Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:聖乃あすか

永久輝せあ

こんにちは、カリーナです。

VISAメッセージが更新されてました。
本当は更新当日に感想を書きたかったんだけど、あんまりにも仕事が忙しくて

花組のみんなが、永久輝せあさんにメッチャ褒められてて嬉しかったです!!!




永久輝せあさんのVISAメッセージは、以下のページで読めます。




『はいからさんが通る』の公演が中止(延期?)になったので、今読むとちょっと切ないものがありますが…。
でも読みました、読みましたよ。

全体的に、花組メンバーが褒め殺しにされています。

柚香さんは、本当にかっこいいです。柚香さんを拝見していると、入団前に大好きで観ていた花組の男役さん像を感じて、宝塚ファンだったころに戻ったかのように、胸がときめきます! 情熱的でスマート、そしてスタイリッシュで……。入団後もよく花組公演を観に行かせていただいていましたが、その時から素敵な方だなと憧れておりました。
 私が下級生のころからスターさんでしたので、柚香さん率いる花組に組替えすることとなり、ドキドキしていました。でも実際にお話させていただくと、とても気さくで明るい方。すごく繊細で丁寧に人と接する素敵なお人柄で、周囲への気配りも細やか。温かく迎えてくださり、とてもうれしいです。


私の贔屓のこと、もっと褒めてもいいのよ♡
……いえいえ、これもかなり褒めすぎなほうですよね。
「とにかく褒めておこうキャンペーン」でも実施してたのだろうか。VISAの方向性で(?)


そういえば、『歌劇』に、もともと2人は知り合いだった的な話が載ってましたね。
今度、それについて記事にします。(時間があれば)

banner_kokoronokakehashi02

その他にも、瀬戸かずやさん、水美舞斗さん、聖乃あすかさんについても触れています。

瀬戸かずやさんは、昨年末の『タカラヅカスペシャル』出演の際、とてもお優しく、いろいろな事を教えていただきました。今回やっと『はいからさんが通る』でお芝居をご一緒させていただけますので、とても楽しみです。
 水美さんは、『DANCE OLYMPIA』でもとてもお世話になりました。踊りが本当に素晴らしくて、かっこいい。あんな風に踊りたいと思うのですが、水美さんにしかできない表現で「すごい!」以外の言葉が浮かばない……。振付を覚えるのもすごく早くて、ついていくのに必死でした。
 ほのかちゃん(聖乃あすか)は、ふんわりしたイメージでしたが、とてもしっかりしています。ガッツがありますし、前作のサロメの場面でも私の提案にしっかり応えようとしてくれる丁寧さもあり、信頼できる下級生。お稽古期間中、一番長い時間を過ごしましたが、いろいろと教えてくれて助かりましたし、一緒にいて楽しかったです。

 ほかの花組の皆さんも温かい人ばかり。同期や一期違いの上級生や下級生にもとてもお世話になっています。そんな近い学年の方とはクリスマスを一緒に過ごしたりして、楽しみました。ホッとできる存在が近くにいてくれることが、本当にありがたいです。


『DANCE OLYMPIA』の稽古は、組替え直後で死ぬほど大変だったと思いますが、どうやら聖乃あすかさんがいろいろ教えてくれていたみたいです。
(あと、同期の春妃うららさんもダンオリ組にいたので、一緒に助けてくれたのでしょうね)



今、花組の公演はやっていません。
でも、最近の花組内の様子がちょっとだけ見えたような気がして、嬉しい内容でした。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ






masakichi1


はいから新人公演

こんにちは、カリーナです。

花組新人公演『はいからさんが通る』の配役が、ようやく発表になりました。
「もしや新人公演中止?」と思ってたので、とりあえず安心。

個人的に気になった配役がいくつかあったので、それについて書いていきます。

どんどん抜擢されていく下級生が出てきましたね…。
今後が楽しみ




花組新人公演『はいからさんが通る』の配役

配役は以下のページで確認できます。




◆新人公演の配役

※太字は、目立ち度が高めの役

伊集院少尉:一之瀬航季

花村紅緒:美羽愛

青江冬星:聖乃あすか

鬼島森吾:翼杏寿

伊集院伯爵:泉まいら

伊集院伯爵夫人:音くり寿

花村政次郎:芹尚英

如月:鈴美梛なつ紀

狸小路伯爵:太凰旬

古美売太:南音あきら

ラリサ:都姫ここ

青江香月:和礼彩

ばあや:糸月雪羽

印念中佐:愛乃一真

花乃屋吉次:朝葉ことの

女教師:桜月のあ

高屋敷要:侑輝大弥

青江須磨子:咲乃深音

令嬢:琴美くらら

牛五郎:海叶あさひ

有明:涼香希南

舞踏会の歌手:詩希すみれ

辺面岩男:天城 れいん

令嬢:二葉ゆゆ

牧師:青騎司

北小路環:三空凛花

原信子:愛蘭みこ

藤枝蘭丸:希波らいと

田谷力三:龍季澪

愛相良雄:珀斗 星来

丸葉:涼葉まれ

野路:颯美汐紗



配役についての勝手な感想

この配役を見て「おおお!」「お、おお?」となったので、勝手に感想を書きますよ。


青江冬星:聖乃あすか
→初演が鳳月杏さんで、今回の本役が瀬戸かずやさん。
この2人とは、なりタイプの違った冬星さんになりそうです。
あのカツラが似合うのかが、とても気になる…。

鬼島森吾:翼杏寿
→本役が水美舞斗さんなのですが、翼杏寿さんは、水美舞斗さんのお手伝いをしている下級生なんです♡
普段から「水美さん、水美さん」と慕っているそうなので、アドバイスいっぱいもらえちゃうかもね!

ラリサ:都姫ここ
→小柄なラリサさんですね。あのカツラを被りこなせるかが気になるところ…!

高屋敷要:侑輝大弥
→今回、かなり出番が多くなったと思われる高屋敷要。
侑輝大弥さんは、青薔薇のときも庭師の役で、急に抜擢された感じでした。
今後彼女は、目立つ役をどんどんやりそう。路線になるかもですね。

牛五郎:海叶あさひ
→海叶あさひさんは、柚香光さんのお手伝いをしている下級生です!
活躍を楽しみにしてます!

北小路環:三空凛花
→『DANCE OLYMPIA』で、「あのダンスの上手い子は誰?」と話題になった娘役さん。
演技力はまだ未知数なので、楽しみですね!

藤枝蘭丸:希波らいと
でっかい蘭丸だな!!!!
それにしても、これもかなりの抜擢なのでは?

新人公演、無事にできますように

配役が発表されたのはいいんですが、また「国から言われたので、公演中止です」なんていうことになる可能性が、なくもないわけで。

とりあえず、無事に新人公演ができることを願っています!





↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


banner_kokoronokakehashi2


ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

花組トップスター・柚香光さんのプレお披露目である『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)のBlu-rayが、4月16日に発売になります!

円盤、待ってましたっ!!
首を長くして超待ってましたっ

柚香光ファンの皆様、早めに予約しておきましょう。
私はもうしちゃいました!



柚香光さんの声が出なくなるというトラブルもあった『DANCE OLYMPIA』ですが、Blu-rayの撮影日(ライビュの日)は、大変調子が良さそうでした!
歌だけでなく、皆さんの踊りもバッチリ♡



あの日の歌や踊りが、家でいくらでも観られるようになるんですね~♡
しかもブルーレイだから、画質も最高!
文句なし!!!


光の速さで予約してしまいましたよ。



↑楽天ブックスは送料無料です。


発売日は4月16日なのでまだまだ先ですが、今から大変楽しみです。
それまでは、ルサンクを見ながら耐えようと思います。





(そういえば今日はバレンタインデーなんですよ…忘れかけていたけど)



Blu-rayが届いたら、擦り切れるほど観ると思います。
早く届け~!



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

本日10日は、花組公演『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)の、ル・サンクの発売日!
表紙はもちろん、柚香光さんです♡

個人的にはサロメ&ヨカナーンと、ピンナップの写真チョイスが嬉しい!
あと、水美舞斗さんの胸筋が丸見えで「あれ…この方は本当に女性…?」ってなりました

嗚呼、ダンオリの数々の名場面がよみがえる…♡

ル・サンクの内容の見所や、気になった所、感想などを書いていきます!



柚香光の笑顔が光り輝くベストショット♡

柚香光さんは、どんな表情も魅力的です。
いつもの私なら「妖艶な表情が一番好き」とか言うかもしれませんが、このル・サンクを見て思ったのは、「柚香光さんの笑顔、光輝いてるわ…♡」でした!

プレお披露目なので緊張感もすごかったのだろうと思いますが、将来への期待のようなものが垣間見れるような気がして。
色々な表情の柚香光さんが写っているけど、一番印象に残ったのは“笑顔”です。


個人的ベストショットは、P44の「紳士S」の柚香光さん!
「柚香光の魅力を全て詰め込みました」とでも言うべき、素晴らしい表情で写っております…!
ポスターとかにして売ってくれないかな~!?

キラキラ輝く大きな瞳、自信に満ちた笑み、でもどこか優しさや可愛さも感じるような…
勝気すぎるキメ顔ともちょっと違う、スペシャルなお写真です


水美舞斗の胸筋が見えすぎて、なんか凄い

『DANCE OLYMPIA』の感想でよく見かけたのが、「水美舞斗さんの筋肉が凄い!」というもの。
私は生の舞台&ライビュでカポエイラのシーンを見て、「背中の筋肉すごい」「腕の筋肉やばい」と思ったんですけど…

ル・サンクを見て「胸筋ヤバすぎ」って思いました。

カポエイラの時の衣装、胸元に大きなリボンがついていますけど、その下の布部分ってあんなに胸元の露出多めなんですね。
そのせいで胸筋が丸見えになってまして、「この胸筋を見せるために、この写真をチョイスしたのでは」と思えるほどでした。
マイティーよ、あなたは本当に女性なのか…!?


あと、P39のフラメンコのシーンの水美舞斗さんの横顔が、あんまりにも完璧で美しいので、ファンの方は絶対に見て……。
照明の当たり具合も100点満点…!



永久輝せあの長い腕&妖艶サロメもバッチリ♡

永久輝せあさんの外見で一番好きなところといったら、個人的には“長い腕”
その腕の長さがよくわかる写真が沢山あって、良かったです。

特に水美舞斗&永久輝せあ&柚香光(or 聖乃あすか)の3人で並んでいる所は、同じポーズをとっているので、それぞれの体型の違いがよく分かって面白いです!
永久輝せあさんは、全体的に細身なのね~。


で、期待していたサロメの写真ですが。1ページ分どーんと使って、大きな写真が掲載されております!
ひとこサロメが、ヨカナーンの首を抱き寄せている、とても印象的なショット。

ここはサロメのギラギラとした視線が特徴的なダンスでしたが、あえての伏し目がちな表情のシーンで、「めっちゃいい写真選ばれてる!!」と、大興奮!
ここの写真も、ポスターにしたら売れそう
ちょっとだけ、BGの柚香ローマ美女を思い出しました。

でも逆に、視線ギラギラなサロメは、写真が小さくて少しガッカリ。
まぁでも、特別に良い写真があったからOK!!

綴じ込みピンナップは「柚香光のフラメンコ」「公園ベンチのれい華」

最後についている綴じ込みピンナップは、フラメンコ衣装の柚香光さんと、公園で華優希さんの手にキスしようとする柚香光さんの写真です。

公園でのデュエダンは、トップコンビの一番の見せ場であり、とても良い雰囲気のシーンでしたよね。
リフトの前あたりの、お芝居のワンシーンが切り取られていて、「良い写真だわ~」と思いました。

そして、ダンオリの最大の見せ場・柚香光さんのフラメンコ!
やっぱりピンナップは、フラメンコで大正解ですよ♡
彫刻のように美しい横顔が堪能できます

『DANCE OLYMPIA』の名シーンを振り返ろう♡

今回のル・サンクは、冬の新作ポストカード通販のついでにポチったんですが、予想よりも素敵な写真が多くて、「買って大正解!」と思いました♡

別箱だからか脚本は載っておりませんが、まぁ、『DANCE OLYMPIA』に関してはそこまで脚本は重要ではないので。




思ったよりもすごーく良かったので、気になる方はぜひ読んでみてください♡



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






聖乃あすか

こんにちは、カリーナです。

聖乃あすかさん、バウ初主演おめでとうございます!!

誰がバウをやってもおかしくない今の花組ではありますが、まさかほのかが初主演になるとは♡

しかも題材が“薔薇戦争”ということで、「メッチャ観に行きたい」という気持ちになってます。
題材にも恵まれて…ほのかは色々と恵まれている……!!





『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』の詳細はコチラ↓




『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』の解説。
薔薇戦争(1455~1485年)-ランカスター家とヨーク家が国内の諸侯・騎士を二分して権力闘争に明け暮れた、イングランド史におけるターニングポイントとなったこの戦いは、ランカスター家の女系血筋を引くヘンリー・テューダー(のちのヘンリー7世)が最終的に勝利、ヨーク家のエリザベス王女と結婚してテューダー朝を開き、近代イングランドの礎を築いていく。
シェイクスピア戯曲でも有名なリチャード3世とヘンリー8世の時代に挟まれ、これまで謎に包まれた人物とされてきたヘンリー7世が、ランカスター家(赤薔薇)の血を引く者として、ヨーク家(白薔薇)のエドワード4世、リチャード3世との争いの中で、権謀術数を操り、愛と憎しみ、欲望と策謀が渦巻く激動の時代を駆け抜け、イングランドの平和を願い、王冠を戴くべき男としての運命に挑み続けた姿を描く、意欲作。
この作品は、演出家・竹田悠一郎の宝塚バウホールデビュー作となります。  

これ見ると、主人公はヘンリー7世?
私は、そのへんはあまり詳しくないですね…。



「そもそも、薔薇戦争とは何ぞや」という方には、このへんの漫画をおすすめしておきます。


これはリチャード3世が主人公の少女漫画なんですけど、リチャードが両性具有設定でなかなか面白いです。
どんな戦争だったのかはザックリ分かるはず。



どんな舞台になるのか、楽しみです。
まぁ、観に行けないんですけど…。






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村





このページのトップヘ