Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:音くり寿

マスカレード・ホテル


こんにちは、カリーナです。

花組シアター・ドラマシティ公演『マスカレード・ホテル』のBlu-rayが、4月11日発売に発売になります!

気になる方は、今から予約しておきましょ~!



瀬戸かずやさん主演の、宝塚版『マスカレード・ホテル』。
相手役は朝月希和さんです。


私はこの公演を観に行っていませんが、スカステで音くり寿さんの怪演を見て「すっごいなぁ~」と思いました。

あと、飛龍つかささんの長台詞もすごかったとか!


人気原作ですし、SNSでの評判も大変よかったので、この機会に観てみようかなと思います。



↑楽天ブックスは送料無料です。





↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






はいからさんが通る

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』キャストボイスが更新されました。

今回更新されたのは、音くり寿さんと、聖乃あすかさんの2人!
どうやらフィナーレで、色々あるみたいです。



キャストボイスはこちらから↓




気になったのは、音くり寿さんのこの発言…。
本編はもちろんですが、今回はフィナーレナンバーにも注目です!どうやら男役さんたちが…♡ 皆さま、楽しみにしていてくださいね!


男役さんたちが! 何だって!?
(ものすごい食いつき)


前の記事にも書いた通り、『はいからさんが通る』のフィナーレに期待しておりますので、どんな風になっているのか楽しみにしておきます


↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






柚香光

こんにちは、カリーナです。

花組公演「はいからさんが通る」の配役が発表になりましたっ!!

個人的には配役が超意外すぎて、「予想と全然違った!!!」とビックリ!

・初演から続投の役が多い
・新キャラ増えすぎ
・目立つ役の配役が、意外なあの人

なにこれ…
どこから突っ込んだらいいのやら?





配役はコチラから→宝塚公式サイトへ

伊集院 忍     柚香 光
花村 紅緒     華 優希
青江 冬星     瀬戸 かずや
鬼島 森吾     水美 舞斗
伊集院伯爵     英真 なおき
伊集院伯爵夫人     美穂 圭子
リーダー     高翔 みず希
花村 政次郎     冴月 瑠那
如月     鞠花 ゆめ
卯月     航琉 ひびき
弥生     美花 梨乃
狸小路伯爵     舞月 なぎさ
古美 売太     和海 しょう
ラリサ     華雅 りりか
青江 香月     羽立 光来
ばあや     真鳳 つぐみ
印念中佐     優波 慧
花乃屋 吉次     朝月 希和
女教師     更紗 那知
高屋敷 要     永久輝 せあ
青江 須磨子     春妃 うらら
ペラゴロ     紅羽 真希
令嬢     雛 リリカ
牛五郎     飛龍 つかさ
有明     峰果 とわ
ペラゴロ     澄月 菜音
舞踏会の歌手     若草 萌香
辺面 岩男     帆純 まひろ
令嬢     凛乃 しづか
牧師     高峰 潤
北小路 環     音 くり寿
原 信子     糸月 雪羽
藤枝 蘭丸     聖乃 あすか
田谷 力三     泉 まいら
愛相 良雄     一之瀬 航季
丸葉     翼 杏寿
野路     希波 らいと
個人的には、結構意外でした!



・環が朝月希和さんだと思っていたけど、なんと音くり寿さん!
えー、意外過ぎる!
でも歌うシーンでは活躍できそう。


・牛五郎は飛龍つかささん。
びっくさんじゃなかった!


・蘭丸、役替わりナシ。
しかも初演と同じ聖乃あすかさん。


・サーシャが出るかと思ったら、「あんた誰」なキャラ増量。


・永久輝せあさんの役「高屋敷要」は、当時路線だった亜蓮冬馬さんが演じた役。
少尉の友達でキーパーソンだけど、そこまで目立たない役では?
あと、イケメン系の役でないのが個人的に残念。


・印念中佐は優波慧さん。
イヤな役だけど、めっちゃ目立つ役では…。


・真鳳つぐみさんが、ばあや役?
綺麗なお姉さん系じゃないの?


・羽立光来さん演じる「青江香月」は、原作には名前が出ていないけど、編集長の父親役かな?


・「ペラゴロ」は原作にも単語説明のみ登場。
オペラのファンでゴロゴロしているから、“ペラゴロ”とのこと。
「オペラ」と「ジゴロ(地まわり)」をかけた言葉。


・組長の役「リーダー」は、おそらく反政府主義者のリーダーのことだと思う。



↓以前予想した配役はコチラの記事をどうぞ。






↓宝塚の人気ブログランキングに飛びます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村






マスカレードホテル

こんにちは、カリーナです。


瀬戸かずやさん主演の花組公演『マスカレード・ホテル』出演者が発表されました!

それと同時に『DANCE OLYMPIA』の出演者も決定しました。

とりあえず先に『マスカレード・ホテル』のほうの出演者をご紹介します。






『マスカレード・ホテル』の出演者

出演者一覧はこちらからどうぞ→宝塚歌劇団公式HP


花組の中でも歌ウマな和海しょうさん、羽立光来さん、飛龍つかささん、音くり寿さんが 『マスカレード・ホテル』のほうに集められたようです。

『DANCE OLYMPIA』はダンスがメインなので、歌が武器の人はお芝居の方ってことですね。わかりやすい。

あと、組長はこっち側に出演されるのですね。ダンスメインの方だとキツイのかしら、、、

冴月瑠那さんはダンサータイプだと思っていましたが、どうやらお芝居の方になったようです。るなさんのダンスが観られたらよかったのですが。

専科からは汝鳥伶さんをお呼びするようです。

歌ウマ勢でかためた『マスカレード・ホテル』に期待!

見事に歌ウマ勢でかためてきましたね。歌うシーンが沢山あるのかしら!?

瀬戸かずやさんも、ヒロインの朝月希和さんも歌はそれなりに歌える方なので、歌・歌・歌という感じになるかも!?

歌ウマなジェンヌさんが好きな方は要チェックです!


(当然ですけど、もう出演者一覧に「明日海りお」の名前は載らないのですね…寂しい…)







↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村


はいからさんが通る


こんにちは、カリーナです。

柚香光さん&華優希さんのお披露目公演の演目が、『はいからさんが通る』に決定しました。

私はそれを聞いて、「は? ふざけてんの?」と怒り心頭。

どうしてお披露目に『はいからさんが通る』が選ばれたのか、そして『はいからさんが通る』再演の問題点について、怒りのままに書いてみようと思います。





なぜ『はいからさんが通る』の再演になったのか

『はいからさんが通る』の初演は2017年。シアター・ドラマシティと日本青年館で上演されました。
歌ヘタコンビでも歌える絶妙な歌と、歌うシーン少な目という配慮のお陰で、『はいからさんが通る』はとても評価の高い舞台となりました。

柚香光さん演じる伊集院少尉はビジュアルが完璧で、とても評判がよかったのを覚えています。また、華優希さん演じる紅緒も可愛らしくて、「お似合いの2人ね!」という印象を決定づけた作品でもありました。

柚香光&華優希コンビが最高に輝いた作品だったのは確かです。そして、歌が下手なトップコンビでも大丈夫な構成になっているのです。
おそらくはそのへんが理由で、お披露目公演が『はいからさんが通る』に決定したのでしょう。

なんとも安直な、と思いますが……。




脇役が最高だったからこそ成功した『はいからさんが通る』

確かに『はいからさんが通る』は素敵な舞台でした。曲も綺麗だったし、誰もがハマり役。

柚香光さんと華優希さんの相性も良く、脇を固める組子さんたちも実力者揃いで、完成度が高かったのは認めます。

でも、あの舞台が成功したのは、脇役の配役も最高だったから。決して、柚香光さんと華優希さんだけの実力だけで評価されたわけではありません

『はいからさんが通る』には、月組に組替えになった鳳月杏さんや、今年中に退団する城妃美伶さんといった実力派が揃っていました。彼女達の力添えがあったからこそ、『はいからさんが通る』は成功したのです。

鳳月杏さん演じる青江冬星(編集長)は、漫画のビジュアルがそのまま飛び出してきたかのようでした。手足の長い鳳月杏さんは、あの衣装が凄く似合っていましたよね。下手をするとモッサリするあのウィッグも、とても似合っていました。

また、城妃美伶さん演じる北小路環も、本当にピッタリな役でした。環は、女性差別が根強く残る大正時代において、自分の意思を貫き通す強い女性です。城妃美伶さん自身がしっかり者だからか、とても似合っていて魅力的でした。

でももう、この2人はいないんです。それに、当時の神キャスト(脇役含む)の完全再現は絶対に不可能。
劣化版焼き増しになるのは目に見えています。



鳳月杏や城妃美伶の穴は誰が埋める?

もし水美舞斗さんが2番手になるのだと仮定したら、水美舞斗さんが青江冬星を演じることになるのでしょうか。2番手が瀬戸かずやさんになる可能性もありますが、どちらにしても編集長のイメージには合わないと思います。

鳳月杏さんが演じたばかりの役ですから、観客の中では、そっちのイメージが強く残っています。水美さん・瀬戸さんが実力不足と言いたいわけではないんですが、“何かが違う”のです。

環も同じです。第2幕の最初で環が歌いますが、城妃美伶さんレベルで歌えて踊れる娘役でないと駄目です。といっても花組は今、深刻な娘役不足。音くり寿さんは歌もお芝居も上手ですが、可愛い系なので、派手な美人の環のイメージとはちょっと違うかなぁと思います。

他の演目なら、初演のキャスティングは気にせず、「あなたはあなたらしく演じて」という気持ちになるものです。でも、2017年にやったばっかりの演目と言うのがネック! どうしたって比べちゃいます。

水美舞斗さん、もしかしてまた鬼島軍曹やるんですか? えええ…それはそれで…「また!?」という感じ。そんなに出番多くないし、衣装ボロボロ系だし。それとも出番を増やす? ええ~、マイティーの扱いがまた酷くなりそう



「2.5次元の花組です」宣言か?

私、漫画やゲームの宝塚化には賛成派です。いつか花組でやってほしい作品もあります。

でも、この間観たばかりの作品なんて望んでなかったし、もうお腹いっぱい。Blu-rayでも山ほど観ましたよ? それをまたお披露目でやるんですか? 意味が分からない。

これはもう、劇団からの「これからの花組は2.5次元でいきます宣言」といってもいいんじゃないでしょうか。
たまにやるくらいなら大歓迎なんですが、毎回2.5次元だと、さすがに飽き飽きしてしまいますよ。

お披露目公演をどうしても漫画原作でやりたかったのなら、せめて別の作品にしてほしかったです。それなら頑張ってチケット取ろうとしたと思います。

↓関連記事↓
宝塚で上演してほしい少女漫画10選!名作からマニアック作品まで♪



新鮮味のないお披露目公演にガッカリ!

トップコンビが全く違う人での再演ならよくあることですが、トップコンビがまったく同じで、しかもつい最近やったばかりの『はいからさんが通る』がお披露目。誰がこんなの見たいんでしょう? 同じ役をやるんでしょ?

私は、これから新しく花組を引っ張っていくトップコンビのお披露目には、もっとフレッシュな演目が良かったと思います。完全オリジナルが難しいなら、再演を続けている『エリザベート』や『スカーレット・ピンパーネル』でも別によかった。だって、この2人での上演はまだですものね

でも、『はいからさんが通る』は、もう観たんですよ! 全く新鮮味がないんですよ!!!(怒)

あまりにも安直で、やる気がなくて、歌ヘタコンビのために新しい演目を用意する気もないようで、本当にガッカリしました。しょっぱなから逃げの姿勢でどうするんですか。確かに数年前にやったばかりの役なら、無難に演じることができると思いますが、そんなの誰も望んでない!


これからの花組には、もう何も望んではいけないのかもしれません。
崩壊の始まり。

演目選びを思いっきり間違えましたね。


↓関連記事↓






↓参加中です。「いいね!」と思ったらポチっとな。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



このページのトップヘ