Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:瀬央ゆりあ

礼真琴

こんにちは、カリーナです。

よく「歌が下手なジェンヌは嫌」と、堂々と文句を言っている人を見かけます。

それなら私も堂々と言いますが、容姿が美しくないジェンヌは嫌です!

どうせお金を払って舞台を観るなら、ブサイクな男役&娘役ではなく、ビジュアルが特別に美しい人を見ていたいです。

宝塚歌劇団は、キラキラで美しいのも特徴です。
いくら歌が上手くても、顔やスタイルが不細工なのは駄目よ!!


ビジュアル売りのジェンヌを叩いている人って、自分の贔屓のビジュアルに自信がないのでしょうか?
余裕がないから叩いてるんですね。


ただの歌ウマが見ていたければ、外部の舞台か、歌手のコンサートにでも行ってろ。



「歌が下手」と言っても許されるという風潮がムカつく

以前からたびたび記事にしていますが、「歌ウマこそ至高」という、歌ウマ至上主義にはイライラしています。

彼らの言う実力とは、=歌唱力のこと。
「歌劇団なのだから、歌が上手くないと駄目」というのが、彼らの言い分です。

こういう人は、歌こそが全てだと思っているから、
「歌が下手なジェンヌはさっさと辞めろ」だの、
「こんな歌下手ジェンヌのチケットを売るなんて詐欺」だの、言いたい放題。

でも何故か、ここまでの悪口でも、許される傾向にあるのです。
それって、おかしくない?


「歌唱力ガー」しか言わない人って、ぶっちゃけ、ただの言い訳だよね。




「ビジュアルに難のあるジェンヌは嫌い」だ!!

それなら私も言わせていただきますけど!
ビジュアルが微妙なタカラジェンヌなんて、嫌です。

タカラジェンヌは美しくないと駄目!


私個人の意見としては、「宝塚なのだから、容姿が美しくないと駄目」なんです。
ブサイクなんて問題外。

宝塚音楽学校は、募集要項に書いてあるように、容姿端麗でないと入学できません
だから、ファンから容姿に口出しされても、文句は言えません。
劇団側が、容姿を重要視しているのは明らかなので。

役者の容姿が重視されるのなんて、歌唱力以上に当たり前だっつーの!(怒)

ビジュアル重視派のファンがバカにされるのって、なんで?
劇団が重要視しているのは、まずは容姿なのに…!!


美しくなくても好きなジェンヌはいるよ

「嫌い」とハッキリ書いてしまいましたが、特別美しくなくても、好きなジェンヌもいますよ。

そういう人は、私の場合ですと、性格面がすごく好きというケースが多いです。
技術はそこまで関係ないですね。

性格がいいと、普段の笑顔まで可愛く見えてくるから…!?
理屈はよくわかりませんが、技術が未熟でも、容姿が普通でも、好きなジェンヌさんはいます。

でも基本的には、できる限り美しくあってほしい…。


私は容姿を叩きません!!!

私は、「あの人は歌が下手。見た目だけ」と悪口を言う、歌ウマ至上主義者とは違います。

「あの人は見た目がブサイク。歌唱力だけ」なんて言ったことは、今までに1度もありません。
(嘘だと思うなら、過去記事全部読んでみてね)

ここが、大きく違うところ。
内心「この人、実力派っていうけど、ビジュアル悪いな~」と思っても、それをブログに書いたりはしないのです。

でも、歌ウマ至上主義の人って、名指しでグチグチと悪口を書きますよね。
最悪のマナー違反だよー。




ブサイクな男役&娘役はいないが、「容姿端麗」ではない

上にも書きましたが、宝塚音楽学校は、容姿端麗でないと入学できません。
ですので、タカラジェンヌにブサイクはおらず、全員容姿端麗である…ということになります。
一応は。

実際には、ビジュアルが微妙なジェンヌはいる


でも実際に舞台を観ていると、「これで容姿端麗はナイだろ」と思うような人もいます。
容姿は“普通”…とでも言えばいい?

まぁ、「顔がいい」とか「頭身バランスがいい」とか、「手足が長すぎで異次元」とか、“美の基準”は色々なので。

基本的に、超が付くほどのブサイクな男役&娘役は、いないはずです。
(過去記事にも、「不細工なジェンヌはいない」と書いた記憶があります)



「普通の容姿のジェンヌ」は、ビジュアル重視派から見るとナシ


私が嫌いなのは、「ビジュアルが微妙な人」
なので、ビジュアルが一般人みたいな、普通のジェンヌは好きじゃありません。

「容姿端麗ではない」というのは、「見た目が美しくない」ということ。

つまり「普通」というのは、美しいとは言ってないので、私の中ではナシです。




「ビジュアルが美しい」という才能を認めなさい!

こんなことを言うと、「容姿は生まれもってのものだから、話題にしては駄目だ」と、正義ヅラした人々が私を叩くでしょう。

でも、歌唱力だって、ある程度は生まれつきの才能です。
「練習すれば誰だって上達する」と言い張っている人は、だたのバカです。

私は、生まれつきの美形は才能だと思います。
ビジュアルだって才能なのだから、私は“容姿”という才能を愛します!!!


「歌劇団なのだから、歌が上手くないと駄目」という悪口だけが許されて、ビジュアル重視派の意見だけが言論統制&粛清されるなんて、絶対に許せません。


『歌下手ジェンヌがエリザをやるなんて図々しい』と言ってる人がいましたが(この記事参照)、
それなら私は『ビジュ難が○○役を演じるなんて図々しい』と言い返してやります。


私だけを叩くんじゃないよ
歌ウマ至上主義者を叩いてから、私を叩きに来い。

THE・美人!ビジュアルが美しいタカラジェンヌBEST3

個人的に、ビジュアル最強と思う美形タカラジェンヌ(男役)BEST3。
美形は世界を救う。

◆柚香光
好き嫌いが分かれるほど個性的なビジュアル。美人は叩かれてナンボ。
宝塚ファーストフォトブック vol.3 (タカラヅカmook)
小川友次
宝塚クリエイティブアーツ
2016-10-01




◆朝美絢
宝塚ファン以外にも通用する美形。顔面レベル最強。
宝塚1stフォトブック 朝美絢 2019 (タカラヅカMOOK)
宝塚クリエイティブアーツ
2019-11-01




◆瀬央ゆりあ
せおっちのポテンシャルの高さ…!スッピン写真も載ってるけどマジ美形♡


過去の関連記事はこちらからどうぞ。↓











ms_1


柳生忍法帖


こんにちは、カリーナです。

先日、星組で『柳生忍法帖』が上演されることが決まりました。

この作品自体はとても人気があり、素晴らしい完成度の作品らしいです。

しかし問題は、残酷で、男性向けのエロティック&グロテスクな表現が多すぎるということ!

『柳生忍法帖』の原作を読んでみた星組ファンの方々が、「どうしてこんなものを上演するんだ!」とお怒りでした。

考え得るメリット:男性客も呼び込める
考え得るデメリット:女性客が嫌がる。宝塚のイメージも悪くなる!

ウーン、あまり歓迎はできないなぁ。



『柳生忍法帖』は男性向けシーンが多い!

『柳生忍法帖』は、女性向けではなく、男性向けのシーンが多い作品です。

漫画版は、青年漫画のカテゴリですね。
(少年漫画よりも、ターゲットの年齢層が高め)

私は実際には読んでいないのですが、かなり過激で、残酷な描写が多いようです。
詳しくはTwitterで検索してみてください。
実際に読んだ方々の感想が出てきます。

女性が被害に遭うシーンもあるそうで、不愉快に思った人もいたみたいです…
これを読まないといけないジェンヌも大変だ!!

宝塚で男性向け作品を上演するメリット:男性客も呼び込める

明らかに女性向けの宝塚歌劇団で、なぜ男性向け作品が原作の演目をやるのか!?

一番大きなメリットは、男性客を呼び込めるということでしょう。

今、宝塚は、空席が目立つ状況です。
今までと同じ客層ばかり狙っていたら、お客さんはそれ以上増えません。
減る一方になります。

そこで「そうだ!男性客も呼び込もう!」と考えたのではないでしょうか?
雪組のシティーハンターも、明らかに男性客を見込んでいますよね。

himawari_1

宝塚で男性向け作品を上演するデメリット①女性客が嫌がる

男性向けで残酷表現…。
この時点で「観に行きたくない」と感じた女性のヅカファンは、少なくないのでは?

単純に、嫌悪感が湧き上がってくるんですよね。
生理的なものかもしれません。


宝塚で男性向け作品を上演するデメリット②宝塚のイメージが悪くなる

『柳生忍法帖』は、実際に上演されるとなれば、かなり内容を書き換えるでしょう。
エロティック&グロテスクなシーンはほぼ削られ、そこまで変な内容にはならないはずです。

でもそれなら、似た感じのオリジナル演目でもいいんですよね…。
しかし演目のタイトルは『柳生忍法帖』のままです。


宝塚のポスターで『柳生忍法帖』と書かれていたら、それを見た人は「え~、宝塚ってああいうグロいのもやるんだ」と思うでしょうよ。
一般人は、ポスターだけで判断しますから。

「文句は見てから言って!プンプン」なんて怒ったって、どうしようもないのです。
実際の中身がどうであれ、「宝塚はすごくグロいのも上演する」というイメージが付いてしまうかもしれません。


宝塚に男性向け作品は合わないと思うよ

『柳生忍法帖』の原作に文句があるわけではありません。
“宝塚歌劇団で、『柳生忍法帖』を上演する”というところが問題なのです。

これがもし、東京グランギニョルで上演!とかだったら、何も驚きませんが。
(この例えは適切なのだろうか…)


雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の時も、「こんな残酷な原作のを上演するの~!?」と思ったんです。
当時の記事を置いておきますね。



いくら宝塚マジックでお砂糖をまぶしても、どうにもならない原作があるということを、宝塚は知った方がいい。

個人的には、ワンスは失敗だったと思います…



ms_1


柳生忍法帖

こんにちは、カリーナです。

星組の次の大劇場の演目が発表されました。
お芝居は『柳生忍法帖』。
ショーは『モアー・ダンディズム!』です。

『柳生忍法帖』は、原作小説があって、漫画版もあるんですね。

わりと硬派な(?)感じなんですが、女性ウケはどうなんだろう?
ファンの反応が気になります。



詳しくは公式をどうぞ。




調べてみたら、大元の原作は小説。
有名作品?らしいのですが、私は残念ながら存じ上げません


主人公(だよね?)、めっちゃガタイいいな!?
礼真琴さんのイメージには、イマイチ合いませんが…。



こっちはコミック版。

ヤングマガジンかー。
花組が少女漫画なら、星組は少年&青年漫画?
雪組は少年ジャンプが多いなぁ。



どんな舞台になるか全く想像がつきません。
星組ファンの方の反応はどうなんでしょう?

この作品、絵柄からしても女性ファンが多い感じではないので、星組ファンの方は「全然知らないやつ~!」っていう反応してそう。


今ちょっと忙しいのでアレなんですが、時間ができたらストーリーをチェックしてみようと思います!




ns04_b_2


沸騰ワード10

こんにちは、カリーナです。

2021年2月放送の『沸騰ワード10』。
またまた宝塚養成学校の密着取材でした!

ちはるさんゆうさん、前回から参加のはるきさん
そして今回は、期待のルーキー・ゆりあさん現る!!

ゆりあさん、歌が上手くて、めちゃくちゃ実力派…
本当に合格しちゃうかも?

どんな内容だったか感想を書きます!



期待のルーキー・ゆりあさんはミュージカル経験者の実力派!

今回から初登場の、ゆりあさん。
18歳です。

『沸騰ワード10』を見て、宝塚受験を決意したそうです。
おー、前回のはるきさんに続いて2人目ですね!

ゆりあさんはミュージカル経験者とのことで、模擬試験の新曲視唱は完璧!
(これ、とても難しくて、間違う人のほうが多いんです)
声量もたっぷりで、声も綺麗で、歌ウマジェンヌになりそうな予感

模擬試験では3位でした。
まだ宝塚受験を決めたばかりなのに、3位ってスゴイ!

ちはるさん、ゆうさん、はるきさんも登場


ちはるさんは、ダンスで「表情の硬さ」を指摘されていました。
ずっとマスクをつけて練習しているから、表情まで神経がいかないのかも
コロナの弊害…。
模擬試験の結果は8位。


ゆうさんは、前回の宝塚受験で、二次試験で不合格に…。
不合格を経験しているためか、自信なさげでした。
頑張って
バレエ歴13年ということもあり、模擬試験では2位に。


今回が初受験のはるきさんは、クラシックバレエのコンクールで入賞歴アリ。
模擬試験は、なんと1位






誰が合格するかドキドキ♡


誰が合格になってもおかしくないですが、そう簡単にはいかないのが宝塚受験。
次回の密着取材も大注目です!





「ゆりあ」という名前繋がりで、宝塚歌劇団でバリバリ現役の美形男役ジェンヌ・瀬央ゆりあさんを見ていってください。
イチオシのフォトブックを置いておきますね。







歌劇2021年


こんにちは、カリーナです。

『歌劇』2021年1月号の予約が始まっています!
2021年1月5日発売です。

「新春スターカラーポートレート」ということで、大勢の人気スター達のポートレートが掲載されます!
皆様、ご予約をお忘れなく♪




私はAmazonで予約しました!
(最近、仕事が忙しくて、うっかり予約しそこねるところだった


宝塚クリエイティブアーツ
2021-01-05



表紙:真風涼帆

新春カラーポートレート:轟悠、各組トップスター&トップ娘役、2番手
凪七瑠海 、鳳月杏、彩凪翔、水美舞斗、朝美絢、瀬央ゆりあ、桜木みなと、朝月希和、永久輝せあ、聖乃あすか、風間柚乃




花組別箱『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の座談会、聖乃あすかさん主演バウの対談などもあります!
楽しみですね








このページのトップヘ