Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:礼真琴

宝塚中止

こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇の公演について、4月12日まで中止が延長されることになりました。
なんてこった!

特に花組と宙組は、「公演が全部中止になるんじゃないか?」と不安になってきます……。



公式のお知らせはこちらから。



【中止対象公演】
〇花組宝塚大劇場公演
『はいからさんが通る』(貸切・新人公演含む)
3月13日(金)~4月12日(日)

〇星組東京宝塚劇場公演
『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』(貸切・新人公演含む)
3月27日(金)~4月12日(日)

〇宙組TBS赤坂ACTシアター公演
『FLYING SAPA -フライング サパ-』(貸切公演含む)
3月30日(月)~4月12日(日)

〇宙組日本青年館ホール公演
『壮麗帝』(貸切公演含む)
3月28日(土)~4月4日(土)

〇宙組梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演
『壮麗帝』中止についての詳細はこちら

引用元:https://kageki.hankyu.co.jp/news/20200311_001.html


昨日「4月7日まで延長かな」という記事を書いた時、それだけでもかなり長く感じたものですが、12日って……。
まだギリギリ3月中だというのに、4月中旬までの公演中止は、なかなか辛い

中止情報を小出しにされると、チケットのキャンセルで困る方がいるので、ドドンと長期間の中止を決定したのはいいと思います。
今の状況じゃ、どうせやれないんだから。



心配なのは、花組と宙組です。

◆花組公演『はいからさんが通る』は、宝塚大劇場では4月20日が千秋楽。
12日まで中止となると、あと1週間しか残ってないっ!!
私の贔屓のムラでのお披露目が~~

◆また、宙組の『FLYING SAPA -フライング サパ-』『壮麗帝』も大変です。
『FLYING SAPA -フライング サパ-』は4月15日が千秋楽なので、下手をすると千秋楽もできない?
上田久美子先生の力作っぽいので、映像だけでも観てみたかったのですが…どうなるんだろ?

『壮麗帝』は、日本青年館ホールの公演(4月4日まで)が全部潰れるんですね。
梅芸のほうも19日が千秋楽なので、ハラハラする日程。。。

◆星組も結構大変ですが、まだ5月3日まであるから…ギリギリ希望が持てる…???
こうなったら、千秋楽ができるだけ、有り難いと思うしかないのかもしれない…。


もう、黙って静観してるしかなさそうです。
ジェンヌの皆さんも、状況を分かっているから、悔しいだろうけどそうしていそう。


日程的にヤバイというのは、単なる事実ですよ。
そもそも“煽ってる”っていうのは、たまたまこの記事タイトルを見た人が過敏になってて、勝手に思い込んでいるだけ。
私は別に煽ってなんかいません。
実際、『壮麗帝』日本青年館ホール公演は全部潰れてしまったのだし…。

ショックなのは私も同じなので、変なコメントはやめてくださいね。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






masakichi1


宝塚再開

こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇団の公演がしばらく中止になっていましたが、3月22日&27日から再開になるそうです。

雪組は、3月22日(千秋楽)。
花組と星組は27日から再開です。

でも今、兵庫はとっても危険な状態……。
“予定は未定”ということで、あまり期待してはいけないなと思っています。





公式のお知らせはコチラ。




【宝塚大劇場公演】
〇花組公演
『はいからさんが通る』
3月27日(金)13:00公演
※初日を上記日程へ変更するとともに、3月26日(木)までの公演を中止させていただきます。ご観劇を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます。

【東京宝塚劇場公演】
〇雪組公演『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』
3月22日(日)11:00公演、15:30公演
※3月22日(日)に全75館にて予定しておりました『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)千秋楽ライブ中継』は中止し、タカラヅカ・スカイ・ステージにて生放送いたします。ライブ中継の払い戻しなどの詳細はこちらをご確認ください。ご観劇を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます。

〇星組公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』
3月27日(金)15:30公演


雪組は、千秋楽だけでも強行してやる感じですね。
「無観客でやるのかなー」とも思いましたが、退団者がいるので、やっぱり観客席には大勢のお客さんにいてほしいですよね。


banner_kokoronokakehashi02

そしてやはり気になるのが、「今度こそ本当に、花組の初日の幕は上がるのか!?」というところ。

『〇日まで延長します』というお知らせがあるたびに、「じゃあ私はギリギリ観られるわ!しかも初日よ!」→『また延期になりました』「えっ」……となってしまった人が、少なからずいると思うんです。
ぬか喜びって、すごく嫌ですよね。

今度こそ、本当にこのお知らせ通りの日程で、幕が上がるといいなと願っています。





もう他所の県のテーマパークなどの娯楽施設なんかは、昨日あたりから営業再開してるんですよ。
でも、あれはあくまで他所の県の話。
兵庫県の現状を見てると、「また延長するんじゃないか」と思えてしまって…心配です。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






eye




野田秀樹

こんにちは、カリーナです。

昨日、劇作家・演出家の野田秀樹さんが「一演劇人として劇場公演の継続を望む」という内容の意見書を発表しました。

意見書を読みましたが、「演劇の死」という表現が、心に突き刺さりました。
スポーツは無観客試合でも成り立ちますけど、演劇はそうはいかない部分もある…。確かに。


ジェンヌさんや観客のことを考えれば、公演中止は仕方がないことです。
でも最近の様々なニュースを見ていると、「本当に、中止まですることだったのかな?」とも思えてきて…。
以前は完全に納得できていたのに、今はモヤモヤしています。




野田秀樹さんの意見書は、以下の新聞記事からも読めます。↓




意見書の内容を、上の記事から一部引用させていただきます。
演劇は観客がいて初めて成り立つ芸術です。スポーツイベントのように無観客で成り立つわけではありません。ひとたび劇場を閉鎖した場合、再開が困難になるおそれがあり、それは「演劇の死」を意味しかねません。(中略)現在、この困難な状況でも懸命に上演を目指している演劇人に対して、「身勝手な芸術家たち」という風評が出回ることを危惧します。公演収入で生計をたてる多くの舞台関係者にも思いをいたしてください。

外部の舞台は大変です。
役者の場合、お稽古中は、まったく収入がないそうです。
役者以外の舞台関係者は、舞台の上演がなければ、仕事がなくなってしまいます。それも大変な問題ですよね。


でもその点だけでいえば、宝塚歌劇団はまだマシです。
宝塚の生徒の場合は、給与が出ています。
上演中でも、お稽古中でも、最低限の月収はあるのです。


「じゃあ、宝塚は安心じゃない?」と一瞬思ってしまうんですが、全然そんなことはありません。

この意見書の中に、“現在、この困難な状況でも懸命に上演を目指している演劇人”と書かれていますけど、これに当てはまるジェンヌさんたちが大勢いるじゃないですか。
下手をすると、「宝塚〇組の生徒たちは、こんな状況の中でもお稽古をしてる!」と、言われてしまうかもしれないのです。

「不謹慎だ」「身勝手だ」「空気を読んでない」
よその人たちから見れば、そんな風に見えてしまうかもしれません。


でも、誰よりも不安に思っているのは、その〇組の生徒たちだと思います。
「お稽古をしても、無事に上演できるか分からない」
そんな不安を抱えたまま、毎日お稽古をしているのだと思います。
誰にも、どうにもできないことだけど、すごく辛い状況ですよね……。



そして毎日、どんどんと色々なニュースが飛び込んできますが、新たな情報を目にするたびに、「本当に中止すべきだったのかな?」と思ってしまう部分があります。
ニュースの詳細はまとめきれないので、詳細は省きますが、上演を続けても続けなくても、結果は同じなような気がしたり。
演劇の中止をする意味が、そこまでないような感じたりしています。

「それならもっと別の何かを中止したらいいんでないの?」とか、「別の部分を改善したほうがいいんでないの?」とか……。
ここは政治ブログではないので、これ以上はやめておきますけど。



野田秀樹さんの仰る通り、最初から予定にあった舞台なら、そのまま中止せずに上演しつづけても、問題なかったように思えるのです。

宝塚の公演の中止は、本当に正しかったのでしょうか?


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






礼真琴

こんにちは、カリーナです。

昨日、新聞で礼真琴さんの記事を見てビックリ。

礼真琴さん、まだ柚香光主演の舞台を、1回も観れてないんですって!
個人的にちょっと意外だったので、驚いてしまいました。

以前から「お稽古があったりすると、同期の舞台でもやっぱり観れないのかな?」と思っていたんですが、どうやらその通りだったようで…。
それなら仕方ない。



礼真琴さんの記事はこちら↓





柚香光さんについて言及しているのは、この記事の最後です。
 3月には、同期で花組トップスター柚香光(ゆずかれい)の大劇場お披露目が待っている。「れいちゃん主演の作品を、今まで一度も見られていないんです。最低でしょ」と笑わせ、「チケットを取ったのにお稽古が入って行けなくて、『ダンス オリンピア』も東京でしかやらないなんて、なぜなの! (3月からの公演)『はいからさんが通る』を今から、ものすごく楽しみにしております。本当にれいちゃんの存在にどれだけ助けられたか」と笑顔で語った。


チケットって、自力で取るんですかね!?
ちょっと入手ルートは不明ですけど

急にお稽古が入ると、そりゃあ観に行けませんよね。
そういえば『DANCE OLYMPIA』も、礼真琴さんが観劇されたという情報は見かけませんでした。
(ロクモを柚香光さんが観に行ったというのは見かけましたが)


この文章を見ると、はいからさんは観れそうな感じ…なんですかね。
ただ現在、「イベント等をなるべく中止せよ」というお達しが出ているようですので、「無事上演されるのか?」という心配が…。


せっかくお稽古等がない時でも、別の理由でまた観劇がかなわなかったりしたら、礼真琴さんもきっと残念に思うでしょう。
礼真琴さんに限った話ではないですが、(今度こそ)無事に観劇できたらいいですね。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






礼真琴

こんにちは、カリーナです。

本日発売の『宝塚GRAPH』3月号を読みました。
今月号は特に内容がギッシリで、すごく面白いです!

主な見どころは
・礼真琴特集
・各組ファン必見の舞台写真
・美しすぎる稽古風景写真
です。

花組ファン&柚香光ファンなら絶対嬉しい情報も沢山載っていたので、内容を軽くご紹介しますね

※まだ読んでいない方もいると思うので、重大なネタバレはありません。



星組新トップ!礼真琴特集

今月号の一番の見所は、星組新トップ・礼真琴さんの特集ではないでしょうか!

礼真琴さんピンの写真が1枚、舞空瞳さんとのツーショットが1枚、さらにそこに愛月ひかるさんが加わった3人写りの写真が1枚。
素敵な並びですね

礼真琴さんと舞空瞳さんが、お互いにメッセージを送りあっています。
「なこちゃんへ」「ことさんへ」となっているのですが…
そういえば、星組に行ってから、「ひっとん」呼びをあまり見かけなくなりました。今後は「なこちゃん」呼びが浸透していくのかな?

3人でのてい談(めっちゃ長いトーク)もあるので、読み応え十分です!
台本の「狂ったように踊り出す」というのは…!あ、詳しくは本誌をご覧くださいませ。

柚香光のお手伝いをしているのはあの2人!

たまにジェンヌさんが「私のお手伝いをしてくれている〇〇ちゃんが…」という話をされると思うんですが、今回、柚香光さんがその話をしてくれていました!

柚香光さんのお手伝いをしているジェンヌさんは、少なくとも2人いらっしゃるようです。
柚香さんが、その子からもらった不思議アイテム(?)を紹介していました。
私が調べたところ、「市販品を部分的に改造(手作り)したんじゃないかな?」と思うのですが。すごい出来!
→苺工場長さまの手作りマスコット「タキシードゆずキューピー」でした。
こちらの通販サイトで買えます→秘密の苺MICOE×Chimicrew web shop

作者様に、「タキシードゆずキューピー」の制作秘話もお伺いしました!↓





余談ですが、先月号では、水美舞斗さんのお手伝いをしているのが翼杏寿さんだというのが分かったんですよね~。
こういう情報、ちょっと嬉しくなります。
「普段、2人でどんな話をしてるんだろう!?」と、妄想が膨らむ…




綺城ひか理&飛龍つかさ、まさかの公開告白!

星組の綺城ひか理さん&花組の飛龍つかささんの2人の対談ページ。
そっか…あかちゃんはもう星組だもんな……。

組替えの話を聞いた時に、飛龍つかささんがどんな反応をとったのか。
『Dream On!』の時の話もあって、非常に興味深いです。
まさかの公開告白…!


個人的には、あかちゃんが自分で『背が高い私』と言っているのがツボでした。
確かにでっかいけど


あと、綺城ひか理さんが、“世話してもらうこと”を“介護”と表現していたのが、個人的に気になった所です。
先日の例の記事で、私がつけた記事タイトルに“介護”という文字があったためメタメタにブッ叩かれたんですけど、ジェンヌさんも普通に使ってるなぁって思って。

それを免罪符にするつもりはないけど、「意外と劇団内では、世話という意味で、普通に使ってるのかな?」と思ってしまいました。
本当にヤバイ言葉なら編集時にカットするはずなので、TCA的にもOKな表現なのでしょう。

なお、あかちゃんの介護を誰がしているのかは…本誌でご確認ください!



舞台写真が満載!『タカスペ』雪組『ワンス』花組『ダンオリ』『マスカレ』

今月号は、どの組のファンも必見の舞台写真が満載です!

各組の人気スターが出演した『タカラヅカスペシャル』

先日退団発表のあった雪組トップコンビの舞台『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』

花組新トップ・柚香光さんプレお披露目『DANCE OLYMPIA』

瀬戸かずやさんの東上初主演作『マスカレード・ホテル』


ワンスは観てないんですが、バラを敷き詰めた部屋でワルい顔をしてる望海風斗さんにドキッとしました♡


ちなみにですが、『DANCE OLYMPIA』の写真は、一部ルサンクと似てます。
全く同じに見えても、よーーーく見ると、若干違う写真だったりして。
間違い探しみたい。



タカスペのお稽古写真が美しすぎる♡

タカスペのお稽古の様子も掲載されています。

私が一番見てほしいのは、タカスペお稽古の最初のページに載っている、柚香光さんの小さなお写真!

目がぱっちりしていて、キラッキラで……
お稽古中の何気ないショットなのに、このままポスターにできちゃいそうな美しいお顔
私の贔屓が美しすぎてまぶしい♡♡♡

あと、瀬央ゆりあさんの鼻筋と眼力にびっくりした写真もありました
せおっちも、他の皆さんも!みんな美しいわ~

人気スターが勢ぞろいなので、とにかく見てみてください!





宝塚 GRAPH (グラフ) 2020年 03月号 [雑誌]

価格:750円
(2020/2/18 18:19時点)
感想(0件)






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






このページのトップヘ