Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:雪組

礼真琴

こんにちは、カリーナです。

よく「歌が下手なジェンヌは嫌」と、堂々と文句を言っている人を見かけます。

それなら私も堂々と言いますが、容姿が美しくないジェンヌは嫌です!

どうせお金を払って舞台を観るなら、ブサイクな男役&娘役ではなく、ビジュアルが特別に美しい人を見ていたいです。

宝塚歌劇団は、キラキラで美しいのも特徴です。
いくら歌が上手くても、顔やスタイルが不細工なのは駄目よ!!


ビジュアル売りのジェンヌを叩いている人って、自分の贔屓のビジュアルに自信がないのでしょうか?
余裕がないから叩いてるんですね。


ただの歌ウマが見ていたければ、外部の舞台か、歌手のコンサートにでも行ってろ。



「歌が下手」と言っても許されるという風潮がムカつく

以前からたびたび記事にしていますが、「歌ウマこそ至高」という、歌ウマ至上主義にはイライラしています。

彼らの言う実力とは、=歌唱力のこと。
「歌劇団なのだから、歌が上手くないと駄目」というのが、彼らの言い分です。

こういう人は、歌こそが全てだと思っているから、
「歌が下手なジェンヌはさっさと辞めろ」だの、
「こんな歌下手ジェンヌのチケットを売るなんて詐欺」だの、言いたい放題。

でも何故か、ここまでの悪口でも、許される傾向にあるのです。
それって、おかしくない?


「歌唱力ガー」しか言わない人って、ぶっちゃけ、ただの言い訳だよね。




「ビジュアルに難のあるジェンヌは嫌い」だ!!

それなら私も言わせていただきますけど!
ビジュアルが微妙なタカラジェンヌなんて、嫌です。

タカラジェンヌは美しくないと駄目!


私個人の意見としては、「宝塚なのだから、容姿が美しくないと駄目」なんです。
ブサイクなんて問題外。

宝塚音楽学校は、募集要項に書いてあるように、容姿端麗でないと入学できません
だから、ファンから容姿に口出しされても、文句は言えません。
劇団側が、容姿を重要視しているのは明らかなので。

役者の容姿が重視されるのなんて、歌唱力以上に当たり前だっつーの!(怒)

ビジュアル重視派のファンがバカにされるのって、なんで?
劇団が重要視しているのは、まずは容姿なのに…!!


美しくなくても好きなジェンヌはいるよ

「嫌い」とハッキリ書いてしまいましたが、特別美しくなくても、好きなジェンヌもいますよ。

そういう人は、私の場合ですと、性格面がすごく好きというケースが多いです。
技術はそこまで関係ないですね。

性格がいいと、普段の笑顔まで可愛く見えてくるから…!?
理屈はよくわかりませんが、技術が未熟でも、容姿が普通でも、好きなジェンヌさんはいます。

でも基本的には、できる限り美しくあってほしい…。


私は容姿を叩きません!!!

私は、「あの人は歌が下手。見た目だけ」と悪口を言う、歌ウマ至上主義者とは違います。

「あの人は見た目がブサイク。歌唱力だけ」なんて言ったことは、今までに1度もありません。
(嘘だと思うなら、過去記事全部読んでみてね)

ここが、大きく違うところ。
内心「この人、実力派っていうけど、ビジュアル悪いな~」と思っても、それをブログに書いたりはしないのです。

でも、歌ウマ至上主義の人って、名指しでグチグチと悪口を書きますよね。
最悪のマナー違反だよー。




ブサイクな男役&娘役はいないが、「容姿端麗」ではない

上にも書きましたが、宝塚音楽学校は、容姿端麗でないと入学できません。
ですので、タカラジェンヌにブサイクはおらず、全員容姿端麗である…ということになります。
一応は。

実際には、ビジュアルが微妙なジェンヌはいる


でも実際に舞台を観ていると、「これで容姿端麗はナイだろ」と思うような人もいます。
容姿は“普通”…とでも言えばいい?

まぁ、「顔がいい」とか「頭身バランスがいい」とか、「手足が長すぎで異次元」とか、“美の基準”は色々なので。

基本的に、超が付くほどのブサイクな男役&娘役は、いないはずです。
(過去記事にも、「不細工なジェンヌはいない」と書いた記憶があります)



「普通の容姿のジェンヌ」は、ビジュアル重視派から見るとナシ


私が嫌いなのは、「ビジュアルが微妙な人」
なので、ビジュアルが一般人みたいな、普通のジェンヌは好きじゃありません。

「容姿端麗ではない」というのは、「見た目が美しくない」ということ。

つまり「普通」というのは、美しいとは言ってないので、私の中ではナシです。




「ビジュアルが美しい」という才能を認めなさい!

こんなことを言うと、「容姿は生まれもってのものだから、話題にしては駄目だ」と、正義ヅラした人々が私を叩くでしょう。

でも、歌唱力だって、ある程度は生まれつきの才能です。
「練習すれば誰だって上達する」と言い張っている人は、だたのバカです。

私は、生まれつきの美形は才能だと思います。
ビジュアルだって才能なのだから、私は“容姿”という才能を愛します!!!


「歌劇団なのだから、歌が上手くないと駄目」という悪口だけが許されて、ビジュアル重視派の意見だけが言論統制&粛清されるなんて、絶対に許せません。


『歌下手ジェンヌがエリザをやるなんて図々しい』と言ってる人がいましたが(この記事参照)、
それなら私は『ビジュ難が○○役を演じるなんて図々しい』と言い返してやります。


私だけを叩くんじゃないよ
歌ウマ至上主義者を叩いてから、私を叩きに来い。

THE・美人!ビジュアルが美しいタカラジェンヌBEST3

個人的に、ビジュアル最強と思う美形タカラジェンヌ(男役)BEST3。
美形は世界を救う。

◆柚香光
好き嫌いが分かれるほど個性的なビジュアル。美人は叩かれてナンボ。
宝塚ファーストフォトブック vol.3 (タカラヅカmook)
小川友次
宝塚クリエイティブアーツ
2016-10-01




◆朝美絢
宝塚ファン以外にも通用する美形。顔面レベル最強。
宝塚1stフォトブック 朝美絢 2019 (タカラヅカMOOK)
宝塚クリエイティブアーツ
2019-11-01




◆瀬央ゆりあ
せおっちのポテンシャルの高さ…!スッピン写真も載ってるけどマジ美形♡


過去の関連記事はこちらからどうぞ。↓











ms_1


望海風斗

こんにちは、カリーナです。

望海風斗さんの退団関連グッズ、『TAKARAZUKA SKY STAGE「NOZOMI」BEST SCENE SELECTION』 ブルーレイが発売されます!
発売日は、2021年3月26日です。

中身はタカラヅカ・スカイ・ステージの映像
2003年の初登場から2021年1月までの望海風斗さん関連のシーンが、約707分間収録されています!

ファン必携の円盤です




望海風斗さんといえば、一時期、スカステに出演しまくってたイメージがあります。
ご本人は宝塚愛がすごいから、トップスターになった後も、スカステにも全力投球でしたよね。

多分、あの有名な「天海さんもそんなことある?」も収録されてるんじゃないでしょうか!!
(されてなかったらゴメン)



『TAKARAZUKA SKY STAGE「NOZOMI」BEST SCENE SELECTION』の予約は、各ネットショップで始まっています。


◆Amazon

宝塚歌劇団
宝塚クリエイティブアーツ
2021-03-26



◆楽天

*宝塚アン

【送料無料】望海風斗 TAKARAZUKA SKY STAGE「NOZOMI」BEST SCENE SELECTION (Blu-ray Disc)

価格:16,500円
(2021/2/18 14:34時点)




*Joshin web CD/DVD楽天市場店




707分間…。全部観るのにどれだけ時間がかかるのでしょうか
凄いボリュームですよね。
だいもんファンの皆様、眼精疲労にならないように気を付けてください。




宝塚トンチキ

こんにちは、カリーナです。

宝塚といえば、たまに出てくるトンチキ作品を語らないわけにはいかない!

「これは駄作…?」と思えるようなトンデモ演出やストーリーの演目だと、トンチキ認定されるようです。(迷作、珍作とも言う)

ぶっ飛んでいて笑えるトンチキ作品は、宝塚らしいとは言いがたいかもしれませんが、一部の人のツボにはグサッと刺さります。

と言うことで、個人的にとても気に入っている演目や、あまりにも有名な宝塚のトンチキ作品を、それぞれご紹介します




宝塚のトンチキ作品①『蘭陵王—美しすぎる武将—』

凪七瑠海さん主演『蘭陵王—美しすぎる武将—』 は、私が一番好きなトンチキ作品です。

トンチキと言えば、木村信司先生!
『蘭陵王』はキムシン渾身の、面白トンチキの傑作だと思います。

印象的なキャッチコピーである『美しかったが、悪いか』が、そのまま劇中の台詞になってるのもトンチキ。

もはや第二のヒロインといってもいいのが、絵にかいたようなオカマちゃん皇太子・高緯(瀬戸かずや)。
とにかく見てくれ、存在そのものがトンチキの一言だ!(語彙力)
キムシン特有の面白い歌詞、無駄に覚えやすいメロディの迷曲ぞろいでクセになります。
ざっぱーん、ぶくぶくぶく~。


どういう反応をすればいいのか未だにわからないのが、セルフロデオ(※馬は動かないので人の方が動く)。
「蘭陵王!蘭陵王!」という謎称賛コールも、凄いタイミングでぶっこんできます。

あとは、超シリアスなシーンで突然オネエ言葉になるあの人とか…。
ツッコミ不在でそのまま死ぬのもスゴイ。

「光るヌンチャク」は伝説。


衣装がほぼ新調で豪華絢爛。
個性的でインパクトある登場人物も素晴らしい作品です!!!




あまりにも好きすぎて、真面目な考察記事まで書いてしまった。
コメント欄も必見。↓




宝塚のトンチキ作品②『CAPTAIN NEMO』(キャプテン ネモ)

彩風咲奈さん主演『CAPTAIN NEMO』(キャプテン ネモ)は、宝塚を代表するトンチキ作品といっても過言ではありません。
トンチキ系の話題になると、必ず名前が上がるほどのトンチキ作品。

この演目を見ると、「マトカ」と言う単語が頭から離れなくなります。
※マトカ…島の名前。登場人物たちがここに流れ着く。

各シーンごとに「これはどういうことだ…」「えっ!?!?」ってなります。

ネモ船長や周囲の人々が、一体何をどうしたいのか、全く理解できません。
宇宙から変な電波を受信してるような気持ちになります…。

ポスターの彩風咲奈さんはとても綺麗で、ポスカ買っちゃうくらいだったんですが。
内容は見事なトンチキです。



宝塚のトンチキを愛せよ

トンチキ作品って、正統派の名作とかではないので、「駄作だ!」「珍作すぎてついていけない」と言われることもしばしば。

しかし、
駄作=トンチキ、ではないのです。

人によって感じ方は違うと思いますが、一見すると駄作臭がするのに、見ていると思わずフフッと笑ってしまうのが、トンチキ作品だと思います。
(おそらく正確な定義はない)

宝塚のトンチキは、今後も生まれ続けるでしょう。
面白いトンチキ作品が、今後も生まれることを、ちょっぴり期待しております。

(できれば、分かりやすい名作の方がいいですけどね!)








毒姫

こんにちは、カリーナです。

宝塚歌劇団は、漫画原作の演目もけっこう多めですよね。
これから雪組は『シティーハンター』に挑戦しますし、なかなか攻めてます。

私は漫画オタクなので、個人的に宝塚でやってほしい漫画はいくつかあります。
最近思ったのは、三原ミツカズ先生の『毒姫』はどうかな!?って!

カッコイイ三つ子の王子様が出せるし、輪っかのドレスでフリフリゴージャスにできるし!
すごく役の数が多いのも嬉しいポイント。

劇団さん、どうですか?




漫画『毒姫』は大人向けの重厚なストーリー

三原ミツカズ先生の漫画『毒姫』は、国同士の争いや、緻密な人間関係などが魅力の漫画です。

特にゴシックロリータ愛好家さんに人気の漫画ですが、ゴスロリ好きでなくても読めると思います。

絵柄が華やかなことで有名な漫画家さんですが、ストーリーが素晴らしいのも人気の秘密!

大人が読んだらグッとくる系のお話です。
(若い頃に読んだ時は微妙だったんだけど、アラサーになってから読み返したら、すごーくズッシリきたの…!)

『毒姫』のあらすじ

ヒロインは、女王の命令で作られた“毒姫”と呼ばれる娘、リコリス。
毒草を食べて育ったので、涙や血液など、体液全てが毒薬と同じ!
リコリスとキスした相手は死んでしまいます…!

なぜそんな少女たちを、国が量産しているのかといえば、敵国に送り込んで、王様を毒殺するため。
寵姫として送り込まれた美しい毒姫は、王様を殺した後、みずから命を絶って証拠隠滅するまでがお仕事です。


リコリスが送り込まれることになった国には、王と、三つ子のイケメン王子達がいました。
しかし実は、すでに王は死亡しており、王子が王のふりをしています。

リコリスはあっさり正体がバレてしまうのですが、その後色々あって、命は助けてもらえます。
それとは別のところで、国同士の争いや、兄弟同士の複雑な関係などが出てきます。

そして実は、この王子達のなかに、呪われた“忌み子”が混ざっていたのです。
どうやら忌み子が、王様を殺したそうですが…?
どの王子が忌み子なのかが、ラストまで分からないのでドキドキ

役が多いので宝塚向き?

あと、宝塚的な目線でいくと、役が多いっていうのもおすすめポイント。

イケメン王子3人(トップ~3番手でやれる!)
毒姫の仲間たち
スパイの双子の姫
お城の使用人たち
敵の貴族のキャラ大勢
味方の国の女王様
周囲の国の王族たち

「役が少ない…」という悩みとは無縁です。


宝塚ナイズして上演しましょうよ

「キスしたら死ぬんかい」「暗そうな話」と思われるかもしれませんが、本当にメチャクチャ面白いから…!
ラストは一応、2人は幸せになれたはず…です。

衣装がとにかくゴージャスなので、宝塚との親和性はあると思うんですよ。
すっごく華やかになりますよ~


さてそんな『毒姫』ですが、愛蔵版が3月に発売ですって!
めっちゃタイムリーですね。

毒姫 愛蔵版 上巻 (Nemuki+コミックス)
三原ミツカズ
朝日新聞出版
2021-03-22



毒姫 愛蔵版 下巻 (Nemuki+コミックス)
三原ミツカズ
朝日新聞出版
2021-03-22




ちなみに私は、続編の『毒姫の棺』を心待ちにしておりました
やっと下巻が出る~!

毒姫の棺 (上) (Nemuki+コミックス)
三原ミツカズ
朝日新聞出版
2020-06-19


毒姫の棺 下巻 (Nemuki+コミックス)
三原ミツカズ
朝日新聞出版
2021-03-22



続編は、本編の内容をより深く掘り下げていたり、アノ王子様のその後が描かれていたり…。
このあたりのエピソードもまじえて、ぜひ宝塚で上演してほしいです

あんなにスペシャル豪華な衣装を用意できる劇団なんて、宝塚以外にないんだから!!








乙女ゲームや少女漫画…宝塚と相性のいい作品、色々あると思います。。。




ns04_b_2


望海風斗お花渡し

こんにちは、カリーナです。

今日は雪組公演『fff』のムラ千秋楽でした。

望海風斗さん、真彩希帆さんをはじめとした退団者の皆さんの、宝塚大劇場公演ラストの日。
無事にサヨナラショーを終えました。

望海風斗さんへの同期生からのお花渡しは、雪組娘役・沙月愛奈さんから。
「お花渡しはOGの誰かかなー」と勝手に思ってましたが、コロナ禍なので避けたのかも?

また、望海風斗さんが白い衣装で楽屋入りした後、組子たちがプーさんの着ぐるみを用意してくれていたそうです!
だいもんが羽生結弦さんファンだから?

この後は…22時からスカステ生放送だー!!!





詳しいことは、こちらの新聞記事をどうぞ。(日刊スポーツ)



今はコロナ禍のため、トップ退団時の恒例行事「ファン達の前で神輿に乗る」ができませんでした。
そのかわりに、組子たちが、くまのプーさん(と思われる)熊の着ぐるみを用意してくれてたんですって
ショーの後、5度のカーテンコールにこたえ、この日朝、白い衣装で楽屋入りしたと報告。本来なら、大勢の仲間、ファンに迎えられ楽屋入りし、みこしにのって劇場周辺を移動するが、コロナ禍で、それもならず。代わって、組メンバーが「熊の着ぐるみを用意してくれていた」と明かした。

その着ぐるみに身を包んだ望海は「ハチミツのツボ(状のもの)にのり、みんなの化粧前を練り歩きました」と報告。「朝から本当に幸せでした。皆さんも見たかったでしょうが、残念です。でも、想像していただくのは無料ですから」。

つねに冷静な望海らしく、具体的なキャラクター名こそ出さなかったが、「みなさん、○○の着ぐるみを着た望海風斗をが化粧前を練り歩く…想像してみてください」と呼びかけていた。
引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102080000648.html


キャラクター名出してないけど、多分プーさん!
羽生結弦さんといえばプーさんだから!!


ファンの集まるパレードは、もちろん中止
ものすごく大切な儀式みたいなものですが、このご時世では仕方がありません…。

本当にイレギュラーなムラ最終日となりましたが、やれる範囲内でやった!
あと、コロナで中止にならなかっただけでもよかった!!!
東京も、無事にラストデイを迎えられたらいいですね。


★多分もう皆さん知ってると思うけど、「宝塚イズム41」を置いておきますね。
だいきほ特集です。


さて今日はこの後22時からスカステ生放送
同期の凪七瑠海さんとのトークです!
めちゃくちゃ楽しみ





このページのトップヘ