Flower Cage|カリーナの宝塚依存症ブログ

カリーナによる宝塚偏愛ブログ。個人的な感想や考察を、独断と偏見で綴っていきます。ちょっと辛口気味。

タグ:音くり寿

マスカレード・ホテル

こんにちは、カリーナです。

宝塚花組・瀬戸かずやさん主演『マスカレード・ホテル』をスカステで見たので、感想を書きます。

原作が有名なので、ストーリーの面白さは安定していました。
2番手ポジの飛龍つかささんは意外とコメディ系の演技が合っていて、登場するたびに思わず笑いが


ヒロインの朝月希和さんとのラブロマンス、音くり寿さんの怪演など、ストーリー以外も見所満載!
(組長・さおたさんのクレーマー役も評判通りスゴかった)


おかしな宿泊客がどんどんやって来る…!
盛りあがるシーンが多くて、非常に楽しめました

【犯人などのネタバレあり】




宝塚版「マスカレード・ホテル」、ストーリーは安定の面白さ

私は原作未読で、宝塚版の『マスカレード・ホテル』を見ました。
映画版は、テレビで放映していたものを、ほんの少しだけ観ました。

“殺人事件の捜査をホテルで行う”というストーリーですが、本編に殺人シーンはありません。
今までに既に殺された人が3人いて、4件目の殺人が「ホテル コルテシア東京」で起こる可能性が…という流れ。

場面はほぼ、「ホテル コルテシア東京」内です。
フロント、客室、街中、警察署の会議室くらいですね。

ぶっちゃけ舞台上で本格推理モノをやられても、頭に入ってこないんですが、「ザックリ何となくの流れが分かれば大丈夫!」という感じで、サクサクと物語が進みます。
トリックとかアリバイとかが初見では理解できなくても、あまり支障はありません。
(何故かというと、私自身があまりよく理解できなかったから…だ!)

瀬戸かずや&朝月希和はハマり役!

主演の瀬戸かずやさんは、さすが男役歴○年というか、キムタクが演じたあの役を“あきら版・新田浩介”として完全にモノにしていました。
キムタクの演技を参考にしたそうですが、完璧なコピーではないのがよかったです。

朝月希和さん演じる山岸尚美は、優秀な女性フロントクラーク。
“優秀な”というところが結構難しいと思うのですが、ひらめちゃんは元々キビキビしたイメージがあるので、役にぴったりハマっていたと思います!


主演や主演コンビが目立たない(出番が少ない)舞台がたまにありますが、『マスカレード・ホテル』は、主演の2人の出番がとても多いと感じました。
うん、こうあるべきよね。




飛龍つかさは出番少なめ&インパクトは大!

2番手ポジの飛龍つかささんは、新田の相棒・能勢刑事役
原作では中年らしいのですが、宝塚版は年下設定で、かなり若いぞ!

2番手のはずですが、意外と出番は少なめでした。
主人公をバディとして慕っていて、大事な場面にはきちんと出てきますが、「あんまり出てこないし、歌わないな…」という感じ。

フィナーレでは歌唱力を存分に発揮していましたが、本編ではほとんど歌わず!
せっかくの歌ウマさんなのに、もったいない

しかし、飛龍つかささんの役はセリフが多いし、思わずクスッと笑ってしまうようなシーンが多いんですよ!
能勢刑事が登場すると、観客席から思わず笑い声が
個人的には、ホテルの部屋にホワイトボードを用意させてたシーンが最高でした!!
出番は少なかったけど、意表を突くような言動が多めで、インパクトはとても大きい役でしたね。

難しい台詞が沢山ありましたけど、飛龍つかささんは滑舌がとてもいいので、全くハラハラしませんでした

音くり寿、狂気の怪演!歌唱力と演技力の融合

『マスカレード・ホテル』の公演期間中、すごく話題になっていたのが、音くり寿さんの怪演です。

ネタバレをしましょう。
事件の犯人は、音くりちゃんです!!
(まぁ、ほとんどの人が知ってるか、、、)

老婆役→犯人の女役の演じ分けが、まずスゴイ。
そして正体が分かり、山岸尚美(朝月希和)を殺そうとする時の歌が!!
狂気じみた台詞まじりで、とにかく大迫力でした…!!

マスカレの中でも、一番の見どころと言っても過言ではないでしょう。

宝塚初心者にもおすすめできる面白い演目でした

舞台は現代日本ですが、宝塚お得意のドレス+謎の仮面のシーンもあって、まさに“宝塚版マスカレ”。
音楽もとても印象的で良かったし、退屈しないストーリー展開で、かなり面白かったです!


ラストは、あきら&ひらめちゃんのラブロマンスっぽい感じで終わり♡
これは映画版でもそうでしたが、宝塚版は特に強調されていたと思います。

気になる方は、ぜひ観てみてください
スカステに入っていない方は、ぜひ円盤をどうぞ!





ilka - 炎上しない優しいSNSアプリ iphone / android




otonari


花より男子宝塚


こんにちは、カリーナです。

引き続き、花組公演『花より男子』のツッコミ感想を書いていきます。


◆前回の記事はコチラ




花より男子、殴り合いのシーン多すぎ問題

殴り合いシーンは、面白い見所ではあります。
ガチの殴り合いなので、観ていてハラハラ!
確か聖乃あすかさんは、事故って柚香光さんに本当に殴られた時があったとか

いや、それにしても、暴力沙汰多すぎだろう……。
飛び蹴りとか、膝蹴りとかもしていますよね。

男役だけでなく、娘役も頑張る!
音くり寿さんに至っては、刃物も持ち出す

ワザとらしい「ドカッ」という効果音のおかげで、フェイクっぽさが出ていて、ある意味よかったです。


飲酒シーンも多すぎ問題(ツッコミが追い付かない)

こちらも気になったんですが、飲酒シーン多くないですか!?
このお金持ち学校には、不良しかいないのだろうか…。
まぁ、風紀が乱れているレベルではない学校なので、もう何でもアリなのかもしれません。


飲酒シーンは、覚えているだけで4か所。
・F4行きつけ&桜子のバイト先のクラブ
・静さんに呼ばれたパーティー会場
・F4で集まった時
・つくし&花沢類がレストランで食事をした時

クラブでつくしが飲んだのはお酒ではなかったようですが、周りが飲んでいたのはお酒に見えました。
いやでも未成年ですから、駄菓子の「生いきビール」(粉末ジュース)であるという可能性も…?

パーティー会場のグラスに入ったアレは、さすがにお酒ですよね?
あのシーンで、 「生いきビール」とか飲んでないよね?

F4で集まったシーンには、お酒の瓶らしきものがありました。
あれが、クリスマス名物のシャンメリーだったら笑います。

つくし&花沢類の食事シーンでは、はっきりと「ワイン」と言っていたはず。
おい、未成年が酒を飲むな。



他にも飲んでるシーンがあったらすいません。

あれがワインとかではなく、「実は柚サワー」的な裏設定があるなら、100歩譲って許してあげなくもない。
でもここは日本なので、未成年がお酒を飲んだらいけないんだ…!





高翔みず希&冴月瑠那&羽立光来&音くり寿にもご注目!

何だかんだで最後まで『花より男子』を観ることができたのは、個性的な登場人物が大勢登場するからです。


まずは組長・高翔みず希さん。
つくしのお父さん役なんですが、「組長が頑張ってる…!」と思いながら観てました。
あの家族、お金持ち学校の学費が払えるのが不思議なんですが、そこに突っ込んだら負け?


そしてお次は冴月瑠那さん!
私は冴月瑠那さんも大好きなので、出てくるたびに目がハートに
学生服で踊るのもいいですが、オカマっぽい美容師役がすごかったですね…!

あと、ただでさえ「明日海りおさんに似ている」とよく言われているのに、那月アナウンサー役の時の黄色いスーツ姿が『恋スルARENA』の明日海りおさんの衣装にちょっと似てて。
時期的にワザと?





ナウオンで柚香光さんも言ってましたが、羽立光来さんの七変化っぷりも素晴らしい!
かなり大柄なので学生役は無理がありますが、個性的なウエイターやピエロ、ファッションデザイナーの役はぴったりでした。
(学生軍団のシーンにはいなかったと思う。多分)


そしてそして…謎の転校生・三条桜子役の音くり寿さんのことを語らないわけにはいかない。
音くり寿さんの怪演も、『花より男子』の大きな見所となっております。
歌も演技も…もはや宝塚ではない何かになってます(マスカレード・ホテルの時みたいに)。
あんな歌詞の曲を歌いながら、笑顔になったり狂気の顔になったり。子供が観たら泣くかもしれない…。


気軽に観るのにちょうどいい超娯楽ミュージカル

私は『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』が大好きなんですが、あれは話が暗いので、気分を盛り上げるのには向かないんですよね。

でも『花より男子』は、お気楽な高校生たちの話です。
いじめシーンはちょっと嫌ですが、それを帳消しにするだけの魅力が詰まっていると思います。

柚香光さん演じる道明寺司は、変な言い間違いが多い、アホなイケメン。
やっぱり私の好みではないけど、完全に道明寺になりきってて凄いです!

城妃美伶さん演じる牧野つくしは、とにかくパワフル。
いじめシーンが多くても安心して観ていられるのは、しろきみちゃんのおかげだと思います。


脇役もとにかく魅力的で、ストーリーのテンポもよくて、観ていて飽きません。
フィナーレはクリスマスメドレーになっていて、柚香光さん初の“フィナーレのデュエダン”がとても綺麗でした




主演は柚香光さんですが、柚香光ファンでない方でも楽しめる内容だと思います。
今まで興味がなかった方は、一度観てみてください!









suisyou


マスカレード・ホテル


こんにちは、カリーナです。

花組シアター・ドラマシティ公演『マスカレード・ホテル』のBlu-rayが、4月11日発売に発売になります!

気になる方は、今から予約しておきましょ~!



瀬戸かずやさん主演の、宝塚版『マスカレード・ホテル』。
相手役は朝月希和さんです。


私はこの公演を観に行っていませんが、スカステで音くり寿さんの怪演を見て「すっごいなぁ~」と思いました。

あと、飛龍つかささんの長台詞もすごかったとか!


人気原作ですし、SNSでの評判も大変よかったので、この機会に観てみようかなと思います。



↑楽天ブックスは送料無料です。








はいからさんが通る

こんにちは、カリーナです。

花組公演『はいからさんが通る』キャストボイスが更新されました。

今回更新されたのは、音くり寿さんと、聖乃あすかさんの2人!
どうやらフィナーレで、色々あるみたいです。



キャストボイスはこちらから↓




気になったのは、音くり寿さんのこの発言…。
本編はもちろんですが、今回はフィナーレナンバーにも注目です!どうやら男役さんたちが…♡ 皆さま、楽しみにしていてくださいね!


男役さんたちが! 何だって!?
(ものすごい食いつき)


前の記事にも書いた通り、『はいからさんが通る』のフィナーレに期待しておりますので、どんな風になっているのか楽しみにしておきます






柚香光

こんにちは、カリーナです。

花組公演「はいからさんが通る」の配役が発表になりましたっ!!

個人的には配役が超意外すぎて、「予想と全然違った!!!」とビックリ!

・初演から続投の役が多い
・新キャラ増えすぎ
・目立つ役の配役が、意外なあの人

なにこれ…
どこから突っ込んだらいいのやら?





配役はコチラから→宝塚公式サイトへ

伊集院 忍     柚香 光
花村 紅緒     華 優希
青江 冬星     瀬戸 かずや
鬼島 森吾     水美 舞斗
伊集院伯爵     英真 なおき
伊集院伯爵夫人     美穂 圭子
リーダー     高翔 みず希
花村 政次郎     冴月 瑠那
如月     鞠花 ゆめ
卯月     航琉 ひびき
弥生     美花 梨乃
狸小路伯爵     舞月 なぎさ
古美 売太     和海 しょう
ラリサ     華雅 りりか
青江 香月     羽立 光来
ばあや     真鳳 つぐみ
印念中佐     優波 慧
花乃屋 吉次     朝月 希和
女教師     更紗 那知
高屋敷 要     永久輝 せあ
青江 須磨子     春妃 うらら
ペラゴロ     紅羽 真希
令嬢     雛 リリカ
牛五郎     飛龍 つかさ
有明     峰果 とわ
ペラゴロ     澄月 菜音
舞踏会の歌手     若草 萌香
辺面 岩男     帆純 まひろ
令嬢     凛乃 しづか
牧師     高峰 潤
北小路 環     音 くり寿
原 信子     糸月 雪羽
藤枝 蘭丸     聖乃 あすか
田谷 力三     泉 まいら
愛相 良雄     一之瀬 航季
丸葉     翼 杏寿
野路     希波 らいと
個人的には、結構意外でした!



・環が朝月希和さんだと思っていたけど、なんと音くり寿さん!
えー、意外過ぎる!
でも歌うシーンでは活躍できそう。


・牛五郎は飛龍つかささん。
びっくさんじゃなかった!


・蘭丸、役替わりナシ。
しかも初演と同じ聖乃あすかさん。


・サーシャが出るかと思ったら、「あんた誰」なキャラ増量。


・永久輝せあさんの役「高屋敷要」は、当時路線だった亜蓮冬馬さんが演じた役。
少尉の友達でキーパーソンだけど、そこまで目立たない役では?
あと、イケメン系の役でないのが個人的に残念。


・印念中佐は優波慧さん。
イヤな役だけど、めっちゃ目立つ役では…。


・真鳳つぐみさんが、ばあや役?
綺麗なお姉さん系じゃないの?


・羽立光来さん演じる「青江香月」は、原作には名前が出ていないけど、編集長の父親役かな?


・「ペラゴロ」は原作にも単語説明のみ登場。
オペラのファンでゴロゴロしているから、“ペラゴロ”とのこと。
「オペラ」と「ジゴロ(地まわり)」をかけた言葉。


・組長の役「リーダー」は、おそらく反政府主義者のリーダーのことだと思う。



↓以前予想した配役はコチラの記事をどうぞ。








このページのトップヘ