えられるというメリットもありそう。まだ人前ではく勇気は持てないので、今は誰にも会わない日や、私を知っている人がいない場所ではいたりしています(笑)」
引用元:https://baila.hpplus.jp/36368/1


まだ人前ではスカートは履かない…と言いつつ、このインタビュー記事で着ているのはワンピース!
それ、ほぼスカートじゃないですか???

以前、別の雑誌ではドレス姿を披露していましたし。
あ、そもそも舞台上では、娘役の衣装を着てましたし…。

あれか、「ガチのスカート単体」が、まだ解禁になってないのかな。
その内、ワンピースではなく、“スカート姿”で登場してくれる日がくるでしょう。



つい注目してしまったのはスカートの話題でしたが、その他にも
・理想のトップスターのあり方とは?
・退団を決意した時の望海風斗さんとのエピソード
・初仕事『ムーラン』吹き替えオーディションのこと
・同期の子供の話

などなど、内容盛り沢山です!
ぜひ読んでみてください



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


TOEIC270点UPの人も!



ACEBDD9F-6255-42D4-8FBF-82CD965FCA6A


みりれい

こんにちは、カリーナです。

昨日『ポーの一族』の話をしましたが、先日久しぶりに円盤を観ていたら、“みりれい”熱が再燃してしまいました…。

そういえばっ!
今月の『宝塚GRAPH』に、最新のみりれい写真があったんですよ!!


明日海りおさん&柚香光さんが隣同士で…
退団後に供給があるなんて思っていなかったので、不意打ちでした。




その写真は、『宝塚GRAPH』5月号のP60に載っています。

『DANCE OLYMPIA』の公演ルポの写真。
楽屋らしきところで、花組OGの皆さんと一緒に“花組ポーズ”で写真を撮る、花組現役生たち。

この時の柚香光さんの隣にいるのが…明日海りおさん!!

みりれい2020
(「敦盛2011」っぽく)

何か話したのかな~?
絶対話したよね?
内容が気になります!


今後も不意打ちで供給…ありますかね~。。。
期待してもいいですか?




仕事がひと段落したら、また観よう






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






banner_otome


明日海りお

こんにちは、カリーナです。

女優として活動を開始したばかりの、明日海りおさん。
最近、ちらほらとメディアに露出してくるようになりましたが、本日28日発売の雑誌『with』にも登場ですっ!

メンズライクな姿から、ドレッシーでレディライクな姿へ…♡
写真の一部が、ネットで見れます!







内容は、こんな感じらしいです。
明日海のメタモルフォーゼ真っ最中の今しか見ることのできない麗しい姿を、2014年に宝塚歌劇団百周年記念作品『エリザベート』『ロミオとジュリエット』『ベルサイユのばら』の総合ビジュアルを担当したフォトグラファー下村一喜氏が撮りおろした。
 
(中略)

世界的ラグジュアリーブランド、 GUCCIの衣装をまとい、スーツスタイルのマニッシュな姿からドレッシーなレディライクな姿へ転身する様子は必見。「元宝塚男役トップスター」らしい華やかさは残しつつ、 新しいステージで輝く「女優、 明日海りお」ならではの魅力、 その双方が味わえる内容になっている。

また、本誌では明日海の今後についての展望や、宝塚トップスター時代のお話などもしっかりとインタビューで追っている。


マニッシュなスーツスタイルの写真は、こちらの記事で確認することができます。

雑誌の方では、ドレッシーでレディライクな姿も見られるとな!?


Twitterで、ファンによるネタバレを見たところ、本当にドレス姿で間違いないようです。
そのネタバレには、どんなデザインのドレスなのかも詳しく書いてありましたが、ここでは伏せておきます。実物を見ることをお勧めします。
(発売日前にネタバレを書く人は、自重してください。たまたま見てしまって、最悪な気分になりました


そのネタバレを見たあとで、写真家の下村一喜氏の公式インスタでも、写真を見ました。
明日海りおさんのドレス姿の写真がアップされたのは、昨日でした。
雑誌に載ったものと同じショットかどうかは分かりませんが…。


私は、こういうのは「雑誌で見たい派」なので、SNSで地雷を踏むのは嫌ですね。
どうして発売日当日まで待ってくれないんだろ?
宣伝のためかな?


写真家本人とかならまだしも、ファンによるネタバレは絶対に許さないから
迷惑です。







with (ウィズ) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:699円
(2020/3/26 23:44時点)
感想(1件)




平野紫耀さんの影響か、この雑誌の予約開始直後、すぐに予約分が終了してしまったんですよ!
平野紫耀さん、人気がスゴイですね。

今はもう、ネットでも普通に買えるようになっているみたいです。

そんな背景があって、すぐに売り切れてしまうかもしれないので、本屋で買う方はお早めに。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村







banner_kokoronokakehashi02



明日海りお

こんにちは、カリーナです。

本日3月21日発売の「MAQUIA」(マキア)5月号に、明日海りおさんが載りますよ!

女優としての明日海りおさんが、ファッション誌に登場するのは、これが多分初めて?





雑誌の内容の詳細は、以下のページからどうぞ。





「スペシャルインタビュー
会いたかった! 新しい、明日海りお」


そりゃあそうでしょうね!
ファンは、首を長くして待っていたはず


まぁ昨日、『ムーラン』実写映画の吹き替えのニュースが飛び込んできたばかりですが




インタビューでは、退団後の色んな話が聞けそう。
おこげ様の最近の様子とか(笑)

楽しみですね






MAQUIA (マキア) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:699円
(2020/3/16 03:30時点)
感想(0件)



↑化粧水の付録が欲しい方は、上の商品をポチっとな。


付録なし版 MAQUIA (マキア) 2020年 05月号 [雑誌]

価格:530円
(2020/3/16 03:31時点)
感想(0件)



↑「化粧品の付録なんていりません」という人は、お安い方をどうぞ。


私は、化粧水の付録がメッチャ欲しいです(アラサー感)



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





fortune02

masakichi1


このページのトップヘ