Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:華優希

CASANOVA新人公演

こんにちは、カリーナです。

7月6日に、花組新人公演『CASANOVA』がスカステで放送されました。
主演は帆純まひろさん。

メモ程度に、感想を書き残しておきます。
キャスト別。



主演・カサノヴァ(帆純まひろ)

ビジュアル100点満点の、超美しいカサノヴァでした。

本役の明日海りおさんは当然美しかったけど、こちらはまた違った魅力があり、「これはモテ男だわ」という感じ。
やはりカサノヴァは、女性に愛される容姿でないといけないと思います!
説得力ありまくりのほってぃカサノヴァ~

しかし、本役が明日海りおさんというのもあり、歌唱力の違いが丸分かり…。
もともと私は、帆純まひろさんの声が苦手なんです。
どちらかというと悪声ですよね。

声はどうしようもない&好みがあるにしても、歌唱力は今後伸びるかも!?
あのビジュアルは何者にも代えがたいので、歌は頑張ってほしいです…!
あと、もうちょい声量が欲しい。

ベアトリーチェ(華優希)

本役の仙名彩世さんを見るたびに、「修道院から出たばかりという設定は無理がある」と思っていました。
なのでビジュアルだけなら、華優希さんのほうが雰囲気は似合っていたかな。

華優希さん、お芝居はそこまで嫌いじゃないんですが、キンキン声になるのがいつも気になります。
劇場で聞いてもキンキンするし、映像でもキンキン。

そして、マイクの音量が相当上げられているのか、雑音がとても気になりました。
マイクからガサゴソと音がするんです。

音程が低い所は、なんとか歌声が聞き取れました。
でも、歌で高音になると、歌声が消える…。
音くり寿さんと歌っている時は、華優希さんの歌が聞こえないから、全くハモれていませんでした。
マイクは最大音量くらいだと思うんですが、、、




コンデュルメル(聖乃あすか)

こちらもまた美人なコンデュルメル。
真ん中付近の男役、びっくりするほど顔面偏差値高い!
でも、超絶小顔な柚香光さんのコンデュルメルを見慣れているので、頭身バランスが微妙かなと思ってしまいました…。
まぁ、顔が美人だからいいんですけど。(顔は大事よ)

聖乃あすかさんは舞台化粧がいつも微妙なんですけど、コンデュルメルの時は結構化粧が綺麗でしたね。
本公演とどこが違ったのだろう?

聖乃あすかさんも声に難ありですが、本役の柚香光さんよりは、まだセリフが聞き取りやすい気がしました。

歌は…柚香光さんよりは若干マシ?
もうちょっと長い歌が聴きたかったんだけど、短くカットされてしまっていて残念。

コンデュルメル夫人(舞空瞳)

本役とのイメージが一番かけ離れていたのは、コンデュルメル夫人かもしれません。
鳳月杏さんは男役が演じる女役で、舞空瞳さんはそのまま娘役だし。

男役&経験豊富な鳳月杏さんと比較するのは酷ですが、ご夫人感は全く出ていませんでした。
でもそれって、当然ですよね。
舞空瞳さんはまだ下級生で、経験値が全く違いますから…。
でも、下級生なりにすごく頑張っているのは伝わってきました!

歌唱力は、真ん中付近の役の中では一番マシ…?
(超歌ウマの音くり寿さんを除く)

ビジュアルはとにかく凄かった新人公演

新人公演の『CASANOVA』の見所は、兎にも角にもキラキラのビジュアルです
歌がどうだろうが、芝居がどうだろうが、とにかく容姿が良すぎて、目くらましを食らってしまいました。(褒めてる)

1回目は「ほってぃ美人だな」「ほのか美人だな」「はなちゃん似合ってるな」という感想が大半を占めてしまったので、時間がある時にまた観てみようと思います。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





FA249D94-40E1-449A-94F7-8CB2D916F5EB


はいからさんエトワール

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』プログラム<Rêve Édition>、今朝届きました!
昨日注文したばかりなのに、超早い!!

写真や原作イラストのページがとても多くて、分厚いプログラムです。
ポーの一族と同じくらいのページ数かな?
新生花組はビジュアル派とよく言われるけれど、プログラムまでビジュアル派。

スチールは予想よりも素敵だったし、柚香光さんのソロ曲の曲名も判明したし、エトワールや、役の出番の多さも分かります。
※あくまで演出変更前の情報ですが。


というわけで、超ザックリですが、プログラムの中身をご紹介します。
ネタバレが嫌な方は回れ右。



スター達の序列・番手も!スチール写真が素敵♡

深い考察は置いといて、とりあえずスターの写真はこんな感じでしたよという情報。
スチールだけでなく、他にも写真めっちゃ載ってる。

柚香光→スチールだけでなく他のショットも多めで、写真多いってレベルじゃない。
JOSEPHの広告も載ってるので、プログラムというよりは柚香光写真集状態です。

華優希→お花、日傘、竹刀とアイテム豊富。
柚香光さんが漕ぐ自転車のうしろに座っているショットも!
もちろん、本人が自転車を漕いでいる写真もあります。

瀬戸かずや→宝塚GRAPHによれば、カツラの前髪の調整を相当頑張ったそうで。
あのカツラはこれ以上どうしようもないのかな。
私はそこまで不満なわけではないけど、私の周りでは「事故ってる」と不評です。
「冗談はよしこさーん!」のショットもあります!

水美舞斗→前回のお衣装に、赤いサッシュ的なものが追加されています。
この写真サイズでこの順番だと、明確に三番目ってことでいい?


お遊びショットがあるのは、ここまでの4人です。

******

その他のキャスト。主要キャラ以外は端折ってますが、順番は掲載順です。

華雅りりか→みんなが待ってた♡美麗なラリサさん!
カツラは前回とちょっと違うみたいだけど、ほぼ同じ感じ。

永久輝せあ→可もなく不可もなくの高屋敷要。
原作&初演よりは、かなり綺麗めなビジュアルに。(初演が悪いわけじゃないよ)
稽古場の写真みたら、当然ながら雪組エッセンス強めだと感じました。
和風の衣装がしっくりくるからかな~。

朝月希和→雪組エッセンス満載の吉次さん。
似合いすぎてて凄い。

優波慧さん→原作の印念中佐のワルさがそのまま出てます。
衣装が若干違う気がするけど、これ初演でも着てたっけ?

音くり寿→華族のお嬢様・北小路環は、あまり似合わないと思っていました。
でもビジュアル面は結構寄せてきてて、思ったより違和感はありません。

飛龍つかさ→笑顔がかわいい牛五郎♡
舞台上ではどんな牛五郎になるのか、全く想像がつきません!
(天真みちるさんの牛五郎がキャラ濃すぎだったので)

聖乃あすか→初演とカツラが違う?藤枝蘭丸。
初演のほうが綺麗だったような気がします。


路線でスチール入りしているのは、その他だと帆純まひろさん。
新人公演で主演の一之瀬航季さんは、スチール入りしてません。

娘役は、雛リリカさんが初スチール入りかな?




柚香光のソロ曲は「僕のはいからさん」!

初演は、柚香光さんのソロ曲がなかったのですが、今回はあります!

曲名は「僕のはいからさん」
ストレートな感じでいいですね♡
素敵な歌詞も載ってますよ。

はたして銀橋が使えるのかどうか、気になるのはそこだ。

エトワールは音くり寿

エトワールは、音くり寿さんです。

私は確か半年くらい前、朝月希和さんあたりかなと予想していたと思うんですが、違いました。

音くり寿さんは、劇中でメインの歌があって、そこで歌が聴けるじゃないですか。
でも、朝月希和さんは(少なくとも初演では)歌がないんですよ。

ひらめちゃんのエトワールも聴いてみたかったなぁ。




永久輝せあ(高屋敷要)の出番は増えていない?

語り部的なポジションになると聞いていた、永久輝せあさん演じる高屋敷要。

しかしプログラムを見る限りでは、高屋敷要の出番、増えてません。

先日、はいからさん初演を全編観たばかりなのでよく覚えていますけど、初演と同じ場面にしか出ていないような…。

語り部というから、もっと各場面に頻繁に出てくると思ったんですが。
ただの語り部でも、出番があるなら名前が載りますよね?
でも、私が見る限りでは、永久輝せあさんの出番が多いようには見えません。

VISAガールだし、初演よりは出番が増えると小柳先生が明言しているから、同じシーンの台詞が増えるとかかもしれない。


どうなるのか楽しみです

プログラムを見て、「これってどういうこと?」という部分があったり、「こんなのが追加になってる」と気づいたり。
初演とメンバーが違うということもあり、どんな舞台になるのか楽しみになってきました。

プログラムに載っている広告によると、6月に『はいからさんが通る』の円盤が出る予定だったようです。そっか…


少なくともスカステの生中継と本編ライブ配信は観る予定なので、楽しみにしています。
あとはチケットが手に入るかどうかだ。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ





336×280


Rêve Édition

こんにちは、カリーナです。

公演が延期になっていた、花組「はいからさんが通る」。
プログラムやポストカードは、記載されている日付が延期前のものだったため、そのままお蔵入りになるものと思われていました。

しかし、記載内容やデザインを変更する以前の商品も、「Rêve Édition」というシリーズ名(?)で復活!
今日から、プログラムとポストカードが発売されます♡
期間限定発売です。

あと、毎年恒例のレビュー本も、昨日から予約開始になってます。
ついでに予約しておくといいでしょう。



「Rêve Édition」とは?

「Rêve Édition」についての説明はコチラ。
◎Rêve Éditionとは…
公演関連商品の販売再開にあたり、記載内容やデザインを変更する以前の商品を指します。

キャトルレーヴの由来でもある「Rêve」とは、フランス語で「夢」を意味します。
当初予定していた公演は残念ながら一旦休止となりましたが、これまでの間、公演の再開を信じて下さったお客様に喜んでいただくという私たちの夢、想いを込めて作った商品を通じて、少しでもお客様に夢の世界をお届けできればと願い「Rêve Édition」として、公演に先駆けて販売を行います。


おそらく、「Rêve Édition」として販売されないのであれば、そのまま廃棄されるだけです。
しかし、かえってプレミア感があるので、これは売って大正解!
私は買います。


「Rêve Édition」の販売期間は7月1日10:00 ~ 7月16日16:00

「Rêve Édition」のプログラムとポストカードは、本日7月1日から7月16日までの期間限定発売です。
在庫が無くなり次第終了となりますので、ファンの方は早めにゲットしておいてください。


販売される商品
・花組宝塚大劇場公演プログラム『はいからさんが通る』 1,000円 
・花組公演『はいからさんが通る』ポスター柄ポストカード  170円


一部の配役などが変わっているそうなので、比較するのも楽しそうです。

「Rêve Édition」の品切れにはご注意を

「Rêve Édition」の商品の在庫がどれだけあるのか分かりませんが、早めに売り切れてしまうと思います。
欲しい方は、早めにキャトルレーヴオンラインへGO!

でも何となく、お客さんが殺到して、サーバーがパンク→エラー祭りになりそうなんですよね。
今から、買えるかどうか不安になってます。
どうか買えますようにっ!!

※追記※
無事に買えました。
完売(在庫なし)→在庫復活を繰り返してる?
在庫なし表示になってても、数時間おきに見に行けば、買えるかもしれません。




詳しくは、公式ページもご覧ください。↓








あと、2020年のレビュー本も予約できます。
私はもう予約しました!
8月発売ですよ。





↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


336×280

FA249D94-40E1-449A-94F7-8CB2D916F5EB




はいからさんライビュ

こんにちは、カリーナです。

花組公演「はいからさんが通る」初日に、スカステで特番の放送が決定!
なんと、フィナーレからカーテンコールまでを生中継してくれるそうです!!

また、「タカラヅカ・オン・デマンド」にて、全編ライブ配信も行われます!

9月5日の千秋楽は、全国各地の映画館でライビュもあります♡
めっちゃ情報過多。。。


柚香光さんの大劇場お披露目、めちゃくちゃ待たされましたもの。
初日生中継&全編ライブ中継&ライビュと超盛り沢山で、めっちゃ好待遇ですね

これは観るっきゃない!!




スカステ公式からの嬉しい爆弾。
初日の生放送が決定です



それだけでなく、「Rakuten TV」および「U-NEXT」にて、全編ライブ配信も行われます!


7月18日(土)13:00公演→「Rakuten TV」のみ
9月5日(土)13:00公演 千秋楽→「Rakuten TV」および「U-NEXT」




あと忘れてはならないのがライビュ。
映画館はまだ無理だと思ってたので、まさかの決定に嬉しいやら悲しいやら…(財布的な意味で)


生中継&全編ライブ&ライビュ
なにこれ…手厚すぎるでしょ…。


でも、生放送やライビュなんてしてくれるなんて思ってなかったから、すごく嬉しい~
全編ライブなんて想像もしてなかった。
ありがとう×1000


他の詳しいことは、公式のお知らせを見てください。



スカステ未加入の人は、コレ目当てで入ってもお釣りがくるレベルですよ。
この機会に検討されてもいいかもしれませんね。



グッズのニュースも出ました。
ファンの財布が空っぽになるな。



↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







はいからさんプログラム

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』は、日程が大きく変更になったため、プログラムやポストカード等を作り直すそうです。
急いで新デザインにしないといけないので、大変ですね…。

しかし!
日付が変更されていない、本来販売するはずだったバージョンも、キャトルレーヴオンラインで販売してくれるんですって!

こんなの、買うしかないじゃん。




公式のお知らせはコチラから。




 上記に記載の商品につきましては、公演の再開と同時にお客様へ商品をお届けできるよう準備を進めておりますが、このたびの販売にあたり、プログラムとポスター柄ポストカードについてはキャトルレーヴオンライン及びTCA PRESS(3月号)誌面でご案内済の商品の記載内容やデザイン等を一部変更した上で新たに制作し、販売いたします。記載内容の変更部分、新しいデザインについては、詳細が確定次第キャトルレーヴオンライン等でご案内させていただきます。

 尚、記載内容、デザインを変更する以前のプログラム、ポスター柄ポストカードにつきましては商品の発売を心待ちにしておられたお客様のお声を多く頂戴しておりますことから、キャトルレーヴオンラインにおいて期間限定にて販売をいたします。


在庫に限りがありそうなので、買えるかどうか不安。。。
買えたらいいなぁ。


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ







このページのトップヘ