Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:舞空瞳

珠城りょう

こんにちは、カリーナです。

文春アンケートの最終的な結果発表が、「文春オンライン」に出ました!

一部のファンたちの間では「中止になったのでは?」と言われていたようですが、私は「中止だなんて、そーんなまさか!」と思って、わざわざ先日、文春オンラインに「いつ発表するの?」と問い合わせしていました。

そうしたらとうとう、最終結果の発表がきましたね。
結果を見てみましょう。



文春アンケート最終結果発表

文春アンケートの最終的な結果は、以下のページから見れます。




(すごい記事タイトルだ…)


ざっと順位をまとめてしまいます。

<推せるジェンヌ>
1位  望海風斗
2位  礼真琴(同率)
2位  朝美絢(同率)
4位  柚香光
5位  明日海りお
6位  月城かなと
7位  水美舞斗
8位  華優希
9位  真風涼帆
10位 鳳月杏
11位 真彩希帆
12位 芹香斗亜
13位 暁千星
14位 永久輝せあ
15位 珠城りょう

<推せないジェンヌ>

1位  珠城りょう
2位  華優希
3位  礼真琴
4位  柚香光
5位  優波慧
6位  轟悠
7位  彩風咲奈(同率)
7位  美園さくら(同率)
9位  真風涼帆
10位 芹香斗亜
11位 潤花
12位 紅ゆずる(同率)
12位 舞空瞳(同率)
14位 朝美絢 
15位 望海風斗(同率)
15位 明日海りお(同率)

予想よりは、ファンの声そのまんまな結果になったような気がします。
もっと忖度がありそうな気がしていたんですけど。




私が「アンケートの中止なんて絶対ない」と思った理由

一部の方々が「アンケート中止! やったー!」と喜んでいる横で、私は「絶対に結果は出すと思うよ」と思っていました。

「アンケートが中止になった」と言っている人たちの根拠は、“中間発表のURLが削除されていたから”でした。

しかし、ネット上のメディアにおいては、URLが消えるのなんて普通のことです。
特にニュース系は、URLが数日で消えるのなんてザラにあります。

だから私は、URLが消えた=アンケート中止、とは思わなかったのです。

それで文春さんに「いつ発表ですか? 読者として気になります」と問い合わせたら、その返事でもするかのように、数日後に結果発表ページが公開されました。

まさか、結果発表を忘れていただけ……なんてことはないよね???

「推せない理由」までは読んではいけない

「推せる理由」「推せない理由」までしっかり書いてありますが、結構リアルな意見のようなので、読んでも読まなくてもいいと思います。
特に「推せない理由」。ろくでもないと思いますから。

でも、「推せない理由」のところに、あとから付け加えたようなフォローの文言があるのがモヤモヤ。
誰かが、裏で暗躍したんでしょうか。
闇が広がる…。


なんだか、色々と思うところのある結果ですね。
自分の贔屓への悪口大会であるとともに、他のジェンヌの過去の闇まで普通に書かれているので、ちょっとエグい。

あと、「〇〇さんより△△さんのほうが上手い」みたいなコメントもあるので、「そういう比較系のコメントは載せるんじゃない!」と思いました。
(誰のファンが“推せない”に投票したのかバレるじゃん!)


あんまり突っ込むと、各方面から色々言われそうなので、このへんでやめておきます。






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






礼真琴

こんにちは、カリーナです。

『宝塚GRAPH』1月号は、人気スターが勢ぞろい♡

各組のトップスターが様々なゲームに挑戦する「ヅカリンピック」「究極の選択クイズ」などの企画ページがとっても面白いんです!

ということで、今回は星組のページに注目して、星組ファンの皆様におすすめの見所をご紹介します♪

礼真琴さん、組子のみんなにメッチャ見られてる……(汗)

※本誌ネタバレあります。




まさかのピタリ賞!礼真琴の直観力

「ヅカリンピック」で、礼真琴さんが“リボンをぴったり20㎝にカットする”というゲームに挑戦!

ほかのトップスター達が苦戦する中、礼真琴さんはなんとピタリ賞!
手でおおよその長さを測り、ぴったり20cmを当てて見せました。

ちなみに、ほかのトップスター達で一番近かったのは、19.5cmと20.5cm。
全く当たっていない人は、まさかの27cm超えでした(^^;)

唯一20cmをピッタリ当てることができた礼真琴さん、スゴイですね~。

究極の二択クイズ!礼真琴の好きな飲み物がバレバレ?

「究極の二択クイズ」の、“好きなドリンクは?”という問い。
「ミルクティー」と「カフェオレ」の選択肢から、礼真琴さんは「ミルクティー」を選択しました。

この答えを当てようとする組子たちの推理が楽しい!

舞空瞳さんの推理。
ミルクティーじゃないかな?お稽古場の自販機で良く買っている姿をお見かけします。

瀬央ゆりあさんの推理。
わ~!どっちも化粧前に置いてあるから難しい!(中略)…でも自販機で自分で買っているのはミルクティーな気がする。
天華えまさんの推理。
お稽古場の自販機で、いつもミルクティーを買っていらっしゃいますよね!
引用元:宝塚GRAPH2020年1月号 p47

礼真琴さん、自販機でどんだけミルクティー買ってるんですか!!(笑)
組子たちにメッチャ見られてる~( *´艸`)

皆さん、コナン君がいらないくらいの名推理です。ていうかバレバレです。




舞空瞳はアフリカンダンスが得意!?

今月の『波乱爆笑!?我が人生』は、舞空瞳さんが登場!

子供のころに顔面を強打した話、アフリカンダンスやブレイクダンス(!)を習い始めた話、中学の専攻授業で声楽を選んで練習した話……。

「だからダンスがあんなに得意なのね!」と納得する内容でした。

あと、身長についても言及が。
ご両親の身長がかなり高いのかしら???

星組ファン必見のページがいっぱい♡

今月の宝塚GRAPHは、星組ファンなら絶対に楽しめる内容です。
まだ読んでいない人は、ぜひチェックしてみてください!


宝塚グラフ 2020年1月号(新品)

価格:750円
(2019/12/23 17:30時点)



↑宝塚アンで購入される方はコチラから。


宝塚 GRAPH (グラフ) 2020年 01月号 [雑誌]

価格:750円
(2019/12/17 00:11時点)


↑楽天ブックスだと送料無料です。





※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




瀬央ゆりあ

こんにちは、カリーナです。

2020年の星組の全国ツアーの演目は『エル・アルコン-鷹-』『Ray -星の光線-』に決定しました。

そういえば瀬央ゆりあさんは、まだ全国ツアーに行ったことがないそうですが、今度こそ全ツメンバーに入れるのでしょうか!?
来るなら観に行きたい!




2020年星組全ツの詳細

星組の全国ツアーの詳細はこんな感じ。

■主演・・・礼 真琴、舞空 瞳

◆全国ツアー:2020年6月12日(金)~7月1日(水)

グランステージ
『エル・アルコン-鷹-』
~青池保子原作「エル・アルコン-鷹-」「七つの海七つの空」より~
原作:青池 保子(秋田書店)
脚本・演出/齋藤 吉正

2007年、安蘭けいと遠野あすかを中心とした星組で上演された『エル・アルコン-鷹-』は、少女漫画界の重鎮・青池保子氏の代表作である二つの海洋活劇ロマン「エル・アルコン-鷹-」「七つの海七つの空」(秋田書店刊)をもとに構成された作品。イギリス海軍士官の名を捨て、スペインの無敵艦隊を率いて七つの海を制覇する夢を追うティリアン・パーシモンの野望に満ちた生き様を、彼に復讐を誓うイギリス海賊との対決やフランスの女海賊との愛憎を交えて描き上げた壮大な歴史ロマンです。寺嶋民哉氏によるドラマティックな名曲の数々が、ダーティーヒーローの活躍を鮮やかに彩るミュージカル作品の待望の再演に、どうぞご期待ください。

Show Stars
『Ray -星の光線-』
作・演出/中村 一徳

“光”、“光線”、“熱線”を意味する“Ray”。星組トップコンビ・礼真琴、舞空瞳を中心とした星組の“新しい時代への始まり”となるショー作品。舞台上で生き生きと歌い踊る星組生たちの“輝き”、そして“Ray”の言葉にまつわる“礼”、“麗”などをテーマにお届けする、華麗なるシンギング&ダンシング・ショー。更なる輝きを放つ全国ツアー版『Ray -星の光線-』をお楽しみください。


これまた古い少女漫画原作の……!
『はばたけ黄金の翼よ』もそうでしたが、今、昔の古い作品を上演しよう的な感じでやってるみたいですね。

日程は、2020年6月12日(金)~7月1日(水)
梅雨から夏にかけてですね。ちょっと大変そう。



瀬央ゆりあ、全国ツアー初参加なるか?

どこかで瀬央ゆりあさんが「実は全ツにまだ行ったこと無くて~」的なことを言ってて、「そうなんだ!」と驚いたんですけど、今度こそ全ツメンバーに入れてもらえるのでしょうか?

せおっちが来るなら是非とも観に行きたい……のですが、残念ながら私の住んでる地域には来てくれないみたい。

会場などの詳細はコチラ宝塚公式ページ

どの劇場を選んでも、ガッツリ遠征になってしまう(ノД`)・゜・。
どうしよう……

とりあえず、今後の情報をチェックしておきます。



※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




舞空瞳

こんにちは、カリーナです。

先日『ロックオペラモーツァルト』のナウオンを見たのですが、舞空瞳さんと礼真琴さんの距離が近すぎてびっくりしました。

舞空瞳さん、お慕い芸のしすぎで、違和感あります……。





お慕い芸
……それは娘役に必須なモノ。「あなたをお慕いしております感」を出したり、男役が引き立つようにしたり。男役のほうがより身長が高いように見せるワザの数々を見ていると、「娘役ってすごい」と思います。

で、最近、舞空瞳さんのお慕い芸がすごいのです。

一番気になったのは、礼真琴さんとの距離感。「普通、こんなに近距離で話す?」と、首を傾げちゃいます。

ほかのナウオンでも、トップ娘役さんの言動を色々見ていますけど、ここまでトップスターに顔を近づけているトップ娘役は、ちょっと記憶にありません。

まぁ、仲が悪い感じよりは、距離感が近い方がまだマシ……なのかもしれませんが。でも、ある程度の距離感って必要ですね。あまりベタベタされると、落ち着いて見ていられませんから。


最近、距離感のことばかり気にしているような……。スミマセン。


トップスターとトップ娘役の距離感、大事。



※コメント欄は承認制です。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。当ブログも参加中です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村




眩耀の谷

こんにちは、カリーナです。

星組公演 『眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~』『Ray-星の光線-』のポスター画像が公開されましたね。

私がこれを見た時の感想は、「これ誰?」でした。





『眩耀の谷~舞い降りた新星~』ポスター画像を見た感想

ポスター画像はこちら→宝塚公式HP


いや、めっちゃ綺麗なポスターですけど……これ誰???

舞空瞳さんはすぐに分かりましたけど、礼真琴さんの顔が修正されすぎで、3度見しました。
超美形にされているだけまだマシですが、ちょっと修正しすぎでは? 人形みたいになってる。

礼真琴さんは、もうちょい丸顔ですよね。最近少し痩せられたように感じますが、こういう顔では無かったな。


【11/2追記】
Twitterで「ポスター画像が本当に修正されているかどうか」を検証された方がいたようで、そのツイートを私に教えてくださった方がいました。そのツイート主さんによれば、検証結果は「修正していない」でした。
拝見したところ、輪郭はあまり修正していないように見えましたが、私には顔のパーツを修正しているように見えました。
そもそも修正皆無のポスターはありませんし、見る人によって感想は違うと思います。
輪郭が細く見えるのは、礼真琴さん本人が痩せてしまったからだと思います。

宝塚歌劇団はポスターの修正をしすぎている!

先日から言っていますけど、宝塚はポスター画像を修正しすぎなんですよね。『DANCE OLYMPIA』の華優希さんの顔も、別人すぎてやばいと思いました。あんなにアダルティな顔立ちじゃないでしょ……。

最近一番嫌だったのは、『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』の華優希さんの顔の修正です。私は、はなちゃんの素顔のままでいいんじゃないかと思うんですが、歌劇団側はそう思ってないってことなんでしょうか。

でもさすがに、爬虫類顔に修正することないじゃんって思いました。元の顔の方がずっと可愛いのに……。ダメな方向に修正してどうするんでしょう。




ポスターの修正は程々に

今回の礼真琴さんの修正は、美しく修正されてるのでまだいいですよ。ポスターとしては綺麗に仕上がってますもの。

でも、「これ誰?」ってなるほどいじっている感じが個人的にはしますので、もうちょいナチュラルな修正にしてほしいなとは思います。ファンの人は、いつも通りのジェンヌの顔が好きなのであって、無理に加工したジェンヌの顔なんて求めていないんですから。



余談ですけど、『Ray-星の光線-』というショーの名前で連想するのが、どうしても柚香光さんなので、礼真琴さんには別の名前のショーにしてあげればよかったのにと思います。せめて「REI」にすれば、光線感は薄まる


別に礼真琴さんや星組にケチつけてるわけじゃないんです。劇団のほうに不満があるんです。
ご了承くださいませ。




↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


このページのトップヘ