Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:青い薔薇の精

青い薔薇の精

こんにちは、カリーナです。

花組公演『A Fairy Tale―青い薔薇の精―』のBlu-ray・DVD・CD が、11月14日に発売になります!

明日海りおさんの退団公演なので、いつもはDVD派の私も、Blu-rayが欲しくなっちゃいます……(;^ω^)





『A Fairy Tale―青い薔薇の精―』のBlu-ray・DVD・CD発売の詳細


◆Blu-rayは11,000円(税込)。公演映像、スターアングル(別アングル映像)、特典映像(稽古風景)あり。16ページのカラーブックレット付き。

◆DVD8,800円で、Blu-rayと違ってスターアングルがありません。

◆CD『シャルム!』3,080円で、音楽の割愛・差し替え等はナシ。


その他、発売情報についての詳細はこちら→公式の特集ページへ


Blu-rayにするかDVDにするか、それが問題だ

私はいつも基本的にDVDなので、今回もDVDにする予定だったんですけど、いざBlu-rayの情報が出てしまうと「これBlu-ray行くしかないんじゃ?」と思えてきます。

だって、トップオブトップ・明日海りおさんの退団公演ですよ。
お芝居のほうの評判は、ちょっぴりウーンと思うところがありますが、それでもこの舞台の価値はとても高い!
そしてショーの方の評判は、めっちゃ高いという印象。

これが私の愛するみりれいのラスト……。ぜひ、綺麗な映像で残しておきたい……!
DVDって画質ガタガタなので、最後くらい奮発しようかしら~と思ってしまいます。

あと、Blu-rayは基本的にスターアングルありますものね。(別箱のとかは無かったりするけど)
うちにあるBlu-rayは全部スターアングルがないので、スターアングル目当てならBlu-rayを買うっきゃない。

どちらにするか、悩んで決めようと思います~。






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


青い薔薇の精


こんにちは、カリーナです。

先日、宝塚公式から『花組 東京宝塚劇場公演千秋楽「明日海りおラストデイ」ライブ中継について』というお知らせが来ましたけど、映画館の数がえげつない
スクロールしてもスクロールしても、一番下までたどり着かない……!

また、日本だけでなく、海外でも中継するそうです。


ていうか……うちの田舎でもライビュやってくれるの……!?





明日海りおラストデイのライビュの詳細

ライビュ会場の詳細は、こちらからどうぞ→宝塚歌劇団方式HP

過去最高レベルの映画館の数!!

全国の167カ所の映画館でのライブビューイングが決定。(自分で数えたので、間違ってたらスミマセン)
通常だと70~80カ所とかだったと思うので、167カ所というのがどれだけ凄いかという話ですよ。さすがトップオブトップ!


映画館がいくつもないような寂れた街(管理人の地元)でもライビュをやるっていうことは、全国にそれだけ明日海りおファンがいるってことですね!
めっちゃアクセス悪いし、人もほとんどいないような場所にある映画館だけど、やってくれるだけネ申。


あと、台湾・香港でも中継が決定しているそうです。海外にもみりおファンが沢山いるんですね!


ライビュのチケットも争奪戦!

どれだけ人のいないゴーストタウンのような街でも、ライビュの日だけはどこからかファンがわいてきて、小さな映画館に殺到するのでしょう。

せっかくこんなに館数を用意してくれたのですが、結局チケット取れないかも。

本公演のほうもかなりのチケ難でしたが、チケットを入手できなかったファンが「せめてライビュだけでも!」と必死になると思うので、結局ほとんど埋まるような気がします。

ライビュ……観れたらいいですね。管理人はライビュに関しては、もう諦めモードです。





↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


聖乃あすか


こんにちは、カリーナです。


 『A Fairy Tale ―青い薔薇(薔薇)の精―』の新人公演で、3度目の主演を果たすことが決定した聖乃あすかさん。この間は『花より男子』で花沢類役を演じ、注目を集め続けている若手スターです。

そんな彼女が、明日海りおさんや柚香光さんからの教えや、尊敬の念について語っていました。





明日海りおから盗めるものは盗みたい

聖乃あすかさんが語っていたのは、こちらの朝日新聞の記事です。

明日海の退団が発表され、「夢がかなうのであれば、(新人公演主演で)最後にもう一度、明日海さんのそばで学ばせていただきたい」と願ってきた。それだけに今回は感慨もひとしお。「学べることすべてを吸収して、盗めるものを何でもいいから盗みたい」

これを読んだ時に、聖乃あすかさんは見た目よりも内面メラメラ系なのかしら?と思いました。
涼し気な印象の顔立ちのせいか、名前の爽やかな響きのイメージのせいか(ナニソレ)、あまりアツいイメージがなかったんですけど。

でもやっぱりそこは努力を怠らないタカラジェンヌ!
男役への熱意がすごく感じられて、応援したくなりました。


そういえば帆純まひろさんも、何かの練習風景の時に、明日海りおさんをすごーくじっくり見ているシーンが映っていたんですよ。まるでハンターのような目で。
先輩から技術を盗むのは、芸事の世界では当然といえば当然ですけど、目に見えて努力をしていると感じられるジェンヌさんは、やっぱりイイですね。





柚香光にかけられた言葉

『花より男子』では、人気キャラクターである花沢類役に大抜擢されました。
しかしこの役は、本人的にはかなり難しかったそう。

そんな時に聖乃あすかさんを救ったのは、柚香光さんの何気ないアドバイスでした。

「すごく難しくて壁にぶちあたった」。しかし、柚香から「類は類のまま待っていいからね」と声をかけられ、「感情があふれるまで待つことができるようになった」と振り返る。


「自分が頑張らなきゃと思っていた場面でも、その日その日で(周りの演技を)受ければいいんだ、時々で返したらいいんだ、と。その方が類のやわらかい雰囲気が出て、類として存在できた」。力みすぎていた部分がふっと取れたという。


柚香光さんのアドバイスがふんわりすぎるんですけど、明日海りおさんも不思議アドバイスの話をよく聞くので、それを受け継いじゃったのかしらカレーちゃん……。
もしくは、長々としたアドバイスを要約するとコレだったのかしら。(※柚香光さんの話が長いのは、組内でも有名……らしい)

しかしきっと、役者には分かる的なアドバイスだったのでしょうね。「同業者なら分かる」みたいなやつ。
私も同業者に一見すると投げやりな感じのアドバイスされることありますけど、そういうアドバイスのほうがしっくりくることがあります。

結果的に聖乃あすかさんに良い影響があったのなら、それはきっと、聖乃あすかさんにとってはとても価値のあるアドバイスだったのでしょう。


スミレパープル


そういえば柚香光さん、どこかのインタビュー記事で「普段あまり話さない下級生とも話す機会があって」的なことを言っていました。1期違いの優波慧さんはよく話す機会があるでしょうから、そうなると「普段あまり喋らない」って、聖乃あすかさんあたりの期になるのかしら?と。
さらに下の希波らいとさんは、話す機会なんて本当に少なかったでしょうね。

聖乃あすかさんは100期生なので、95期の柚香光さんは大先輩ですね。5期も違えば経験値が全く違うでしょうから、明日海りおさんが退団されたら、次期トップの柚香光さんから学ぶ機会がさらに増えていくのでしょうね。

聖乃あすかが目指す男役像

聖乃あすかさんはわりと女性っぽい雰囲気の美人なので、娘役もやれそうじゃない?と思うこともあるんですが、本人としてはやっぱり男役を愛しているのでしょう。

この記事内で「優しい雰囲気を持っている男役もいいな」と言っていたので、これから彼女らしい男役像がしっかりと出来上がってきそうです。

新人公演3回目。今後どんな花を咲かせてくれるのか、とても楽しみです。







↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


柚香光


こんにちは、カリーナです。

先日25日、花組公演『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』『シャルム!』において、舞台上で思わぬアクシデントがあったそうです。

しかし、その時の出来事が個人的に激萌えだったので、語ります!

柚香光&華優希の次期トップコンビの未来は明るい……!!





華優希を襲った衣装のアクシデント

アクシデントは、8月25日の公演で起こりました。


『シャルム!』で、白い衣装を着て、大勢で踊る場面。

華優希さんはドレス衣装でしたが、ホルターネックのストラップがとれてしまいました。そのままにしておくと衣装がズリ落ちてしまうので、華優希さんは片手でデコルテあたりをおさえながら踊ることに。

途中で、柚香光さんが華優希さんに駆け寄り、ストラップを直そうとしました。しかし、失敗

すると柚香光さんが、自分も胸のあたりに手を置いて踊り出しました。
まるで、華優希さんと最初から左右対称の振り付けであったかのように……!

最後も、柚香光さんが華優希さんとシンメトリーになるように、片手を胸に当てて決めポーズ。


全れい華ファンが萌え殺された瞬間であった。



華優希をフォローした柚香光

衣装の一部のボタンが止まっていないなどのアクシデントはたまにありますが、ストラップがとれてしまうというのは結構大変ですよね。本人が気づいて、すぐに手で押さえたのは良かったと思います。

華優希さんの異変に気付いた柚香光さん。

踊りながら位置を移動する時に駆け寄り、華優希さんのピンチを救おうとした柚香光さん。

残念ながらストラップは直せなかったけど、機転を利かせて自分の振り付けを変更した柚香光さん。

未来の旦那様のフォロー、完璧です。
この2人の仲が良好なのが分かるような出来事だと思いました。

やっぱり、トップコンビは仲良しでいてもらいたいですからね♡





華優希の「守ってあげたいヒロイン」力

よくファンの間では、華優希さんのヒロイン力が話題になると思います。
しっかり者タイプだった仙名彩世さんと比べると、ぶりっこキャラで頼りない感じがするかもしれませんが、「守ってあげたくなる感じ」は私も分かります。守られ系ヒロインには必須の要素ですね。

毎回守ってもらってばかりでは、「トップ娘役としてどうなの?」と言われてしまうかもしれませんが、生の舞台でどうしても起こってしまうアクシデントに関してなら、そこまで厳しい目で見ることはないんじゃないかな~と、個人的には思います。

しかもネックストラップですから、本人が留めたわけではないと思います。着替えを手伝った方がしっかりボタンを留めていなかったとか、金具などが外れてしまっていたとか、そういう類のトラブルだったのではないかなぁと推測します。
柚香光さんが直そうとしても駄目だったなら、本人には防ぎようがなかったトラブルなのでは……と。

まぁ、華優希さんにはまだまだ色々と足りない部分はあると思うのですが。

でも、今回のエピソードは個人的にとても萌えちゃいました。


柚香光の「ヒロインを守る」旦那力

花組の次期トップスターになることが決定している柚香光さん。

今回の件で、意外と機転がきくタイプなのかなぁと思いました。
(私は、贔屓なのに「意外と繊細」とか「意外と真面目」みたいな言い方ばかりしてますけど、その意外性が魅力なんですよ!)

ピンチに陥っている華優希さんに駆け寄って、その後も全力でフォロー。華優希さんのことを想っている感じが、すごく伝わってきました。

旦那というよりは、もはやヒーローみたいな感じもします。

次期トップコンビの未来は明るい♡


男役・柚香光の男役らしさを、図らずも最大限にまで引き出すことに成功してしまった華優希さん。

今回のアクシデントは、本来はあってはならないことかもしれませんが、ファンを萌えさせた&仲の良さを見せつけた的な意味でいえば、個人的にはとても嬉しい出来事でした。

今後、2人がどんな素敵な舞台を作り上げてくれるのか、観るのが楽しみです!







↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


このページのトップヘ