Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:華優希

ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

今日は、花組『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)の千秋楽!

ケガの心配、体力の心配、喉の心配……。
心配だらけの公演でしたが、無事にこの日を迎えられたのはとても嬉しいです。

とりあえず出演者の皆様には、早急に休息をとってもらいたい…。
そして、本日付で退団となる千幸あきさん、今までお疲れ様でした!


先日ライビュも観てきたことですし、最後に感想をまとめておこうと思います。





『DANCE OLYMPIA』は、生の舞台&ライビュと、個人的にはなかなかアクティブに頑張って観に行けました。

普段は基本的に生の舞台かライビュのどちらか片方に行くんですが、今回は柚香光さんのプレお披露目だし、喉の心配がありましたからね…。
今回は、ライビュもわざわざ観に行って正解でした


『DANCE OLYMPIA』は、ダンサーだらけのため、「誰か一人だけが突出して目立つ!」というのが難しい舞台ではありました。
でも、それぞれ個性がありますので、誰も埋もれることがなかったのはよかったと思います。


◆柚香光さん
フラメンコで命を削っていました。ダンスは普段通りステキ。
でも私が一番好きなのはタンゴのデュエダンだから、そろそろがっつりタンゴが見たい。
喉がまだちょっと心配。
トップスターの貫禄が出てくるのは、これから!

◆華優希さん
頑張っていたけど、全体的に実力不足。
Twitterやブログのコメ欄では「せめて、もうちょい痩せて」という意見が散見されました。
ライビュで見た時は、リフトが少しマシになっていたような?

◆水美舞斗さん
ずっと踊ってる&歌ってる印象でした(特に第1幕)。
女装の筋肉が忘れられない。

◆永久輝せあさん
ダンスはとても上手くて完成されていて、私の好みの踊り方だと思いました。
手足が長くて、身長が高く見えました。
サロメが最高だった!
お芝居の中で、花組の空気に馴染むのは、まだまだこれから。

◆聖乃あすかさん
意外と踊れる!!(失礼)
これからの“ダンスの花組”で、活躍してくれそうです。
ひとこ&ほのかコンビで売り出されそうな感じがしました。

◆春妃うららさん
メインヒロインとかではなかったけど言わせて…!
オペラで追ってたら、ずーっと視線が合ってたような気がしました!!(おそらく気のせい)
くるくるリフトも綺麗でした♡



あと、今日は偶然にも「カレーの日」だそうです。


ゆずカレー食べてお祝いした方がいい?




↑噂には聞いていたけど、実在するゆずカレー。


とにかく皆さん、本当にお疲れ様でした!



次は『はいからさんが通る』だ
配役もうちょいで出ますよね、楽しみです。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






珠城りょう

こんにちは、カリーナです。

文春アンケートの最終的な結果発表が、「文春オンライン」に出ました!

一部のファンたちの間では「中止になったのでは?」と言われていたようですが、私は「中止だなんて、そーんなまさか!」と思って、わざわざ先日、文春オンラインに「いつ発表するの?」と問い合わせしていました。

そうしたらとうとう、最終結果の発表がきましたね。
結果を見てみましょう。



文春アンケート最終結果発表

文春アンケートの最終的な結果は、以下のページから見れます。




(すごい記事タイトルだ…)


ざっと順位をまとめてしまいます。

<推せるジェンヌ>
1位  望海風斗
2位  礼真琴(同率)
2位  朝美絢(同率)
4位  柚香光
5位  明日海りお
6位  月城かなと
7位  水美舞斗
8位  華優希
9位  真風涼帆
10位 鳳月杏
11位 真彩希帆
12位 芹香斗亜
13位 暁千星
14位 永久輝せあ
15位 珠城りょう

<推せないジェンヌ>

1位  珠城りょう
2位  華優希
3位  礼真琴
4位  柚香光
5位  優波慧
6位  轟悠
7位  彩風咲奈(同率)
7位  美園さくら(同率)
9位  真風涼帆
10位 芹香斗亜
11位 潤花
12位 紅ゆずる(同率)
12位 舞空瞳(同率)
14位 朝美絢 
15位 望海風斗(同率)
15位 明日海りお(同率)

予想よりは、ファンの声そのまんまな結果になったような気がします。
もっと忖度がありそうな気がしていたんですけど。




私が「アンケートの中止なんて絶対ない」と思った理由

一部の方々が「アンケート中止! やったー!」と喜んでいる横で、私は「絶対に結果は出すと思うよ」と思っていました。

「アンケートが中止になった」と言っている人たちの根拠は、“中間発表のURLが削除されていたから”でした。

しかし、ネット上のメディアにおいては、URLが消えるのなんて普通のことです。
特にニュース系は、URLが数日で消えるのなんてザラにあります。

だから私は、URLが消えた=アンケート中止、とは思わなかったのです。

それで文春さんに「いつ発表ですか? 読者として気になります」と問い合わせたら、その返事でもするかのように、数日後に結果発表ページが公開されました。

まさか、結果発表を忘れていただけ……なんてことはないよね???

「推せない理由」までは読んではいけない

「推せる理由」「推せない理由」までしっかり書いてありますが、結構リアルな意見のようなので、読んでも読まなくてもいいと思います。
特に「推せない理由」。ろくでもないと思いますから。

でも、「推せない理由」のところに、あとから付け加えたようなフォローの文言があるのがモヤモヤ。
誰かが、裏で暗躍したんでしょうか。
闇が広がる…。


なんだか、色々と思うところのある結果ですね。
自分の贔屓への悪口大会であるとともに、他のジェンヌの過去の闇まで普通に書かれているので、ちょっとエグい。

あと、「〇〇さんより△△さんのほうが上手い」みたいなコメントもあるので、「そういう比較系のコメントは載せるんじゃない!」と思いました。
(誰のファンが“推せない”に投票したのかバレるじゃん!)


あんまり突っ込むと、各方面から色々言われそうなので、このへんでやめておきます。






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






華優希

こんにちは、カリーナです。

柚香光さんの「はじまりの時」が放送されましたね。
そのため、今の私のTLは、「れい華が仲良しで嬉しい♡」「れいちゃんは本当にはなちゃんが大好きなんだね♡」という内容のハッピーな呟きであふれています。

でも私は、最近の柚香光&華優希コンビを見ていると、なんとなく冷めてしまうところがあります。

・そもそも、仲が悪そうに振る舞うわけがない
・それにしたってベタベタしすぎ(コンビ仲アピールしすぎ)
・ビジネスな面が大きいのでは…

こんな風に思えてしまって。
私が冷めた目で見過ぎなのでしょうか?

『DANCE OLYMPIA』での華優希さんを見ていると、技術不足が相当目立ったので、「本当に“れい華”コンビでよかったのか?」と思い始めてしまいました…。



れい華コンビが好きな人が一定数いるのは分かるし、れい華が好きな人を否定する気は微塵もありません。
トップコンビ萌えは昔からありますからね。


でも、何ていうんでしょうか…
最近の柚香光さんは、コンビ仲アピールをしすぎな気がするんです。


舞台上で、柚香光さんが娘役を見つめる時のあの甘やかな視線は、観客をうっとりさせる力を持っています。
舞台上でなら、どれだけ顔を近づけたっていいし、どれだけ熱っぽく娘役を見つめたっていいと思います。


でも、舞台を降りたら、“ほどほどの距離感”は保ってほしいんです。
普段からベタベタのイチャイチャ…だと、ちょっと個人的には引いてしまう。


コンビ売りのためには、過剰にベタベタしたほうが分かりやすいのかもしれません。
れい華の熱狂的なファンの方の心には、グサッと刺さるものがあるのかもしれません。

でも、花組のファンすべてが「れい華好き」というわけではない!




↑この記事を書いた時点では、私は“れい華推進派”でした。
あと、このお正月番組の時点では、まだ“わかる範囲内”だったんです。

でも、ことあるごとに柚香光さんが「こんなに仲が良いんです」アピールをするものだから、ちょっと胸やけしてしまったというか。。。


劇団側から「トップコンビのラブラブっぷりを見せつけとけ!」とか言われてるんでしょうか?
それならお仕事だなぁ…(夢のないことを言う)
宝塚は夢を売るところだから、ある意味間違いではないのかもしれないけど…。
仲の悪いトップコンビじゃ、夢見れませんし。


でも、適切な距離感って大事ですよね。
(距離感の話、前から何回もしてますけど、本当に距離感は大事です…)



先日、『DANCE OLYMPIA』の件で華優希さんに厳しい評価をしましたけど、そのあたりから、私の中でれい華コンビに対する疑問が出てきたのかもしれません。

「本当にこのコンビで良かったのかな?」って。
ビジュアルはお似合いだし、華優希さんのヒロイン感はいいんですが、どうしても華優希さんは実力が足りなくて…。

前からネット上では「トップ娘役としては実力不足だ」というのは散々言われていたことですが、『DANCE OLYMPIA』では、華優希さんの実力不足が浮き彫りになってしまったと感じています。




↑この記事のコメント欄もご覧ください。



このまま“れい華”で売り込むつもりなんでしょうか。
でも限度があると思うので、「ラブラブアピールはほどほどにしてほしい」というのが正直なところです。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

柚香光プレお披露目『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)感想⑤です。

柚香光さんの歌声がヤバかったことがとてもショックで、肝心のダンスについてほとんど語っていませんでした。
柚香光さんプレお披露目のダンスコンサートなのに…。
感想書くの遅すぎですね、すみません。

でもあれから数日が経過し、歌声がなんとかなったと聞いてホッとしたので、記憶を掘り起こして感想を書いてみようと思います。


フラメンコは、驚くほどすばらしい出来でした。
また、“裸足でデュエダン”の夢を水美舞斗さんと叶えた(?)のも見所だと思います!




第1幕はストリート系のダンス中心

monument-2011140_640

柚香光さんといえば、ストリート系のダンスが得意ですよね。
体が柔らかいので、ストリート系特有の動きが似合うと思います。
(私はストリート系のダンスに詳しくないから、あんまり細かく批評はできないけど)

そのせいか、第1幕はストリート系のダンスがメインとなっています。

オープニングでは、剣と盾を持って踊ります。
ただここは、両手に重たそうなモノを持っていたので、あまりダンスの良さがわからなかったかな…。
意外とマイティーがすぐに死んでしまって、あっという間にタイムスリップするものだから、ダンスに集中できませんでした。

ギリシャのシーンも、マンハッタンでのシーンも、衣装が似合っていないように感じました。
せっかくの柚香光さんの手足が、あまり映えないというか。
そんな風に思ったのは私だけかもしれませんけど。


第1幕はほとんど台詞がないのですが、“ダンスだけでも感情を伝えることってできるんだな”と思いました。
アキレウスが今何を考えているのか、言葉がなくてもよく分かるんです。
これは、表現力がないとできないことですよね!

5つの和太鼓を叩きまくる!

第2幕の最初は、和太鼓です。
「ジェンヌが叩く和太鼓ってどんな感じなんだろう?」と思ったのですが、かなり迫力がありました。

柚香光さんは、5つの太鼓(おそらく3種類)を叩いていました。背後にとても大きな和太鼓があり、それも叩いていましたよ。
ほかの組子たちも、それぞれ違う太鼓を使っています。
和太鼓なんて専門外に違いないのに、立派に音楽になっていました。

圧巻のパフォーマンスで、和太鼓の魅力が少しだけわかったような気がしました。


何かの記事で、柚香光さんが「和太鼓で手がマメだらけ」と言っていたのですが…。
あれだけ太鼓を叩きまくるのだから、そりゃあそうだろうなと思いました。
ダンオリ組の組子さんたち、みんな手がマメだらけなのかもしれませんね。

和太鼓の振動が結構すごいので、これは実際に劇場で観ないと、感動が半減するような気がします。


ハッピの模様は、何でしょうか?
Twitterで「ユリ」とか「ハイビスカス」とか色んな意見を見かけましたが、私は花の種類にあまり詳しくないので、何の模様なのか分かりませんでした。

「Flower Cage」というブログタイトルをつけているのに、花に詳しくないとか…




柚香光が全身全霊で挑むフラメンコ!

柚香光さんが登場するダンスのシーンで一番素晴らしかったのは、やはりフラメンコでしょう!

振付を担当された佐藤浩希先生が所属する「アルテイソレラ」のブログに、こんなことが書かれていました。
男性舞踊手の美しさ、厳しさを踊る大曲であり、難曲を、専門家の私でさえ踊るのが大変な振付そのままに付けさせてもらいましたが、見事に踊り切ってくれました。

男性用の振り付けそのまんまなんですね!
ちなみに、柚香光さんがソロで踊っているところの振り付けは「ファルーカ」というそうです。


たぶんファルーカではないけど、「男性のフラメンコってこういうやつ!」という参考動画



・かかとの音がすごく大きい
・足の動きが早すぎてヤバイ

こんな感じでね、柚香光さんが踊っていたんですよ…ホントですよ…。
まるで、かかとの音が歌のように聞こえてきませんか?

おそらく靴のヒール付近にマイク?のようなのがついてて、靴が鳴る音を拾っていたと思います。
最初はパーカッションによるSEみたいなものかなと思っていたんですが、柚香光さんが何度かかかとをひきずる部分で、しっかりその音も入っていましたから。

あれだけ力強く地面を踏みつける感じなので、足への負担がすごそうです。
水美舞斗さんと争うように踊るシーンもありますが、あそこも2人とも足の動きが凄くて。。。

フラメンコのシーンは組子総出で踊るので、も~本当にスゴイ!!
最後に柚香光さんが指揮者のように動いて、それに合わせて組子が踊る!

素晴らしいフラメンコ、ぜひ生で見て頂きたいです。



“裸足でデュエダン”の夢を、同期・水美舞斗と叶える♡

bride-727004_640

柚香光さんは以前から、「デュエダン大好き」「裸足で踊りたい」と、踊りについての希望をあちこちで語っていました。

そして今回、その要望が通ったのか、裸足で踊るシーンがしっかりありました。
ここが多分カポエイラ(稲葉先生の言うカンドンブレの踊り)だと思うんですけど。カポエイラとカンドンブレは別物なんだけど、歴史が似ているそうです。詳しくはググってください。

超重装備(笑)な柚香光さんが立っていて、そこに黄色い衣装の華優希さんがやってきて踊ります。
しかしそこに、赤い衣装の水美舞斗さん(女装)が登場!

水美舞斗さんの振付がかなり激しいので、ドレスの丈が長くても、裸足なのがすぐに分かりました。
「あっ、裸足でデュエダンだわ。相手、同期の男役(女装)だけど!!

なんということでしょう。
柚香光さん念願の“裸足でデュエダン”のお相手は、水美舞斗さんだったのですね!
さすが「腐れ縁」(by柚香光)。


あ、華優希さんのことを忘れているわけではありません。
長い丈のドレスだったので足元があまり見えませんでしたが、華優希さんも裸足だったと思います。
でも、目立ち度的にいくと、どう見ても「柚香光&水美舞斗のデュエダン」でした。

れいまい民、ここで無事死亡。

「ダンスの花組」を見せつけた『DANCE OLYMPIA』

『DANCE OLYMPIA』は、“タカラジェンヌの限界に挑戦した”と言っても過言ではないほど、踊りまくる舞台でした。
通常のショーでは、ここまでやりません。
「ダンスの花組」というものを強烈に印象付けるためのダンスコンサートだったと思います。

柚香光さんだけでなく、他の組子たちもずっと踊りっぱなしです。
下級生メインで踊るシーンも、皆さん頑張っていました。
その勢いに圧倒されて、ショーの時間は“体感5分”。

体力的にかなり厳しいと思いますが、千秋楽まで、怪我のないようにしてほしいです。




↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






ダンスオリンピア

こんにちは、カリーナです。

柚香光プレお披露目『DANCE OLYMPIA』(ダンスオリンピア)の感想④です。

華優希さんは、新鮮な役作りで、第1幕はなかなか素敵だったと思います。

でも全体で見れば、「あんまり踊れない」「歌声が弱すぎる」ということで、“ダンスの花組”には全くふさわしくないトップ娘役だなぁ…という印象しか残りませんでした。

頑張っているのは伝わってきましたし、音程がふらつく(音痴)のは若干改善されたように思いますが、まだまだ成長する必要があるな、というのが正直な感想です。



お姉さん系の役作りで魅せた華優希

antiquity-782428_640


第一幕では、ブリーセーイスという役で登場します…が、ブリーセーイスとしての登場はかなり短いです。
メインは、タイムスリップ先のマンハッタンにいる女性・ブリーゼ役です。

ブリーゼはそこまで目立つ役ではなく、台詞も少ないのですが、ちょっとお姉さんぽい感じで、新鮮でした。
今までに華優希さんが演じたどの役とも違って、「こんな演技も出来るんだ!」と思いました。
外見はいつもの“可愛いはなちゃん”でしたので、演技と見た目のギャップはすごかったのですが。。。

外見を変えるのはなかなか難しいかもしれませんが、中身は変幻自在!
はなちゃんはやっぱりお芝居の人ですね。

リフトは重たそうだけど頑張っていた!

デュエダンでは、柚香光さんが華優希さんをグルグルと豪快に回します。

ここを見た時の率直な感想は「重たそう…」でした。
華優希さんの体重がどうのこうのという意味ではなく、軽やかさがない、とでも言えばいいのでしょうか。

私はリフトにそこまで詳しくないので、何がどうしてああなったのかは分かりません。
もし相手がバリバリなダンサータイプなら、もう少し美しい場面になっていたのかもしれません。

ただ、華優希さんはもうちょっとダンスを控えめにすると思っていたので、大変なリフトに挑戦したのは好感が持てました。
あんまりにも何もしないと、アンチさんにまた叩かれてしまうし(そこが一番心配!)

華優希さんにダンススキルはそこまで求めないので、せめて“頑張って踊ってほしい”んです。
少なくとも、華優希さんは頑張っていたと思います。

というか、柚香光さんは以前から「デュエダン好き」「リフトしたい」と言っていましたから、その強い要望に応えた、という感じでしょうか。



華優希の歌だけがヘロヘロで気になる

b930922c08535e97cba899ac9c7fe6be_s


華優希さんはもともと歌が苦手ですが、『DANCE OLYMPIA』でもあまり上達している感じはしませんでした。

一番気になるのは、声量の無さ。
そこまで音痴というわけではなく、ここは少し成長したのかもしれませんが、声がとにかく小さくて、悪い意味で目立っていました。

たまに「あれっ?」と思うような不安定な歌声が響いてきて、オペラグラスで観てみると、歌っているのはいつも華優希さん……。
ほかの娘役さんたちの歌は、全く気にならなかったんですけど。

華優希がはけた後に花娘が爆踊り?

すごく気になったのが、華優希さんがいなくなった途端に、ほかの娘役たちが爆踊りを始める…というところです。
何回もそういうシーンがあったので、かなり気になりました。

華優希さんも頑張って踊っていましたけど、他の娘役さん達のほうが踊れる…ということなんでしょうか。
だからこんな構成になっちゃったの?
教えて、稲葉先生!


まぁ、川の神オシュン(イエローのドレス)の場面の踊りも、あまり上手には見えなかったので、華優希さんの限界を見た気がしました。
対になって踊っているのが水美舞斗さん(女装)だったというのを差し引いても、あまり上手には見えませんでしたので。

せめて歌ぐらいは頑張ってほしい!

「トップ娘役は、“頑張った”だけではダメなんだよ」という声が聞こえてきそうです。
確かにその通りです。
頑張るだけでトップ娘役が務まるなら、どんな娘役だって今頃全員トップになっています。

でも、柚香光さんが希望したであろう激しいリフトに、頑張ってついていこうとしているのは伝わってきました。
公演期間の後半になれば、もう少し軽やかなリフトを見せてくれるのではないでしょうか?


華優希さんがダンスショーに向いていないのは最初からわかっていることです。
「ならば、せめて歌を…」と願うのは、いきすぎた要望ではありませんよね。

役作りはよかったと思うので、あとはもう少し、歌を改善していってほしいです。





↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






このページのトップヘ